KADOKAWA Technology Review
×

Cover Story ネット空白地帯、
米先住民保留地に
光回線がやってきた

高速インターネット回線の普及が遅れる米国でも、特にインフラ整備から取り残されているのが、ネイティブ・アメリカンのコミュニティだ。米国モンタナ州のブラックフィート保留地では、パンデミック対策として支出された資金を使って、ブロードバンド回線の整備に取り組んでいる。 by Robert Chaney

ニュース・フラッシュ

トップ・ストーリー

  1. 今度は「テキストから動画」、メタが生成AIを発表
    by Melissa Heikkilä

    メタ(旧フェイスブック)は「テキストから短編動画を生成する」AIシステムを発表した。生成型AIの画期的な進歩だが、将来的にフェイク動画の生成につながる可能性があるなど、倫理的な問題を提起している。

  2. アルゴリズムでインスリン量を自動調整、ハーバード発の人工膵臓
    by Rhiannon Williams

    ハーバード大学などの研究チームが、適応学習アルゴリズムを用いて食事中の炭水化物量を計算し、インスリンを自動注入するデバイスを開発した。患者の負担を減らすと同時に、従来手法より血糖値を下げられることから、患者の生活の質を高めるのに役立ちそうだ。

  3. YouTube、TikTok対抗「ショート」でクリエイターは稼げるか?
    by Hana Kiros

    ユーチューブは、短編動画であるユーチューブショーツの広告収入を、クリエイターに分配すると発表した。しかし、広告収入のうち、どの程度をクリエイターの分け前にするのかは明かしていない。

