KADOKAWA Technology Review
×

Cover Story AIチップ大競争に新顔
ゲイツらが出資する
光チップベンチャーが始動

プリンストン大学の研究者らによる光学チップの開発会社が、ビル・ゲイツやウーバーのCEOらから900万ドルの初期資金を調達した。大量データの並列処理を得意とし、エネルギー効率に優れた光学チップは、人工知能(AI)の新たなブレークスルーになるか。 by Martin Giles

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー


  1. by Emerging Technology from the arXiv

    フェイスブックのAI研究者グループは、深層学習のアルゴリズムを使って、あらゆる人の声を本物そっくりに複製できる音声合成システムを開発した。現状のシステムよりもずっと人間に近い形でやり取りを自動化できるようになる可能性がある。

  2. 2割の価格で8割の性能、中小企業向け産業用ロボ「エヴァ」
    by Charlotte Jee

    産業用ロボットが中小企業ではさほど普及していないのは、導入や維持にかかるコストが障壁となっているからだ。英国のあるスタートアップ企業は、「2割の価格で8割の性能、誰でも15分でプログラミング可能」をうたい文句に中小製造業者向けの産業用ロボットを販売している。

  3. スマホが視覚障害者の目に、バルセロナに広まる新しい点字
    by Frank Swain

    街中に貼られたカラーコードへ向けてスマホのカメラを一振りするだけで、周囲の情報を音声で知らせてくれるシステムがバルセロナの街に広まっている。ピントを合わせる必要がないなど、QRコードよりも使い勝手に優れているという。

  1. ビジネス・インパクト
    グーグルのストリート・ビューから収集した住居の画像を使って、居住者が交通事故にあう可能性の予測精度を向上できることが分かった。保険業界には興味深い研究だが、プライバシーをめぐって議論を呼ぶ可能性がある。
  2. コネクティビティ
    2020米大統領選は「ロシアの介入」を防げるか?
    ロシアの干渉が認定された前回の大統領選挙に、米国は学んでいない。2020年の大統領選へ向けて、より強硬な対応策を勧告する研究結果が発表された。
  3. 持続可能エネルギー
    7年前の暴風雨で大きな洪水災害を受けたニューヨーク市では、気候変動への備えが進んでいる。だが、「回復力(レジリエンス)」を高める大都市の取り組みは、まだまだ始まったばかりだ。
  4. コネクティビティ
    顔認識でポルノ出演女性を特定、残念なプログラマーのひと騒動
    ソーシャルメディアに登録された女性の顔写真を収集し、顔認識テクノロジーを使ってポルノサイトの画像と照合するサービスを開発したプログラマーが非難を浴びている。危険な悪用を防ぐためにも、プライバシー保護の世界的な取り組みが必要だ。
  5. ビジネス・インパクト
    赤外線とマイクロ波の間に位置するテラヘルツ帯の電磁波は、検出や可視化が困難だった。ドイツのミュンスター大学の研究者らは、テラヘルツ波で「見た」画像を、単一ピクセルを使用して作成する手法を開発した。
カバーストーリー
ビジネス・インパクト
巨大テック企業による市場の寡占を懸念し、分割を求める声が高まっている。だが、オックスフォード大学のビクター・マイヤー=ショーンベルガー教授は、大企業を分割しても問題が解決しないだけでなく、イノベーションが阻害され、消費者にも悪影響を及ぼすという。 by Angela Chen
すべてのトピックス Filter
  1. 持続可能エネルギー
    これまで地球温暖化に対して懐疑的な姿勢を貫いてきた米国保守派が、一転して、気候変動問題を認め始めている。保守系の非営利団体シンクタンクに気候変動対策のアプローチについて考えを聞いた。 by James Temple6日前
  2. ビジネス・インパクト
    高まる「GAFA解体論」
    その論点と解決策
    グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルの巨大テック企業4社(GAFA)の支配力を懸念する声が強まっている。GAFAによる寡占とはいかなるもので、何が問題なのか? そしてどのような解決策が提示されているのか? 簡単にまとめた。 by Angela Chen7日前
  3. ビジネス・インパクト
    「GAFA解体」が難しい3つの現実的な理由
    反トラスト法違反の疑いで米国の規制当局がGAFA4社の本格的な調査に乗り出した。大統領選を前に「GAFA解体論」の声も一部で高まっているが、その実現は極めて困難だ。 by Martin Giles10日前
  4. コネクティビティ
    2011年に「アラブの春」が中東を騒乱に巻き込んだとき、ソーシャルメディアは市民に力を与えたり独裁政権を転覆させたりする民主主義拡散の有力な道具であった。しかしいまや、少数の巨大テック企業が主導するデジタルテクノロジーは、政治的な弾圧と対立を生み出す道具になり果ててしまっている。 by Zeynep Tufekci10日前
  5. ビジネス・インパクト
    なぜ搾取は起きるのか?東大研究者が「囚人のジレンマ」で解明
    一見すると対等な状況でも、搾取的な関係を構築できる。東京大学の研究者による新たな「囚人のジレンマ」の研究によって、搾取の構造が明らかになった。 by Emerging Technology from the arXiv11日前
  6. 知性を宿す機械
    唐突な「北京AI原則」発表は何を意味するのか?
