KADOKAWA Technology Review
×

イーロン・マスク参戦で
バブル化したBMI研究、
脳がマウスになる日は来るか

数年前のイーロン・マスクらの参入をきっかけに、脳機械インタフェース(BMI)分野の研究開発に資金提供が相次いでいる。事故や病気で身体が麻痺した患者向けの研究が主だが、巨額資金が動く背景には次世代コンピューター・インターフェイス実現への期待がある。 by Antonio Regalado

トップ・ストーリー

  1. 世界が再び厳戒態勢に オミクロン株についていま分かっていること
    by Charlotte Jee

    新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への警戒が強まり、緊急措置として各国で渡航制限などが実施されている。現時点で分かっていることは少ないが、再感染のリスクが高い可能性がある。

  2. クイズで分かる「AIってなに?」 ポッドキャスト書き起こし
    by Anthony Green

    人工知能(AI)なのか、そうでないのかを見分けるのが難しい場合がある。どうやって判断すればよいのだろうか? クイズ形式で考えてみた。

  3. タリバン政権下で生き残りをかける「コンテンツ密売人」たち
    by Ruchi Kumar

    インターネット接続が不安定なアフガニスタンでは、「スニーカーネット」の商人らがデジタルコンテンツを路上販売してきた。取り締まりの厳しいタリバンの支配下にある現在も、生き残りをかけ、ひっそりとビジネスを継続している。

  4. NASA、太陽光発電で推進する初の深宇宙探査機を打ち上げへ
    by Tatyana Woodall

    NASAは2022年8月、太陽光発電で得られた電力を用いて推進する初の深宇宙探査機「サイキ」を打ち上げる予定だ。科学燃料を使って推進する場合に比べて推力が弱いが、効率を高められるので、今後、広く使われるようになるかもしれない。

