KADOKAWA Technology Review
×

結束するコミュニティ
「災害への備え」がもたらす
新型コロナ禍での安心

ある災害に備えることは、別の災害に対する備えにもなるのだろうか? 新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、対策で後れを取る米国政府の対応を横目に、コミュニティの結束が試されることになった。 by Britta Lokting

トップ・ストーリー

  1. AIがプログラムの意図を学習、書き換え案を提示=インテルが開発
    by Will Douglas Heaven

    インテルの研究チームは、マサチューセッツ工科大学、ジョージア工科大学と共同で、ニューラルネットワークを使って高速かつ効率のいいコードを書けるようにプログラマーを支援するシステムを開発した。まずは社内開発者向けに使う予定だ。

  2. EUがハッカーに初の制裁措置、ロシア・中国・北朝鮮が対象
    by edit7-cloud-tech

    欧州連合が、ロシア・中国・北朝鮮のグループを対象として、ランサムウェアと企業スパイ行為に対する初の制裁を実施した。制裁対象には、史上もっとも破壊的なサイバー攻撃であるナットペトヤとワナクライによる事案に関与したグループも含まれている。

  3. 気候変動で高潮増加、30年後には2億人が危険に
    by James Temple

    地球温暖化により海面が上昇し、沿岸部の高潮が増加することで、今世紀末までには、2億5000万人以上の人々と約13兆ドル相当の海岸沿いの建物やインフラが危険にさらされることになるだろう。

  4. モデルナのCOVID-19ワクチン、3万人規模の第3相試験開始へ
    by Neel V. Patel

    新型コロナウイルスに対するワクチン候補を開発中のモデルナが、ついに大規模な臨床試験を開始する。mRNAを用いた新種のワクチンは、人々を感染から守ることができるのだろうか。

10 Breakthrough Technologies 2020

気候変動から量子コンピューティング、人工衛星群まで。
MITテクノロジーレビューが選んだ、世界を変える10大テクノロジー。

記事一覧を見る
  1. ビジネス・インパクト
    アメリカン・ドリーム排除に動く米国、もはや唯一の選択肢ではない
    トランプ政権の留学生国外退去方針は、米国の移民政策の矛盾や脆弱性を広く世界に伝えることになった。他国はすでにチャンスとばかりに移民政策を刷新している。高いスキルを持つ移民労働者の選択肢は、もう米国だけではない。
  2. コネクティビティ
    新型コロナ「陰謀論」動画はなぜ消滅しないのか?
    新型コロナに関するデマが再び拡散されている。プラットフォームも削除などの対策をとるが、陰謀論者の再投稿やシェアは止まず、いたちごっこが続いている。
  3. コネクティビティ
    特別寄稿:米議会がツイッターやフェイスブックを注視すべき理由
    ソーシャルメディアの力は今や強大であり、世論を動かし、人々の行動に影響を与えるようになっている。プラットフォームがもたらす害を本当に危惧しているのなら、問題を抱えたコミュニケーション・システムの上には健全な民主主義を築けないという事実を知る必要がある。
  4. 知性を宿す機械
    ディープフェイク技術は有益、テンセントが主張する5つの用途
    中国の巨大テック企業の一角であるテンセントは、ディープフェイク技術は有益な技術であり、規制すべきではないと主張している。
  5. コネクティビティ
    SNSで存在感増す陰謀論、
    「Qアノン」とは何か?
    陰謀論を拡散する「Qアノン(QAnon)」がソーシャルメディアで存在感を増している。ツイッターやフェイスブックが対抗策を打ち出したが、「全体的な情報エコシステムの見直し」なしに抜本的な解決は難しい。
カバーストーリー
コネクティビティ 「マスク着用」で大揉め、
サービス業従事者たちの戦い
飲食店など対面接客をせざるを得ないサービス業従事者に対して、マスク着用に反対する客が「攻撃」する事態が日常的に発生している。ネット上ではサービス業従事者たちが結束を強める一方、マスク着用反対派グループの動きも活発化している。 by Abby Ohlheiser
コロナウイルス感染症(COVID-19)

