KADOKAWA Technology Review
×

Cover Story 温暖化予測はなぜブレる?
不確定要素の「半減」目指す
米研究者に聞く

地球温暖化が進んでいることに議論の余地はないが、その深刻度や進行速度については依然として不確定要素が残っている。カリフォルニア工科大学のタピオ・シュナイダー教授らは、不確定要素を半減させることを目標に、雲の振る舞いをより高い精度でシミュレーションする新たな気候モデルの構築に取り組んでいる。 by Mallory Pickett

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー

  1. 有名バイオハッカー、無免許医療行為の疑いで聴取へ
    by Antonio Regalado

    DIY遺伝子療法で有名なバイオハッカーが、無免許での医療行為の疑いで、近くカリフォルニア州当局の聴取を受けることが明らかになった。


  2. by Karen Hao

    人工知能が広く使われるようになるにつれて、深層学習モデルに誤った判断をさせて人々に被害を及ぼす「敵対的攻撃」のリスクが高まっている。マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らは、敵対的攻撃を難しくする新たな方法を発表した。

  3. 腕の動きを観察して力を加減、人と一緒に働くMITの新しいロボット
    by Will Knight

    マサチューセッツ工科大学(MIT)は、人間の上腕二頭筋に取り付けた筋電計センサーの信号から、その腕の動きを察知するロボットを開発した。ロボットを安全に効率よく人間と協働させるのに有効なアプローチとなる可能性がある。

  1. ビジネス・インパクト
    食習慣と健康状態にどう影響しているのか? 英国の研究チームが、ロンドンの大手スーパーの16億点の販売記録と、同時期に出された11億件の処方箋データを分析し、栄養摂取量とメタボリック症候群の状況を地域別に色分けした地図を発表した。
  2. 持続可能エネルギー
    二酸化炭素を大気から直接回収する技術が、にわかに脚光を浴びつつある。二酸化炭素の回収プロセスが以前に考えられていたより安いコストで実現できる可能性が見えてきたことがその理由だ。
  3. 知性を宿す機械
    「あなたの声」のまま変換、グーグルの新しい翻訳システム
    グーグルが、ある言語で入力した音声を、話者の声の特徴を保ったまま別の言語の音声で出力する自動翻訳システムを開発した。ある言語での話者の「声紋」を別の言語にマッピングするように訓練したニューラルネットワークを利用する。
  4. 知性を宿す機械
    医療分野での人工知能(AI)の応用がでは、膨大な患者の個人情報へのアクセスが障壁となっている。プライバシーの保護とデータ活用の両立を目指す新たなプラットフォームを使った大規模な実験が、スタンフォード大学医学部で始まっている。
  5. 知性を宿す機械
    AI業界の「白人男性偏重」がなくならない根本的な理由
    人工知能(AI)分野における白人男性偏重の問題は以前から指摘されているが、依然として解決の兆しは見えていない。
カバーストーリー
持続可能エネルギー
世界的な需要の高まりに反して、コーヒーの栽培に適した世界の面積は2050年までにおよそ半減すると予測されている。偶然から見つかった新種がコーヒーの未来を救うかもしれない。 by Diego Arguedas Ortiz
すべてのトピックス Filter
  1. 知性を宿す機械
    深層学習でカクテルパーティ効果を再現、「脳を読む」補聴器
    騒音の中で会話をする相手の声だけを判別できる「カクテルパーティ効果」を再現できるシステムをコロンビア大学の研究チームが開発している。測定した脳波のデータをもとに、集中したい人の声だけを増幅できるという。 by Charlotte Jee4日前
  2. 知性を宿す機械
    4枚の羽ばたく翼を持つ95グラムの昆虫型ロボットを南カリフォルニア大学のチームが開発した。飛行ロボットは、2翼よりも4翼の方が姿勢などの制御が容易で素早く動けるが、翼が増える分だけ重量が増してしまう。研究チームは、翼を動かすアクチュエーターを大幅に軽量化することで、この課題を解決した。 by Emerging Technology from the arXiv5日前
  3. 持続可能エネルギー
    グリーン・ニューディールは
    新しい「産業政策」なのか?
