KADOKAWA Technology Review
×
「新型コロナウイルス感染症」特集 公開中

Cover Story パンデミックが変えたこと。
古き良きインターネットが
戻ってきた理由

新型コロナウイルスのパンデミックによって、人々が社会的な距離をとらざるを得ない現在の状況は、かつての古き良きインターネットの時代へと時計の針を巻き戻したようだ。 by Karen Hao

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー

  1. ワッツアップが転送制限、新型コロナ関連のデマ拡散防ぐ
    by Charlotte Jee

    ワッツアップは、同社が「非常に多く転送されている」と識別したメッセージの転送制限を発表した。新型コロナウイルス感染症に関するデマ拡散のスピードを抑えることが狙いだ。


  2. by Karen Hao

    裁判や雇用といった人生の重要な局面で、機械学習の人工知能(AI)システムが利用されることが増えている。しかし、数百人のコンピューター科学者や統計学者が、4000家族の15年分の調査データに基づいて子どもと家族の将来を予測するという課題に取り組んだところ、誰一人として正確といえる結果を出せなかった。

  3. 親子の「在宅疲れ」に救い、FBの子ども向けメッセンジャー
    by Tanya Basu

    新型コロナウイルス感染症がもたらした新しい日常の中で、子どもたちは「補助輪付きのテクノロジー」を使って友だちとのつながりを維持しようとしている。大人たちにとっても大きな手助けになっているようだ。

コロナウイルス感染症(COVID-19)

新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」を原因とする新型コロナウイルス感染症「COVID-19」が猛威を振るっている。パンデミックによって世界はどう変わるのか? 治療薬やワクチンの開発動向から、各国の政策、経済への影響まで、MITテクノロジーレビューならではの多角的な視点で最新情報をお届けする。

