KADOKAWA Technology Review
×
来たれ、世界を変える若きイノベーター
「Innovators Under 35」日本初開催!

Cover Story 「足りないのは、信頼」
100万ドルのAI賞受賞者
バージレイ教授が語ったこと

米人工知能学会(AAAI)の「スクワールAIアワード」の初代受賞者として、MITのレジーナ・バージレイ教授が選ばれた。2014年に乳がんを患ってから、がんの検知と新薬開発のための機械学習アルゴリズムを専門に取り組んでいる同教授に、AIへの期待と課題について聞いた。 by Will Douglas Heaven

トップ・ストーリー


  1. by Tate Ryan-Mosley

    間近に迫った米大統領選はトランプ、バイデン両陣営の「データ戦」の様相を呈している。米国の政治団体はデータベンダーから入手した膨大なデータセットを使って、有権者の情報をほぼ確実に把握している。

  2. 「意識のアップロード」はデジタル不死を実現するか?
    by Koichi Motoda

    デジタル技術の進化によって「不死」を目指す研究が世界中で進んでいる。人間の意識を機械にアップロードして引き継ぐことを目指しているのが、東京大学大学院工学系研究科の渡辺正峰准教授だ。


  3. by Karen Hao

    アレン人工知能研究所は、テキストと画像を用いてAIモデルを訓練することで、キャプションから画像を生成するシステムを開発した。

  4. AIの弱みを人間の力であぶり出す、FBがベンチマークを再発明
    by Will Douglas Heaven

    フェイスブックが人工知能(AI)の新たな評価テストを発表した。ベンチマークでよい結果を出すことが目的となってしまい、実際に世の中に役立つAIの開発とはかけ離れた状況を改善することが狙いだ。

MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
  1. 知性を宿す機械
    なぜ今「AI倫理」の議論が必要なのか
    国内のメディアで「AI」という言葉を目にするとき、そのほとんどが技術的なトピックや社会普及の文脈で語られている。一方、グローバルではその便益だけでなく、AIによって生じる不利益や不平等といった新たな問題を巡る議論も加速している。AI倫理とガバナンスの動向を、東京大学未来ビジョン研究センター特任講師の江間有沙氏にまとめてもらった。
  2. ビジネス・インパクト
    火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
    火星の南極付近で、新たに3つの地下湖が発見された。この地下湖の水は濃度の高い塩水であると予測されるが、過酷な環境に耐えられるように進化した微生物が存在する可能性も考えられる。
  3. 持続可能エネルギー
    中国が60年までにカーボンニュートラル、石炭発電所の新設は続く
    中国は、2060年までにカーボンニュートラルを達成する計画を発表した。世界最大の気候汚染国家であり、現在も石炭火力発電所を次々と建設している中国の発表を鵜呑みにはできないが、より厳しい温室効果ガス政策の導入に向けて動いている可能性はある。
  4. コネクティビティ
    ここ10年の変化が加速、佐々木俊尚が語った新型コロナ後の暮らし
    新型コロナウィルス感染症が、経済・政治だけでなくこれまで当たり前だった日常に計り知れない影響を与えている。この先、人々の生活や価値観はどう変わっていくのか。都市と地方の関係性は。
  5. 知性を宿す機械
    オープンAI、GPT-3の独占ライセンスをマイクロソフトに供与
    強力な言語モデルとして話題になったオープンAIの「GPT-3」のライセンスをマイクロソフトが取得した。非営利団体としてスタートしたオープンAIにとって大きな転換点となる。
カバーストーリー
コネクティビティ SNS全盛の時代に
「デジタル・ガーデン」が
静かなブーム
ソーシャルメディアの画一的な外観や操作感を避け、個性的でクリエイティブなサイトを作る人が増えている。インターネット上で独自の価値観を公開する、新たな庭園(デジタル・ガーデン)を育てようとしているのだ。 by Tanya Basu
10 Breakthrough Technologies 2020

気候変動から量子コンピューティング、人工衛星群まで。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界を変える10大テクノロジー。