新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」を原因とする新型コロナウイルス感染症「COVID-19」が猛威を振るっている。パンデミックによって世界はどう変わるのか? 治療薬やワクチンの開発動向から、各国の政策、経済への影響まで、MITテクノロジーレビューならではの多角的な視点で最新情報をお届けする。

記事一覧を見る
すべてのトピックス Filter
  1. コネクティビティ
    世界が「静寂」に包まれた3カ月——地震ノイズからも明らかに
    パンデミックによって世界中の都市機能が止まった3月から5月にかけて、世界は静寂に包まれた。世界中の地震観測所と市民科学者が測定した地震ノイズのデータからもその事実が裏付けれた。 by Tanya Basu6日前
  2. コネクティビティ
    特別寄稿:新型コロナのデータは公共財、米政府は公開を
    米国で政府がこれまで公開していた病床数や集中治療室のデータが非公開となった。データは国民の共有資産であり、パンデミックの終息のためにもすぐに公開すべきだ。 by Ryan Panchadsaram6日前
  3. ビジネス・インパクト
    ロシア、「対衛星兵器」の軌道上実験を実施か 米宇宙軍が報告
    米国宇宙軍の新たな報告によると、ロシアの「査察衛星」が本来の運用目的から外れた対衛星兵器の実験をしている証拠が見つかったという。 by Neel V. Patel7日前
  4. コネクティビティ
    フェイスブック、AIの差別問題を調査する社内チーム設置へ
    人工知能(AI)アルゴリズムの偏見(バイアス)批判を受けて、フェイスブックが社内チームを発足した。アルゴリズムの是正につながるか。 by Will Douglas Heaven8日前
  5. 生命の再定義
    特別寄稿:新型コロナ検査を「毎日」「安く」実施する方法
    新型コロナウイルスのワクチンが完成していない現在、経済活動の再開には、大規模な検査を高頻度で実施するしかない。カリフォルニア大学バークレー校のデータ科学者らは、機械学習とプーリング検査を組み合わせることで、コーヒー1杯分のコストで検査を実施できると提言する。 by Jonathan Kolstad8日前
  6. ビジネス・インパクト
    中国、火星探査機「天問1号」の打ち上げに成功
    中国は、現地時間7月23日、火星探査機「天問1号」の打ち上げに成功した。同探査機は2021年2月に火星に到達する予定であり、着陸船、探査車、軌道船の3つを同時に火星へ輸送するのは中国が初めてとなる。 by Charlotte Jee9日前
  7. 知性を宿す機械
    「アフォーダンス」理論で強化学習を効率化、ディープマインド
    ディープマインドの研究者が、アフォーダンス理論を利用して強化学習を効率化する手法を開発している。同理論を用いれば、試行錯誤を繰り返さなくても、実行不可能な選択肢をあらかじめ除外できるという考えだ。 by Karen Hao9日前
  8. 生命の再定義
    新型コロナ:オックスフォード・ワクチン、初治験で「有望」
    オックスフォード大学とアストラゼネカが開発している新型コロナウイルスのワクチンの初の治験が実施され、有望な結果が示された。英国政府はすでに1億回分を発注している。 by Charlotte Jee10日前
  9. コネクティビティ
    著名人ツイッター乗っ取り事件、狙いはDM盗み見か
    異例のツイッター・アカウントへの大規模なハッキング攻撃は、著名人のアカウントを使った暗号通貨詐欺が目的と見られているが、実際にはダイレクト・メッセージの閲覧が狙いだった可能性がある。 by Patrick Howell O'Neill10日前
  10. 生命の再定義
    未来への一歩を踏み出したオープンAI「GPT-3」の衝撃、熱狂に警鐘も
    オープンAIが発表した「GPT-3」はこれまでで最大の言語モデルであり、まるで人間が書いたかのような文章を望みのままに生成できる。しかし、AIが真の知性に近づいたわけではない。 by Will Douglas Heaven13日前
  1. コネクティビティ
    世界が「静寂」に包まれた3カ月——地震ノイズからも明らかに
    パンデミックによって世界中の都市機能が止まった3月から5月にかけて、世界は静寂に包まれた。世界中の地震観測所と市民科学者が測定した地震ノイズのデータからもその事実が裏付けれた。 by Tanya Basu6日前
  2. コネクティビティ
    特別寄稿:新型コロナのデータは公共財、米政府は公開を