記事一覧を見る
  1. ビジネス・インパクト
    新型コロナ対策、医療品不足の隙間を埋める3Dプリント企業
    新型コロナウイルス感染症で医療品のサプライチェーンが混乱する中、3Dプリンター関連企業も支援に動き出した。量産拡大までの「つなぎ」としての役割が期待されている。
  2. コネクティビティ
    リモートワークで利用急増の「ズーム」、安全性に疑問の声も
    新型コロナウィルスで在宅勤務が広がる中、ビデオ会議プラットフォームの「ズーム(Zoom)」が人気を集めている。だが、セキュリティ上の問題を指摘する声が相次いでいる。
  3. 生命の再定義
    新型コロナ、感染力ピークは発症後「5日」か=独新研究
    新研究によると、新型コロナウイルスの感染防止には飛沫対策に焦点を当てるべきだという。マスク着用の方針見直しにも影響を与える可能性がある。
  4. コネクティビティ
    長引く休校、在宅勤務——プロジェクト管理ツールが家庭でも大活躍
    新型コロナウイルス感染症の拡大で学校が休校し、多くの親や子どもたちが自宅待機を強いられている。生活に秩序をもたらそうと、プロジェクト管理ツールを家庭に導入する人たちが増えているようだ。
  5. ビジネス・インパクト
    フォードやGMが人工呼吸器製造に名乗り、メドトロニックは設計を公開
    新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、世界各地で人工呼吸器の不足が懸念されている。米国では、フォードやゼネラルモーターズが人工呼吸器の製造を発表。メトドロニックは人工呼吸器の設計を公開した。
カバーストーリー
生命の再定義 新型コロナ「抗体検査」で
外出自粛から開放される?
抗体検査で新型コロナウイルスへの抗体を持っていることが分かれば、自宅待機から解放されるかもしれない。だが、過剰な期待は禁物だ。抗体検査とは、一体どんな検査なのだろうか? by Neel V. Patel
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
すべてのトピックス Filter
  1. 知性を宿す機械
    プライバシーか? 公衆衛生か? 新型コロナで揺れるAI規制のゆくえ
    欧州連合が2月に発表したAI規制ガイドラインが再考を迫られている。新型コロナウイルス感染症が急速に広がる中、プライバシーと公衆衛生の間のバランスが求められているからだ。 by Karen Hao8日前
  2. コネクティビティ
    「外出自粛中」でもみんなで映画を楽しむ方法
    新型コロナウィルス対策として社会距離戦略の実践が求められている。だが、それでも人と交流したいのが人間だ。インスタグラムやネットフリックスの共同視聴はエンターテイメントのスタイルを変える可能性がある。 by Tanya Basu8日前
  3. コネクティビティ
    新型コロナ、正しい情報提供にチャットボットも一役
    世界保健機関(WHO)、米国疾病予防管理センター(CDC)、英国国民健康サービス(NHS)といった、世界各地の保健当局がチャット・ボットを駆使して新型コロナウイルス関連の正しい情報提供に努めている。 by Charlotte Jee8日前
  4. 生命の再定義
    検査受けられず——なぜ米国の新型コロナ対策はお粗末なのか?
    新型コロナウイルス感染症の拡大を止めるためには、できる限り多くの人に対して迅速に検査をする必要があるとされている。しかし、米政府が新型コロナウイルス感染症の検査を増加させていると発表してから数週間経つにもかかわらず、多くの人が検査を受けられずにいる。 by Neel V. Patel8日前
  5. ビジネス・インパクト
    米アマゾンの配送スタッフらがスト、新型コロナで待遇改善求め
    全米で食料品の即日配達サービスを運営するインスタカート( Instacart )の配達員と、アマゾンのニューヨーク州スタテン島の倉庫作業員らは3月30日、ストライキに突入する予定だ。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が拡大する中、引き続き自宅外での勤務が要求されていることを受け、安全面の対応強化や金銭的補償を会社側に求めている。 by Charlotte Jee9日前
  6. コネクティビティ
    新型コロナ感染拡大の「謎」解明へ、新スマホアプリが登場
    新型コロナウイルスの感染拡大追跡を目的としたアプリが米国で公開された。英国ではすでに75万人が利用しており、大量のデータが集まれば、新型コロナウイルス感染症の謎の解明に役立つ可能性がある。 by Charlotte Jee9日前
  7. 生命の再定義
    新型コロナ対策、今こそ
    「血清学的調査」が必要だ
    検査を受けていない多くの人たちがすでに無症候性あるい軽度の新型コロナウイルス感染症にかかっているのではないかとする「パンデミック懐疑論者」が、少数ながら増えつつある。この説が正しければ、通常の社会生活を思ったよりも早く再開できることになるが、真偽を確かめるためには、より多くの人たちを検査する必要がある。 by Michael Reilly9日前
  8. 生命の再定義
    ウイルス投与でワクチンの開発加速を、ハーバード大教授らが提案
    一般的なワクチン開発は最低でも18カ月はかかる。しかし、ワクチンを投与した人にウイルスを感染させる試験ができれば、ワクチンの効果をもっと早く検証できるかもしれない。 by Antonio Regalado9日前