記事一覧を見る
すべてのトピックス Filter
  1. コネクティビティ
    サイバー攻撃で病院のシステムが停止、救急患者が死亡=ドイツ
    サイバー攻撃によって人命が失われた事件がドイツで発生した。病院を狙ったランサムウェア攻撃によって救急搬送に遅れが出たという。もはやサイバー攻撃は経済的な被害だけに止まらない。 by Patrick Howell O'Neill3日前
  2. ビジネス・インパクト
    揺れ動くブラックホール・シャドウ 極限状態の物理解明へ前進
    「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」の研究チームは、昨年写真が公開された超大質量ブラックホールについて新たな洞察を発表した。そのうちの一つは、事象の地平面を取り巻く三日月形に光るガスと塵が不安定に揺れ動いているというもので、極限状態における物理現象を解明するのに役立つ可能性がある。 by Neel V. Patel3日前
  3. コネクティビティ
    グーグル・マップに新型コロナ感染者数を表示する新機能
    グーグル・マップに新型コロナ感染者数表示機能が追加された。安全に行ける場所や安全にできる活動を決定するのに役立つものだ。 by Charlotte Jee5日前
  4. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州がガソリン車販売禁止へ 実現へ高いハードル
    カリフォルニア州のニューサム知事は、同州で販売される乗用車および小型トラックの新車を、2035年までに全て電気自動車にする計画を明らかにした。自動車業界からの反発は必至だ。 by James Temple5日前
  5. コネクティビティ
    フェイスブックの「政治広告禁止」で民主主義は守れるか?
    フェイスブックは米大統領選前の1週間から政治広告を一時的に禁止する。だが、政治広告の禁止だけでは対立と分断を煽るソーシャルメディアの問題は解決しない。 by Tate Ryan-Mosley6日前
  6. コネクティビティ
    北朝鮮のハッカーたちは、暗号通貨取引所や銀行にサイバー攻撃をしかけて数十億ドル規模の強奪を繰り返している。しかし、実際に何かを購入するためには、盗んだ暗号通貨を米ドルやユーロ、中国元などに換金する必要がある。 by Patrick Howell O'Neill7日前
  7. コネクティビティ
    最先端のテック企業といえども、地政学的な影響を免れるのは、ますます難しくなってきた。ウィーチャットとティックトックの最近の試練は、サイバーセキュリティの問題と言うよりも、トランプ政権が政治的利益を守ろうとすることが主な要因となっている。 by Rui Zhong7日前
  8. 生命の再定義
    新型コロナで多大な犠牲を払ったブラジルは世界の指標となるか?
    ブラジルの都市マナウスでは、5月に新型コロナウイルスによる医療崩壊が起こり、多くの人々が死亡する最悪の感染状況に陥った。しかし、それ以降、新規感染件数と死者数は急速に低下しており、その理由は集団免疫の獲得によるものかもしれない。 by Antonio Regalado7日前
  9. コネクティビティ
    主張:ウィーチャット禁止は筋違い、プライバシーの根本議論を
    トランプ政権は中国企業の「ウィーチャット」と「ティックトック」をプライバシー保護や国家安全保障の観点から禁止しようとしている。しかし、問題の深層にある未解決のより大きな問題に目を向けるべきである。 by Graham Webster8日前
  10. 持続可能エネルギー
    トランプ政権、環境政策の撤回で温室効果ガス20億トン上積みか
    調査会社ロジウム・グループの新たな分析によると、トランプ政権が自動車排出ガスやメタンなどに関する規定を弱体化あるいは白紙撤回したことで、2035年までに温室効果ガスの排出量が20億トン近く上積みされる可能性がある。 by James Temple8日前
  1. コネクティビティ
    サイバー攻撃で病院のシステムが停止、救急患者が死亡=ドイツ
    サイバー攻撃によって人命が失われた事件がドイツで発生した。病院を狙ったランサムウェア攻撃によって救急搬送に遅れが出たという。もはやサイバー攻撃は経済的な被害だけに止まらない。 by Patrick Howell O'Neill3日前
  2. コネクティビティ
    グーグル・マップに新型コロナ感染者数を表示する新機能
    グーグル・マップに新型コロナ感染者数表示機能が追加された。安全に行ける場所や安全にできる活動を決定するのに役立つものだ。 by Charlotte Jee5日前
  3. コネクティビティ
    フェイスブックの「政治広告禁止」で民主主義は守れるか?