日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
  1. コネクティビティ
    ゲームのやりすぎは悪か? オックスフォード大調査の意外な結果
    「ゲームは有害」との懸念には十分なエビデンスがないにもかかわらず、保健当局や政府の政策に影響を与えてきた。ゲームメーカーから提供されたプレイ時間データに基づく調査は、新しい手がかりを得るのに役立つかもしれない。
  2. 持続可能エネルギー
    聴くMITTR:気候変動の被害者たちの声を聞く
    気候変動の被害の厳しい実態を知ることは、対策を考える上で役立つ。今週のオーディオ・ムック(β)では、気候変動の影響を受ける人々に迫るルポを紹介する。
  3. ビジネス・インパクト
    人類初のNASA地球防衛実験、小惑星への衝突に成功
    小惑星に探査機を衝突させ、軌道を変更する人類初の惑星防衛システムの試験となる「DART」をNASAが実施した。探査機が狙いどおりに小惑星に衝突する様子を映像で見ることができる。
  4. 知性を宿す機械
    ググった結果からも学ぶ、ディープマンドのチャットボット
    グーグル傘下のAI企業であるディープマインドは、人間のフィードバックから学習し、主張の裏付けとなる情報をインターネットから検索するように訓練したチャットボットを発表した。
  5. コネクティビティ
    ロシア内戦の舞台は「テレグラム」、親プーチン派と反戦派が激突
    プーチン大統領が予備役部分動員を発表するとすぐに、テレグラム上で「内戦」が始まった。親プーチン派が戦意高揚を図るプロパガンダを流す一方で、反対派は徴兵を逃れるための情報を市民に共有している。
カバーストーリー
知性を宿す機械 「AIに埋め尽くされる」
画像生成AIブームの影で
苦悩するアーティスト
ステーブル・ディフュージョンやミッドジャーニーなどのAIシステムが生成した画像が、ネット上のいたるところで見られるようになった。しかし、こうしたAIは既存の画像を用いて訓練されているため、アーティストたちにとって死活問題だ。 by Melissa Heikkilä
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
すべてのトピックス Filter
  1. 生命の再定義
    中国・インドで新型コロナの吸入型ワクチン、その効果は?
    鼻や口から吸入する新型コロナワクチンが中国とインドで相次いで承認された。従来の注射型ワクチンとの併用による効果が期待されているが、まだ疑問点は多い。 by Jessica Hamzelou8日前
  2. 生命の再定義
    手術中の「VR没入」で麻酔の量を減らせる可能性=米新研究
    手術中の患者にVRの番組を見せることで、鎮静剤の使用量を減らせる可能性を示す研究結果がコロラド大学などの研究チームから発表された。麻酔薬の使用量を減らせれば、入院期間を短縮し、合併症のリスクを低減できるかもしれない。by Rhiannon Williams8日前
  3. 知性を宿す機械
    アニメ絵に強いバイドゥの画像生成AI、中国ならではの弱み
    バイドゥが開発したテキストから画像を生成するAI「ERNIE-ViLG」は、中国固有の文化に基づく物やアニメキャラ風の画像生成において、既存のAIよりも優れている。しかし、検閲機能によって、政治的にセンシティブな言葉は排除される。by Zeyi Yang8日前
  4. 生命の再定義
    高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
    筋肉と脳の間では、分子レベルで強力な対話が交わされている。加齢に伴う、認知症やその他の脳の疾患を避けるには適度な運動を続けることが大切だ。by Bonnie Tsui8日前
  5. コネクティビティ
    ハチの巣作りにヒント、ドローンが建物をチームで3Dプリント
    インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは、自然界にヒントを得て建造物を作る方法を開発した。複数のドローンが協力し合って1つの構造物を3Dプリントで作り上げていく様子は、ハチが巣を作る様子にそっくりだ。 by Tammy Xu11日前
  6. コネクティビティ
    みんなの大好きな「インスタ顔」はこうして作られる
    「まったく違う自分になりたい」。そんな女性たちの需要を叶える顔フィルターがインスタグラムでは大人気だ。不健全だという声や美の基準を固定化するといった批判もあるが、多くのクリエイターたちがフィルターの制作に取り組んでいる。 by Tate Ryan-Mosley12日前
  7. 生命の再定義
    医用画像と症例報告で訓練したAI、「医師並み」の診断力
    ハーバード大学が開発した新しい診断用人工知能(AI)モデルは、ラベル付けなどの大量の人手を必要とするデータセットを用意することなく、未加工の胸部X線写真と症例報告から人間の専門家と同等の診断ができる。 by Rhiannon Williams12日前
  8. コネクティビティ
    聴くMITTR:イーサリアムのPoS移行で暗号通貨は変わるか
    今週のオーディオ・ムック(β)では、イーサリアムの大型アップデート「ザ・マージ」とは何か? なぜこのアップデートが注目されているのか? その理由と背景を紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio13日前