  9. 生命の再定義
    国別グラフで見る、新型コロナのパンデミックはどう拡大したのか?
    新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のパンデミックの様子をアニメーション・チャートで見てみよう。中国の症例数が初期の数週間で何万人にも急増したにもかかわらず、他の国々で深刻なアウトブレイクが起こる前には収まっている。 by Bobbie Johnson11日前
  10. 生命の再定義
    専門家に聞く、あなたができる「社会距離」戦略の実践方法
    新型コロナウイルス感染症の急速な拡大を防ぐには社会距離戦略が有効だという。しかし、誰もが自宅で仕事をしたり、出張を取りやめたりできるわけではない。感染を防ぐためにできることを専門家に聞いた。 by Karen Hao11日前
  1. コネクティビティ
    「外出自粛中」でもみんなで映画を楽しむ方法
    新型コロナウィルス対策として社会距離戦略の実践が求められている。だが、それでも人と交流したいのが人間だ。インスタグラムやネットフリックスの共同視聴はエンターテイメントのスタイルを変える可能性がある。 by Tanya Basu8日前
  2. コネクティビティ
    新型コロナ、正しい情報提供にチャットボットも一役
    世界保健機関(WHO)、米国疾病予防管理センター(CDC)、英国国民健康サービス(NHS)といった、世界各地の保健当局がチャット・ボットを駆使して新型コロナウイルス関連の正しい情報提供に努めている。 by Charlotte Jee8日前
  3. コネクティビティ
    新型コロナ感染拡大の「謎」解明へ、新スマホアプリが登場
    新型コロナウイルスの感染拡大追跡を目的としたアプリが米国で公開された。英国ではすでに75万人が利用しており、大量のデータが集まれば、新型コロナウイルス感染症の謎の解明に役立つ可能性がある。 by Charlotte Jee9日前
  4. コネクティビティ
    新型コロナ「便乗」、中国・ロシア系ハッカーが活発化
    新型コロナウィルスのパンデミック(世界的大流行)に乗じて、政府支援を受けたハッカー集団が暗躍している。WHOなど、権威ある機関を装ったフィッシング攻撃が目立つ。 by Patrick Howell O'Neill15日前
  5. コネクティビティ
    ソーシャルメディアは
    「インフォデミック」と
    いまどう戦うべきか?
    新型コロナウイルス感染症が拡大し、世界中の人々が自宅待機を余儀なくされる中で、フェイスブックやツイッターは新型コロナウイルスに関する主要な情報源となっている。一方で、ソーシャルメディア上に蔓延する膨大なデマはインフォデミックの原因となり、社会的・経済的混乱を誘引している。 by Joan Donovan19日前
  6. コネクティビティ
    「キャッシュレス」に新型コロナ拡散防止の効果はあるか?
    新型コロナウイルスが紙幣を介して感染するのではないか、とする恐れが広まっている。ウイルスは金属や紙、プラスチック上で数時間から数日残存できることが実験で明らかになっているが、主要な感染経路になっているという証拠はない。 by Mike Orcutt20日前
  7. コネクティビティ
    追跡アプリで新型コロナの拡大防げ、MITの研究者などが開発
    マサチューセッツ工科大学やハーバード大学のチームが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐことを目的とした無料アプリを公開した。 by Will Douglas Heaven21日前
  8. コネクティビティ
    世界最高額で落札されたレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画「サルバトール・ムンディ(世界の救世主)」には、奇妙なガラス玉が描かれている。コンピューターグラフィックス(CG)の手法を用いて絵に描かれた光景を三次元で再現し、ダ・ビンチが当時、科学知識に基づいて、中空のガラス玉を正確に描いていた可能性を示した。 by Emerging Technology from the arXiv34日前
  9. コネクティビティ
    新型コロナで問い合わせ殺到
    「フェイスIDマスク」に
    秘められた作家の主張
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行によって注文が殺到したマスクは、携帯電話の顔認証の不便さを解消するものだった。だが、マスクにはアーティストのある別の意図も組み込まれている。 by Angela Chen35日前
  10. コネクティビティ
    電子投票のセキュリティ、「紙」併用でも消えない意外なリスク
    電子投票機の導入が進む米国では不正防止のため、紙での記録を併用する動きがある。だが、新たな調査によると、ほとんどの投票者が投票後に投票用紙を確認しないことが分かった。by Patrick Howell O'Neill37日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    米アマゾンの配送スタッフらがスト、新型コロナで待遇改善求め