    フェイスブックは米大統領選前の1週間から政治広告を一時的に禁止する。だが、政治広告の禁止だけでは対立と分断を煽るソーシャルメディアの問題は解決しない。 by Tate Ryan-Mosley6日前
  4. コネクティビティ
    北朝鮮のハッカーたちは、暗号通貨取引所や銀行にサイバー攻撃をしかけて数十億ドル規模の強奪を繰り返している。しかし、実際に何かを購入するためには、盗んだ暗号通貨を米ドルやユーロ、中国元などに換金する必要がある。 by Patrick Howell O'Neill7日前
  5. コネクティビティ
    最先端のテック企業といえども、地政学的な影響を免れるのは、ますます難しくなってきた。ウィーチャットとティックトックの最近の試練は、サイバーセキュリティの問題と言うよりも、トランプ政権が政治的利益を守ろうとすることが主な要因となっている。 by Rui Zhong7日前
  6. コネクティビティ
    主張:ウィーチャット禁止は筋違い、プライバシーの根本議論を
    トランプ政権は中国企業の「ウィーチャット」と「ティックトック」をプライバシー保護や国家安全保障の観点から禁止しようとしている。しかし、問題の深層にある未解決のより大きな問題に目を向けるべきである。 by Graham Webster8日前
  7. コネクティビティ
    ティックトックとオラクルが提携、ウィーチャット禁止は差し止め
    米商務省は9月18日、中国企業が提供するアプリ「ティックトック(TikTok)」と「ウィーチャット(WeChat)」について、9月20日以降、米国国内でのダウンロードを禁止する命令を発表した。だが、命令は実行されなかった。 by Charlotte Jee8日前
  8. コネクティビティ
    ティックトックとウィーチャット、本当に米国で使えなくなるのか
    ティックトックとウィーチャットの米国国内での禁止が具体的に動き始めた。激化する米中の政治的な駆け引きは、アプリを利用する一般ユーザーに大きな影響を与えることになる。 by Charlotte Jee11日前
  9. コネクティビティ
    フェイスブックが「若者離れ」対策、大学生限定SNSで原点回帰
    フェイスブックが新たなサービスとして、大学生間のつながりをサポートする「フェイスブック・キャンパス」を発表した。しかし、インスタグラムやティックトックを好むZ世代の若者に受け入れられるかどうかは未知数だ。 by Tanya Basu13日前
  10. コネクティビティ
    ロシアのハッカー集団が米大統領選に再照準、バイデン陣営攻撃か
    11月3日に実施予定の米国大統領選挙を前に、ロシア、中国、イランのサイバー諜報活動が活発化している。前回の大統領選ではトランプ陣営に有利に働いたハッキングや情報戦があったが、今回の事案を見るとそれが継続中であるようだ。by Patrick Howell O'Neill14日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    揺れ動くブラックホール・シャドウ 極限状態の物理解明へ前進
    「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」の研究チームは、昨年写真が公開された超大質量ブラックホールについて新たな洞察を発表した。そのうちの一つは、事象の地平面を取り巻く三日月形に光るガスと塵が不安定に揺れ動いているというもので、極限状態における物理現象を解明するのに役立つ可能性がある。 by Neel V. Patel3日前
  2. ビジネス・インパクト
    金星へ行こう!
    生命の兆候発見で高まる機運
    生命体の存在の兆候となる特殊ガス「ホスフィン」が金星の大気中に観測されたことを受けて、金星を直接調査する新ミッションに対する期待が高まっている。金星の謎を解明するには、包括的な探査プログラムを実施するのが効果的だろう。 by Neel V. Patel8日前
  3. ビジネス・インパクト
    金星に生命体が存在か?大気からホスフィンを検出
    観測されたホスフィンの存在は、居住可能性が低いとされてきた金星に、何らかの生命体が存在する可能性を示している。 by Neel V. Patel13日前
  4. ビジネス・インパクト
    月面で採集した資源を売ってくれる企業をNASAが募集中
    米国航空宇宙局(NASA)が、月面で岩石や塵、氷などのサンプルを収集してNASAに販売してくれる企業を募集している。サンプルは最高2万5000ドルでNASAが買い取るという。 by Neel V. Patel15日前
  5. ビジネス・インパクト
    特別寄稿:テック企業の声明文に見る、人種差別の真の原因
