KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

Cover Story もしベテラン映画評論家が現時点のVR映画を評価したら?

映画は20世紀を代表する大衆芸術だった。ではバーチャル・リアリティは21世紀を代表する娯楽になるだろうか? by Ty Burr

トップ・ストーリー 本日の重要ニュースをご案内。 02.20

  1. ロボットの実験により、昆虫の足遣い坂道に最適化していたと判明

    ロボット工学者が昆虫の動きからヒントを得ることはよくあるが、足遣いに関しては、昆虫の動きは最適とは限らないとわかった。

    by Jamie Condliffe
  2. MS対FBIの法廷闘争で注目のクラウド・サービスの捜査管轄

    「豊かな社会があって国家が強くなる」と考えれば、捜査機関の権限を一方的に強くすることは、自国企業の国際競争力を維持する上で得策でないことがわかる。

    by Mike Orcutt
  3. ホログラムでたった数秒!光造形3Dプリンタがまた進歩

    ホログラムで三次元画像を数秒間照射するだけで光造形できる3Dプリントのデモをスタートアップ企業ダクリが公開した。ヘッドマウント・ディスプレイにも応用できる可能性がある。

    by Jamie Condliffe
  4. アマゾンやグーグルのAIアシスタントは電話・テレビと融合へ

    音声入力のAIアシスタントが日本以外の世界で大ヒット中だ。今後の機能追加で、固定電話やテレビとの融合まで見えてきた。

    by Jamie Condliffe
  5. 太陽光発電の新設発電容量、米国で2016年にほぼ倍増

    太陽光発電の新設発電容量が、米国で2016年にほぼ倍増したことがわかった。トランプ政権が再生可能エネルギーへの税控除を中断しない限り、この傾向は今後数年間継続しそうだ。

    by Jamie Condliffe
  6. 「求む!飛行車のテストパイロット」は開発順調の証?

    飛行車のテストパイロットを、米2社が求人中だ。100年以上は構想されてきた未来の乗り物は、自律操縦とバッテリー性能の向上で実現に近づいている。

    by Jamie Condliffe
  7. ロボット理学療法士が、自宅でリハビリ指導

    リハビリのための病院通いは面倒だしお金もかかる。ロボット型の理学療法士なら、自宅でリハビリの指導が受けられる。カメラ付きなので、動きが違うと手本まで見せてくれる。

    by Will Knight
無料メールマガジン提供中
Subscribe
  1. コネクティビティ 消息不明のマレーシア航空370便の位置は数学で割り出せるか?
    オーストラリア軍の科学者が、消息不明のマレーシア航空370便の位置と事故状況を数学的に算出した。論文の発表により、誰でも仮説を検証できるようになった。
  2. コネクティビティ マイクロソフト社長、サイバー攻撃版のジュネーブ諸条約を提唱
    マイクロソフトのブラッド・スミス社長が、国家によるサイバー攻撃から民間人・企業を守る、インターネット版のジュネーブ諸条約を提唱した。ただし、サイバー兵器は開発途上にあり、民間人の保護について各国が合意できるかどうかは難しいとの見解もある。
  3. 持続可能エネルギー 大気汚染で年間死者約110万人のインドは世界最悪の状況
    インドでは年間約110万人が大気汚染で亡くなっており、世界最悪の状況だとわかった。また、中国からサウジアラビアまで、東西アジアの都市では、サイクリングで30分走っただけで健康増進効果は微細粒子を吸い込むことの悪影響で打ち消されてしまう。
  4. 知性を宿す機械 慣性の法則に逆らい、荷物を垂直落下させるアマゾンの特許
    アマゾンは、慣性の法則に逆らって、ドローンから荷物を垂直落下させる特許を出願している。宅配ドローンの規制が緩和されれば、荷物は空から降ってくるのだろうか?
  5. コネクティビティ 携帯電話網未接続でも緊急警報を受信できるアプリをIBMが開発
    IBMは、携帯電話網につながっていなくても、Wi-FiやBluetooth機能でデータを拡散させるメッシュ・ネットワークアプリを発展途上国向け格安スマホに標準搭載させた。
Events20170306東京都文京区
ビジョナリーパーソンが集い、
人間の力を拡張するテクノロジーとの
共栄社会を考える

人間の力を拡張するテクノロジーは今まさに社会に実装されようとしており、私達はそれらに対する向き合い方を考える必要に迫られている。

このイベントに参加する
カバーストーリー
持続可能エネルギー 東芝の原子力事業崩壊は
米国の原子炉新設と
研究開発への大打撃になる
東芝の原子力事業の崩壊は、世界的な原子力産業の衰退の一部でもあり、一方で温室効果ガス排出量を削減させる現実的な手段が取りにくくなれば、地球温暖化対策の失敗は必至だ。 by James Temple
最新ニュース Filter
  1.  
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント