KADOKAWA Technology Review
×
来たれ、世界を変える若きイノベーター
「Innovators Under 35」日本初開催!

トランプ対バイデン
似ているようで微妙に異なる
大統領候補のアプリ戦略

2020年の米大統領選挙のデジタル戦略の柱となっているのが、スマホアプリだ。トランプ、バイデンの両陣営とも専用アプリを支持者にダウンロードさせ、データを収集しているが、両者の戦略には違いがある。 by Samuel Woolley

トップ・ストーリー

  1. Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る by MIT Technology Review Event Producer

    MITテクノロジーレビュー[日本版]が主催する「Innovators Under 35 Japan」の応募・他薦の締切が10月末に迫っている。候補者の推薦、応募は公式サイトから受付中だ。

  2. NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
    by Neel V. Patel

    NASAの探査機「オサイリス・レックス」は小惑星ベンヌ表面からのサンプル採取に成功した。しかし、予定をはるかに超える量のサンプルを採取したため、採取容器のふたがきちんと閉まらなくなり、採取した物質が宇宙に漏れ出すという事態に見舞われている。

  3. 選挙結果の遅れは「正常」なプロセス、米セキュリティ高官
    by Patrick Howell O'Neill

    米大統領選の選挙結果が確定するまでには通常でも時間がかかる。「不正があったから遅れた」というデマに今から備えるべきだ。

  4. テレグラムに「ディープヌード」コミュニティ、10万人が被害
    by Karen Hao

    女性の画像からヌード画像を作成する人工知能アプリケーション「ディープヌード」は2019年に公開されてすぐに姿を消したが、テレグラムのコミュニティでは似たようなサービスが拡散されている。10万人を超える被害者の大半は被害に気づいていない状況だ。

Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
  1. ビジネス・インパクト
    トランプ大統領発のデマ、中立謳うマスコミが拡散に加担
    「郵便投票は不正につながる」とのトランプ大統領発のデマが拡散されている。新たな研究によると、中心的役割を果たしているのはソーシャル・プラットフォームや外国勢力ではなく、大統領のツイートを無批判に報じる米国のマスメディアだという。
  2. ビジネス・インパクト
    米司法省がグーグルを独禁法違反で提訴、その中身とは?
    グーグルが、米司法省から反トラスト法違反として提訴された。約20年ぶりの大型提訴となるその中身とは。
  3. ビジネス・インパクト
    NASA探査機が小惑星ベンヌとの接触に成功、岩石サンプルを採取
    NASAの探査機「オサイリス・レックス」は10月20日、ミッションの最大の目的である小惑星「ベンヌ」表面のサンプル採取作業を実施した。探査機は現在、ベンヌから安全な距離までを離れており、十分な量のサンプルを採取できたかどうかを調べることになっている。
  4. ビジネス・インパクト
    挑戦し続ける義足エンジニア・遠藤 謙がIU35の受賞で学んだこと
    MITテクノロジーレビュー主催の世界的なアワード「Innovators Under 35」を2012年に受賞した義足エンジニアの遠藤 謙さんから、若手イノベーターへのメッセージをいただいた。
  5. 知性を宿す機械
    フェイスブック、100言語間で翻訳できる言語モデルを公開
    ファイスブックは、英語を中間言語とせずにさまざまな組み合わせの言語間で直接翻訳が可能な言語モデルを開発した。オープンソースとして公開されている。
カバーストーリー
生命の再定義
今回の米大統領選挙では、トランプ大統領が新型コロナワクチンを投票日前に承認させ、選挙戦を有利に運ぶのではないかと懸念されていた。米食品医薬品局(FDA)が回復期血漿療法の緊急使用許可で同大統領の圧力に屈したと見た著名な医師は、ソーシャルメディアを駆使して行動を起こした。 by Antonio Regalado
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
すべてのトピックス Filter
  1. 生命の再定義
    健康な人を新型コロナに感染させる治験、英国で実施へ
    健康な人を故意に新型コロナウイルスに感染させてワクチンや治療の有効性を調べる「ヒトチャレンジ治験」が、来年1月にロンドン市内の病院で始まる。ワクチン開発を加速することが狙いだという。 by Charlotte Jee4日前
  2. ビジネス・インパクト
    大統領選で急増する郵便投票、パンデミック終息後も定着か
    今年の米国大統領選挙は、新型コロナウイルスの影響で郵便による期日前投票が増えそうだ。しかし、パンデミック終息後も、便利な郵便投票を希望する有権者は増えていくだろうと米国の選挙支援委員会トップは語る。 by Patrick Howell O'Neill4日前
  3. 知性を宿す機械
    工事の遅れをGoPro画像から分析、建設現場向けAIが英国で活躍中
    英国とイスラエルを拠点にするスタートアップ企業が、建設現場における遅れや誤りを自動的に警告する画像認識ソフトウェアを開発した。英国の大手建設会社がいくつかの大型住宅建設に利用中だ。 by Will Douglas Heaven6日前
  4. ビジネス・インパクト
    日欧の水星探査機、金星フライバイで最新画像を多数撮影
    欧州宇宙機関と宇宙航空研究開発機構が共同で実施している水星探査ミッション「ベピ・コロンボ」は10月15日に金星での初のフライバイを実施した。フライバイの際には分光観測装置を用いて多数のスペクトル画像を撮影しており、金星大気の謎を解明するのに役立つかもしれない。 by Neel V. Patel6日前
  5. ビジネス・インパクト
    NASA探査機、小惑星「ベンヌ」の岩石サンプル採取へ
    10月20日、NASAの探査機「オサイリス・レックス(OSIRIS-REx)」はいよいよ、小惑星「ベンヌ」の表面からサンプルを採取する作業を実施する。首尾よくサンプルを採取できれば、2023年9月24日にそれを地球に持ち帰ることになっている。 by Neel V. Patel6日前
  6. 知性を宿す機械
    AI学習モデルは、認識の正確さを向上させようとすると、訓練に使うデータの数が膨大になることが課題となっている。ウォータールー大学の研究チームは、訓練に使うデータの数を上回る数の物体を識別するようにモデルを訓練できる「LOショット学習」を考案した。 by Karen Hao6日前
  7. コネクティビティ
    ロシアの関与許した「漏洩合戦」、4年前の反省を生かせるか?
    2016年の米大統領選では漏洩情報がタイミングよく公開され、選挙結果に大きな影響を与えた。情報の出所や公開の意図を見極める必要がある。 by Patrick Howell O'Neill6日前
  8. ビジネス・インパクト