    ブラック・ライブズ・マターの抗議活動を受けて、多くのテック企業が黒人に対する連帯を示す声明を発表した。しかし、こうした企業の声明文を分析すると、人種差別問題を人種問題に転嫁することで、人種間の不平等の責任を黒人に繰り返し負わせようとしていることがわかる。 by Amber M. Hamilton16日前
  6. ビジネス・インパクト
    読者からの質問:普通の人はいつ宇宙に行けるようになりますか?
    米国航空宇宙局(NASA)や、スペースXをはじめとする企業が人間と宇宙に送り込む取り組みを進めているが、普通の人が飛行機で旅行をするように宇宙に行けるようになる可能性はあるのだろうか。 by Neel V. Patel17日前
  7. ビジネス・インパクト
    中国、再使用型宇宙船の打ち上げ・回収に成功か?
    中国が再使用可能なシャトル型宇宙船の着陸に成功したという。詳細は不明だが、米軍の軍事用宇宙船「X-37B」をモデルにしているようだ。 by Neel V. Patel21日前
  8. ビジネス・インパクト
    「Innovators Under 35」日本版初開催・候補者募集のお知らせ
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、才能ある若きイノベーターたちを讃え、その活動を支援することを目的とした世界的なアワード「Innovators Under 35」の日本版となる「Innovators Under 35 Japan」を初開催いたします。 by MIT Technology Review Event Producer30日前
  9. ビジネス・インパクト
    ハッブル宇宙望遠鏡がネオワイズ彗星を撮影、「コマ」はっきりと
    NASAのハッブル宇宙望遠鏡が捉えたネオワイズ彗星の高解像度画像が公開された。この夏に地球および太陽に最接近したネオワイズ彗星は今世紀に入って北半球で観測できた最も明るい彗星であり、次に戻ってくるのは6800年後の予定だ。 by Neel V. Patel35日前
  10. ビジネス・インパクト
    火星だけじゃない、太陽系内で探査機を送り込むべき5つの場所
    今年の夏は3つの火星探査ミッションが打ち上げられるが、太陽系内には、探査機の調査対象となる天体が他にもたくさんある。金星や準惑星ケレスをはじめとして本格的に訪問することを検討すべき5つの天体について説明する。 by Neel V. Patel42日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州がガソリン車販売禁止へ 実現へ高いハードル
    カリフォルニア州のニューサム知事は、同州で販売される乗用車および小型トラックの新車を、2035年までに全て電気自動車にする計画を明らかにした。自動車業界からの反発は必至だ。 by James Temple5日前
  2. 持続可能エネルギー
    トランプ政権、環境政策の撤回で温室効果ガス20億トン上積みか
    調査会社ロジウム・グループの新たな分析によると、トランプ政権が自動車排出ガスやメタンなどに関する規定を弱体化あるいは白紙撤回したことで、2035年までに温室効果ガスの排出量が20億トン近く上積みされる可能性がある。 by James Temple8日前
  3. 持続可能エネルギー
    主張:米・新大統領は温暖化対策への投資を3倍にすべきだ
    コロンビア大学グローバル・エナジー・ポリシー・センターの研究者らは、米連邦政府によるクリーンエネルギー研究開発実証への投資を3倍に増加するための詳細なロードマップを発表した。クリーンエネルギー技術への投資は、国際的な気候変動対策において米国ができる最も重要な貢献だという。 by Julio Friedmann14日前
  4. 持続可能エネルギー
    地球温暖化によるエアコン使用量の増加は、急激な電力需要の増加と大量の温室効果ガスの排出につながっている。さらなるエアコン設置台数の増加に伴う「冷房の危機」を回避するための抜本的な変革が必要だ。 by James Temple16日前
  5. 持続可能エネルギー
    コロナ禍での山火事、停電 
    カリフォルニア州は
    「終わった」のか?
    カリフォルニア州は現在、新型コロナウイルスのパンデミックも収まらないうちに、大規模な停電や山火事をはじめとする、地球温暖化が引き起こす深刻な問題に直面している。カリフォルニア州は終わったと書き立てるメディアもあるが、そうは思わない。 by James Temple21日前
  6. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州でまた山火事が多発、気候変動の影響は?
    カリフォルニア州全体で落雷による数百件の山火事が発生し、多くの住民が避難を余儀なくされている。異常気象の原因が地球温暖化であることはほぼ間違いない。 by James Temple24日前
