KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!

Cover Story 混乱する米国の対中強硬策、
チャイナ・イニシアチブの
お粗末な実態【本誌調査】

トランプ政権が対中強硬策として始めた「チャイナ・イニシアチブ」の取り組みは現在、中国による経済スパイや米国安全保障への脅威に対抗するという当初の目的から逸脱してしまったことが、MITテクノロジーレビューの調査で明らかになった。 by Karen Hao

トップ・ストーリー

  1. 世界を変えるイノベーターは何を学んだか? 遠藤 謙が語ったこと
    by Yasuhiro Hatabe

    MITテクノロジーレビューの「35歳未満のイノベーター」の1人に2012年に選ばれた義足エンジニアの遠藤 謙氏。「乙武プロジェクト」でも知られる遠藤氏が、その後の経験から学んだこととは?

  2. 不透明な米チャイナ・イニシアチブ、司法省がサイト書き換えも
    by Karen Hao

    米国政府が、国家安全保障における中国の脅威に対応するために2018年に開始した取り組み「チャイナ・イニシアチブ」には不透明な部分が多い。MITテクノロジーレビューは同イニシアチブの正当性や影響を調べるために、詳細なデータベースを構築している。


  3. by James Temple

    南極のスウェイツ氷河東側の棚氷の亀裂が広がっており、棚氷が切り離された場合、海面上昇で何千万人もの人々の生活に影響が出る可能性がある。ある研究チームは、海中にカーテンを設置することで、これを食い止められるかどうかを調べている。


  4. by Devi Lockwood

    気候変動は欧米や専門家だけで話すべき問題ではない。気候科学は非常に重要だが、気候変動を身をもって経験している人たちの話でその科学を咀嚼することにより、私たちは技術的な解決策についてより創造的に考え始めることができるはずだ。