    MITテクノロジーレビューが米大統領選を報じる理由
    MITテクノロジーレビュー[米国版]編集長から、11月に迫った米大統領選に関するニュースレター創刊のご案内。 by Gideon Lichfield6日前
  9. ビジネス・インパクト
    世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
    ロチェスター大学の研究チームが、水素、硫黄、および炭素を含む化合物で室温超伝導を達成した(287.7K、約15°C)。ただし、超高圧力下での達成であり、実用化にはまだ課題がある。 by Konstantin Kakaes7日前
  10. コネクティビティ
    米国で広がる「宿題格差」
    デジタル化阻む意外な問題
    パンデミックによる学校閉鎖で、インターネットを利用できない子どもたちが学習に後れを取る教育格差の問題が明らかになった。米国連邦通信委員会のジェシカ・ローゼンウォーセル委員に解決方法を聞いた。 by Tanya Basu7日前
  1. コネクティビティ
    ロシアの関与許した「漏洩合戦」、4年前の反省を生かせるか?
    2016年の米大統領選では漏洩情報がタイミングよく公開され、選挙結果に大きな影響を与えた。情報の出所や公開の意図を見極める必要がある。 by Patrick Howell O'Neill6日前
  2. コネクティビティ
    米国で広がる「宿題格差」
    デジタル化阻む意外な問題
    パンデミックによる学校閉鎖で、インターネットを利用できない子どもたちが学習に後れを取る教育格差の問題が明らかになった。米国連邦通信委員会のジェシカ・ローゼンウォーセル委員に解決方法を聞いた。 by Tanya Basu7日前
  3. コネクティビティ
    フェイスブック、「Qアノン」関連アカウントを全面排除へ
    フェイスブックは、Qアノン関連のフェイスブックページ、グループ、インスタグラムアカウントを削除すると発表した。 by Abby Ohlheiser8日前
  4. コネクティビティ
    女性や有色人種の政治家に誹謗中傷が集中、ツイッター分析で判明
    女性および有色人種の政治家の発言や行動に言及するツイートには他の政治家に比べて多くの誹謗中傷が含まれることが明らかになった。 by Abby Ohlheiser14日前
  5. コネクティビティ
    新型コロナ接触追跡アプリ、普及率「6割」未満でも効果あり
    新型コロナウイルスの接触追跡アプリは一般に、普及率が60%を超えないと感染拡大を抑える効果がないと「誤解」されている。だが、オックスフォード大学の新研究によって、普及の度合いが低くても患者数や死亡者数を減らすのに役立つことが示された。 by Patrick Howell O'Neill19日前
  6. コネクティビティ
    量子アニーリング提唱者・西森秀稔が考えるイノベーターの条件
    最も先端的なテクノロジーの1つ、量子コンピューターの開発が競うように進んでいる。東京工業大学 科学技術創成研究院の西森秀稔特任教授に、各国・地域の開発を取り巻く状況から、イノベーターが生まれるための条件を聞いた。 by Yasuhiro Hatabe19日前
  7. コネクティビティ
    「あなただけが特別ではない」陰謀論者と対話する10のヒント
    新型コロナやワクチンに関する陰謀論を信じる人は決して少なくない。陰謀論を信じている人と対話するための10のヒントを伝えよう。 by Tanya Basu24日前
  8. コネクティビティ
    間近に迫った米大統領選はトランプ、バイデン両陣営の「データ戦」の様相を呈している。米国の政治団体はデータベンダーから入手した膨大なデータセットを使って、有権者の情報をほぼ確実に把握している。 by Tate Ryan-Mosley25日前
  9. コネクティビティ
    SNS全盛の時代に
    「デジタル・ガーデン」が
    静かなブーム
    ソーシャルメディアの画一的な外観や操作感を避け、個性的でクリエイティブなサイトを作る人が増えている。インターネット上で独自の価値観を公開する、新たな庭園(デジタル・ガーデン)を育てようとしているのだ。 by Tanya Basu27日前
  10. コネクティビティ
    ここ10年の変化が加速、佐々木俊尚が語った新型コロナ後の暮らし
    新型コロナウィルス感染症が、経済・政治だけでなくこれまで当たり前だった日常に計り知れない影響を与えている。この先、人々の生活や価値観はどう変わっていくのか。都市と地方の関係性は。 by Yasuhiro Hatabe27日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    大統領選で急増する郵便投票、パンデミック終息後も定着か
    今年の米国大統領選挙は、新型コロナウイルスの影響で郵便による期日前投票が増えそうだ。しかし、パンデミック終息後も、便利な郵便投票を希望する有権者は増えていくだろうと米国の選挙支援委員会トップは語る。 by Patrick Howell O'Neill4日前