  7. 持続可能エネルギー
    史上最高気温の加州で起きた停電、必要なのは再エネ批判ではない
    過去最高気温を記録したカリフォルニア州で起きた計画停電は、住民に深刻な健康リスクをもたらす。再生可能エネルギーの導入を積極的に進めてきた同州で求められる対策とは何か。 by James Temple25日前
  8. 持続可能エネルギー
    改革に意欲も、慎重さも垣間見えるバイデン候補の気候変動対策
    ジョー・バイデン大統領候補が7月に発表した大規模な気候変動対策は、進歩派に配慮し、従来の対策を強化するものだ。一方で、依然として石炭産業と天然ガス産業が盛んな州の有権者の関心も引こうとしている。 by James Temple28日前
  9. 持続可能エネルギー
    不公平なEUの国境炭素税、「パリ協定の精神」尊重を
    先進国が途上国の化石燃料採取に投資する一方で、二酸化炭素排出に罰則を課すのは明らかに矛盾している。パリ協定の衡平の原則に照らし合わせ、真に公平なアプローチを採るべきだ。 by Arvind P. Ravikumar30日前
  10. 持続可能エネルギー
    地球温暖化対策として、再生可能エネルギーで生産する「グリーン水素」が改めて注目されている。太陽光発電や風力発電のコストが急速な下落を続けていることと、エネルギー貯蔵量を比較的安価に増やせることがその理由だ。 by James Temple49日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    新型コロナで多大な犠牲を払ったブラジルは世界の指標となるか?
    ブラジルの都市マナウスでは、5月に新型コロナウイルスによる医療崩壊が起こり、多くの人々が死亡する最悪の感染状況に陥った。しかし、それ以降、新規感染件数と死者数は急速に低下しており、その理由は集団免疫の獲得によるものかもしれない。 by Antonio Regalado7日前
  2. 生命の再定義
    英アストラゼネカ、新型コロナワクチン治験を中断 深刻な副反応
    英アストラゼネカは、世界的に実施していた新型コロナウイルス感染症ワクチンの治験で、被験者が深刻な副反応を示したため治験を中断した。 by Charlotte Jee20日前
  3. 生命の再定義
    誰が、遺伝子編集ベビーの誕生を認められるべきなのか?
    CRISPRで遺伝子を編集されたベビーが2018年に中国で誕生した件を受けて、全米アカデミーズと英国王立協会の科学者たちは、どのような場合にCRISPRを実際の治療に適用すべきかという指針を示す200ページ超の報告書を発表した。 by Antonio Regalado22日前
  4. 生命の再定義
    米FDA、新型コロナ治療法として回復患者の血漿を緊急使用許可
    米国食品医薬局は8月23日、新型コロナウイルス感染症の回復患者の血漿を治療薬として使う緊急使用許可を出した。治療効果に関するエビデンスが不足している中、今後のワクチンの承認にも影響を与えそうだ。 by Antonio Regalado31日前
  5. 生命の再定義
    世界の新型コロナ対策、
    6カ国の担当者に聞く
    世界各国の新型コロナウイルス対策を紹介する特別シリーズ。現時点で成功した国はどう取り組んだのか。6カ国の担当者に聞いた。 by Krithika Varagur34日前
  6. 生命の再定義
    強力な接触追跡で感染を抑え込む、ドイツの新型コロナ戦略
    ドイツの新型コロナウイルス対策では、接触追跡が大きな柱の1つとなっている。ロベルト・コッホ研究所のラース・シャード副所長にドイツ政府の戦略について聞いた。 by Krithika Varagur34日前
  7. 生命の再定義
    スウェーデンが「ロックダウンなし」の独自路線を続ける理由
    集団免疫を達成するために緩慢なロックダウン(都市封鎖)をするというスウェーデンの新型コロナ対策は、世界中で物議を醸している。同国の対策を主導する疫学者に、集団免疫戦略を推進し続ける理由について聞いた。 by Krithika Varagur35日前
  8. 生命の再定義
    世界初、香港大学が遺伝子分析で新型コロナ再感染を確認
    香港大学の研究チームが、新型コロナウイルスに再感染した症例を世界で初めて確認したと発表した。対策の抜本的な見直しが必要になる可能性がある。 by Antonio Regalado35日前
  9. 生命の再定義
    徹底した隔離で死者ゼロを維持していたベトナムの新型コロナ対策
    ベトナムでは新型コロナウイルス感染症に対して政府が厳しい隔離措置を実施することで8月の初めまで死者数をゼロに抑え込んだ。これまでに新型コロナウイルスに感染した医療従事者はわずか2人だ。by Krithika Varagur35日前