日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
  1. 持続可能エネルギー
    「脱炭素社会へ向けた蓄電池の基盤作りに取り組む」24M 成田 海
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、24Mテクノロジーズの成田 海氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。
  2. 持続可能エネルギー
    世界のすべての「水」をテクノロジーで測る方法
    地球上にどれだけの水が存在するのか? これまであまり詳しく観測できていなかった河川や湖、ため池の状況が、人工衛星のリモート・センシング技術によって把握できるようになってきた。人類は、もっと賢く水を管理できるようになるのだろうか。
  3. 生命の再定義
    遺伝子編集されたブタの心臓をヒトに移植
    遺伝子編集されたブタの心臓が、世界で初めてヒトに移植された。現在のところ患者の術後経過は良好だという。
  4. コネクティビティ
    盛り上がるeサイクリング、「お隣さん」が世界王者になる?
    パンデミックを機に、バーチャル世界でのサイクリングレースがブームになっている。eサイクリングのトップライダーたちは現在、2月26日に開催される第2回目の世界選手権に向けて準備を進めている。アパートの部屋で一人孤独に、懸命に漕ぐ選手が世界王者になるかもしれない。
  5. 持続可能エネルギー
    「生物多様性を守る取り組みをビジネスに」バイオーム 藤木庄五郎
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、バイオーム 藤木庄五郎氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。
カバーストーリー
持続可能エネルギー
カリフォルニア州は農業に適した土地だとされている。しかし、初めから農業に向く土地だったわけではない。山の向こうにある川から水路を引き、地下水を汲み上げるなどの人工的な工事によって、農業に欠かせない水を確保してきたのだ。そして今、カリフォルニア州を空前の干ばつが襲っている。 by Mark Arax
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
すべてのトピックス Filter
  1. 持続可能エネルギー
    「テクノロジーによる計測でごみ問題を解決」ピリカ 小嶌不二夫
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、ピリカの小嶌不二夫氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。 by Koichi Motoda8日前
  2. ビジネス・インパクト
    人類は海洋環境の変化をどのように見てきたか? MITTRの誌面から
    今や、気候変動による海水面上昇は多くの人が知ることとなった。ここまで地球環境が悪化するまで、人類は何をしていたのだろうか。MITテクノロジーレビューの過去の記事を読み返すと、気候変動や海洋環境についての見方が時代によって変わっていることが分かる。 by MIT Technology Review Editors12日前
  3. コネクティビティ
    「日本独自の量子コンピューターで革新的な社会を」東大 武田俊太郎
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、東京大学大学院の武田俊太郎氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda13日前
  4. 持続可能エネルギー
    沈みゆく都市・メキシコシティ、水問題解決への試み
    2100万人の人口を有するメキシコの首都・メキシコシティは深刻な水不足に陥っており、汲み上げられる地下水の量が降雨による補充量を上回っているせいで地盤沈下が起こっている。気候変動がこの状況をさらに悪化させる可能性がある。by Lucas Laursen13日前
  5. コネクティビティ
    「実用的なエラー抑制で、量子技術が作る未来を叶えたい」NTT 遠藤 傑
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、NTTコンピュータ&データサイエンス研究所の遠藤 傑氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda13日前
  6. 持続可能エネルギー
    主張:気候変動への適応には治水インフラの転換が必要だ
    甚大な洪水や深刻な干ばつの被害が世界中で発生している。これまではダムや堤防を建設する治水工事によって対応してきたが、これからは自然を利用した治水が必要だ。 by Sandra Postel13日前
  7. ビジネス・インパクト
    「宇宙でのラストマイル輸送を実現したい」北大 ケンプス・ランドン
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、北海道大学大学院のケンプス・ランドン氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda14日前
  8. コネクティビティ
    「Wi-Fiのような給電技術で電源の制約をなくす」東京大学 笹谷拓也
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、東京大学大学院の笹谷拓也氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda14日前
  9. 持続可能エネルギー
    「デイ・ゼロ」目前で動き出した、ケープタウンの干ばつ対策
    干ばつの影響で、ダムの貯水が枯渇寸前に追い込まれた南アフリカの都市ケープタウン。政府も重い腰を上げて本格的な対策に乗り出したが、それでも次の干ばつを乗り切れるかどうかは不透明だ。 by Joseph Dana14日前
  10. ビジネス・インパクト
    ベスト・イラスト2021:気鋭作家が描いたテクノロジーを物語る19枚
    アーティストたちが描く示唆に富み楽しい作品は、しばしば言葉より雄弁なイメージで記事に命を吹き込んでくれる。MITテクノロジーレビューのアートチームが選んだお気に入りの作品を紹介しよう。by MIT Technology Review Editors15日前
  1. コネクティビティ
    「日本独自の量子コンピューターで革新的な社会を」東大 武田俊太郎