    米国で政府がこれまで公開していた病床数や集中治療室のデータが非公開となった。データは国民の共有資産であり、パンデミックの終息のためにもすぐに公開すべきだ。 by Ryan Panchadsaram6日前
  3. コネクティビティ
    フェイスブック、AIの差別問題を調査する社内チーム設置へ
    人工知能(AI)アルゴリズムの偏見(バイアス)批判を受けて、フェイスブックが社内チームを発足した。アルゴリズムの是正につながるか。 by Will Douglas Heaven8日前
  4. コネクティビティ
    著名人ツイッター乗っ取り事件、狙いはDM盗み見か
    異例のツイッター・アカウントへの大規模なハッキング攻撃は、著名人のアカウントを使った暗号通貨詐欺が目的と見られているが、実際にはダイレクト・メッセージの閲覧が狙いだった可能性がある。 by Patrick Howell O'Neill10日前
  5. コネクティビティ
    新型コロナ・ワクチン開発競争にハッカーが参戦、ロシア関与か
    ロシアの諜報部門が関係するとみられるハッカーが、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発者を標的にしていることが分かった。 by Patrick Howell O'Neill14日前
  6. コネクティビティ
    150万ドル稼いだ「見えざる神」ハッカーの身元が判明
    大手セキュリティ企業を襲ったハッキングの首謀者は、カザフスタン人のハッカーだった。新たに公表された告発状の内容から、その正体が判明した。 by Patrick Howell O'Neill15日前
  7. コネクティビティ
    SF小説家のブルース・スターリングが生み出した「デザイン・フィクション」の概念は、「もう1つの近未来」を想像するためのスペキュラティブなデザイン・プロセスだ。だが、初期のデザイン・フィクションに込められた批判的精神は消え、今や大企業の広告手法として利用されている。 by MIT Technology Review Editors20日前
  8. コネクティビティ
    米軍は「心を読む機械」を真剣に実現しようとしている。目標は、考える速度でドローンを操縦することだ。米国国防先端研究計画局(DARPA)が1億ドルを投じるプログラムでは、脳コンピューター・インターフェイス(BCI)のさまざまな手法が試されている。 by Paul Tullis21日前
  9. コネクティビティ
    800万人使用で通知わずか14件、接触追跡アプリが沈黙を続ける理由
    フランスやオーストラリアで切り札として登場した接触追跡アプリが、実際には曝露通知をユーザーにほとんど送っていないことが分かった。しかし、こうした事例から教訓を得ることはできる。 by Charlotte Jee22日前
  10. コネクティビティ
    「ズーム疲れ」解消、マイクロソフトがビデオ会議で逆転狙う新機能
    新型コロナのパンデミックでビデオ会議ツール「ズーム」が一躍有名になる一方で、人々の「ズーム疲れ」が問題となっている。マイクロソフトはビデオ会議ツールに新機能を導入して対抗する。 by Tanya Basu22日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    ロシア、「対衛星兵器」の軌道上実験を実施か 米宇宙軍が報告
    米国宇宙軍の新たな報告によると、ロシアの「査察衛星」が本来の運用目的から外れた対衛星兵器の実験をしている証拠が見つかったという。 by Neel V. Patel7日前
  2. ビジネス・インパクト
    中国、火星探査機「天問1号」の打ち上げに成功
    中国は、現地時間7月23日、火星探査機「天問1号」の打ち上げに成功した。同探査機は2021年2月に火星に到達する予定であり、着陸船、探査車、軌道船の3つを同時に火星へ輸送するのは中国が初めてとなる。 by Charlotte Jee9日前
  3. ビジネス・インパクト
    金星で数十の火山が活動中か、従来仮説覆す 「コロナ」で判明
    金星にはここ数百万年以内に噴火した大規模火山の痕跡があり、同惑星を帯状に取り巻くように分布しているとする研究結果が発表された。火山活動は金星で過去5億年は起こっていないとするこれまでの仮説を覆す結果だ。 by Neel V. Patel13日前
  4. ビジネス・インパクト
    UAE初の火星探査機、種子島宇宙センターから打ち上げに成功