    マッツカート教授に聞く
    米国民主党議員が発表した包括的な環境政策「グリーン・ニューディール」は、気候変動対策に取り組むカギになるのだろうか。産業政策の重要性についての著作を持つユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのマリアナ・マッツカート教授に話を聞いた。 by David Rotman5日前
  4. 知性を宿す機械
    深層学習の人工知能(AI)は、多くのデータの中から関連性を発見することは得意だが、因果性を見い出すことはできない。5月上旬に米国で開催された「ICLR2019」で、著名なAI研究者が因果関係を分析する新しいフレームワークを提唱した。 by Karen Hao8日前
  5. ビジネス・インパクト
    暗号通貨への「不明朗」課税は是正を、米議員グループが要請
    暗号通貨に対してどう課税すべきか? 米国では「不明朗」な課税方針を改めるよう、超党派の議員グループが当局に要請中だ。 by Mike Orcutt8日前
  6. ビジネス・インパクト
    全米初、サンフランシスコ市が顔認識を使用禁止へ 今後の影響は?
    顔認識技術の使用を禁止する条例がサンフランシスコ市で制定された。だが、条例によって禁止されるのは行政機関による顔認識技術の利用であり、民間企業は依然として使用可能だ。 by Angela Chen8日前
  7. ビジネス・インパクト
    「スタートアップの聖地」として知られるイスラエルが世界的企業の進出によって、「侵食」されている。人材不足や知財の海外流出などの問題を乗り越え、先進国へと飛躍できるか? 正念場を迎えている。 by Matthew Kalman8日前
  8. コネクティビティ
    スパコンと量子コンピューターは結局どちらが速いのか?
    量子コンピューターの性能が従来の最も強力なスーパーコンピューターを凌駕する「量子超越性」の達成が近いと言われている。しかし、従来のコンピューターと仕組みのまったく異なる量子コンピューターの性能をどのように測定し、比較すればよいのだろうか。 by Emerging Technology from the arXiv9日前
  9. 知性を宿す機械
    あらゆる業界で人工知能(AI)製品を使う機会が増え、製品の品質と妥当性をいかに評価するかが重要となっている。MITテクノロジーレビューのAI担当記者が、AI製品を開発する企業を評価するための5つのチェックリストを紹介する。 by Karen Hao9日前
  10. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)による意図しないバイアスの排除へ向け、機械学習システムに監査を義務付ける法案が米国議会に提出された。幅広い業界を対象とする「本気」の法案だが、議員らの理解は進んでいない。 by Karen Hao9日前
  1. コネクティビティ
    スパコンと量子コンピューターは結局どちらが速いのか?
    量子コンピューターの性能が従来の最も強力なスーパーコンピューターを凌駕する「量子超越性」の達成が近いと言われている。しかし、従来のコンピューターと仕組みのまったく異なる量子コンピューターの性能をどのように測定し、比較すればよいのだろうか。 by Emerging Technology from the arXiv9日前
  2. コネクティビティ
    ライダーを利用することで超長距離の撮影を可能にするシステムを中国の研究チームが開発した。単一光子検出器と独自の3D画像処理アルゴリズムを使うことで、都市のスモッグの中、45キロメートル離れた被写体を60センチの分解能で撮影できることを実証した。 by Emerging Technology from the arXiv11日前
  3. コネクティビティ
    フェイスブックへ5つの「怒り」、ザッカーバーグの辞任求め署名運動
    フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)の辞任を求める署名活動が始まった。プライバシーをめぐる問題などでスキャンダルを抱えながらも巨額の利益をあげるフェイスブックへの批判が高まっている。 by Charlotte Jee11日前
  4. コネクティビティ
    セレブたちがメットガラで披露した、美しき3Dプリンター製ドレス
    セレブたちが集う有名フェッション・イベント「メットガラ」で、3Dプリントで製作したドレスが披露された。モデルのジャーダン・ダンが着用した衣装はおよそ14キロ。製作には1100時間以上を費やしたという。 by Erin Winick12日前