日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
  1. 持続可能エネルギー
    COP26でついに動き出した炭素市場、国際ルールへの期待と疑念
    11月前半に英国グラスゴーで開催されたCOP26気候会議では、国際的な炭素市場の確立に向けて新たなルールが策定された。しかし、このルールには大きな抜け穴があり、効果の疑わしいカーボン・クレジットの作成に拍車をかける可能性がある。
  2. ビジネス・インパクト
    MITTRが選ぶ、2021年の日本発「U35」イノベーターを発表
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、35歳未満のイノベーターを表彰する「Innovators Under 35 Japan 2021」の受賞者を発表した。
  3. コネクティビティ
    世界的スパイウェア企業「NSO」、米制裁で企業存亡の危機
    イスラエルのNSOはこれまで、悪名高いスパイウェア「ペガサス」を幾多の独裁国家に販売してきたことを非難されつつもビジネスを続けてきた。しかし、米国政府が制裁を科すことを発表した現在、存亡の危機に瀕している。
  4. 知性を宿す機械
    米国防総省がAI倫理ガイドラインを発表、開発・運用手順を規定
    米国防総省が「責任あるAIの指針」を発表した。AIの軍事利用が批判を浴びる中、政府請負業者へ倫理原則の遵守を求め、透明性の向上を図ることが狙いだ。
  5. コネクティビティ
    楽天も出資する量子コンピューター企業、256キュービットの新記録
    ハーバード大とMITの物理学者が創業し、楽天も出資するスタートアップ企業「キュエラ・コンピューティング(QuEra Computing)」が、256キュービットの量子シミュレーターを開発した。量子論に基づく材料や力学のシミュレーションのほか、NP完全問題を解く量子アルゴリズムの構築にも取り組んでいる。
カバーストーリー
ビジネス・インパクト
中国は今や、米国に並ぶ超大国として科学分野でも台頭しつつある。しかし、強力な祖国を築くために西洋の科学技術を求めた中国近代化の歴史は、屈辱と葛藤に満ちたものであった。 by Yangyang Cheng
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
すべてのトピックス Filter
  1. コネクティビティ
    メタバース、ネットの「分身」が生身に与える計り知れぬ影響
    フェイスブック(メタに社名変更)が注力する「メタバース」の世界では自分そっくりのアバターを作れるようになるという。自分にそっくりなアバターを作ることができるのは嬉しいかもしれないが、身体イメージの問題をさらに悪化させる可能性があると懸念する声もある。 by Tanya Basu9日前
  2. ビジネス・インパクト
    原 研哉インタビュー「世界は遊動の時代へ」
    原研哉。日本を代表するデザイナーの1人であり、国内外を問わずさまざまなジャンル、規模のプロジェクトに参画している。一方で、デザイナーという立場から、企業だけでなく社会全体に目を向け課題解決の提案をし続ける。コロナ禍を経験した世界、そして日本におけるこれからの社会について、原氏の考える3つのキーワードを軸に話を伺った。by MIT Technology Review Japan13日前
  3. ビジネス・インパクト
    アリババ会長も推奨「996」長時間労働に中国テック系社員が反旗
    中国企業は長きにわたり、競争における優位性という名のもとに、長時間労働を是認し、美化し、強制してきた。しかし最近になり、午前9時から午後9時まで週6日働くことを意味する「996」制度に対し、抵抗の声を上げるテック企業の労働者たちが相次いでいる。 by Siyuan Meng13日前
  4. ビジネス・インパクト
    コロナ禍の不平等を調べるジャーナリスト4人をMITTRが支援
    MITテクノロジーレビューは今春、新型コロナウイルス感染症のパンデミックで露わになった不平等問題に焦点を当てたジャーナリズムを支援するフェローシップ制度を発表した。その採用者のプロフィールを紹介する。 by Bobbie Johnson13日前
  5. 生命の再定義
    欧州で新型コロナの感染が爆発的に拡大、今なぜ?
    欧州での新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらない。現在、世界全体の感染者数の半分以上を欧州が占めており、2020年4月以降で最大の割合となっている。いったい、何が起こっているのだろうか。by Bobbie Johnson15日前
  6. ビジネス・インパクト
    『指数関数的時代』に見る、超楽観的な未来像
    アジーム・アザールの新しい著書『指数関数的時代』は、驚異的なテクノロジーの成長が、豊かな時代につながると楽観的に予測している。だが、現実はもっと複雑であり、悲観的な見方もある。by David Rotman15日前
  7. ビジネス・インパクト
    トヨタの野心的な未来都市は「幸せの量産」を体現できるか