    アラブ首長国連邦(UAE)の 火星探査機「ホープ(Hope)」を搭載した「H-IIAロケット42号機」が打ち上げに成功した。 by Neel V. Patel14日前
  5. ビジネス・インパクト
    観測史上最も近距離から撮影された「太陽」画像、ESAが公開
    欧州宇宙機関の探査機「ソーラー・オービター」が地球と太陽の距離の約半分にあたる位置から撮影した太陽の画像が初めて公開された。これまではっきりと確認できなかった太陽表面の小規模なフレアの様子が明らかになっている。 by Neel V. Patel15日前
  6. ビジネス・インパクト
    国産衛星プラットフォームが「データの流通」で目指す新市場の創造
    日本国内の政府や企業が保有する人工衛星データを集約し、より手軽にビジネスに利用できるようにしたプラットフォーム「テルース(Tellus)」が進化した。目玉は、データやアプリを取引できる「マーケット」だ。 by Koichi Motoda15日前
  7. ビジネス・インパクト
    未来を形作る「5つの要因」
    新しいテクノロジーを成功に結びつけるために考慮すべき、今後数十年間の大きなトレンドを示そう。 by Tate Ryan-Mosley20日前
  8. ビジネス・インパクト
    天文学者らが銀河の「壁」を発見、地球から5億光年
    科学者らによる国際研究チームが、宇宙の大規模構造の1つとなる銀河の「壁」を新たに発見した。地球から5億光年という極めて近い距離にありながら、天の川銀河の明るさに覆い隠されて、これまで発見されずにきた。 by Neel V. Patel21日前
  9. ビジネス・インパクト
    読者からの質問:人類が木星を訪れる日はやってきますか?
    木星のような太陽系内の巨大ガス惑星の表面近くまで有人宇宙船で接近し、人間が直接探査できるようになる日は来るのだろうか。 by Neel V. Patel24日前
  10. ビジネス・インパクト
    ダボス会議に集う世界の知識人たちに聞いた、2030年の世界予測
    例年1月に開催される世界経済フォーラムの年次総会(いわゆるダボス会議)では、世界の知識人たちが地球の未来を話し合う。2020年に参加した9人に、2030年までに起きることを1つ教えてほしいと頼んだ。 by Gideon Lichfield26日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    航空機の排出削減に新たな動き、炭素中立な商用飛行は実現可能か
    大気回収したCO2から製造した合成燃料は、カーボン・ニュートラルなフライトを実現できるのか。カーボン・エンジニアリングとアエリオンが手を組んだ。 by James Temple26日前
  2. 持続可能エネルギー
    地球温暖化対策として、土壌により多くの炭素を貯留させる農法である「カーボン・ファーミング」が注目されている。しかし、カーボン・ファーミングで貯留できる炭素量を正しく測定することは難しく、いたずらに推進することは逆効果となる可能性がある。 by James Temple29日前
  3. 持続可能エネルギー
    アマゾンが20憶ドルの気候基金を設立、「実質ゼロ」達成を後押し
    アマゾンは気候変動問題に対処するために20憶ドルのベンチャーファンドを立ち上げた。2040年までに温室効果ガス排出「実質ゼロ」達成を目指す取り組みを後押しするスタートアップ企業に投資する。 by James Temple39日前
  4. 持続可能エネルギー
    なぜ今「気候変動」なのか?グリーン・ニューディール立案者に聞く
    2020年に入って新型コロナウイルスのパンデミックや、人種差別に関する抗議活動が世界を席巻し、気候変動の問題は影を潜めてしまったかに思える。しかし、グリーン・ニューディール政策の立案者の1人であるリアナ・ガンライトは、これらの問題は複雑に絡み合っており、包括的に考える必要があると語る。 by James Temple47日前
  5. 持続可能エネルギー
    SDGs達成に優先すべき政策は?国連推奨の予測ツールが登場
    持続可能な開発目標の達成に向けて、どの政策課題を優先すべきか?国連がシミュレーション・ツールの活用を推奨している。 by Will Douglas Heaven64日前
  6. 持続可能エネルギー
    新型コロナで
    先鋭化するナショナリズム、
    気候対策にも暗い影
    パンデミックでますます先鋭化するナショナリズムは、世界各国の協力でしか解決できない気候変動への取り組みに暗い影を落とす可能性がある。 by James Temple67日前
  7. 持続可能エネルギー