  2. ビジネス・インパクト
    日欧の水星探査機、金星フライバイで最新画像を多数撮影
    欧州宇宙機関と宇宙航空研究開発機構が共同で実施している水星探査ミッション「ベピ・コロンボ」は10月15日に金星での初のフライバイを実施した。フライバイの際には分光観測装置を用いて多数のスペクトル画像を撮影しており、金星大気の謎を解明するのに役立つかもしれない。 by Neel V. Patel6日前
  3. ビジネス・インパクト
    NASA探査機、小惑星「ベンヌ」の岩石サンプル採取へ
    10月20日、NASAの探査機「オサイリス・レックス(OSIRIS-REx)」はいよいよ、小惑星「ベンヌ」の表面からサンプルを採取する作業を実施する。首尾よくサンプルを採取できれば、2023年9月24日にそれを地球に持ち帰ることになっている。 by Neel V. Patel6日前
  4. ビジネス・インパクト
    MITテクノロジーレビューが米大統領選を報じる理由
    MITテクノロジーレビュー[米国版]編集長から、11月に迫った米大統領選に関するニュースレター創刊のご案内。 by Gideon Lichfield6日前
  5. ビジネス・インパクト
    世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
    ロチェスター大学の研究チームが、水素、硫黄、および炭素を含む化合物で室温超伝導を達成した(287.7K、約15°C)。ただし、超高圧力下での達成であり、実用化にはまだ課題がある。 by Konstantin Kakaes7日前
  6. ビジネス・インパクト
    トランプ大統領が呼びかける選挙監視「軍団」は何が問題か?
    トランプ大統領は大統領選挙を前に、同選挙を監視する「軍団」を作るよう支持者たちに呼びかけている。しかし、同大統領の呼びかけは、有権者に対して暴力の脅威をちらつかせる脅迫であり、私兵団による投票所や有権者登録所付近での活動は違法行為である。 by Patrick Howell O'Neill8日前
  7. ビジネス・インパクト
    テキサス州が郵便投票の回収所を削減、知事の主張は「誤り」
    「郵便投票は不正の温床」と訴えるトランプ大統領にテキサス州知事が加勢。だが、その主張は大きな誤りだ。 by Patrick Howell O'Neill11日前
  8. ビジネス・インパクト
    小惑星「ベンヌ」に流水の痕跡か? 新事実が相次ぎ発表に
    NASAの探査機「オサイリス・レックス」は10月20日に、小惑星「ベンヌ」から岩石のサンプルを採取し、地球に持ち帰ることになっている。同探査機の目玉となるミッションに先立って、ベンヌの化学的性質と地質について一連の新しい研究論文が発表された。 by Neel V. Patel13日前
  9. ビジネス・インパクト
    ネットビジネスの先駆者・夏野剛がU35世代に今伝えたいこと
    日本のモバイル・インターネットの基礎を築いた1人として知られ、インターネット企業の経営にも多数参画する慶應義塾大学政策・メディア研究科の夏野 剛特別招聘教授が、若きイノベーターを激励した。 by Yasuhiro Hatabe13日前
  10. ビジネス・インパクト
    日本企業も注目する宇宙ビジネス「軌道上サービス」とは何か?
    軌道上で宇宙機から宇宙機へ何らかの機能を提供する「軌道上サービス」への注目が高まっている。日本企業も参入する新しい宇宙ビジネスの「今」を紹介しよう。 by Ayano Akiyama17日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    温暖化対策、前例なき変革が必要=IEAが年次報告書で指摘
    国際エネルギー機関(IEA)が10月に発表した年次報告書によると、2050年までに温室効果ガス排出量「実質ゼロ」を達成するためには、エネルギー部門のあらゆる部分で前例なき変革が必要になることが明らかになった。 by James Temple11日前
  2. 持続可能エネルギー
    鉱山の採鉱廃棄物である選鉱くずを使用して大気中から二酸化炭素を除去する方法について研究する科学者が増えつつある。こうした物質が二酸化炭素と結合する際の化学反応の速度はゆっくりしているため、いかにして反応を加速させるかが第一の課題となる。 by James Temple13日前
  3. 持続可能エネルギー
    中国が60年までにカーボンニュートラル、石炭発電所の新設は続く
    中国は、2060年までにカーボンニュートラルを達成する計画を発表した。世界最大の気候汚染国家であり、現在も石炭火力発電所を次々と建設している中国の発表を鵜呑みにはできないが、より厳しい温室効果ガス政策の導入に向けて動いている可能性はある。 by James Temple27日前
  4. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州がガソリン車販売禁止へ 実現へ高いハードル