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、東京大学大学院の武田俊太郎氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda13日前
  2. コネクティビティ
    「実用的なエラー抑制で、量子技術が作る未来を叶えたい」NTT 遠藤 傑
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、NTTコンピュータ&データサイエンス研究所の遠藤 傑氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda13日前
  3. コネクティビティ
    「Wi-Fiのような給電技術で電源の制約をなくす」東京大学 笹谷拓也
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、東京大学大学院の笹谷拓也氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda14日前
  4. コネクティビティ
    「脳を模したチップでAIの電力問題を解決」東京大学 小菅敦丈
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、東京大学大学院の小菅敦丈氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda15日前
  5. コネクティビティ
    22年の仕事始めに試したい
    デジタル生活8つの行動
    現在の私たちの生活は善かれ悪しかれ、デジタルテクノロジーの影響を大きく受けている。あなたの生活を少しばかり楽しく、安全で、有意義にしてくれる新年の8つの抱負を紹介しよう。by Tanya Basu15日前
  6. コネクティビティ
    「分散技術を人類普遍の技術に」トレジャーデータ 古橋貞之
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、トレジャーデータの古橋貞之氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda16日前
  7. コネクティビティ
    業界を代表する企業が危機に陥っても、ハッキング業界は急成長を続けている。その理由は、世界中の政府がますますハッキング能力を必要としているからだ。 by Patrick Howell O'Neill17日前
  8. コネクティビティ
    「現場主義で、誰もが介護したくなる未来を作る」aba 宇井吉美
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、aba(アバ) 宇井吉美氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda24日前
  9. コネクティビティ
    難問をプレゼント、世界のエンジニアが楽しむクリスマス・イベント
    世界各地から数千人が参加するアドベント・オブ・コード(Advent of Code:AoC)は、エンジニアたちに人気のプログラミング・コンテストだ。最も速く問題を解くこと、プログラミングを学ぶ材料とすることなど、参加者の動機はさまざまだが、共通しているのは、参加者全員が毎日新しい問題を心待ちにしていることだ。 by Siobhan Roberts26日前
  10. コネクティビティ
    主張:SNSの安全を守るヒントは「都市」にある——元FB担当者
    ソーシャルメディアの世界では現実世界にはあり得ないような不快な一面も存在する。企業は、オフライン空間と似たような物理的制限をオンライン空間に取り入れることで、悪意ある者の利用を制限し、人々の安全を守れるだろう。by Sahar Massachi27日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    人類は海洋環境の変化をどのように見てきたか? MITTRの誌面から
    今や、気候変動による海水面上昇は多くの人が知ることとなった。ここまで地球環境が悪化するまで、人類は何をしていたのだろうか。MITテクノロジーレビューの過去の記事を読み返すと、気候変動や海洋環境についての見方が時代によって変わっていることが分かる。 by MIT Technology Review Editors12日前
  2. ビジネス・インパクト
    「宇宙でのラストマイル輸送を実現したい」北大 ケンプス・ランドン
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、北海道大学大学院のケンプス・ランドン氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda14日前
  3. ビジネス・インパクト
    ベスト・イラスト2021:気鋭作家が描いたテクノロジーを物語る19枚
    アーティストたちが描く示唆に富み楽しい作品は、しばしば言葉より雄弁なイメージで記事に命を吹き込んでくれる。MITテクノロジーレビューのアートチームが選んだお気に入りの作品を紹介しよう。by MIT Technology Review Editors15日前
  4. ビジネス・インパクト
    MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
    MITテクノロジーレビュー は毎年、その年の失敗したイノベーションを選んで年末に発表している。2021年にリストアップしたのは、効かないのに承認された高価なアルツハイマー薬、宇宙へ行く億万長者、美顔フィルターなどだ。by Antonio Regalado16日前
  5. ビジネス・インパクト
    編集者・記者が選んだ
    2021年の記事25選
    MITテクノロジーレビュー[米国版]編集部のメンバーに、2021年に公開したすべての記事について振り返り、特に際立った記事を選んでもらった。 by MIT Technology Review Editors17日前
  6. ビジネス・インパクト
    「水不足」にあえぐパキスタン、アグテック企業が農家の節水を支援
    パキスタンは水危機のリスクが最も高い国の一つであり、カラチでは水道が何日も断水することがよくある。そうした中で、農家の節水を支援することで市民の飲み水を確保しようとするアグテック(農業テクノロジー)関連のスタートアップ企業が現れている。by Mariya Karimjee24日前
  7. ビジネス・インパクト
