KADOKAWA Technology Review
×
開拓者
35歳未満のイノベーター35人 2017開拓者
がん治療からインターネットセキュリティ、自動運転車まで、新鮮で予期せぬ解決策を導く人たち。

Austin Russell オースティン・ラッセル (22)

ルミナ―

スタンフォード大学を中退し、自動運転車の基幹部品ライダーの開発・製造企業を設立。

ほとんどの無人乗用車は、レーザー・センサーまたはライダー(LIDER:レーザーによる画像検出・測距)を使用して、周囲の3次元地図を作成し、障害物を特定する。しかし、安価な新しいセンサーの中には、高速で使用するには十分な精度が得られないものがある。「そういったセンサーは、ロボット掃除機のルンバにでも使った方がいいでしょう」というのは、ルミナー(Luminar)のオースティン・ラッセルCEO(最高経営責任者)だ。スタンフォード大学を中退してライダーを開発・製造する企業、ルミナーを設立した人物である。 「今、最も恐れているのは、安全ではない自律自動車が時期尚早に配備されることです」。

ルミナーのデバイスは、他のライダー・センサーより長い波長の光を使用しているため、反射率が低い黒っぽい物体を、従来の倍の距離まで見つけられる。自動車が時速約112kmで走行している場合でも、今より3秒早く警告を発することができる。

(ジェイミー・コンドリフ)

 

人気の記事ランキング
  1. Will the universe’s expansion mean planets no longer orbit stars? 読者からの質問:宇宙が膨張したら重力が機能しなくなりますか?
  2. Five things we’ve learned since Voyager 2 left the solar system ボイジャー2号が太陽圏離脱 有終の美を飾る5つの成果
  3. The landing site for NASA’s Mars 2020 rover might be home to fossilized life 生命の痕跡見つかるか? マーズ2020着陸地に化石の可能性
人気の記事ランキング
  1. Will the universe’s expansion mean planets no longer orbit stars? 読者からの質問:宇宙が膨張したら重力が機能しなくなりますか?
  2. Five things we’ve learned since Voyager 2 left the solar system ボイジャー2号が太陽圏離脱 有終の美を飾る5つの成果
  3. The landing site for NASA’s Mars 2020 rover might be home to fossilized life 生命の痕跡見つかるか? マーズ2020着陸地に化石の可能性
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る