    中国政府が発表したAI原則は、個人の自由やプライバシーの保護といった西側諸国のAI倫理に非常によく似ている。中国がこの問題について対話をしようとする意欲の現れなのだろうか。 by Will Knight11日前
  7. コネクティビティ
    半導体チップの欠陥を修正するパッチの開発には一般に、ソフトウェアよりも長い期間を要する。だが、サーバーから携帯電話に至るまでの、あらゆるものにチップが搭載されている現在、ハッキングのリスクが高まっている。 by Martin Giles11日前
  8. ビジネス・インパクト
    伊藤穰⼀、レッシグらとデータ活用の未来を考えるカンファレンス
    MITメディアラボの伊藤穰⼀所長をホストに、世界中から第一線で活躍する研究者、起業家、有識者らが集まる大規模なカンファレンスイベントが今年も開催される。「データエコシステム」が今回のテーマだ。 by MIT Technology Review Japan12日前
  9. ビジネス・インパクト
    自動化が生む新たな貧困
    「ゴーストワーク」は
    他人事ではない
    人工知能(AI)業界などが提供する自動サービスの多くは、劣悪な労働条件の下で働く「見えざる労働者」が支えている。人類学者のメアリー・グレイにゴーストワークの問題点と解決策を聞いた。 by Karen Hao12日前
  10. 生命の再定義
    中国の研究者が昨年誕生させた「遺伝子編集ベビー」について、新たな研究結果が発表された。ある研究者が「UKバイオバンク」に登録されている人々の遺伝子情報を調べたところ、同様の遺伝子変異を持つ人々が短命であることが分かったという。 by Antonio Regalado12日前
  1. コネクティビティ
    2011年に「アラブの春」が中東を騒乱に巻き込んだとき、ソーシャルメディアは市民に力を与えたり独裁政権を転覆させたりする民主主義拡散の有力な道具であった。しかしいまや、少数の巨大テック企業が主導するデジタルテクノロジーは、政治的な弾圧と対立を生み出す道具になり果ててしまっている。 by Zeynep Tufekci10日前
  2. コネクティビティ
    半導体チップの欠陥を修正するパッチの開発には一般に、ソフトウェアよりも長い期間を要する。だが、サーバーから携帯電話に至るまでの、あらゆるものにチップが搭載されている現在、ハッキングのリスクが高まっている。 by Martin Giles11日前
  3. コネクティビティ
    量子コンピューターによって将来、現在一般的に使われている暗号が解読されるのは数十年先とされてきた。しかし、新たな研究によって、従来の予想よりも早く、暗号が解読されてしまう可能性が出てきた。 by Emerging Technology from the arXiv13日前
  4. コネクティビティ
    その統計に疑念あり、米ネット中立性規則巡るFCCの主張に批判
    ネットワーク中立性規則の廃止のおかげで情報格差が縮小したというFCCのアジット・パイ委員長の主張が批判されている。根拠となるデータの正確性が疑われているからだ。 by Angela Chen13日前
  5. コネクティビティ
    イーサリアム財団、大規模アップグレードに3000万ドル投資
    イーサリアム財団は、「イーサリアム 2.0」をはじめとする主要なイーサリアム関連プロジェクトに合計3000万ドルを拠出する。だが、財団が巨大な力を持つことは、非中央集権化のイーサリアムの理想との矛盾もある。 by Mike Orcutt17日前
  6. コネクティビティ
    通貨の暴落が止まらず、経済危機に陥っているアルゼンチンで、暗号通貨を普及させようとする企業の動きが活発になっている。米ドルでの「タンス預金」の代わりに「ステーブルコイン(安定通貨)」を売り込み、ペソ暴落の影響を避けられるという。 by Kristin Majcher18日前
  7. コネクティビティ
    ブロックチェーン・テクノロジーは「誰が」「どう」使うべきか?