    全米で食料品の即日配達サービスを運営するインスタカート( Instacart )の配達員と、アマゾンのニューヨーク州スタテン島の倉庫作業員らは3月30日、ストライキに突入する予定だ。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が拡大する中、引き続き自宅外での勤務が要求されていることを受け、安全面の対応強化や金銭的補償を会社側に求めている。 by Charlotte Jee9日前
  2. ビジネス・インパクト
    米国でも買いだめ騒動、新型コロナが浮き彫りにする現代社会の脆弱性
    新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う「買いだめ」は米国でも起きている。「危機への備え」を主張する人たちはどう動いたのか? by Antonio Regalado15日前
  3. ビジネス・インパクト
    人工呼吸器不足、メーカーが増産に踏み切れない理由は?
    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、重症患者に必要な人工呼吸器の不足が問題となっている。各国の政府やメーカーや増産へ向けて動き出した。 by James Temple16日前
  4. ビジネス・インパクト
    「新型コロナ後」の世界は
    どう変化するか?
    新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために多くの国で、人と人が接触する機会をできるだけ減らす「社会距離戦略」が実施されている。「普通の生活」には戻らないかもしれない。 by Gideon Lichfield16日前
  5. ビジネス・インパクト
    新型コロナで注文激増、アマゾンが米国で10万人を新規雇用へ
    アマゾンは新型コロナウイルスの感染拡大によるネット販売の需要急増に対応するため、倉庫および配送の作業に携わる従業員を米国で新たに10万人雇用する計画を発表した。 by Charlotte Jee20日前
  6. ビジネス・インパクト
    新型コロナが浮き彫りにする、テック業界の「不平等」な現実
    新型コロナウイルス感染症の拡大により、正規雇用者に与えられるような保護を受けられない請負業者が大きな痛手を被っており、テック分野に蔓延する不平等が明らかになっている。 by Charlotte Jee21日前
  7. ビジネス・インパクト
    人工知能(AI)システムを発明者とする特許出願が英国および欧州の特許庁によって却下された。代理人を務めるサリー大学の研究者は、AIを発明者として認めないことは道徳的に問題があるだけでなく、AIによるイノベーションを阻害する可能性があると主張している。 by Angela Chen29日前
  8. ビジネス・インパクト
    新型コロナ、世界の最新データが見られるサイト10選
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新データが得られる、おすすめのダッシュボードを紹介しよう。 by Neel V. Patel29日前
  9. ビジネス・インパクト
    ロシアの人工衛星が米国のスパイ衛星に接近、ストーキングか?
    人工衛星の軌道上で1月、ロシアの衛星が、米国のスパイ衛星に接近し、ぴったりと後をついてくるという出来事があった。ロシアは、米国のスパイ衛星に関する情報を収集するために、自国の衛星にこのような操作をしているものと見られ、こうした出来事が今後、繰り返し発生することは、ほぼ確実だ。 by Neel V. Patel35日前
  10. ビジネス・インパクト
    巨星墜つ、フリーマン・ダイソン語録
    20世紀の偉大な物理学者であるフリーマン・ダイソン博士が2月28日、96歳で死去した。科学、テクノロジーと世界の関係について広く執筆したダイソン博士の著作の中から、活気ある鋭敏な精神を垣間見ることができる文章をいくつか引用して紹介する。 by Konstantin Kakaes36日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    新型コロナウイルスがなぜ、気候問題を深刻化させるのか?
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な蔓延は、気候変動問題の対応にも大きな影を落とす可能性がある。ひとたび世界的パンデミックや経済恐慌が起これば、気候変動に取り組むための各国政府の資金や意思は容易く失われてしまうだろう。 by James Temple28日前
  2. 持続可能エネルギー
    2050年までに温室効果ガス「実質ゼロ」、BPの宣言は野心的か?
    石油およびガス産業において温室効果ガス排出削減計画を打ち出す企業が増えている。英石油大手のBPは2月、同社の事業全体における二酸化炭素排出量を2050年までに「実質ゼロ」にする計画を打ち出した。 by James Temple30日前
  3. 持続可能エネルギー
    民主党のジョー・バイデン候補は、気候問題に関しては「中間的な立ち位置」を主張し、環境保護主義者とブルーカラー労働者層の両方の支持を勝ち取ろうとしている。だが、バイデン候補の計画が不十分だとして激しく非難する声もある。 by James Temple34日前
  4. 持続可能エネルギー
    民主党大統領候補として最有力視されているバーニー・サンダース上院議員は、16兆ドルのグリーンニューディールを提案する一方で、温室効果ガス排出の急速な削減に有効とされる二酸化炭素回収や原子力発電などの技術に対する規制を主張している。 by James Temple35日前