  9. 生命の再定義
    重度の肝疾患を患う人がまもなく、かつてない治療を受ける。機能しなくなった本人の肝臓の代わりとなるミニ肝臓を体内で育てるという治療だ。ライジェネシス(LyGenesis)という企業の研究者は肝臓で上手くいったら胸腺、膵臓といった臓器を同じ手法で体内に作り出すことを考えている。 by Jessica Hamzelou13日前
  10. コネクティビティ
    米国の「暗い日」にスマホが果たした役割
    人工妊娠中絶の権利を認めた判決を覆した6月の米最高裁の判決を、多くの市民はスマホで知ることとなった。スマホは中絶希望者を支援する活動にも、反中絶団体の情報戦にも使われている。 by Melissa Gira Grant14日前
  1. コネクティビティ
    ハチの巣作りにヒント、ドローンが建物をチームで3Dプリント
    インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは、自然界にヒントを得て建造物を作る方法を開発した。複数のドローンが協力し合って1つの構造物を3Dプリントで作り上げていく様子は、ハチが巣を作る様子にそっくりだ。 by Tammy Xu11日前
  2. コネクティビティ
    みんなの大好きな「インスタ顔」はこうして作られる
    「まったく違う自分になりたい」。そんな女性たちの需要を叶える顔フィルターがインスタグラムでは大人気だ。不健全だという声や美の基準を固定化するといった批判もあるが、多くのクリエイターたちがフィルターの制作に取り組んでいる。 by Tate Ryan-Mosley12日前
  3. コネクティビティ
    聴くMITTR:イーサリアムのPoS移行で暗号通貨は変わるか
    今週のオーディオ・ムック(β)では、イーサリアムの大型アップデート「ザ・マージ」とは何か? なぜこのアップデートが注目されているのか? その理由と背景を紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio13日前
  4. コネクティビティ
    米国の「暗い日」にスマホが果たした役割
    人工妊娠中絶の権利を認めた判決を覆した6月の米最高裁の判決を、多くの市民はスマホで知ることとなった。スマホは中絶希望者を支援する活動にも、反中絶団体の情報戦にも使われている。 by Melissa Gira Grant14日前
  5. コネクティビティ
    「有害図書」決めるは誰? 米国の禁書運動、保護者がネットで採点
    性的な表現などを含む「有害図書」を学校から排除する禁書運動が米国各地で広がっている。フェイスブック・グループでつながった保護者たちは子ども向けの書籍を評価するサイトを立ち上げ、有害図書を学校から排除するよう働きかけている。by Tanya Basu15日前
  6. コネクティビティ
    イーサリアムの「ザ・マージ」が完了、6年越しでPoSへ移行
    暗号通貨イーサリアムが6年越しで準備してきた大規模なアップグレード、「ザ・マージ」が完了した。この動きが業界に何をもたらすのか、正確なことは誰にも分からない。 by Rebecca Ackermann18日前
  7. コネクティビティ
    解説:耐量子暗号アルゴリズムとは何か?なぜ必要なのか?
    量子コンピューターが実用化されれば、理論的には、現在インターネットなどで使われている暗号アルゴリズムはもはや安全ではなくなる。量子コンピューターによる攻撃にも耐える、新しい暗号アルゴリズムの開発が始まっている。 by Tammy Xu18日前
  8. コネクティビティ
    ロブロックスのアバターがもっとそっくりに、ユーザーの表情を追従
    オンラインゲーム・プラットフォームの「ロブロックス」で、ユーザーの表情の変化がリアルタイムでアバターに反映されるようになる。ただし、「信用と安全」を維持するため、当初は一部のユーザーのみが使えるようにする。by Tanya Basu18日前
  9. コネクティビティ
    フェイスブックの人気投稿は「スパム」ばかり、情報商材に誘導?
    直近の四半期、フェイスブックで最も閲覧されたのは他サイトに投稿されたミームの再投稿であることが明らかになった。だが問題は、コンテンツ自体よりも、そうした投稿で集められた注目が偽情報や問題のある投稿に向けられやすいことにある。by Abby Ohlheiser22日前
  10. コネクティビティ
    軍事起業家が売り込む「絶対安全」なスマホは実現可能か?
    民間軍事会社「ブラックウォーター」のエリック・プリンス創業者が「絶対安全」なスマートフォンの発売を計画中だ。だが、本誌が入手した投資家向け資料にはありえない主張が散りばめられている。by Patrick Howell O'Neill23日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    NASAより安くて早い民間初の金星探査ミッション、23年打ち上げへ
    生命の存在可能性が注目される金星をいち早く調べようと、ロケット・ラボやMITが民間初の探査ミッションの準備を進めている。NASAやESAも金星探査ミッションを計画中だが、それよりもずっと早く、低コストだ。 by Jonathan O'Callaghan29日前