  10. 生命の再定義
    完成が待たれる新型コロナウイルスのワクチンを巡って、各国政府は自国民のための囲い込みを強化している。貧富に関わらず、誰もが平等にワクチン接種を受けられるようにするにはどうすべきか。 by Antonio Regalado36日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    主張:AI倫理指針に根本的に欠けている「多様性」の視点
    人工知能(AI)の倫理的使用に関するグローバル・ガイドラインがあちこちで作成されている。しかし、こうした取り組みのほとんどは欧州や北米の視点で進められ、地域的多様性が欠如している。 by Victoria Heath14日前
  2. 知性を宿す機械
    医療AIの臨床試験で新基準、誇大広告にストップ
    医療専門家の国際コンソーシアムが、人工知能(AI)が関わる臨床試験の初の公式基準を導入した。より信頼性の高い医療用AIの実現が期待される。 by Will Douglas Heaven15日前
  3. 知性を宿す機械
    松尾 豊教授インタビュー:人工知能は世界と日本をどう変えたのか
    日本における第3次AIブームが始まってからおよそ5年。ブームの火付け役となったAI研究者、東京大学の松尾豊教授は、この5年間をどう捉えているのか? 世界と日本のAI界・産業界の動きを総括すると共に、今後の展望を語ってもらった。 by MIT Technology Review Japan16日前
  4. 知性を宿す機械
    スタンフォード大学のスタートアップ企業であるディフボットは、何十億ものWebページに対して画像認識と自然言語処理を適用して、巨大なナレッジグラフを構築している。尋ねられた質問のすべてに対し、事実に基づく受け答えができる人工知能(AI)を構築するのが目標だ。 by Will Douglas Heaven20日前
  5. 知性を宿す機械
    世界最大級の新型コロナ調査データベースが活用アイデアを募集
    フェイスブックと共同で新型コロナウイルス感染症の兆候を調査しているカーネギーメロン大学の研究グループが、データ活用のアイデアを募集している。 by Karen Hao21日前
  6. 知性を宿す機械
    人工知能とロボット工学の融合が切り拓くもうひとつの未来
    ロボット工学と人工知能(AI)は学術的なバックボーンの違いから、長らく「近いようで遠い」関係だった。だが、ここにきて両者の関係は急接近している。深層学習がロボット工学にどのような変化をもたらすのか? 産業用ロボットで世界シェアトップのロボット大国・日本で、最先端の研究を続ける早稲田大学の尾形哲也教授に話を聞いた。 by MIT Technology Review Japan21日前
  7. 知性を宿す機械
    グーグル、コロナ禍で人気のBGMを誰でも作れるAIツール
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による外出規制によって、人々の心が沈み込んでいる。そんな気持ちを和らげるような優しいメロディを、機械学習によって誰でも簡単に作れる音楽プレーヤーをグーグルが開発した。 by Karen Hao22日前
  8. 知性を宿す機械
    オバマも歌う「ばかみたい」、ディープフェイクがますます身近に
    日本のビデオゲーム「龍が如く」の中で歌われる「ばかみたい」という曲をネタにしたディープフェイク動画がネット上で大流行している。ディープフェイク作成ツールを誰でも使えるようになったことが主な要因であり、こうしたツールが悪用されることに対する新たな懸念が生じている。 by Karen Hao28日前
  9. 知性を宿す機械
    インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者たちが、人工知能に因果関係に基づく推論をさせる新たな方法を発案した。特殊相対性理論で提示された光円錐の概念を利用し、因果関係を持ち得るものとそうでないものとの間に境界線を引くことで、次に何が起こるかをより正確に予測させる。 by Will Douglas Heaven28日前
  10. 知性を宿す機械
    大学生がGPT-3で偽記事を作ってニュースサイトで1位になった方法
    オープンAIが開発した言語モデル「GPT-3」を使って作成された偽ブログ記事が、ハッカー・ニュースで1位を獲得した。記事を投稿した大学生は単純な手法を使い、「ほんの数時間」で記事を作成したという。 by Karen Hao29日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る