  5. コネクティビティ
    分散型サービス不能攻撃(DDoS)の被害が後を絶たない。DDoS攻撃の最初の被害から20年目となる今年、攻撃を防ぐために何ができるのか、ジョージ・メイソン大学のサイバーセキュリティ専門家が検討した。 by Emerging Technology from the arXiv17日前
  6. コネクティビティ
    中国巨大フィンテック企業がブロックチェーンに注力する理由
    中国政府は暗号通貨については否定的な立場をとっているが、ブロックチェーン技術を基盤とするアプリの開発については好意的だ。アリババ傘下のフィンテック企業であるアント・フィナンシャルは、国内産業の振興を支援するため、ブロックチェーンベースのアプリをいくつも開発している。 by Mike Orcutt18日前
  7. コネクティビティ
    ネット弁護士サービス、暗号通貨で「支払い」も自動化
    暗号通貨をメインストリームの消費者向けアプリケーションで使った事例はいまだ登場していない。オンライン法律サービスの会社であるロケット・ロイヤーが5月中に提供開始するサービスは、実際にブロックチェーンを支払いに使う初の実用例となるかもしれない。 by Michael Reilly18日前
  8. コネクティビティ
    1200万人の命を守る
    医薬品のドローン輸送
    ガーナで大規模展開
    ガーナの僻地で医薬品や緊急物資を運ぶドローン配送サービスの運用が始まり、地域の医療担当者は不足する医薬品をオンデマンドで注文し、受け取れるようになった。年内にはドローンの発着および運用をするハブを6カ所にまで増やして、全国展開する予定だ。 by Gaia Vince18日前
  9. コネクティビティ
    利用者が急増しているオンラインデートサイトの存在は、人間がどうやって恋愛相手を探すのかを研究する人類学者たちに格好のデータを提供している。米国のあるデートサイトの400万人の行動をネットワーク手法を用いて分析することで、人間の恋人選びについていくつかの洞察が得られた。 by Emerging Technology from the arXiv30日前
  10. コネクティビティ
    「ブロックチェーンは改ざん不可能」という売り文句は、もはや過去のものになろうとしている。これまで比較的マイナーな暗号通貨を狙っていた51%攻撃が、メジャーな暗号通貨であるイーサリアム・クラシックを襲ったことは大きな衝撃を与え、「乗っ取り」も現実になってきた。 by Mike Orcutt30日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    暗号通貨への「不明朗」課税は是正を、米議員グループが要請
    暗号通貨に対してどう課税すべきか? 米国では「不明朗」な課税方針を改めるよう、超党派の議員グループが当局に要請中だ。 by Mike Orcutt8日前
  2. ビジネス・インパクト
    全米初、サンフランシスコ市が顔認識を使用禁止へ 今後の影響は?
    顔認識技術の使用を禁止する条例がサンフランシスコ市で制定された。だが、条例によって禁止されるのは行政機関による顔認識技術の利用であり、民間企業は依然として使用可能だ。 by Angela Chen8日前
  3. ビジネス・インパクト
    「スタートアップの聖地」として知られるイスラエルが世界的企業の進出によって、「侵食」されている。人材不足や知財の海外流出などの問題を乗り越え、先進国へと飛躍できるか? 正念場を迎えている。 by Matthew Kalman8日前
  4. ビジネス・インパクト
    ゲーム理論にとって重要で基本的疑問を投げかける興味深い研究結果が発表された。ゲームに関する主要な形式的理論はあらゆるゲームが計算可能でなければならないと仮定しているが、マジック:ザ・ギャザリングはこの仮定に当てはまらないというのだ。 by Emerging Technology from the arXiv9日前
  5. ビジネス・インパクト
    実は活発だった「月」の地殻活動、地震計データを再分析
    人々が夜空に見上げる月は静まり返った世界だと思われがちだが、実際には定期的に地震が起こっている。人間を再び月に送り込む際には、宇宙船の着陸地点や構造物の建築場所を慎重に選ぶ必要があるだろう。 by Charlotte Jee10日前
  6. ビジネス・インパクト
    米国の有名美術館に偏り、収蔵作品は「白人男性」に集中