    ブロックチェーンは夢のようなテクノロジーとしてここ数年、もてはやされてきた。その本来の価値はどこにあるのだろうか。 by Yasuhiro Hatabe19日前
  8. コネクティビティ
    暗号通貨に春の兆し?ブロックチェーン・ウィークで感じた変化
    ニューヨークで開催された全米最大の暗号通貨の年次イベントは、前回に比べると参加者が半減し、溢れるような活気は失われていた。だが「暗号通貨の冬」を乗り越えた業界には、春の兆しが訪れているようだ。by Mike Orcutt19日前
  9. コネクティビティ
    トランプvsファーウェイ:世界のイノベーションを止めるのは誰だ
    ファーウェイに対する米国政府の禁輸措置が、同社に対して壊滅的なダメージを与える可能性が高まっている。しかし、こうしたテクノロジーのバルカン化は世界的なイノベーションの妨げになりかねない。 by Will Knight20日前
  10. コネクティビティ
    フェイスブックの暗号通貨「グローバルコイン」は2020年発行か
    フェイスブックが秘密裏に取り組んでいるデジタル通貨の立ち上げが、いよいよ大詰めに入りつつあるようだ。「グローバルコイン(GlobalCoin)」という内部名称が明らかになったほか、イングランド銀行総裁や米財務省と会談したり、数十社におよぶ金融会社やインターネットショッピング業者に参加を呼び掛けたりしているという。 by Mike Orcutt21日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    高まる「GAFA解体論」
    その論点と解決策
    グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルの巨大テック企業4社(GAFA)の支配力を懸念する声が強まっている。GAFAによる寡占とはいかなるもので、何が問題なのか? そしてどのような解決策が提示されているのか? 簡単にまとめた。 by Angela Chen7日前
  2. ビジネス・インパクト
    「GAFA解体」が難しい3つの現実的な理由
    反トラスト法違反の疑いで米国の規制当局がGAFA4社の本格的な調査に乗り出した。大統領選を前に「GAFA解体論」の声も一部で高まっているが、その実現は極めて困難だ。 by Martin Giles10日前
  3. ビジネス・インパクト
    なぜ搾取は起きるのか?東大研究者が「囚人のジレンマ」で解明
    一見すると対等な状況でも、搾取的な関係を構築できる。東京大学の研究者による新たな「囚人のジレンマ」の研究によって、搾取の構造が明らかになった。 by Emerging Technology from the arXiv11日前
  4. ビジネス・インパクト
    伊藤穰⼀、レッシグらとデータ活用の未来を考えるカンファレンス
    MITメディアラボの伊藤穰⼀所長をホストに、世界中から第一線で活躍する研究者、起業家、有識者らが集まる大規模なカンファレンスイベントが今年も開催される。「データエコシステム」が今回のテーマだ。 by MIT Technology Review Japan12日前
  5. ビジネス・インパクト
    自動化が生む新たな貧困
    「ゴーストワーク」は
    他人事ではない
    人工知能(AI)業界などが提供する自動サービスの多くは、劣悪な労働条件の下で働く「見えざる労働者」が支えている。人類学者のメアリー・グレイにゴーストワークの問題点と解決策を聞いた。 by Karen Hao12日前
  6. ビジネス・インパクト