    2020年にラスベガスで開催されたCESで、トヨタ自動車の豊田章男社長自ら発表した実証都市「ウーブン・シティ」構想。世界的自動車メーカーがなぜ、街づくりに乗り出すのか? ヴェールに包まれた同プロジェクトの現状を整理する。 by Yumi Kawabata15日前
  8. コネクティビティ
    インフォシーク創業者が反ワクチン陰謀論の「英雄」になるまで
    テック界の億万長者であるスティーブ・キルシュは、新型コロナに効き目のありそうな既存薬の治験に資金を提供していたが、エビデンスのない薬にのめりこみ、反ワクチン活動を展開した挙句、自身が任命した科学諮問委員会から見限られ、CEO職も辞することになった。by Cat Ferguson15日前
  9. コネクティビティ
    コンピューティングが今後、どこに向かうのかを予測するには、テクノロジーの歴史を振り返るのが役に立つかもしれない。テクノロジーの進歩には常に人間が関与しており、コンピューティングの歴史は米国史のミニチュア版なのだ。by Margaret O’Mara15日前
  10. ビジネス・インパクト
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は『Vol.5 Cities Issue』を11月15日に発売した。今号の狙いと主な内容を紹介する。by MIT Technology Review Japan16日前
  1. コネクティビティ
    メタバース、ネットの「分身」が生身に与える計り知れぬ影響
    フェイスブック(メタに社名変更)が注力する「メタバース」の世界では自分そっくりのアバターを作れるようになるという。自分にそっくりなアバターを作ることができるのは嬉しいかもしれないが、身体イメージの問題をさらに悪化させる可能性があると懸念する声もある。 by Tanya Basu9日前
  2. コネクティビティ
    インフォシーク創業者が反ワクチン陰謀論の「英雄」になるまで
    テック界の億万長者であるスティーブ・キルシュは、新型コロナに効き目のありそうな既存薬の治験に資金を提供していたが、エビデンスのない薬にのめりこみ、反ワクチン活動を展開した挙句、自身が任命した科学諮問委員会から見限られ、CEO職も辞することになった。by Cat Ferguson15日前
  3. コネクティビティ
    コンピューティングが今後、どこに向かうのかを予測するには、テクノロジーの歴史を振り返るのが役に立つかもしれない。テクノロジーの進歩には常に人間が関与しており、コンピューティングの歴史は米国史のミニチュア版なのだ。by Margaret O’Mara15日前
  4. コネクティビティ
    森川博之教授:
    「草の根」から始まる新しいスマートシティ論
    スマートシティといえば、「最新テクノロジーを積極的に取り入れて、人々の生活をより豊かなものにする」といったイメージが強い。しかし、東京大学の森川博之教授は「その発想は変えたほうがいい」と警鐘を鳴らす。第一人者が語るスマートシティの現状、問題点、そして未来とは。 by MIT Technology Review Japan16日前
  5. コネクティビティ
    ピクサー共同創業者であるアルヴィ・レイ・スミスが、コンピューター・グラフィックスの歴史をひもとく著作『A Biography of the Pixel(ピクセルの歴史)』を出版した。スミスは本書で、コンピュータグラフィックの発展に真に貢献した人物を描くとともに、「デジタル・ライト(Digital Light)」の革新性について語っている。 by Chris Turner20日前
  6. コネクティビティ
    急成長するサイバー監視産業、高まる安全保障への懸念
    急成長するサイバー監視産業の実態について調査した報告書が発表された。多くの企業が製品を世界中に販売しており、今後深刻な状況に陥る可能性があると警告している。 by Patrick Howell O'Neill20日前
  7. コネクティビティ
    米国立気象局は、超高性能なスーパー・コンピューターの導入を予定している。ハリケーンの進路予測、強度予測から、日々の天気予報まで、精度が大きく向上する見込みだ。 by Casey Crownhart21日前
  8. コネクティビティ
    シリコントランジスタの微細化を原動力とするムーアの法則は、間もなく終焉を迎える。その一方で、シリコンの代替品は何年にもわたり提案され続けてきており、その一部は限られた用途ではあるが製品化もされている。by Lakshmi Chandrasekaran22日前
  9. コネクティビティ
    将来の量子コンピューターの実用化を見越したサイバー攻撃者たちは、政府や企業の暗号化された機密情報をすでに収集し始めている。米国政府はこうした新たな脅威に対抗するために、ポスト量子暗号の取り組みを進めている。by Patrick Howell O'Neill26日前
  10. コネクティビティ
    ザッカーバーグも賭ける「メタバース」の夢、その問われる真価