    芸術は、それを育んだ社会の映し鏡だと言われる。ウィリアムズ大学の研究者たちは、米国の主要な美術館の収蔵品の作者の人口統計的多様性をデータマイニングとクラウドドソーシングを用いて調査した結果、多様性とジェンダーバランスが驚くほど欠如していることが明らかになった。 by Emerging Technology from the arXiv15日前
  7. ビジネス・インパクト
    小惑星が地球に衝突しそうになったらどうする?NASAなど模擬訓練
    小惑星が地球に衝突する確率が100分の1を超えたらどう対応すべきか? 研究者や政府機関担当者らが一堂に会する国際会議で議論が進められている。想定シナリオに沿って模擬訓練を実施し、不測の事態に備える。 by Erin Winick22日前
  8. ビジネス・インパクト
    3Dプリント製「火星の家」の住み心地は? NASA主催コンペ決勝へ
    2015年から実施されているNASAの宇宙基地設計コンペは、ついに2チームによる決勝戦を残すのみとなった。同コンペでは、再生利用可能な材料と、目的地に存在する資源だけを使って、3Dプリンターで有人ミッションを支援する建造物を作るという困難な課題に各チームが挑んでいる。 by Erin Winick28日前
  9. ビジネス・インパクト
    太陽光を用いてガラスの表面に微小な水滴によるくもりが発生しないようにする「メタ表面」をスイス連邦工科大学の研究チームが開発した。従来のくもり止め技術より効果があり、比較的容易に作れるので、ガラスやポリマーなど広範囲の材料に大規模に適用する道が開けているとしている。by Emerging Technology from the arXiv32日前
  10. ビジネス・インパクト
    ビル・ゲイツ選「ブレークスルー・テクノロジー10」発表にあたって
    MITテクノロジーレビューが毎年発表している「ブレークスルー・テクノロジー10」の2019年版では、ビル・ゲイツ氏に選考を依頼した。その背景を米国版編集長が解説する。 by Gideon Lichfield32日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    グリーン・ニューディールは
    新しい「産業政策」なのか?
    マッツカート教授に聞く
    米国民主党議員が発表した包括的な環境政策「グリーン・ニューディール」は、気候変動対策に取り組むカギになるのだろうか。産業政策の重要性についての著作を持つユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのマリアナ・マッツカート教授に話を聞いた。 by David Rotman5日前
  2. 持続可能エネルギー
    再生可能エネの成長が失速、IEA発表の衝撃
    国際エネルギー機関(IEA)は、2018年の再エネ発電設備の新設容量が、2017年を下回ったことを発表した。これまで約20年にわたり堅実な成長を維持してきただけに予想外の成長鈍化だ。 by James Temple9日前
  3. 持続可能エネルギー
    20年前に素粒子物理学から二酸化炭素を大気から回収するテクノロジーの研究に転じたクラウス・ラックナー教授の考えは、ようやく世間から認められつつある。ラックナー教授は、二酸化炭素回収技術を確立しなければ、地球温暖化により人類は深刻な危機に瀕すると主張している。 by James Temple10日前
  4. 持続可能エネルギー
    貧困国は貧しく、富裕国は豊かに=地球温暖化、すでに経済に影響
    地球温暖化はすでに世界各国の経済に影響を及ぼしており、貧困国と富裕国との間の経済的な格差が広がる要因となっていることがフォード大学の気候科学者らの研究で明らかになった。 by James Temple16日前
  5. 持続可能エネルギー
    人類は他の恒星への宇宙旅行をいつ実現するのだろうか。コロンビア大学の天文学者は、ブラックホール連星系に向けて光子を放ち、重力パチンコの仕組みを用いて運動エネルギーを得ることで、燃料をほとんど使わない、非常に効率的な恒星間航行が実現するだろうと語っている。 by Emerging Technology from the arXiv36日前
  6. 持続可能エネルギー
    インド政府は2030年までに新車の3割をEV化する計画を推進している。日本や欧米諸国とは異なり、主役はもっぱら二輪車や三輪車だ。交換式の電池プラットフォームを展開する企業や、スタイリッシュな電動スクーターを提供するスタートアップ企業など、市場拡大の動きが活発化してきた。 by James Temple36日前
  7. 持続可能エネルギー
    人類が環境へ及ぼす影響は、地球を遠く離れた場所にまで及んでいる。地球近傍の宇宙空間における人類の活動がその環境にもたらす影響について、真剣に考えるべき時期が来たと訴える科学者がいる。 by Emerging Technology from the arXiv46日前