    新型コロナの経済対策に「気候変動」は含まれるべきか?
    新型コロナウイルスの感染拡大によって世界経済が大きく落ち込む中、景気刺激策の中身が問われている。脱炭素社会への流れに逆行する政府支援をどう考えるべきだろうか? by James Temple3カ月前
  8. 持続可能エネルギー
    消費者の変化では不十分、パンデミックで見えた温暖化対策の限界
    新型コロナウイルス感染症による経済活動の停滞によって、二酸化炭素の排出量が昨年より約4%減少するとの予測が発表された。ライフスタイルの変化や消費者需要の減少だけでは、地球温暖化を防ぐのに十分な排出量の削減は難しい。 by James Temple4カ月前
  9. 持続可能エネルギー
    新型コロナウイルスがなぜ、気候問題を深刻化させるのか?
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な蔓延は、気候変動問題の対応にも大きな影を落とす可能性がある。ひとたび世界的パンデミックや経済恐慌が起これば、気候変動に取り組むための各国政府の資金や意思は容易く失われてしまうだろう。 by James Temple5カ月前
  10. 持続可能エネルギー
    2050年までに温室効果ガス「実質ゼロ」、BPの宣言は野心的か?
    石油およびガス産業において温室効果ガス排出削減計画を打ち出す企業が増えている。英石油大手のBPは2月、同社の事業全体における二酸化炭素排出量を2050年までに「実質ゼロ」にする計画を打ち出した。 by James Temple5カ月前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    特別寄稿:新型コロナ検査を「毎日」「安く」実施する方法
    新型コロナウイルスのワクチンが完成していない現在、経済活動の再開には、大規模な検査を高頻度で実施するしかない。カリフォルニア大学バークレー校のデータ科学者らは、機械学習とプーリング検査を組み合わせることで、コーヒー1杯分のコストで検査を実施できると提言する。 by Jonathan Kolstad8日前
  2. 生命の再定義
    新型コロナ:オックスフォード・ワクチン、初治験で「有望」
    オックスフォード大学とアストラゼネカが開発している新型コロナウイルスのワクチンの初の治験が実施され、有望な結果が示された。英国政府はすでに1億回分を発注している。 by Charlotte Jee10日前
  3. 生命の再定義
    未来への一歩を踏み出したオープンAI「GPT-3」の衝撃、熱狂に警鐘も
    オープンAIが発表した「GPT-3」はこれまでで最大の言語モデルであり、まるで人間が書いたかのような文章を望みのままに生成できる。しかし、AIが真の知性に近づいたわけではない。 by Will Douglas Heaven13日前
  4. 生命の再定義
    新型コロナQ&A:血液型は感染や重症化と関係しますか?
    新型コロナウイルス感染症と血液型には関係があるのだろうか? 現時点での研究成果をもとに、読者からの質問に回答する。 by Neel V. Patel15日前
  5. 生命の再定義
    ビデオカメラで撮影した映像を電気信号として脳に直接送り込み、視覚障害者の視力を回復させる——。スペインの研究者が数十年取り組んできた研究がついに実を結びつつある。 by Russ Juskalian15日前
  6. 生命の再定義
    新型コロナ、空気感染なら対策見直し必至  「換気」優先に
    多くの科学者が指摘するように新型コロナウイルスが空気感染するのであれば、現在の対策は不十分かもしれない。物体の表面を何度も消毒することよりも、換気や空気清浄の優先度を高めねばならない可能性がある。 by Neel V. Patel19日前
  7. 生命の再定義
    新型コロナ第2波で死者倍増の恐れ、今冬に備えを=英専門家
    英国医科学アカデミーの新たな研究によると、2020年9月から翌年6月までの新型コロナウイルス感染症関連の院内死亡者数はこれまでの2倍以上に達し、死亡者数は1月から2月にピークに達する。 by Charlotte Jee20日前
  8. 生命の再定義
    新型コロナの免疫は数カ月で消滅か、ロンドン大新研究
    回復患者に対する調査によると、新型コロナウイルスに感染しても抗体は短期間しか維持されない可能性があることが分かった。 by Charlotte Jee21日前
  9. 生命の再定義
    新型コロナの死亡リスクが高まる要因は?英大規模調査で裏付け