    フェイスブック(「メタ」に社名変更)が今後、事業の核にすると発表した3次元バーチャル空間「メタバース」は、技術系エリートが使うばかげたキャッチフレーズのようにも聞こえるが、現実世界をよりよく変える可能性がある。 by John David N. Dionisio27日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    原 研哉インタビュー「世界は遊動の時代へ」
    原研哉。日本を代表するデザイナーの1人であり、国内外を問わずさまざまなジャンル、規模のプロジェクトに参画している。一方で、デザイナーという立場から、企業だけでなく社会全体に目を向け課題解決の提案をし続ける。コロナ禍を経験した世界、そして日本におけるこれからの社会について、原氏の考える3つのキーワードを軸に話を伺った。by MIT Technology Review Japan13日前
  2. ビジネス・インパクト
    アリババ会長も推奨「996」長時間労働に中国テック系社員が反旗
    中国企業は長きにわたり、競争における優位性という名のもとに、長時間労働を是認し、美化し、強制してきた。しかし最近になり、午前9時から午後9時まで週6日働くことを意味する「996」制度に対し、抵抗の声を上げるテック企業の労働者たちが相次いでいる。 by Siyuan Meng13日前
  3. ビジネス・インパクト
    コロナ禍の不平等を調べるジャーナリスト4人をMITTRが支援
    MITテクノロジーレビューは今春、新型コロナウイルス感染症のパンデミックで露わになった不平等問題に焦点を当てたジャーナリズムを支援するフェローシップ制度を発表した。その採用者のプロフィールを紹介する。 by Bobbie Johnson13日前
  4. ビジネス・インパクト
    『指数関数的時代』に見る、超楽観的な未来像
    アジーム・アザールの新しい著書『指数関数的時代』は、驚異的なテクノロジーの成長が、豊かな時代につながると楽観的に予測している。だが、現実はもっと複雑であり、悲観的な見方もある。by David Rotman15日前
  5. ビジネス・インパクト
    トヨタの野心的な未来都市は「幸せの量産」を体現できるか
    2020年にラスベガスで開催されたCESで、トヨタ自動車の豊田章男社長自ら発表した実証都市「ウーブン・シティ」構想。世界的自動車メーカーがなぜ、街づくりに乗り出すのか? ヴェールに包まれた同プロジェクトの現状を整理する。 by Yumi Kawabata15日前
  6. ビジネス・インパクト
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は『Vol.5 Cities Issue』を11月15日に発売した。今号の狙いと主な内容を紹介する。by MIT Technology Review Japan16日前
  7. ビジネス・インパクト
    トロント大学の化学者であるアスプル・グージック教授は、これまでは20年かかったような新材料探索のプロセスを、AIやロボットを組み合わせて自動化することで、数年あるいは数カ月にまで短縮しようとしている。 by Simon Lewsen19日前
  8. ビジネス・インパクト
    米国の宇宙科学10カ年計画、居住可能な惑星など優先事項に
    全米アカデミーズは11月4日、「天文学・天体物理学の10カ年計画」の報告書を発表した。科学的優先事項として、居住可能な太陽系外惑星、ブラックホール、銀河の起源と進化を挙げている。 by Tatyana Woodall23日前
  9. ビジネス・インパクト
    主張:掛け声だけの「多様性」、テック業界が本気で取り組む方法
    テクノロジー業界はダイバーシティやインクルージョンを謳っているが、実際の取り組みはほとんど宣言にとどまっている。現状を変える方法を提案する。 by Victor Mbarika26日前
  10. ビジネス・インパクト
    NASA新型ローバーはチームで動く、「分散型」でリスク低減
    NASAは、月や他の惑星を探査するために、自律型の小型ローバー隊を開発している。1台のローバーに問題が起こってもミッションを継続できるうえ、従来のローバーでは行けない場所も探索できるようになる。by Tatyana Woodall27日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    インドが「2070年に排出ゼロ」を宣言、転換期を迎えた気候対策
    インドのナレンドラ・モディ首相が11月1日、国連気候会議「COP26」で2070年にCO2排出量を実質ゼロにするという目標を明らかにした。世界最速で成長する途上国の宣言は、大きな転換になる。 by Casey Crownhart23日前
  2. 持続可能エネルギー
    グラスゴーでの国連気候会議(COP26)が開幕した。これまで国連は気候変動対策としてパリ協定をまとめるなど、一定の役割は果たしてきた。しかしグラスゴーでの会議で何が決まろうとも、気候変動がさらに進むことは確実だ。 by James Temple27日前
  3. 持続可能エネルギー
    動き出した米国初の大規模な気候関連法案、その成果と課題は?