  2. ビジネス・インパクト
    MITTRが選ぶU35イノベーターはなぜ、社会課題に目を向けたのか?
    MITテクノロジーレビューが選ぶ「Innovators Under 35 Japan」に選ばれた本多達也氏(富士通)、坪井俊輔氏(サグリ代表)、小嶌不二夫氏(ピリカ代表)はそれぞれ異なる立場やテーマで社会的インパクトのある課題解決に取り組んでいる。なぜ、社会課題の解決に取り組むことになったのか? 語り合った。 by Koichi Motoda56日前
  3. ビジネス・インパクト
    注目の宇宙ベンチャー創業者たちが語った「研究者が起業する価値」
    研究者として優れた業績をあげていた2人はなぜ、起業の道を選んだのか。U35イノベーターとして注目される宇宙テックベンチャーの創業者たちが、研究者自らが事業化に取り組む価値について話し合った。 by Yasuhiro Hatabe4カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は印刷版マガジン『Vol.7 世界を変える10大技術2022年版』を6月15日に発売した。今号の狙いと主な内容を紹介する。by MIT Technology Review Japan4カ月前
  5. ビジネス・インパクト
    ジャカルタでは、配車大手のゴジェックに登録したバイクタクシーのドライバーたちが、コミュニティを形成して労働者の地位向上に挑んでいる。コミュニティは不安定な労働者同士が助け合う場にもなっており、他の国のギグワークには見られない独特の状況を作り出している。 by Nadine Freischlad4カ月前
  6. ビジネス・インパクト
    天の川銀河のブラックホール、撮影に初成功
    国際研究チームは、天の川銀河の中心にあるブラックホール「いて座A*(エースター)」の撮影に初めて成功した。 by Rhiannon Williams5カ月前
  7. ビジネス・インパクト
    著名な物理学者であるシャーリー・アン・ジャクソン博士(レンセラー工科大学学長)は、MITで博士号を取得した最初のアフリカ系米国人女性だ。重要な公職を歴任してきた同博士は、「本当に大きな問題に取り組むためには、政府が学術界と産業界を動かすエンジンの役割を果たす必要がある」と主張する。by Shirley Ann Jackson5カ月前
  8. ビジネス・インパクト
    1990年代に急成長したものの間もなく失速した分子エレクトロニクスが再び脚光を浴びている。かつてはシリコンチップの代替を目指していたが、今はシリコンチップには不向きな用途で成長しようとしている。 by Rachel Courtland6カ月前
  9. ビジネス・インパクト
    MITTRが選んだ
    世界を変える10大技術
    2022年版
    MITテクノロジーレビューの「ブレイクスルー・テクノロジー10」は、今後数年間で世界に最も大きな影響を与えるテクノロジーの進歩を紹介する年次企画だ。医療からエネルギー、デジタル技術まで、2022年の重大技術を紹介する。 by MIT Technology Review Editors6カ月前
  10. ビジネス・インパクト
    本日12時〜「宇宙ベンチャーに聞く、研究開発型事業の作り方」無料配信
    大学等での研究開発の成果を事業化し、社会実装を目指していく「研究開発型スタートアップ」が日本でも近年増えている。MITテクノロジーレビューは、Innovators Under 35の日本版を受賞した宇宙ベンチャーのお二人を迎え、なぜ、大学での研究から起業への道を決断したのか?どうやって技術を事業に変えていくのか?最新の取り組みと合わせてお話いただく。 by MIT Technology Review Event Producer6カ月前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    2050年のカーボン・ニュートラル実現へ向けて、「実質ゼロ」目標を掲げる企業が増えている。だが、植林やカーボン・オフセットなどに依存した不確かな計画は、排出量を削減するどころか増やしてしまう恐れすらある。実際の気候変動対策に役立つ6つの方法を紹介しよう。 by James Temple14日前
  2. 持続可能エネルギー
    パキスタンを襲った壊滅的な大洪水、気候変動で雨量5割増しか
    8月の降雨量がここ50年で最多となったパキスタンは、洪水により多大な被害を受けた。地球温暖化がこの洪水にどの程度関与しているかは明らかではないが、ワールド・ウェザー・アトリビューションの分析では被害が増した可能性が指摘されている。by James Temple15日前
  3. 持続可能エネルギー
    IPCC報告書執筆者に聞く
    気候変動で高まる
    イノベーションの必然性
    人間活動による地球温暖化は「疑う余地がない」。2021年8月、国連の専門家組織は、初めてそう断言した。この報告書のうち、産業分野の取り組みについての執筆を担当したのが、科学者の田中加奈子氏だ。「この10年のイノベーションがカギ」とと話す田中氏に、気候変動の緩和におけるイノベーションの必要性や産業分野の取り組みについて産業界が持つべき視点について尋ねた。 by Noriko Egashira18日前
  4. 持続可能エネルギー
