1. コネクティビティ
    ブロックチェーン関連記事を読む前に押さえておきたい用語集
    難解な専門用語のせいで、テクノロジーが理解しがたい、あるいは退屈なものに思えてしまうことがある。ブロックチェーン関連記事を読むときに役立つ専門用語集を掲載する。 MIT Technology Review Editors14カ月前
  2. コネクティビティ
    ブロックチェーンは安全だといわれているが、本当にそうなのだろうか? なぜ、ブロックチェーンは安全と言われているのだろうか? 理論と社会実装における安全性を改めて確認する。 Mike Orcutt14カ月前
  3. コネクティビティ
    暗号通貨の世界で隆盛を極めているビットコインだが、衰退する可能性はあるのだろうか。ビットコインがトップの座から転落して不要のものとなる3つのシナリオを提示し、これらのシナリオに対抗すべく信奉者たちが拠り所とするであろうビットコインのプライバシーについて検討する。 Morgen Peck15カ月前
  4. コネクティビティ
    暗号通貨の価値はどう測るべきか? 指標化に取り組む投資家
    クリス・バーニスクは、暗号トークンの価値を評価する新たなツールを開発している。多くの方法が生み出されており、どれも株式市場などで使われているツールよりも未熟だが、これから理解が深まるはずだという。 Mike Orcutt15カ月前
  5. コネクティビティ
    あなたがブロックチェーンに
    ハマっているのはなぜ?
    13人に聞いてみた
    賛否両論があるブロックチェーンベースの暗号通貨を信奉者はどう捉えているのだろうか。米国と英国で開催されたブロックチェーン関連カンファレンスに記者を送り込み、「大金持ちになりそこねた人」や「家を買った人」に直接話を聞いてみた。 Dan Solomon15カ月前
  6. コネクティビティ
    リップルもイーサリアムも有価証券の可能性、米CTFC元委員長
    現在MITの講師を務めるゲーリー・ゲンスラー元CTFC委員長は、暗号通貨は証券として規制する必要があるかもしれないと話した。 Mike Orcutt15カ月前
  7. コネクティビティ
    ブロックチェーンは世界を変えられる——「暗号通貨の女王」語る
    「暗号通貨の女王」「ブロックチェーンのマドンナ」と異名を取る元JPモルガン・ チェース銀行のアンバー・バルデット。ブロックチェーン・アプリケーションの可能性とゼロ知識証明について講演した。 Michael Reilly15カ月前
  8. コネクティビティ
    ICOで2億ドル超を調達、暗号通貨テゾスのCEOは強気一辺倒
    ICOで2億ドル超も調達して一躍注目を浴び、詐欺疑惑もある暗号通貨「テゾス」のCEOは、終始強気の姿勢を崩さなかった。 Michael Reilly15カ月前
  9. コネクティビティ
    今をときめくブロックチェーン業界にジェンダー差別が存在するとの悪評が立っているが、実際のところはどうなのか。JPモルガン・チェース銀行でブロックチェーンのプロジェクトを主導し、5月にはスタートアップを設立した「ブロックチェーンのマドンナ」と異名を取る人物に聞いた。 Morgan Peck15カ月前
  10. コネクティビティ
    ビットコインに代表される暗号通貨の犯罪利用(クリプトクライム)が後を絶たない。いまのところ犯罪者が優位な立場にあるが、暗号通貨の世界を安全なものにしようと取り組む研究者たちによって、状況は少しずつ変わりつつある。 Douglas Heaven15カ月前
  11. コネクティビティ
    脱税か? 過払いか? 暗号通貨への課税をめぐって米国で混乱
    暗号通貨に関する米国の課税方針は不明瞭だ。そのスキをついて脱税に走るか、まじめに納税して税を過払いするか。現行法制度下での暗号通貨の取引は難しい問題をはらんでいる。 Mike Orcutt15カ月前
  12. コネクティビティ
    ヨルダンの難民キャンプでは50万人のシリア難民が暮らし、世界食糧計画(WFP)が「食料のための現金」を配っている。その人道支援を支えているのは暗号通貨イーサリアムのブロックチェーン技術だ。支援の効率化にとどまらず、難民に身分証明を提供するビジョンもある。 Russ Juskalian15カ月前
  13. コネクティビティ
    米国の州でブロックチェーン関連技術である「スマート・コントラクト」に関する立法が続いている。しかし、決める必要がないようなことを決めたり、それぞれの州で用語をまちまちに定義したりしており、このままでは混乱を引き起こし、技術の発展を阻害することにもなりかねない。 Mike Orcutt17カ月前
  14. コネクティビティ
    3月に出された米証券取引委員会(SEC)の警告により、資金調達の手段として一大ブームを巻き起こした従来の新規暗号通貨公開(ICO)は終焉を迎えた。しかし、規制の新しい枠組みに合わせた次世代のICOを虎視眈々と狙うスタートアップ企業は後を絶たない。 Mike Orcutt17カ月前
  15. コネクティビティ
    イーサリアムのスマート・コントラクトを調べたところ、大量の脆弱性があることがわかった。デジタル・エコノミーに革命をもたらすと言われ、一部で熱狂的なブームを巻き起こしているブロックチェーンだが、どのような脆弱性が存在するのかも完全には把握されておらず、調査は始まったばかりだ。 Mike Orcutt18カ月前
  16. コネクティビティ
    暗号通貨はすべて有価証券? スイスと米国、規制方針の違い
    暗号通貨の取引や新規仮想通貨公開(ICO)に対する当局の規制が強まりつつある中、「ユーティリティ・トークン」と呼ばれる種類の暗号通貨が注目されている。利用をネットワーク内のサービスへのアクセス提供に限ることで、有価証券としての厳しい規制を免れようとしている。 Mike Orcutt18カ月前
  17. コネクティビティ
    誰がどう規制するのか?