    米国のバイデン大統領は気候変動問題を自身の政治活動の中心に据え、米国初の大掛かりな気候関連法案を成立させようとしている。その画期性と課題を識者らが語った。 by James Temple51日前
  4. 持続可能エネルギー
    ペットボトルを酵素でリサイクル、仏スタートアップが実証施設
    フランスのスタートアップ企業が、ペットボトルの材料であるPETを酵素でリサイクルする実証用プラントを開設した。同社のリサイクル処理によって、石油からPETを製造する場合と比較して温室効果ガス排出量を約30%減少できると見積もっている。by Casey Crownhart54日前
  5. 持続可能エネルギー
    地球温暖化抑止にはメタン削減が効果的、だがどうやって?
    地球温暖化を食い止めるためは、大気中のメタンを削減することが効果的だとする論文が発表された。しかし、大気中からメタンを除去する技術は確立されておらず、当面は排出量を減らすことで対応する必要がある。by Casey Crownhart63日前
  6. 持続可能エネルギー
    図解:気候変動対策の鍵は巨大都市にある
    世界の人口が集中する巨大都市が二酸化炭素排出量を削減するだけで、気候変動の影響を大きく緩和できる可能性がある。by Andre Vitorio78日前
  7. 持続可能エネルギー
    テスラ7人目の電池ベンチャー、「5日持つ」ガジェットに材料供給
    リチウムイオンバッテリーのエネルギー密度を大きく引き上げる材料の開発に取り組むシラ・ナノテクノロジーズが、初の製品を市場投入した。同社の負極材料を採用したバッテリーを搭載するフィットネス向けのウェアラブル機器は、充電が5日間不要だという。by James Temple82日前
  8. 持続可能エネルギー
    ハリケーン「アイダ」でNYに甚大被害、洪水対策追いつかず
    米東海岸を襲ったハリケーン「アイダ」は都市に甚大な被害をもたらした。ニューヨーク市はここ数年、洪水対策に取り組んできたが、頻発する脅威にまだ適応できていない。 by Casey Crownhart85日前
  9. 持続可能エネルギー
    ハリケーン「アイダ」で大規模停電、求められる強い送電網
    8月29日に米国南部を襲った大型ハリケーンの「アイダ」がニューオーリンズにもたらした大規模停電は、高頻度かつ深刻化する気象災害に耐え得る電力システムを再構築する必要性を改めて認識させるものだ。by James Temple90日前
  10. 持続可能エネルギー
    米上院は「クリーン電力報酬プログラム」の予算案の可決に向かっている。電力会社が販売する電力全体にカーボンフリー電力が占める割合を増やすことを狙ったものだ。政治的実現可能性を高めるために採ったこのアプローチには期待がある一方、狙い通りに目的を果たせるかどうか不安もある。 by James Temple3カ月前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    欧州で新型コロナの感染が爆発的に拡大、今なぜ?
    欧州での新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらない。現在、世界全体の感染者数の半分以上を欧州が占めており、2020年4月以降で最大の割合となっている。いったい、何が起こっているのだろうか。by Bobbie Johnson15日前
  2. 生命の再定義
    パンデミックの予測はなぜ外れたのか? 疫学者が語る失敗の本質
    少しでも確かな情報を基に、感染者数や死者数などについて予測を立てようとしたパンデミックの試みはことごとく失敗した。程度の差こそあれ、この分野のプロである疫学者も失敗を重ねている。問題を分解し、知見を修正しながらより精緻なものにしていく工学的思考が必要なのかもしれない。 by Siobhan Roberts36日前
  3. 生命の再定義
    ブタの腎臓のヒトへの移植に成功 遺伝子操作で拒絶反応抑える
    遺伝子操作したブタの腎臓を、脳死状態の患者に移植する手術が成功した。実用化にはまだ課題が残るが、臓器移植を待つ人々を将来的に救える可能性がある。 by Charlotte Jee41日前
  4. 生命の再定義
    米国の合成生物学企業であるギンコ・バイオワークスが9月に上場した。生物学界のインテルになると喧伝し、巧みなストーリーで投資家を熱狂させているギンコは、実際にどんな成果を残し、何を目指しているのか。 by Antonio Regalado43日前
  5. 生命の再定義
    光遺伝学や高度な画像テクノロジーの発達により、記憶の形成メカニズムに関する知見がもたらされた。記憶の可視化だけでなく、操作さえ可能になっている。 by Joshua Sariñana54日前
  6. 生命の再定義
    脳インプラントでうつ病を大幅改善、個別化医療に期待
    うつ病が発症する兆候を検出すると脳に電気刺激を与える装置を頭蓋骨内に埋め込むことで、うつ病の症状を大幅に改善できることを示す研究が発表された。従来の治療で効果のなかった患者に対する個別化医療として期待される。by Charlotte Jee57日前