  5. 持続可能エネルギー
    米大統領選:クリーンエネ予算4倍に、ピート・ブティジェッジ候補
    米民主党の大統領候補のピート・ブティジェッジは、今後10年間でクリーンエネルギーの研究開発のための連邦予算を4倍にするなど2兆ドルの気候計画を掲げている。一方で、水圧破砕法と原子力発電については他の候補より柔軟な姿勢を示し、大気中からの二酸化炭素除去の積極的な展開を支持している。 by James Temple41日前
  6. 持続可能エネルギー
    2020年の大統領選挙に向けて、MITテクノロジーレビュー各主要候補の気候およびクリーンエネルギー計画を比較・分析していく。民主党の有力候補であるエリザベス・ウォーレンは、気候変動対策に対し、最も積極的な方針を掲げている。 by James Temple43日前
  7. 持続可能エネルギー
    加州の2045年炭素中立化は実現可能、「バイオマス」にカギ
    2045年までに「カーボンニュートラル」を目指すカリフォルニア州の大胆な目標は、その実現性が疑問視されている。ローレンス・リバモア国立研究所の研究グループは、技術的には実現可能との見解を示した。 by James Temple48日前
  8. 持続可能エネルギー
    森林火災に強いインフラ作り
    模索するオーストラリア
    オーストラリアにおける一連の森林火災は、現代のインフラがいかに脆弱であるかを明らかにした。電力会社や通信会社は、電力や通信機能の停止を防ぎ、非常時に孤立した地域を支える方法を模索している。 by Bianca Nogrady59日前
  9. 持続可能エネルギー
    気候変動対策としての
    「植林」推進が危ない
    これだけの理由
    「植林」による森林再生は一見すると分かりやすい気候変動対策だ。だが、地球温暖化に対抗するための二酸化炭素排出量の削減策となるものではない。むしろ、大気中に放出される二酸化炭素を削減するという、より根本的な対策から目を逸らさせる危険すらある。 by James Temple62日前
  10. 持続可能エネルギー
    気候変動で米共和党が大転換、「ごった煮」政策の中身
    気候変動政策の必要性を否定してきた米共和党が大統領選を前に姿勢を転換。植林や二酸化炭素回収技術への投資、プラスチック削減まで多岐にわたる政策を提案している。 by James Temple63日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    検査受けられず——なぜ米国の新型コロナ対策はお粗末なのか?
    新型コロナウイルス感染症の拡大を止めるためには、できる限り多くの人に対して迅速に検査をする必要があるとされている。しかし、米政府が新型コロナウイルス感染症の検査を増加させていると発表してから数週間経つにもかかわらず、多くの人が検査を受けられずにいる。 by Neel V. Patel8日前
  2. 生命の再定義
    新型コロナ対策、今こそ
    「血清学的調査」が必要だ
    検査を受けていない多くの人たちがすでに無症候性あるい軽度の新型コロナウイルス感染症にかかっているのではないかとする「パンデミック懐疑論者」が、少数ながら増えつつある。この説が正しければ、通常の社会生活を思ったよりも早く再開できることになるが、真偽を確かめるためには、より多くの人たちを検査する必要がある。 by Michael Reilly9日前
  3. 生命の再定義
    ウイルス投与でワクチンの開発加速を、ハーバード大教授らが提案
    一般的なワクチン開発は最低でも18カ月はかかる。しかし、ワクチンを投与した人にウイルスを感染させる試験ができれば、ワクチンの効果をもっと早く検証できるかもしれない。 by Antonio Regalado9日前
  4. 生命の再定義
    国別グラフで見る、新型コロナのパンデミックはどう拡大したのか?
    新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のパンデミックの様子をアニメーション・チャートで見てみよう。中国の症例数が初期の数週間で何万人にも急増したにもかかわらず、他の国々で深刻なアウトブレイクが起こる前には収まっている。 by Bobbie Johnson11日前
  5. 生命の再定義
    専門家に聞く、あなたができる「社会距離」戦略の実践方法
    新型コロナウイルス感染症の急速な拡大を防ぐには社会距離戦略が有効だという。しかし、誰もが自宅で仕事をしたり、出張を取りやめたりできるわけではない。感染を防ぐためにできることを専門家に聞いた。 by Karen Hao11日前
  6. 生命の再定義
    新型コロナウイルス、クルーズ船内で最長17日残存=CDC報告
    米国疾病予防管理センター(CDC)が新たに発表した研究によると、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で全乗客を下船させてから最長17日後まで、極めて微量の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が船内で検出された。これまで考えられていたよりもはるかに長い期間、物体表面上に残存する可能性がある。 by Charlotte Jee14日前
  7. 生命の再定義
    新型コロナ検査で後れを取る米国、「民間」加速で挽回できるか?