    カリフォルニア州のニューサム知事は、同州で販売される乗用車および小型トラックの新車を、2035年までに全て電気自動車にする計画を明らかにした。自動車業界からの反発は必至だ。 by James Temple30日前
  5. 持続可能エネルギー
    トランプ政権、環境政策の撤回で温室効果ガス20億トン上積みか
    調査会社ロジウム・グループの新たな分析によると、トランプ政権が自動車排出ガスやメタンなどに関する規定を弱体化あるいは白紙撤回したことで、2035年までに温室効果ガスの排出量が20億トン近く上積みされる可能性がある。 by James Temple32日前
  6. 持続可能エネルギー
    主張:米・新大統領は温暖化対策への投資を3倍にすべきだ
    コロンビア大学グローバル・エナジー・ポリシー・センターの研究者らは、米連邦政府によるクリーンエネルギー研究開発実証への投資を3倍に増加するための詳細なロードマップを発表した。クリーンエネルギー技術への投資は、国際的な気候変動対策において米国ができる最も重要な貢献だという。 by Julio Friedmann38日前
  7. 持続可能エネルギー
    地球温暖化によるエアコン使用量の増加は、急激な電力需要の増加と大量の温室効果ガスの排出につながっている。さらなるエアコン設置台数の増加に伴う「冷房の危機」を回避するための抜本的な変革が必要だ。 by James Temple41日前
  8. 持続可能エネルギー
    コロナ禍での山火事、停電 
    カリフォルニア州は
    「終わった」のか?
    カリフォルニア州は現在、新型コロナウイルスのパンデミックも収まらないうちに、大規模な停電や山火事をはじめとする、地球温暖化が引き起こす深刻な問題に直面している。カリフォルニア州は終わったと書き立てるメディアもあるが、そうは思わない。 by James Temple46日前
  9. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州でまた山火事が多発、気候変動の影響は?
    カリフォルニア州全体で落雷による数百件の山火事が発生し、多くの住民が避難を余儀なくされている。異常気象の原因が地球温暖化であることはほぼ間違いない。 by James Temple49日前
  10. 持続可能エネルギー
    史上最高気温の加州で起きた停電、必要なのは再エネ批判ではない
    過去最高気温を記録したカリフォルニア州で起きた計画停電は、住民に深刻な健康リスクをもたらす。再生可能エネルギーの導入を積極的に進めてきた同州で求められる対策とは何か。 by James Temple50日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    健康な人を新型コロナに感染させる治験、英国で実施へ
    健康な人を故意に新型コロナウイルスに感染させてワクチンや治療の有効性を調べる「ヒトチャレンジ治験」が、来年1月にロンドン市内の病院で始まる。ワクチン開発を加速することが狙いだという。 by Charlotte Jee4日前
  2. 生命の再定義
    米国で初の新型コロナ再感染、1回目より症状悪化
    米国で、2カ月間に新型コロナウイルスに2回、感染した事例が報告された。新型コロナの再感染が確認されたのは世界中で5人目だが、開発中の治療法やワクチンに影響を与えるかもしれない。 by Charlotte Jee11日前
  3. 生命の再定義
    ホワイトハウスの集団感染、迅速検査はなぜ機能しなかったのか
    米国の新型コロナウイルス対策を指揮するはずのホワイトハウスで集団感染が起こり、当のトランプ大統領も感染したことは世界中で話題となった。ホワイトハウスでは迅速検査を毎日実施していたが、なぜ感染を防げなかったのか。 by Neel V. Patel13日前
  4. 生命の再定義
    ノーベル化学賞に「CRISPR」開発者の2人
    ノーベル委員会は、2020年のノーベル化学賞を、今世紀最大のバイオテクノロジーの発見と言われている「クリスパー(CRISPR)」技術を開発したエマニュエル・シャルパンティエ教授とジェニファー・ダウドナ教授に授与すると発表した。 by Antonio Regalado17日前
  5. 生命の再定義
    CDCが新型コロナのガイドラインを更新、空気感染を認める
    米国疾病予防管理センター(CDC)が新型コロナウイルスについてのガイドラインを変更し、同ウイルスが空気中を漂う微粒子によって拡散する可能性があることを認めた。ただし、「限定的かつ稀な」状況でのみ生じると主張している。 by Charlotte Jee17日前
  6. 生命の再定義
    トランプ大統領が退院、新型コロナガイドライン「無視」確実か
    新型コロナウイルス感染症で入院していたトランプ大統領が退院した。11月の選挙が近く中、米国疾病予防管理センターが推奨する隔離ルールが守られるのか疑問だ。 by Antonio Regalado18日前
  7. 生命の再定義
    WHOはなぜ考え変えない?
    エアロゾル感染専門家に聞く