    太陽系外惑星に生命は存在するか?MITの「形状可変鏡」年内試験へ
    マサチューセッツ工科大学(MIT)は、形状可変鏡と呼ばれる特殊な鏡を搭載した小型人工衛星を打ち上げ、年内にテストを実施する予定だ。鏡面をアクティブに調整することで星のよりシャープな画像が得られる形状可変鏡は、将来の人工衛星による太陽系外惑星の光学観測や太陽系外の生命体の探索に役立ちそうだ。 by Erin Winick17日前
  7. ビジネス・インパクト
    地震多発地域にある古代ローマの円形闘技場がいまも崩壊せずに残っているのは、ちょっとした謎となっている。地震波を迂回させられる「耐震透明マント」の研究に取り組んできた南フランスのエクス=マルセイユ大学の研究者は、古代の円形闘技場の形状が、耐震透明マントにおける建造物の規則的なパターンと似通っていることに気づいた。 by Emerging Technology from the arXiv18日前
  8. ビジネス・インパクト
    アポロ計画から50年
    月軌道ランデブーを支えた
    技術者は今もNASAにいた
    月面から離陸した探査機を月周回軌道上の宇宙船にドッキングさせることは、宇宙飛行士の地球帰還の成否を握る極めて重要なプロセスだった。アポロ計画に携わり、50年経ったいまもNASAで働くある技術者の物語。 by Erin Winick21日前
  9. ビジネス・インパクト
    食習慣と健康状態にどう影響しているのか? 英国の研究チームが、ロンドンの大手スーパーの16億点の販売記録と、同時期に出された11億件の処方箋データを分析し、栄養摂取量とメタボリック症候群の状況を地域別に色分けした地図を発表した。 by Emerging Technology from the arXiv26日前
  10. ビジネス・インパクト
    権力を得られるのは、領土を支配する者だけではない。領土を造り出せる者もそうだ。世界最大となった中国の浚渫(しゅんせつ)産業は領土拡大の重要な道具になっている。 by Vince Beiser27日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    これまで地球温暖化に対して懐疑的な姿勢を貫いてきた米国保守派が、一転して、気候変動問題を認め始めている。保守系の非営利団体シンクタンクに気候変動対策のアプローチについて考えを聞いた。 by James Temple6日前
  2. 持続可能エネルギー
    「全廃」されたはずのフロンガスの排出量が増加している。日本の国立環境研究所などの国際チームによる研究で、中国東部でCFC-11が製造されている可能性が明らかになった。 by James Temple13日前
  3. 持続可能エネルギー
    牛などの家畜が飼料の消化過程で産出するメタンガスは、運輸産業が排出する温室効果ガスに匹敵する影響を与える。カリフォルニア大学の研究者は、飼料に紅藻を混ぜることで、牛から排出されるメタンガスの量を大幅に削減する研究に取り組んでいる。 by James Temple17日前
  4. 持続可能エネルギー
    世界的な人気観光地・カリブ海沿岸がいま、海藻の異常繁殖に苦しめられている。サンゴなど生態系への影響も懸念される中、回収した大量の海藻をバイオ燃料の製造や食糧生産に利用しようとする研究も進んでいる。 by Lauren Zanolli19日前
  5. 持続可能エネルギー
    地球温暖化に伴う異常気象は、今後ますます増大していくだろう。しかし、自然現象が大規模災害に変わるかどうかは、人々の取り組み次第だ。 by Karen Hao20日前
  6. 持続可能エネルギー
    温暖化予測はなぜブレる?