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の死亡リスクに、高齢、男性、黒人または民族的マイノリティであることや基礎疾患があるといったさまざまな要因が関連することが、英国の1700万人以上を対象にした研究で明らかになった。 by Charlotte Jee24日前
  10. 生命の再定義
    私が外出を控える理由——新型コロナの死亡リスクをどう捉えるか?
    新型コロナウイルスとの共存を強いられる世界で我々はどの程度、生き残れるのだろうか。ニューヨーク市保健局とコロンビア大学が発表した報告書から、新型コロナの死亡リスクについて考えてみた。 by Antonio Regalado27日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    「アフォーダンス」理論で強化学習を効率化、ディープマインド
    ディープマインドの研究者が、アフォーダンス理論を利用して強化学習を効率化する手法を開発している。同理論を用いれば、試行錯誤を繰り返さなくても、実行不可能な選択肢をあらかじめ除外できるという考えだ。 by Karen Hao9日前
  2. 知性を宿す機械
    画像の半分から残りを生成、オープンAIがGPT-2を応用
    オープンAIは、機械学習技術を利用して、画像の半分から残り半分を予測し、1つの画像を完成させられるAIシステムを開発した。以前に開発した驚くほど自然な「フェイクニュース」を量産できる文章作成ツールの画像版だ。 by Karen Hao14日前
  3. 知性を宿す機械
    敵対的攻撃に強い深層学習システム、イリノイ大が新訓練法を提案
    イリノイ大学の研究者らが、深層学習に基づく画像再構築システムにおける敵対的攻撃の脆弱性を軽減する新たな訓練法を考案。他の手法で脆弱性を軽減したニューラル・ネットワークよりもミスを犯しにくくなることを確かめた。 by Karen Hao22日前
  4. 知性を宿す機械
    顔認識技術は人種差別的、
    抗議を2年間無視し続けた
    アマゾンが態度を変えた理由
    アマゾンは6月10日に、顔認識システム「レコグニション」の警察への提供を今後1年間停止すると発表した。公民権団体や研究団体が2018年夏から訴えてきた成果が、ようやく実を結んだ形だ。 by Karen Hao26日前
  5. 知性を宿す機械
    トランプ大統領の就労ビザ発給停止、「AI大国」地位に影響か
    トランプ大統領は各種就労ビザの発給を一時停止する統領令に署名した。この決定は米国内の人工知能(AI)人材の不足に拍車をかけ、AIにおける米国の優位性に永続的な影響を与える恐れがある。 by Karen Hao30日前
  6. 知性を宿す機械
    ファイザーの新型コロナワクチン、初期臨床試験で結果有望
    ファイザーとバイオンテック(BioNTech)の新型コロナウイルス感染症ワクチンの初期の臨床試験で有望な結果が出た。 by Charlotte Jee30日前
  7. 知性を宿す機械
    AI研究者らが学術出版社を批判、人種差別を助長
    顔認識で犯罪者を予測するシステムを紹介する論文は、AI研究者らの抗議へと発展した。 by Karen Hao34日前
  8. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)が急速に社会に浸透するにつれて、深層学習モデルの限界や課題も明らかになりつつある。深層学習に対して異なる意見を持つ2人のAI専門家が、問題をいかに克服し得るか議論した。 by Karen Hao35日前
  9. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)は人命を救えるのか? パンデミックによって真剣に議論されるようになった。ケンブリッジ大学のウィットルストーン上級研究員は、AIを危機対応に活用するなら「非常時のための倫理」が必要になると主張している。 by Will Douglas Heaven37日前
  10. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)はチェスや囲碁などの分野において、人間に勝る能力を身に着けた。正解というものがない文学という分野においてAIはどれくらい人間の役に立つものなのか、プロの小説家が実際にAIを使って物語を書いて検証してみた。 by Stephen Marche42日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る