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は印刷版マガジン『Vol.8 脱炭素イノベーション』を9月13日に発売した。今号の狙いと主な内容を紹介する。by MIT Technology Review Japan19日前
  5. 持続可能エネルギー
    脱炭素で後れを取る日本車メーカーはどこに向かうべきか?
    カーボンニュートラルに向けて欧米の自動車業界がドラスティックな動きを見せている。これに対して、日本の自動車メーカー各社は好調な業績を収めつつも脱炭素化は遅々として進んでいない。欧米の動きを見ていくと、その進むべき道が見えてくる。 by Yumi Kawabata19日前
  6. 持続可能エネルギー
    米国エネルギー省の化石エネルギー局は、化石燃料の研究開発を長年にわたって担ってきた。しかし、バイデン政権の発足とともに部署の名称は化石エネルギー・炭素管理局に変わり、二酸化炭素排出量を抑えることを目的とした新たな任務を背負っている。 by James Temple19日前
  7. 持続可能エネルギー
    聴くMITTR:脱炭素だけではない、気候変動との戦い
    今週のオーディオ・ムック(β)では、気候変動「適応」策とは何か? なぜ重要なのか? その基本的な知識を解説するとともに、具体的な取り組みを紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio20日前
  8. 持続可能エネルギー
    大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
    節電要請、電力自由化、老朽火力発電所や原発停止、急速な再生可能エネルギーへのシフト、ロシアのウクライナ侵攻など複合的な要因が絡み合い、エネルギー問題は理解しづらいものになっている。もともと日本は資源に乏しく、さらに「脱炭素」という足枷がはめられている以上、今後も不確実性はつきまとう。こうした状況をどう読み解き、国や企業は短期・中長期的にどう動いていくべきか。エネルギー・アナリストでポスト石油戦略研究所代表を務める大場紀章氏の提言をまとめた。 by Atsuji So20日前
  9. 持続可能エネルギー
    京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
    究極のエネルギーと言われ、長年にわたって研究されてきた核融合発電。この実用化に向けて関連技術の開発に取り組むのが、京都大学発のスタートアップ企業、京都フュージョニリングだ。同社のビジネスモデルと展望について、長尾昂CEOに聞いた。 by Keiichi Motohashi21日前
  10. 持続可能エネルギー
    およそ4000億ドルもの巨額の気候変動対策費を盛り込んだ米国のインフレ抑制法が8月に成立した。産業プラントや発電所からの二酸化炭素の回収にも巨額の補助金が投じられることになるが、化石燃料の延命につながるとの懸念もある。 by James Temple22日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    中国・インドで新型コロナの吸入型ワクチン、その効果は?
    鼻や口から吸入する新型コロナワクチンが中国とインドで相次いで承認された。従来の注射型ワクチンとの併用による効果が期待されているが、まだ疑問点は多い。 by Jessica Hamzelou8日前
  2. 生命の再定義
    手術中の「VR没入」で麻酔の量を減らせる可能性=米新研究
    手術中の患者にVRの番組を見せることで、鎮静剤の使用量を減らせる可能性を示す研究結果がコロラド大学などの研究チームから発表された。麻酔薬の使用量を減らせれば、入院期間を短縮し、合併症のリスクを低減できるかもしれない。by Rhiannon Williams8日前
  3. 生命の再定義
    高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
    筋肉と脳の間では、分子レベルで強力な対話が交わされている。加齢に伴う、認知症やその他の脳の疾患を避けるには適度な運動を続けることが大切だ。by Bonnie Tsui8日前
  4. 生命の再定義
    医用画像と症例報告で訓練したAI、「医師並み」の診断力
    ハーバード大学が開発した新しい診断用人工知能(AI)モデルは、ラベル付けなどの大量の人手を必要とするデータセットを用意することなく、未加工の胸部X線写真と症例報告から人間の専門家と同等の診断ができる。 by Rhiannon Williams12日前
  5. 生命の再定義
    重度の肝疾患を患う人がまもなく、かつてない治療を受ける。機能しなくなった本人の肝臓の代わりとなるミニ肝臓を体内で育てるという治療だ。ライジェネシス(LyGenesis)という企業の研究者は肝臓で上手くいったら胸腺、膵臓といった臓器を同じ手法で体内に作り出すことを考えている。 by Jessica Hamzelou13日前
  6. 生命の再定義
    脳に埋め込んだ電極で、海馬の活動を模倣する刺激を与えることにより、被験者の記憶力が向上する研究成果が米国の南カリフォルニア大学とウェイクフォレスト大学らの研究チームによって発表された。記憶障害のある人向けの補装具として利用可能になるかもしれない。 by Jessica Hamzelou14日前
  7. 生命の再定義
    バイデン大統領「がん死亡率半減」宣言、血液検査の大規模試験へ