  7. 生命の再定義
    人体を構成する臓器の中でも、脳は最も謎に満ちている。明らかになっていることはごくわずかで、まだ分かっていないことが圧倒的に多い。ヒトの脳に関する8つの最先端の研究を、観光ツアー形式でざっくり紹介しよう。 by Hannah Thomasy57日前
  8. 生命の再定義
    脳の遺伝子モザイク現象と、自閉症や統合失調症、アルツハイマー病などの精神疾患との関連性が明らかになりつつある。マコーネル博士は極貧の大学院生時代から20年以上、この分野の研究にキャリアを費やしてきた。 by Roxanne Khamsi58日前
  9. 生命の再定義
    人間の心は、脳や体、周囲の世界とのやり取りによって継続的に作り出される。私たちの脳は体の調節をするために進化したのであり、思考や感情、感覚、その他の精神的な能力は、そうした調節の結果である。 by Lisa Feldman Barrett61日前
  10. 生命の再定義
    愛する人の顔を見た時に、私たちの脳内で起こっていること
    誰かを認識する時、脳の内部では瞬時に多くのことが起こっている。ただ、私たちはそれを意識していない。by Tate Ryan-Mosley63日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    この2年間に及ぶパンデミックで、あらゆる企業のサプライチェーンは壊滅的な打撃を受けた。アマゾンやグーグルは、AIを使った「デジタルツイン」による新世代のシミュレーションで問題を乗り越えようとしている。by Will Douglas Heaven30日前
  2. 知性を宿す機械
    5〜11歳までへのワクチン接種、米国で11月初旬にも開始へ
    米国で、5歳から11歳までの子どもへのワクチン接種が進められる可能性が高まっている。FDAの専門家委員会はすでにゴーサインを出しており、来週のCDCの諮問委員会で承認されれば、11月初旬にも接種が開始される。by Bobbie Johnson35日前
  3. 知性を宿す機械
    「ユーザーより自社の利益を優先している」と主張する元社員の内部告発を受け、フェイスブックが揺れている。フェイスブックは反論しているが、主張を裏付けるのはこの元社員の証言だけではない。MITテクノロジーレビュー米国版はAI部門の責任者や関係者を1年にわたって取材している。今年3月、米国版に掲載された2万字にわたる長文記事を掲載する。 by Karen Hao36日前
  4. 知性を宿す機械
    グーグル最新AIスマホに見る、コンピューター「再発明」の方向性
    グーグルが発表した最新スマホ「ピクセル6(Pixel 6)」は、人工知能の演算を専門に処理する回路を備えている。AIはすでに私たちの生活に溶け込んだ。そしてコンピューターのあり方も変えようとしている。by Will Douglas Heaven37日前
  5. 知性を宿す機械
    スタンフォード大学の研究チームは、バーチャル環境で進化するAIボットを用いて、身体の構造と知能が密接に関連していることを示した。体の構造を固定したうえでタスクの訓練をする従来のAIロボットの構築方法を覆すかもしれない。by Will Douglas Heaven41日前
  6. 知性を宿す機械
    深層学習モデルは内部で何が起こっているのかが明らかにならない「ブラック・ボックス」であり、情報は漏れない。こうした一般的な考え方に疑問を投げかける研究成果が発表されている。 by Will Douglas Heaven43日前
  7. 知性を宿す機械
    FBがGoPro風動画の大規模データセット、3025時間分の映像を収集
    フェイスブックAIリサーチは、一人称視点で撮影した膨大な数の動画を集めた過去最大規模のデータベースを作成した。人々の日常生活の助けになるようなAIを訓練するのに役立つとしているが、将来的にどのように利用されるのか懸念もある。by Will Douglas Heaven44日前
  8. 知性を宿す機械
    ひっそりと浸透する「AI声優」、人間の仕事を奪うか?
    深層学習のブレークスルーにより、人間の話し方の微妙なニュアンスまで再現する「AI声優」が活躍の場を広げている。新しいデジタル広告やブランドに合わせたオリジナル音声の確立といった期待の一方、人間の声優には不安の声もある。 by Karen Hao50日前
  9. 知性を宿す機械
    ディープマインドが天気予報で成果、降雨時間と場所を正確に予測
    人工知能の自然科学への応用がまた一歩進んだ。ディープマインドは、英国気象庁と協力し、既存のシステムよりも短期的な気象予測に優れたツールを開発、発表した。 by Will Douglas Heaven62日前
  10. 知性を宿す機械
    人間のような「意識」を再現したロボットはSFの世界ではありふれている。まだ架空のものにすぎないが、人類は意識を持つ機械の登場という仮説に備えなければならない。 by Will Douglas Heaven64日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る