    新型コロナウイルスがエアロゾル感染することを示す証拠が次々と報告されてきたにもかかわらず、WHOやCDCの公式ガイダンスはほとんど変わっていない。コロラド大学ボルダー校のヒメネス教授らは、身を守る方法に関する最新アドバイスをグーグル・ドキュメントで一般公開している。 by Charlotte Jee19日前
  8. 生命の再定義
    新型コロナ「軽症」のトランプ大統領に重症患者向けステロイド薬
    新型コロナ重症患者の死亡率を大幅に下げる可能性があるデキサメタゾンが投与された。 by Charlotte Jee19日前
  9. 生命の再定義
    トランプ大統領が受けた「特別治療」、今後の承認にも影響か
    高齢かつ肥満のトランプ大統領は重症化のリスクが高いが、最先端の実験的な治療法を自ら選べる権限を持っている。今後の治療法の承認や普及にも影響を与えそうだ。 by Antonio Regalado20日前
  10. 生命の再定義
    かつて人類が天然痘とポリオに打ち勝ったのは、生きたウイルスを用いたワクチンのおかげだった。合成生物学者は、毒性を弱めた新型コロナウイルスを使った生ワクチンを開発し、COVID-19に打ち勝とうとしている。 by Antonio Regalado31日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    工事の遅れをGoPro画像から分析、建設現場向けAIが英国で活躍中
    英国とイスラエルを拠点にするスタートアップ企業が、建設現場における遅れや誤りを自動的に警告する画像認識ソフトウェアを開発した。英国の大手建設会社がいくつかの大型住宅建設に利用中だ。 by Will Douglas Heaven6日前
  2. 知性を宿す機械
    AI学習モデルは、認識の正確さを向上させようとすると、訓練に使うデータの数が膨大になることが課題となっている。ウォータールー大学の研究チームは、訓練に使うデータの数を上回る数の物体を識別するようにモデルを訓練できる「LOショット学習」を考案した。 by Karen Hao6日前
  3. 知性を宿す機械
    アルゼンチン政府が未成年容疑者を公開DBに登録、顔認識で追跡も
    国際人権NGOの調査により、アルゼンチン政府の犯罪容疑者データベースに未成年者が登録されており、リアルタイム顔認識システムと連携して追跡に使われていることがわかった。顔認識システムは一般に子どもの顔の認識性能が悪く、子どもたちは常に誤認逮捕の危険に晒されている。 by Karen Hao12日前
  4. 知性を宿す機械
    デューク大学ヘルスシステムの緊急診療科は、深層学習モデルのAIツールを導入することで、敗血症に起因する死亡件数を劇的に減少させた。ツールの成功は、技術的な取り組みはもとより、職場における力関係や政治的側面の調整をはじめとする現場での地道な活動の賜物と言える。 by Karen Hao12日前
  5. 知性を宿す機械
    「GPT-3」ボットが人気掲示板に大量書き込み、1週間見破られず
    3000万人が集う人気掲示板にハイペースで投稿していたユーザーが人工知能(AI)ボットだと判明した。自殺願望者の悩み相談にも適切なアドバイスを与えていた。 by Will Douglas Heaven13日前
  6. 知性を宿す機械
    主張:機械学習の「参加型」アプローチはAI倫理の特効薬ではない
    機械学習システムの設計・構築における不平等を解消する機運が高まっている。だが、背景にある収奪的な構造を無視したままでは問題は解決できない。 by Mona Sloane13日前
  7. 知性を宿す機械
    観てもプレイしてもいい、強化学習でキャラが動く新感覚のVR映画
    9月に開催されたベネチア国際映画祭で、AIが制御するキャラクターが登場するVR(実質現実)短編映画が紹介された。映画製作に強化学習を使用した初の事例として、映画製作の未来を垣間見せるものになるかもしれない。 by Will Douglas Heaven18日前
  8. 知性を宿す機械
    AIを使ってマインクラフトの都市を生成するコンテストが毎年実施されている。将来、このコンテストで培われたAI手法が、実際の都市計画立案に使われる日が来るかもしれない。 by Will Douglas Heaven20日前
  9. 知性を宿す機械
    偽プーチンと金正恩が出演するディープフェイク広告、放送中止に
    選挙の妨害ではなく民主主義を守るために、AIを使った人工的なビデオ広告が制作された。 by Karen Hao24日前
  10. 知性を宿す機械
    「足りないのは、信頼」
    100万ドルのAI賞受賞者
    バージレイ教授が語ったこと
    米人工知能学会(AAAI)の「スクワールAIアワード」の初代受賞者として、MITのレジーナ・バージレイ教授が選ばれた。2014年に乳がんを患ってから、がんの検知と新薬開発のための機械学習アルゴリズムを専門に取り組んでいる同教授に、AIへの期待と課題について聞いた。 by Will Douglas Heaven25日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る