    不確定要素の「半減」目指す
    米研究者に聞く
    地球温暖化が進んでいることに議論の余地はないが、その深刻度や進行速度については依然として不確定要素が残っている。カリフォルニア工科大学のタピオ・シュナイダー教授らは、不確定要素を半減させることを目標に、雲の振る舞いをより高い精度でシミュレーションする新たな気候モデルの構築に取り組んでいる。 by Mallory Pickett24日前
  7. 持続可能エネルギー
    世界的な需要の高まりに反して、コーヒーの栽培に適した世界の面積は2050年までにおよそ半減すると予測されている。偶然から見つかった新種がコーヒーの未来を救うかもしれない。 by Diego Arguedas Ortiz25日前
  8. 持続可能エネルギー
    二酸化炭素を大気から直接回収する技術が、にわかに脚光を浴びつつある。二酸化炭素の回収プロセスが以前に考えられていたより安いコストで実現できる可能性が見えてきたことがその理由だ。by James Temple26日前
  9. 持続可能エネルギー
    気候変動により干ばつが頻繁に起こるようになり、サハラ砂漠の辺縁部では水探しがますます困難になっている。マリ共和国の牧畜民たちはいま、従来のようにオートバイ乗りやラクダ乗りに頼む代わりに、地球観測衛星が撮影した画像を頼りに水場を目指している。 by Tim McDonnell26日前
  10. 持続可能エネルギー
    2045年「炭素ゼロ発電100%」には画期的イノベーションが必要だ
    温室効果ガスの排出量を2050年までに80%削減するというカリフォルニア州の計画は達成可能だという。だが、その実現には画期的なイノベーションが必要だ。 by James Temple27日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    中国の研究者が昨年誕生させた「遺伝子編集ベビー」について、新たな研究結果が発表された。ある研究者が「UKバイオバンク」に登録されている人々の遺伝子情報を調べたところ、同様の遺伝子変異を持つ人々が短命であることが分かったという。 by Antonio Regalado12日前
  2. 生命の再定義
    「リキッド・バイオプシー」の先駆者として知られるジョンズ・ホプキンズ大学のバート・フォーゲルシュタイン博士らが実用化へ向けて新たな企業を設立した。がんを早期発見することで、治療を施しやすくするという。 by Antonio Regalado13日前
  3. 生命の再定義
    大腸菌の全遺伝子を合成ゲノムに置換、遺伝コードを「圧縮」
    ケンブリッジ大学の研究チームは、大腸菌の全遺伝子の置き換えととともに遺伝コードの書き換えに成功した。自在な物質を合成できる細菌の作成もいずれ可能になるかもしれない。 by Antonio Regalado20日前
  4. 生命の再定義
    200万ドルの「世界一高い」遺伝子治療薬が認可、保険市場に混乱
    脊髄性筋萎縮症(SMA)に対する遺伝子療法の治療薬「ゾルゲンスマ」が米国食品医薬品局(FDA)に承認された。200万ドルという高額な遺伝子療法は、保険市場に混乱を引き起こす恐れがある。 by Antonio Regalado21日前
  5. 生命の再定義
    有名バイオハッカー、無免許医療行為の疑いで聴取へ
    DIY遺伝子療法で有名なバイオハッカーが、無免許での医療行為の疑いで、近くカリフォルニア州当局の聴取を受けることが明らかになった。 by Antonio Regalado24日前
  6. 生命の再定義
    スマホカメラを利用して自宅で尿検査を実施できるシステムが英国で初めて商用展開され、その結果が発表された。これまで検査を受けなかった人々の多くが受検し、医療費の削減が見込めることがわかったという。 by Matthew Kalman34日前
  7. 生命の再定義
    心臓内部を自律移動するロボット・カテーテル、「ゴキブリ」に着想
    ハーバード大学医科大学院の研究チームが、心臓内部を自律的に移動できるロボット・カテーテルを開発した。ゴキブリの移動にヒントを得たという。 by Charlotte Jee38日前
  8. 生命の再定義
    中国の科学者による遺伝子編集ベビーの誕生は、世界中で非難を浴び、規制強化への動きを促したが、自費でデザイナーベビーを作ろうとするDIYバイオハッカーを抑えつけることは難しい。実際、ある若者は、ビットコインで得た資金を使って、テクノロジーで能力を強化したトランスヒューマンを作り出そうとしている。 by Antonio Regalado38日前
  9. 生命の再定義
    50年以上もの間、魚類が推進力を得る方法を説明する2つの理論の正当性が物理学者らの間で議論されてきた。北京計算科学研究センターの研究者らが、数値流体力学モデルを使ったコンピューター・シミュレーションでその問いに答えを出した。 by Emerging Technology from the arXiv41日前
  10. 生命の再定義
    中国の研究チームが、光子を使った量子スケールの「ニュートンのゆりかご」を作成した。このゆりかごは、ノイズを混ぜることでエネルギー伝達効率が向上するという不思議な性質を持っており、光合成や臭いの検出など生命体におけるエネルギー伝達の仕組みを解明するのに役立つと見られている。 by Emerging Technology from the arXiv45日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    唐突な「北京AI原則」発表は何を意味するのか?