  8. 持続可能エネルギー
    それでも世界が二酸化炭素排出量を減らせない2つの理由
    風力や太陽光とによる発電量が増加しているにもかかわらず、世界の二酸化炭素排出量は増加し続けている。理由の1つは世界経済の成長によるエネルギー需要の増加だが、もう1つは世界的な脱原発の動きと原子炉の寿命や運用停止によって原子力発電の供給が減っていることだ。 by James Temple46日前
  9. 持続可能エネルギー
    テクノロジーが解決すべき「世界の10大課題」
    現在私たちが直面しているいくつかの深刻な課題は、テクノロジーのブレークスルーで解決できるかもしれない。実現には困難を伴うが、どれも解決が求められる重大な課題だ。 by MIT Technology Review Editors59日前
  10. 持続可能エネルギー
    11億人の顧客を抱える巨大な中国の送電企業は、世界的な超高圧送電線の整備を目指している。再生可能エネルギーを融通することで気候変動に対抗するのが目的だというが、その真意はどこにあるのか。 by James Temple61日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    スマホカメラを利用して自宅で尿検査を実施できるシステムが英国で初めて商用展開され、その結果が発表された。これまで検査を受けなかった人々の多くが受検し、医療費の削減が見込めることがわかったという。 by Matthew Kalman11日前
  2. 生命の再定義
    心臓内部を自律移動するロボット・カテーテル、「ゴキブリ」に着想
    ハーバード大学医科大学院の研究チームが、心臓内部を自律的に移動できるロボット・カテーテルを開発した。ゴキブリの移動にヒントを得たという。 by Charlotte Jee15日前
  3. 生命の再定義
    中国の科学者による遺伝子編集ベビーの誕生は、世界中で非難を浴び、規制強化への動きを促したが、自費でデザイナーベビーを作ろうとするDIYバイオハッカーを抑えつけることは難しい。実際、ある若者は、ビットコインで得た資金を使って、テクノロジーで能力を強化したトランスヒューマンを作り出そうとしている。 by Antonio Regalado15日前
  4. 生命の再定義
    50年以上もの間、魚類が推進力を得る方法を説明する2つの理論の正当性が物理学者らの間で議論されてきた。北京計算科学研究センターの研究者らが、数値流体力学モデルを使ったコンピューター・シミュレーションでその問いに答えを出した。 by Emerging Technology from the arXiv18日前
  5. 生命の再定義
    中国の研究チームが、光子を使った量子スケールの「ニュートンのゆりかご」を作成した。このゆりかごは、ノイズを混ぜることでエネルギー伝達効率が向上するという不思議な性質を持っており、光合成や臭いの検出など生命体におけるエネルギー伝達の仕組みを解明するのに役立つと見られている。 by Emerging Technology from the arXiv22日前
  6. 生命の再定義
    早産で生まれる赤ちゃんは、毎年1500万人にも及ぶ。早産の可能性を予測できれば、その命を救えるかもしれない。スタンフォード大学のステファン・クエーク教授はリスクの低い血液検査による予測方法を開発し、商用化に取り組んでいる。 by Bonnie Rochman22日前
  7. 生命の再定義
    イタリアの研究チームが、ナノ粒子を体内に送り込み、超音波を当てて発生する圧電効果によってがん細胞を直接殺す治療法を発案し、試験管内の実験で効果を確認した。がん再発の主な原因となる顕微鏡的残存腫瘍を標的とした治療に特に有効となる可能性がある。by Emerging Technology from the arXiv39日前
  8. 生命の再定義
    人間の知性を形成する役割を担っている可能性のある遺伝子を加えた「遺伝子組み換えサル」を中国の研究チームが作り出した。霊長類から枝分かれして急速に発達した人間の脳の進化の謎を解くためとしているが、倫理上の問題を指摘する声もある。 by Antonio Regalado40日前
  9. 生命の再定義
    米国の遺伝子検査企業23アンドミー(23andMe)が、2型糖尿病リスクを判定する新たな遺伝子検査を開始した。専門家からは検査の正確性に疑問が投げかけられ、「体重計のほうが3倍は正確」との声も上がっている。 by Antonio Regalado43日前