    リーバー事件、有罪判決でも残されたチャイナ・イニシアチブへの疑問
    ハーバード大学のチャールズ・リーバー教授の裁判は、中国の経済スパイ活動に対抗する司法省の取り組み「チャイナ・イニシアチブ」の今後の活動について何らかのヒントをもたらすと期待されていた。しかし実際はチャイナ・イニシアティブの疑わしい部分が見え隠れする裁判となった。 by Jess Aloe24日前
  8. ビジネス・インパクト
    「機械化で報道産業のイノベーションに挑む」JX通信社 米重克洋
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、JX通信社 米重克洋氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。 by Koichi Motoda24日前
  9. ビジネス・インパクト
    「途上国の農家にテクノロジーを届ける」サグリ 坪井俊輔
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、サグリ 坪井俊輔氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。 by Koichi Motoda24日前
  10. ビジネス・インパクト
    ベスト・フォト2021:アートチームが選ぶテクノロジーを物語る17枚
    コンピューティングから気候変動まで、MITテクノロジーレビューが選んだ2021年のベスト・フォトを紹介しよう。by Stephanie Arnett25日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    「テクノロジーによる計測でごみ問題を解決」ピリカ 小嶌不二夫
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、ピリカの小嶌不二夫氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。 by Koichi Motoda8日前
  2. 持続可能エネルギー
    沈みゆく都市・メキシコシティ、水問題解決への試み
    2100万人の人口を有するメキシコの首都・メキシコシティは深刻な水不足に陥っており、汲み上げられる地下水の量が降雨による補充量を上回っているせいで地盤沈下が起こっている。気候変動がこの状況をさらに悪化させる可能性がある。by Lucas Laursen13日前
  3. 持続可能エネルギー
    主張:気候変動への適応には治水インフラの転換が必要だ
    甚大な洪水や深刻な干ばつの被害が世界中で発生している。これまではダムや堤防を建設する治水工事によって対応してきたが、これからは自然を利用した治水が必要だ。 by Sandra Postel13日前
  4. 持続可能エネルギー
    「デイ・ゼロ」目前で動き出した、ケープタウンの干ばつ対策
    干ばつの影響で、ダムの貯水が枯渇寸前に追い込まれた南アフリカの都市ケープタウン。政府も重い腰を上げて本格的な対策に乗り出したが、それでも次の干ばつを乗り切れるかどうかは不透明だ。 by Joseph Dana14日前
  5. 持続可能エネルギー
    シンガポールが抱える弱点「水」問題、自給自足は実現するか
    世界有数の富裕国であるシンガポールは、水資源に乏しく、マレーシアからの輸入に依存している。政治や気候変動によるリスクを低減するため、シンガポールはさまざまな方法で水の自給自足を模索している。 by Megan Tatum23日前
  6. 持続可能エネルギー
    水をコントロールするのではなく、水と協調する――。中国のランドスケープ・アーキテクトが切り開いてきた新たなアプローチは、気候変動で今後ますます増加するであろう災害を防ぐのに役立つかもしれない。 by Erica Gies24日前
  7. 持続可能エネルギー
    枯渇する天然資源「水」、干ばつでも大量輸出する米国の矛盾
    気候変動に伴う記録的な干ばつの中でも、米国の農家は食品や衣料品の輸出を介して、事実上、水を世界中に大量に輸出している。原因は規制の甘さにある。by Alok Jha26日前
  8. 持続可能エネルギー
    大西洋の広範囲にわたって循環する海流は、気候変動を理解するために重要な要素となる。しかし、直接観測する試みを進めるにつれて、この大西洋循環システムは、かつて考えられていたよりも得体のしれない、予測不可能なものであることが分かってきた。by James Temple27日前
  9. 持続可能エネルギー
    「気候変動移住」が引き起こす貧困の連鎖、ジンバブエ現地ルポ
    世界銀行の予測によると、気候変動により、サハラ以南アフリカでは2050年までに数千万人が国内での移住を余儀なくされるという。すでに非合法な移住が始まっているジンバブエでは、生活を圧迫された移住先の人々と移住民との間で緊張が高まっている。 by Andrew Mambondiyani30日前
  10. 持続可能エネルギー
    米国のインフラ法案により資金提供を受けた4基の新しい実証プラントは、「忘れられた再生可能エネルギー」と揶揄されている地熱による発電の普及を後押しする可能性がある。by Casey Crownhart36日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    ファイザー製ワクチン、オミクロン株への効果は「大幅低下」
    複数の研究チームの実験により、ファイザー製ワクチンの2回接種者が有する抗体の効果は、オミクロン株に対して大幅に低下することがわかった。ただし、3回目の接種により、ワクチンの予防効果が回復するとの結果も得られた。by Antonio Regalado41日前
  2. 生命の再定義
    新型コロナウイルスの起源をめぐって激しい議論が続いている。武漢のウイルス研究所からの流出を疑う声も多いが、アリゾナ大学のマイケル・ウォロビー教授は、武漢の海鮮市場がパンデミックの引き金となったとの確証を強めている。 by Jane Qiu42日前
  3. 生命の再定義
    オミクロン株、遅すぎる「渡航禁止」に効果なし 長期的問題も
    オミクロン株の発見が報告されて以来、多くの国々がウイルスの拡散を防ぐために渡航禁止を実施している。だが、こうした措置はあまり効果がないうえ、長い目で見ると不利益をもたらす可能性がある。by Charlotte Jee44日前
  4. 生命の再定義
    メルクの新型コロナ飲み薬、米FDA諮問委員会が承認勧告
    メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬であるモルヌピラビルについて、米国食品医薬局(FDA)の諮問委員会は承認を勧告した。数週間後にはファイザーが開発した新薬も評価される見込みだ。by Charlotte Jee45日前
  5. 生命の再定義
    オミクロン株、研究者が考える今後の見通しは?
    新型コロナウイルスのオミクロン株については、発見からまだ間がないため、わかっていないことが多い。スイスのベルン大学の研究者たちが、ワクチンの有効性や、ウイルスの深刻さの度合いについて語った。 by Antonio Regalado48日前
  6. 生命の再定義
    10年以上前に偶然が重なって発見されたある分子によって、アルツハイマー病や外傷性脳損傷などを治療できる可能性が明らかになりつつある。現在「ISRIB」と呼ばれるこの分子は、健康な人の認知機能を向上させることもできるかもしれないと。 by Adam Piore49日前
  7. 生命の再定義
    米国のスタートアップ企業であるコンセプションは、成人の細胞を卵子に作り替えることを目指している。成功すれば、年齢や性別を問わずに子どもを作れるようになり、生殖の常識が覆されるかもしれない。 by Antonio Regalado49日前
  8. 生命の再定義
    世界が再び厳戒態勢に オミクロン株についていま分かっていること
    新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への警戒が強まり、緊急措置として各国で渡航制限などが実施されている。現時点で分かっていることは少ないが、再感染のリスクが高い可能性がある。by Charlotte Jee51日前
  9. 生命の再定義
    数年前のイーロン・マスクらの参入をきっかけに、脳機械インタフェース(BMI)分野の研究開発に資金提供が相次いでいる。事故や病気で身体が麻痺した患者向けの研究が主だが、巨額資金が動く背景には次世代コンピューター・インターフェイス実現への期待がある。 by Antonio Regalado52日前
  10. 生命の再定義
    欧州で新型コロナの感染が爆発的に拡大、今なぜ?
    欧州での新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらない。現在、世界全体の感染者数の半分以上を欧州が占めており、2020年4月以降で最大の割合となっている。いったい、何が起こっているのだろうか。by Bobbie Johnson64日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    「数理に基づく真に公平な社会の実現を目指す」NII 五十嵐歩美
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、国立情報学研究所の五十嵐歩美氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。by Koichi Motoda23日前
  2. 知性を宿す機械
    「ロボットに人間のような触覚を与える」モーションリブ 溝口貴弘
    MITテクノロジーレビュー主催の「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」から、モーションリブ 溝口貴弘氏のプレゼンテーションの内容を要約して紹介する。 by Koichi Motoda24日前
  3. 知性を宿す機械
    GPT-3で号砲、大規模化に明け暮れた2021年のAIシーン
    驚くべき作文能力を持つオープンAI(OpenAI)の「GPT-3」は、モデルの大規模化を競い合いう人工知能(AI)の新トレンドの始まりだった。2021年は新しい言語モデルの構築に多大な労力が注がれたものの、AIはまだGPT-3の影響から抜け出せていない。 by Will Douglas Heaven28日前
  4. 知性を宿す機械
    ディープマインドが言語モデル「RETRO」発表、訓練コストを大幅削減
    自然言語処理におけるAI研究の主流となっている大規模言語モデルには、訓練に膨大な計算能力を必要とするという欠点がある、ディープマインドは外部メモリーを辞書として活用することで、訓練に要するコストを大幅に下げられるモデルを発表した。 by Will Douglas Heaven38日前
  5. 知性を宿す機械
    クイズで分かる「AIってなに?」 ポッドキャスト書き起こし
    人工知能(AI)なのか、そうでないのかを見分けるのが難しい場合がある。どうやって判断すればよいのだろうか? クイズ形式で考えてみた。 by Anthony Green51日前
  6. 知性を宿す機械
    米国防総省がAI倫理ガイドラインを発表、開発・運用手順を規定
    米国防総省が「責任あるAIの指針」を発表した。AIの軍事利用が批判を浴びる中、政府請負業者へ倫理原則の遵守を求め、透明性の向上を図ることが狙いだ。 by Will Douglas Heaven56日前
  7. 知性を宿す機械
    この2年間に及ぶパンデミックで、あらゆる企業のサプライチェーンは壊滅的な打撃を受けた。アマゾンやグーグルは、AIを使った「デジタルツイン」による新世代のシミュレーションで問題を乗り越えようとしている。by Will Douglas Heaven80日前
  8. 知性を宿す機械
    「ユーザーより自社の利益を優先している」と主張する元社員の内部告発を受け、フェイスブックが揺れている。フェイスブックは反論しているが、主張を裏付けるのはこの元社員の証言だけではない。MITテクノロジーレビュー米国版はAI部門の責任者や関係者を1年にわたって取材している。今年3月、米国版に掲載された2万字にわたる長文記事を掲載する。 by Karen Hao86日前
  9. 知性を宿す機械
    グーグル最新AIスマホに見る、コンピューター「再発明」の方向性
    グーグルが発表した最新スマホ「ピクセル6(Pixel 6)」は、人工知能の演算を専門に処理する回路を備えている。AIはすでに私たちの生活に溶け込んだ。そしてコンピューターのあり方も変えようとしている。by Will Douglas Heaven87日前
  10. 知性を宿す機械
    スタンフォード大学の研究チームは、バーチャル環境で進化するAIボットを用いて、身体の構造と知能が密接に関連していることを示した。体の構造を固定したうえでタスクの訓練をする従来のAIロボットの構築方法を覆すかもしれない。by Will Douglas Heaven3カ月前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る