    混乱止まない暗号通貨の行方
    日本で起きたコインチェック事件、テザー(Tether)をめぐる疑惑など、年明けから暗号通貨をめぐる混乱が止まらない。さまざまな問題を受けて、米国でも当局による規制を強化しようとする動きが現れている。今後は、規制機関の州境を越えた協力や、国際的なルール作りも必要になるだろう。 Mike Orcutt2年前
  18. 生命の再定義
    ブロックチェーンで遺伝子データを売買、ハーバード大教授の狙い
    ハーバード大学の著名な遺伝学者が遺伝子解析企業を創業した。遺伝子データをブロックチェーンを通じて製薬会社や研究機関に共有し、データ所有者が暗号通貨を得られるサービスを提供するという。 Emily Mullin2年前
  19. コネクティビティ
    コインチェック事件
    ブロックチェーン企業も
    対岸の火事ではない
    巨額の暗号通貨が流出したコインチェック事件をずさんな一取引所の問題と片付けるのは簡単だ。だが、ブロックチェーン技術が暗号通貨以外にも幅広く使われようとしている現在、ブロックチェーンを利用する企業は真剣に捉えるべきだ。 Mike Orcutt2年前
  20. コネクティビティ
    メッセージング・サービスの会社であるテレグラムが、20億ドル規模の新規仮想通貨公開(ICO)を実施する計画であることを発表した。同社は、ブロックチェーンの最も厄介ないくつかの課題を解決するとしているが、その方法について詳細を明らかにしていないため、専門家の間で疑念が広がっている。 Mike Orcutt2年前
  21. 知性を宿す機械
    他人のデバイスの処理能力を盗んで暗号通貨を採掘する「クリプトジャッキング」が世界中で猛威を振るっている。あるセキュリティ企業によると、世界中の55%もの組織がクリプトジャッキングの影響を受けているという。 Jamie Condliffe2年前
  22. コネクティビティ
    リップルは有望でもXRPが「次のビットコイン」にならない理由
    2017年12月にリップルが運営する暗号通貨XRPが高騰した。次なるビットコインかと色めき立った人たちもいるが、XRPはビットコインとは根本的に異なるところがある。 Mike Orcutt2年前
  23. コネクティビティ
    「ビットコインは投資ではなくWebの再発明」信者たちの主張
    多くの日本人にとってビットコインは単なる投資商品の1つでしかない。だが、熱狂的なビットコイン信者の中には、「新たなWebの発明」だと主張する人々もいる。 Mike Orcutt2年前
  24. ビジネス・インパクト
    韓国が暗号通貨ブームに沸き立っている。韓国政府が新規仮想通貨公開(ICO)禁止令を出したり、取引所に対する北朝鮮からのサイバー攻撃が確認されたりしても、仮想通貨熱は冷める兆しを見せない。 Yoochul Kim2年前
  25. コネクティビティ
    米国最大の銀行であるJPモルガン・チェースは、暗号通貨のスタートアップ企業と提携して、ブロックチェーン技術を金融業界に適用させることに熱心に取り組んでいる。同行の最大の関心事の一つは、ブロックチェーンで完全な匿名性を保った取引を可能にすることと見られる。Mike Orcutt2年前
  26. コネクティビティ
    食のトレーサビリティに
    ブロックチェーンを活用、
    七面鳥が実験台に
    暗号通貨ビットコインの基盤技術であるブロックチェーンを、様々な分野に応用しようとする試みが広がっている。米食品大手のカーギルは、ブロックチェーンを用いて、感謝祭向けの七面鳥の流通を追跡するシステムを開発し、家族経営農家や消費者が利用できるようにした。 Mike Orcutt2年前