    米国では公的機関が新型コロナウイルスの検査に苦戦する中、大学や民間の研究機関での検査開発が進んでいる。大幅な後れを取っている米国は、感染拡大を食い止められるか。 by James Temple16日前
  8. 生命の再定義
    Q&A:新型コロナウイルス感染症についていま知っておきたいこと
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、分かっていないこともまだ多く、ウイルスとの闘いは長期戦になりそうだ。読者から寄せられた質問に答えよう。 by Neel V. Patel16日前
  9. 生命の再定義
    新型コロナ、「暖かくなったら終息」は本当か?
    新型コロナウイルス感染者数のデータに対するいくつかの初期分析によると、患者の発生数には気温と湿度が関係しており、パンデミックが夏には抑制される可能性がある。しかし、人口密度や医療の質、政府の対応といった他の要素も感染状況に影響を与えており、その効果は気候よりも大きいかもしれない。 by Karen Hao17日前
  10. 生命の再定義
    新型コロナ、抗体検査で正確な感染者数は明らかになるか?
    米マウントサイナイ医科大学の研究チームが、新型コロナウイルスに対する抗体の有無を調べることで、同ウイルスに感染経験が分かる血液検査を開発した。感染者の正確な数を把握し、政府などが適切な対策を決めるうえで役立ちそうだ。 by Antonio Regalado18日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    プライバシーか? 公衆衛生か? 新型コロナで揺れるAI規制のゆくえ
    欧州連合が2月に発表したAI規制ガイドラインが再考を迫られている。新型コロナウイルス感染症が急速に広がる中、プライバシーと公衆衛生の間のバランスが求められているからだ。 by Karen Hao8日前
  2. 知性を宿す機械
    現時点でCOVID-19にもっとも有効な治療薬はどれか?
    新型コロナウイルス感染症の流行が始まってから3カ月が経ち、治療薬の臨床試験結果が報告され始めている。しかし、「特効薬」はまだ発見されていない。 by Antonio Regalado14日前
  3. 知性を宿す機械
    胸部X線画像で新型コロナ診断へ、AI企業らがニューラルネット公開
    人工知能による新型コロナウイルス感染症の診断を目指す「COVIDネット」が公開された。訓練用のデータセットも提供されており、世界中の研究者の参加を促すことで開発を加速したい考えだ。 by Will Douglas Heaven14日前
  4. 知性を宿す機械
    シェイクスピアの歴史劇である「ヘンリー8世」の執筆には他の作者も関わっていたらしいということは、長い間指摘されてきた。機械学習アルゴリズムを利用して文体を解析することで、ヘンリー8世の脚本のどの部分を誰が書いたかが明らかになった。 by Emerging Technology from the arXiv21日前
  5. 知性を宿す機械
    新型コロナ2万4000本以上の論文データセット、AI2などが公開
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と戦う科学者を支援するため、関連する2万4000本以上の論文をまとめたデータセットが公開された。 by Karen Hao22日前
  6. 知性を宿す機械
    インテルが嗅覚を模した神経回路チップを開発、臭いの判別に成功
    インテルは人間の嗅覚システムを模倣したニューロモーフィック・チップを開発し、従来のチップよりもはるかに少ない数の訓練サンプルで匂いを正確に判別できることを示した。今後、視覚や触覚をはじめ、より高次の思考プロセスを模倣するニューロモーフィック・チップの設計を計画している。 by Karen Hao22日前
  7. 知性を宿す機械
    自閉傾向の子どもの発達を個別支援、USCが新ロボット
    自閉スペクトラム症を持つ子どもの療育を支援するロボットを南カリフォルニア大学(USC)の研究チームが開発した。機械学習モデルを備え、ソーシャルなやり取りを通じて利用者を支援するロボットだ。 by Karen Hao23日前
  8. 知性を宿す機械
    いつの日か、人工知能(AI)が人間を凌駕する超知能(スーパー・インテリジェンス)に発達し、人間の存在を脅かすようになることはあるのだろうか。故ポール・アレンが立ち上げた「アレン人工知能研究所(AI2)」のオレン・エツィオーニCEOによる特別寄稿。 by Oren Etzioni23日前
  9. 知性を宿す機械
    米国疾病予防管理センター(CDC)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行の予測を、毎年のインフルエンザの流行をほぼ正確に予測できる全米有数の研究室に要請した。その1つであるカーネギーメロン大学(CMU)の機械学習の研究グループは現在、困難な課題を解決すべく3つのアプローチで取り組んでいる。 by Karen Hao24日前
  10. 知性を宿す機械
    仏教の瞑想に使用される伝統的なアートワークである「曼荼羅(まんだら)」を作成と破壊を代行するロボットが開発された。ロボットが描く曼荼羅は、宗教とテクノロジーがますます絡み合っている未来を示唆する。 by Tanya Basu28日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る