    中国政府が発表したAI原則は、個人の自由やプライバシーの保護といった西側諸国のAI倫理に非常によく似ている。中国がこの問題について対話をしようとする意欲の現れなのだろうか。 by Will Knight11日前
  2. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)が社会のあらゆる面に深く入り込み始めるにつれ、アルゴリズムによる損害の責任を誰が負うべきなのか、議論になっている。高度に自動化されたシステムで問題が起こった場合、人々はもっとも「近い」人間に責任を押し付けがちだ。 by Karen Hao17日前
  3. 知性を宿す機械
    AI利用のルールづくり目指す、世界経済フォーラムが評議会設立へ
    世界経済フォーラム(WEF)は今週、「人工知能(AI)評議会」の設立を発表する予定だ。マイクロソフトのブラッド・スミス社長と中国の著名な投資家カイフ・リーが共同議長を務め、AIの利用とガバナンスに関する各国間の政策的合意点を探るという。 by Will Knight19日前
  4. 知性を宿す機械
    「武器は開発しません」MITと米空軍がAI分野で共同研究を推進
    米国空軍とマサチューセッツ工科大学(MIT)は、人工知能(AI)の開発と活用に向けた共同研究を発表した。武器の開発ではなく、「公益」に役立つ技術の開発を目指すという。 by Will Knight20日前
  5. 知性を宿す機械
    人工知能が広く使われるようになるにつれて、深層学習モデルに誤った判断をさせて人々に被害を及ぼす「敵対的攻撃」のリスクが高まっている。マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らは、敵対的攻撃を難しくする新たな方法を発表した。 by Karen Hao24日前
  6. 知性を宿す機械
    腕の動きを観察して力を加減、人と一緒に働くMITの新しいロボット
    マサチューセッツ工科大学(MIT)は、人間の上腕二頭筋に取り付けた筋電計センサーの信号から、その腕の動きを察知するロボットを開発した。ロボットを安全に効率よく人間と協働させるのに有効なアプローチとなる可能性がある。 by Will Knight24日前
  7. 知性を宿す機械
    「あなたの声」のまま変換、グーグルの新しい翻訳システム
    グーグルが、ある言語で入力した音声を、話者の声の特徴を保ったまま別の言語の音声で出力する自動翻訳システムを開発した。ある言語での話者の「声紋」を別の言語にマッピングするように訓練したニューラルネットワークを利用する。 by Karen Hao26日前
  8. 知性を宿す機械
    医療分野での人工知能(AI)の応用がでは、膨大な患者の個人情報へのアクセスが障壁となっている。プライバシーの保護とデータ活用の両立を目指す新たなプラットフォームを使った大規模な実験が、スタンフォード大学医学部で始まっている。 by Will Knight27日前
  9. 知性を宿す機械
    AI業界の「白人男性偏重」がなくならない根本的な理由
    人工知能(AI)分野における白人男性偏重の問題は以前から指摘されているが、依然として解決の兆しは見えていない。 by Karen Hao27日前
  10. 知性を宿す機械
    深層学習でカクテルパーティ効果を再現、「脳を読む」補聴器
    騒音の中で会話をする相手の声だけを判別できる「カクテルパーティ効果」を再現できるシステムをコロンビア大学の研究チームが開発している。測定した脳波のデータをもとに、集中したい人の声だけを増幅できるという。 by Charlotte Jee28日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る