    米国のバイデン大統領は、今後25年間でがん死亡率を半減させるムーンショット計画を発表した。計画の中心となるのが、複数のがんを検出できる血液検査によるスクリーニングだ。 by Hana Kiros14日前
  8. 生命の再定義
    脳が発達、心臓も鼓動——「人工胚」の成長で世界初
    ケンブリッジ大学やカリフォルニア工科大学の共同研究チームは、幹細胞から作られたマウスの人工胚を、脳が発達する段階にまで成長させることに成功した。ヒトの妊娠の初期段階における失敗などについて新たな知見をもたらす可能性があるという。by Rhiannon Williams20日前
  9. 生命の再定義
    ロンドン下水からポリオウイルス、ブースター接種始まる
    ロンドンの下水からポリオウイルスが検出されたことを受けて、子どもを対象にしたポリオワクチンのブースター接種が実施されている。英国では野生型ポリオウイルスは撲滅されたはずだが、一体、何が起こっているのだろうか。by Jessica Hamzelou22日前
  10. 生命の再定義
    遺伝子編集した「B細胞」で希少疾患を治療、米国で初の治験へ
    免疫細胞の一種であるB細胞を用いた遺伝子療法によって希少疾患の「ムコ多糖症」を治療する試みに、米国食品医薬品局が許可を出した。遺伝子編集したB細胞による治験は初となる。実施するのは、イミュソフト(Immusoft)というバイオテクノロジー企業だ。 by Antonio Regalado28日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    アニメ絵に強いバイドゥの画像生成AI、中国ならではの弱み
    バイドゥが開発したテキストから画像を生成するAI「ERNIE-ViLG」は、中国固有の文化に基づく物やアニメキャラ風の画像生成において、既存のAIよりも優れている。しかし、検閲機能によって、政治的にセンシティブな言葉は排除される。by Zeyi Yang8日前
  2. 知性を宿す機械
    米国政府の人工知能(AI)政策を主導してきたリン・パーカーがこのほど退任し、学術界に戻った。研究開発への投資、人材育成、規制など、在任中の成果と課題について話を聞いた。 by Tammy Xu18日前
  3. 知性を宿す機械
    旅行バッグに隠された爆弾を見抜くX線AI、がん診断にも期待
    X線と深層学習アルゴリズムを併用して爆発物を高精度で検出する新しい方法がユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)によって発表された。将来的には、がん検出にも応用できるかもしれない。by Rhiannon Williams19日前
  4. 知性を宿す機械
    聴くMITTR:世界的AI企業は「科学」をどう変えるのか?
    今週のオーディオ・ムック(β)では、AI企業ディープマインドがタンパク質構造の予測という科学的難問に挑んだ理由、科学界へ与えるインパクトについて詳しく紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio27日前
  5. 知性を宿す機械
    聴くMITTR:「AIお絵描き」ブームは何をもたらすのか?
    今週のオーディオ・ムック(β)では、話題の画像生成AIから、マルチモーダルAIの可能性について考える。 by MIT Technology Review Audio Studio40日前
  6. 知性を宿す機械
    AI開発を効率化する「自動機械学習(AutoML)」とは何か?
    アマゾンやグーグルがローコードの機械学習ツールで採用する「自動機械学習(Auto ML)」の手法は、人工知能(AI)モデル開発のプロセスを加速し、AIテクノロジーをより扱いやすくする可能性がある。 by Tammy Xu46日前
  7. 知性を宿す機械
    ロシアによるウクライナ侵攻によって各国の軍は兵器の刷新、AI技術の導入を進めている。軍事AIや自律兵器をめぐる倫理的な問題は棚上げされ、シリコンバレーのスタートアップは好機をつかもうとしている。 by Melissa Heikkilä55日前
  8. 知性を宿す機械
    オープンAIの「GPT-3」に匹敵する大規模言語モデルが無料公開された。世界中の1000人以上のボランティア研究者が1年がかりで作成したこのAIモデルは、従来の大規模言語モデルの持つ秘密主義と排他性を排し、倫理的配慮を初期段階から埋め込むことを狙いとしている。 by Melissa Heikkilä62日前
  9. 知性を宿す機械
    オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
    オープンAIは、文章から画像を生成する「DALL-E 2」のベータ版を100万人に提供する。一部有料化し、生成した画像の商用利用も可能となる。 by Will Douglas Heaven64日前
  10. 知性を宿す機械
    ソニーは、ビデオゲーム「グランツーリスモ」で、トップクラスのeスポーツドライバーを打ち負かす走りを実現するAIを開発した。勝因となったのは、単なるスピードだけでなく、「エチケット」をAIに教えたことだった。 by Will Douglas Heaven64日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る