  10. 生命の再定義
    「一塩基編集」で1万超の遺伝子を改変、ハーバード大が新記録
    ジョージ・チャーチ教授率いるハーバード大学の研究チームは、これまでで最多となる1万3200もの遺伝子編集を1つの細胞に対して実施した。最終的には、あらゆるウイルスに対して免疫を持つ人間移植用の臓器や組織の作製を目指すという。 by Antonio Regalado58日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    深層学習でカクテルパーティ効果を再現、「脳を読む」補聴器
    騒音の中で会話をする相手の声だけを判別できる「カクテルパーティ効果」を再現できるシステムをコロンビア大学の研究チームが開発している。測定した脳波のデータをもとに、集中したい人の声だけを増幅できるという。 by Charlotte Jee4日前
  2. 知性を宿す機械
    4枚の羽ばたく翼を持つ95グラムの昆虫型ロボットを南カリフォルニア大学のチームが開発した。飛行ロボットは、2翼よりも4翼の方が姿勢などの制御が容易で素早く動けるが、翼が増える分だけ重量が増してしまう。研究チームは、翼を動かすアクチュエーターを大幅に軽量化することで、この課題を解決した。 by Emerging Technology from the arXiv5日前
  3. 知性を宿す機械
    深層学習の人工知能(AI)は、多くのデータの中から関連性を発見することは得意だが、因果性を見い出すことはできない。5月上旬に米国で開催された「ICLR2019」で、著名なAI研究者が因果関係を分析する新しいフレームワークを提唱した。 by Karen Hao8日前
  4. 知性を宿す機械
    あらゆる業界で人工知能(AI)製品を使う機会が増え、製品の品質と妥当性をいかに評価するかが重要となっている。MITテクノロジーレビューのAI担当記者が、AI製品を開発する企業を評価するための5つのチェックリストを紹介する。 by Karen Hao9日前
  5. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)による意図しないバイアスの排除へ向け、機械学習システムに監査を義務付ける法案が米国議会に提出された。幅広い業界を対象とする「本気」の法案だが、議員らの理解は進んでいない。 by Karen Hao9日前
  6. 知性を宿す機械
    ニューラル・ネットワークの訓練には、多くの時間とコストを必要とするというのが一般的な考えだ。しかし、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が、ニューラル・ネットワークの規模を10分の1から100分の1にして訓練しても、同等のパフォーマンスを得られることを示す論文を発表した。 by Karen Hao11日前
  7. 知性を宿す機械
    アマゾン創業者のジェフ・ベゾスが主催する招待制カンファレンス「MARS」で紹介されたエッジ向けAIチップは、ロボットやドローンといった他の派手なプレゼンに比べると地味なものだった。だが、電力効率に優れた新しい半導体は、人工知能の未来において重要な存在となる。 by Will Knight16日前
  8. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)の進歩が続けば、いずれは人間を超える創造性を発揮するようになるのだろうか。ハーバード大学の哲学者シーン・ドーランス・ケリー教授は「人間の創造性がAIの進歩に屈することはない」という。 by Sean Dorrance Kelly16日前
  9. 知性を宿す機械
    脳信号を音声に変換、UCSF研究チームが新アプローチ
    人間が発話するときの脳の活動を記録し、記録した信号から合成音声を作り出す埋め込み型の機器をカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の研究者チームが開発した。実験ではこれまでにない正確さで発話の内容を確認できたという。 by Antonio Regalado17日前
  10. 知性を宿す機械
    AIが生む「ビートルズとガガの共演」は人を感動させられるか?
    既存の楽曲を訓練データとして用いて、新たな楽曲を作り出せる深層学習ニューラル・ネットワークをオープンAIが開発した。モーツアルト風の小品を演奏したり、レディ・ガガの楽曲をビートルズ風に即興演奏したりできる。 by Will Knight17日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る