KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

Cover Story トランプの税制改革案は
イノベーションを
加速させるか?

ワシントンDCで検討中の税制改革は、資金を米国に還流させようとしているが、イノベーションを促進する結果にはおそらくならないだろう。 by Peter Burrows

トップ・ストーリー 本日の重要ニュースをご案内。 02.24

  1. 再生可能エネルギーのバーチャル発電所で送電網を効率化

    再生可能エネルギーの余った発電量や各家庭のバッテリーなど、小さな設備をソフトウェアで統合して「バーチャル発電所」を作る実験が、オーストラリアの2地域で始まる。

    by Jamie Condliffe
  2. ダイアモンド製量子MR顕微鏡で見る極小世界の人間の生化学

    ダイヤモンド製の量子MRマイクロスコピーによって、ゼプトモル (10-21 モル ) 域で人間の生化学に何が起きているのかを観察できるようになった。

    by Emerging Technology from the arXiv
  3. いつもスマホを確認している人はストレス状態にあると判明

    スマホを頻繁に確認している人は、そうでない人よりもストレス状態にありそうだ、とわかった。トイレでまでスマホを確認するのはやめた方がよさそうだ。

    by Jamie Condliffe
  4. 人工知能はゲームで世界と身体を学ぶ

    AIはまだ現実社会での応用が難しいが、ゲーム業界ではすでにさまざまな場面で使われている。AIはグーグルやフェイスブックの研究だけが突出しているのではなく、FINAL FANTASY XVのAIも進化しているのだ。

    by 三宅 陽一郎
  5. 外科ロボットと同様に使える500ドルの手術用マジックハンド

    高価な外科ロボットの同等の手術ができる500ドルの手術用マジックハンドが販売されている。大がかりな装置が使えない途上国や小規模な治療施設で役に立つだろう。

    by Emily Mullin
  6. 子どもは、ロボットをロールモデルとして受け入れると判明

    懲りずに何度も挑戦するロボットと遊んだ子どもは「やればできる」精神を受け継ぐ場合があることがわかった。一方、「お願い」「ありがとう」といわずにすむアレクサのある家庭では、子どもが不作法に育つ、と不満を持つ親も現れている。

    by Jamie Condliffe
  7. グーグル、ウーバー対抗の格安相乗りサービスを年内に展開へ

    都市部でウーバーのライバルになるべく、グーグルのヒッチハイク型有償相乗りサービスが年内には米国とラテンアメリカで提供されそうだ。アプリの出来はまだまだだが、自家用車を通勤に使う人が多い大都市なら、渋滞解消にもつながるかもしれない。

    by Jamie Condliffe
無料メールマガジン提供中
Subscribe
35歳未満のイノベーター35人
35歳未満のイノベーター35人

今回で16年目となる若いイノベーターは破壊者であり夢想家です。
好奇心があり、ひたむきで、情熱的であり、他を巻き込む力があります。
関わっていることは医療のブレークスルーからエネルギー技術の再設計、コンピューターをさらに便利したり、目新しい電子機器を開発したりとさまざまですし、スタートアップの経営者もいれば大企業に所属している場合もあり、学術機関の研究者もいますが、それぞれの領域で、リーダーになろうとしています。

2016年版を見る
  1. 知性を宿す機械 2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    強化学習
    プログラムで判断させるにはあまりに複雑な用途でも、強化学習なら機械が試行錯誤することで、上手なやり方を自分で獲得できる。囲碁で威力を証明したテクノロジーは、あらゆる場面で適切に判断する自律運転車の実現に欠かせない。
  2. ビジネス・インパクト 2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    モノのボットネット
    家庭用ガジェットにネット接続機能が追加されて便利になるほど、ボットネットの攻撃性がさらに高まる副作用がある。
  3. 生命の再定義 2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    細胞アトラス
    人間の体はどんな細胞でできているのか? 約37兆個の細胞ひとつひとつを詳細に解明し、位置に番号を割り当てる「細胞アトラス」プロジェクトが進行中だ。
  4. 生命の再定義 2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    遺伝子療法2.0
    科学者が遺伝性疾患の治療を妨げてきた基礎的な問題を解決したことで、一部の希少疾患を治療できるようになった。今後は、同様の手法により、がんや心疾患等、一般的な病気の治療が進展するだろう。
  5. 持続可能エネルギー 2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    熱太陽電池
    「太陽熱光起電力」は、可視光線から電気を直接作るのではなく、いったんさらに広い波長の太陽光を熱に変換してから可視光線に変える手法だ。蓄熱することで、雨の日でも夜でも途切れずに発電できる、太陽光発電が実現する。
Events20170306東京都文京区
ビジョナリーパーソンが集い、
人間の力を拡張するテクノロジーとの
共栄社会を考える

人間の力を拡張するテクノロジーは今まさに社会に実装されようとしており、私達はそれらに対する向き合い方を考える必要に迫られている。

このイベントに参加する
カバーストーリー
2017年版
ブレークスルー
テクノロジー10
MIT Technology Reviewが選んだ10のテクノロジーの共通点は、持続性だ。経済や政治に影響を与え、医学を改善し、文化すら変える力がある。一部はすでに利用可能だが、実用化までに10年以上かかるテクノロジーもある。しかし、どのテクノロジーもいま知っておく価値があるものばかりだ。 by MIT Technology Review Japan
最新ニュース Filter
  1.  
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント