KADOKAWA Technology Review
×

センサーで初期徴候を検出
機械学習が変える
アルツハイマー病治療の今

人工知能(AI)が、アルツハイマー病の早期発見、治療、脳画像診断、臨床試験の改善に使われ始めた。医師や家族が気づくよりも前に、センサーを使って日常行動から初期徴候を検出する研究も進んでいる。 by Emily Mullin

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー

  1. 「人工知能による犯罪」は誰がどう責任を取るのか?
    by Emerging Technology from the arXiv

    AIによるサービスや製品が世の中に浸透するにつれ、その法的な問題が議論されている。もしAIが犯罪行為を犯したとき、どのような罪に問えるのか。AI研究者や法律家は激しい論争を繰り広げている。

  2. テクノロジーで変わる仕事の未来に労働者はどう備えるべきか? テクノロジーで変わる仕事の未来に労働者はどう備えるべきか?
    by Erin Winick

    テクノロジーが職場を変えようとしている今、未来に備えて米国の労働者ができる最善のことは「学校に行くこと」だという。経済学者ジェイ・シャンボーに仕事の未来をどう捉えるべきか、話を聞いた。

  3. メッセージを振動に変換、フェイスブックが「皮膚で読む」試作機 メッセージを振動に変換、フェイスブックが「皮膚で読む」試作機
    by Rachel Metz

    フェイスブックの研究者チームが、単語を振動に変えて腕に伝える機器を開発した。100分のトレーニングで100の単語を認識できる。

  1. 持続可能エネルギー
    多くの企業がリチウムイオン電池のエネルギー密度を高める研究に取り組む中、米国のあるスタートアップ企業が性能を2桁向上させる電池材料の開発に成功した。BMWと提携して自動車への採用を目指すほか、来年にも同社の電池材料を搭載した家電製品が発売される見込みだ。
  2. 生命の再定義
    遺伝子編集技術「クリスパー(CRISPR)」による治療が有望視されており、欧米では年内にも治験が開始される予定だ。科学者たちはクリスパー療法の効果や安全性を確認するためにサルを使用した実験を実施しているが、事例は少なく、懸念材料は残っている。
  3. 知性を宿す機械
    グーグルのゲノム解析AIツールで遺伝子治療は変わるか?
    ハーバード大学やグーグルの研究者たちで構成するチームが、人工知能(AI)の深層学習の手法を使って、ゲノムをより正確に解析できるツールを昨年12月に開発した。こうしたツールを利用して疾患の遺伝的原因の究明が進めば、個人のゲノム情報に基づいてより的確な治療を施せるようになる可能性がある。
  4. 生命の再定義
    MIT、「脳の永久保存」企業との研究契約解消へ
    MITメディアラボは、デジタルな不死を望む人々に自殺を促しかねないサービスを計画しているスタートアップ企業との研究契約を打ち切る声明を出した。
  5. ビジネス・インパクト
    金属導体中の電子の海と光子との相互作用によるプラズモン現象を、情報処理や通信に利用するプラズモニクスの研究が始まっている。ドイツのマックスプランク知能システム研究所は「DNA折り紙」の技術を使うことで、金でナノスケールのスイッチや歩行器を試作することに成功した。
カバーストーリー
知性を宿す機械
オバマ前政権が作ったAI戦略が世界中に大きな影響を与えている一方、AIに無関心な政府によって米国の国際競争力は低下するかもしれない。では、優れたAI計画とはどのようなものだろう? by Will Knight
最新ニュース Filter
  1.  
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント