KADOKAWA Technology Review
×

「使用済みタンポン」に着目
フェムテック企業が目指す
血液検査のイノベーション

女性の健康改善を目的としたテクノロジーを開発する「フェムテック」企業が増えている。しかし、フェムテック分野で市場拡大が見込めるとして投資家が注目するのは生殖問題を扱う企業に限定されている。そうした現状や女性に対する偏見を打破して、イノベーションを起こすべく奮闘しているスタートアップ企業がある。 by Dayna Evans

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー

  1. 「正確すぎるレコメンドエンジン」はインターネットをダメにする 「正確すぎるレコメンドエンジン」はインターネットをダメにする
    by Karen Hao

    ソーシャルネットワークや検索サイトで使われている推薦アルゴリズムはユーザーの利便性を高める一方、視野を狭めたり、「集団極性化」を促進したりする弊害が指摘されてきた。グーグルのAI子会社であるディープマインドの研究チームは機械学習シミュレーションでこうした問題を確認した。

  2. グーグル、ニューラル・ネットで「ゲシュタルトの法則」を確認
    by Emerging Technology from the arXiv

    人間は、不完全な対象を補間して完全なものとして知覚できる。人間の脳をモデルにしたニューラル・ネットワークにおいて、こうした心理学の法則は成立するのだろうか。グーグル・ブレインの研究チームが答えを出した。

  3. アポロ11乗組員が月に残した人類初の「足跡」、影の立役者の物語 アポロ11乗組員が月に残した人類初の「足跡」、影の立役者の物語
    by Erin Winick

    今年7月に迎えるアポロ11号の月面着陸50周年に向け、MITテクノロジーレビューでは月面着陸を実現した人々のエピソードを紹介していく。初回は、あの象徴的な写真を撮影するきっかけとなった月の土壌のエキスパート、デヴィッド・キャリアのストーリーだ。

  1. 知性を宿す機械
    AIアシスタントで使われている自然言語処理テクノロジーは日常生活にますます浸透している。だが、IBMのワトソンの原型を開発したMITの研究者は、真の知性を備えた機械を創造するというAIの最終目標からはほど遠いという。
  2. 生命の再定義
    先史時代の洞窟壁画は多くの謎に包まれている。スペインのバレンシア大学の研究チームは、塩基配列解析の手法を用いることで、壁画がいかに描かれ、保たれてきたのかについて解明する手がかりを得ることができた。
  3. 生命の再定義
    「ヒト生殖細胞の編集は停止を」CRISPR専門家らが呼びかけ
    遺伝子編集技術の第一人者たちが、ヒト生殖細胞に対する遺伝的な改変を目的とした遺伝子編集を、世界規模でいったん停止することを求める公開書簡を発表した。ゲノム改変は将来の世代に予期せぬ結果をもたらす可能性もあり、現在の知識に基づいて生物の種を作り変えようとするのは思い上がりだという。
  4. 知性を宿す機械
    枝にとまって「休憩」、イェール大が作ったコウモリ型ドローン
    まるでコウモリのように木の枝を掴んで一時停止できるドローンをイェール大学の研究者チームが開発した。グリッパーを装備しており、ドローンを高い位置に待機させた長時間の観測などが可能になるという。
  5. 知性を宿す機械
    機械学習で誰でも「憧れの声」になれる新技術、なりすまし危険も
    機械学習の手法を使うことで、自分の声を、あらゆる年齢やジェンダーの声にリアルタイムで変換できるテクノロジーが開発された。訓練用の音声データさえあれば誰の声でも模倣することが可能で、声による「なりすまし」に悪用される可能性もある。
カバーストーリー
持続可能エネルギー
11億人の顧客を抱える巨大な中国の送電企業は、世界的な超高圧送電線の整備を目指している。再生可能エネルギーを融通することで気候変動に対抗するのが目的だというが、その真意はどこにあるのか。 by James Temple
すべてのトピックス Filter
  1. 知性を宿す機械
    米国との高まる緊張関係にも関わらず、ファーウェイの勢いが止まらない。シュー・ウェンウェイCSMOがMITテクノロジーレビューの独占取材で語った「フルスタックAI企業」を目指す取り組みからは、通信機器メーカーには留まらない、前例のない巨大テック企業を目指す姿勢が浮かび上がってきた。 by Will Knight7日前
  2. コネクティビティ
    世界有数の現金大国である日本が、キャッシュレス社会の実現へと動き出した。クレジットカードなどの既存の決済手段の普及が遅れている日本は、先進的なテクノロジーを一足飛びに導入して成功できる可能性がある。 by Mike Orcutt8日前
  3. 知性を宿す機械
    量子コンピューターで時間を巻き戻した? お騒がせ新研究の真相
    「量子コンピューターで時間の巻き戻しが可能になった」かのようなニュースが海外メディアで話題になっている。だが、記事の元になった論文の内容は、タイムマシンの発明とはほど遠いものだ。 by Konstantin Kakaes11日前
  4. 知性を宿す機械
    セグウェイから電子たばこまで、「残念なテクノロジー」10選
    世の中をよりよくしようと思って作ったテクノロジーでも、時に悪用されたり、うまくいかなったりすることがある。「最悪なテクノロジー」のリストを作ってほしいと言われたら、何が思い浮かぶだろうか? by MIT Technology Review Editors11日前
  5. コネクティビティ
    737 MAX二度目の事故
    行き過ぎた「自動化」に
    問題はないか?
    3月10日にエチオピアで離陸直後に起こったボーイング737 MAXの墜落事故により、現在、世界中で同機種の運航が取り止められている。事故の原因はまだ判明していないが、複雑な自動化システムとパイロットへの伝達に問題があったのではないかとの疑念が出ている。by Konstantin Kakaes11日前
  6. 知性を宿す機械
    AI分野での中国との主導権争いに出遅れた米国は、新たなアイデアと多額の投資で遅れを挽回しようとしている。米国のAI戦略で重要な役割を持つのが、自動運転などの分野でイノベーションを主導してきた米国国防先端研究計画局(DARPA)の「AIネクスト」だ。 by Will Knight12日前
  7. ビジネス・インパクト
    コピー製品であふれかえっていた深センは、世界に製造エコシステムを輸出するハードウェア・ハブになった。しかし、その将来は国際的な規範の順守、中国政府の圧力、労働賃金の増加などがあり、決して平坦な道のりではない。 by An Xiao Mina and Jan Chipchase12日前
  8. 知性を宿す機械
    「フェイクニュース生成ツール」はAIが書いた文章を見抜けるか?
    フェイクニュースを生成する人工知能(AI)は、他のAIが生成した文章を見抜けるのだろうか。2月に発表された最新の言語モデルを使った実験が実施された。 by Karen Hao13日前
  9. 知性を宿す機械
    ドローンはアフリカの発展に「変革をもたらす」技術だと期待され、ドローンを用いたプロジェクトがアフリカ大陸のいたるところで実施されている。しかし実際のところ、課題解決にどの程度役に立っているのだろうか。アフリカのドローン導入事例を調査しているジョージタウン大学のキャサリン・チャンドラー助教授に話を聞いた。 by Konstantin Kakaes13日前
  10. ビジネス・インパクト
    人工知能(AI)があらゆる産業分野に大きな影響を及ぼすことが指摘される一方で、さまざまな業界からAIの活用は難しいという声が上がっている。AIの導入は、多くの企業にとって予想以上に時間も費用もかかるからだ。AIによるビジネスの変革を阻んでいる大きな壁は何なのだろうか? by Brian Bergstein13日前
  1. コネクティビティ
    世界有数の現金大国である日本が、キャッシュレス社会の実現へと動き出した。クレジットカードなどの既存の決済手段の普及が遅れている日本は、先進的なテクノロジーを一足飛びに導入して成功できる可能性がある。 by Mike Orcutt8日前
  2. コネクティビティ
    737 MAX二度目の事故
    行き過ぎた「自動化」に
    問題はないか?
    3月10日にエチオピアで離陸直後に起こったボーイング737 MAXの墜落事故により、現在、世界中で同機種の運航が取り止められている。事故の原因はまだ判明していないが、複雑な自動化システムとパイロットへの伝達に問題があったのではないかとの疑念が出ている。by Konstantin Kakaes11日前
  3. コネクティビティ
    宇宙探査に何世紀も前から使われている動力である「蒸気力」を使おうとするプロジェクトが進んでいる。小惑星の表面の氷から採取した水を蒸気にして推進力を得る探査機は、推進剤を使い果たす心配がなく、宇宙空間でのミッションをいつまでも続けられるはずだ。 by Erin Winick19日前
  4. コネクティビティ
    火星の生命体探査に一役? チリの砂漠でデッドゾーンを発見
    米国航空宇宙局(NASA)の火星探査車「マーズ2020ローバーミッション」の調査計画作りに役立てるために、火星表面の環境に似たチリのアタカマ砂漠で、火星での生命体探索を模した調査が実施された。その結果、こうした環境では生命体は非常にまばらであり、火星の表面をやみくもに掘っても、生命体を発見できる可能性が低いことが示された。 by Erin Winick20日前
  5. コネクティビティ
    ヒップスターは他人とは違う格好をしたいと願っているはずなのに、なぜみんな同じような格好になってしまうのだろうか。米ブランダイス大学の研究者が、複雑系科学のシミュレーションを実施し、一見すると不思議に思えるこの現象の解明を試みた。 by Emerging Technology from the arXiv21日前
  6. コネクティビティ
    もっと遠く、もっと速く人類を宇宙に運ぶには何が必要なのか?
    ボイジャー2号の歴史的ミッション達成の裏には、40年間に渡る活動を支えた原子力エンジンの存在があった。だが、さらなる宇宙探査の実現にはエンジンのイノベーションが必要だ。 by Erin Winick21日前
  7. コネクティビティ
    多くの人がインターネットは中国に民主主義をもたらすと考えた。だが、実際には中国は世界を検閲しようとし始めている。 by James Griffiths27日前
  8. コネクティビティ
    量子インターネットとは何か?中国が牽引する新技術の基礎知識
    量子物理学の法則を使うことで、従来のネットワークに比べて格段にセキュアな特性を持つ量子ネットワークの開発が進められている。開発競争の先陣を切っているのは中国だが、米国や欧州も追撃を開始した。期待される「量子インターネット」の基盤となる量子ネットワークの仕組みについて説明する。 by Martin Giles28日前
  9. コネクティビティ
    「民間初」の月面着陸目指す
    イスラエル探査機が打ち上げ
    イスラエルの民間団体であるスペースILが開発した月面探査機「ベレシート」が、2月21日にスペースXのファルコン9ロケットで打ち上げられた。計画通りに事が運べば、4月11日にも月面に軟着陸する。もし、ベレシートの月面軟着陸が成功すれば、民間団体としては初の快挙であり、国としては米国、ロシア、中国に続く4番目となる。 by Erin Winick29日前
  10. コネクティビティ
    一時は世間を熱狂させたイーサリアムだが、「クリプトキティ」事件でパフォーマンス問題が露見して以来、大規模な非中央集権型アプリケーションへの適用が疑問視されている。イーサリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリンは新バージョン「イーサリアム2.0」で解決できるというが、理想を実現できるのだろうか。 by Mike Orcutt35日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    737 MAX二度目の事故
    行き過ぎた「自動化」に
    問題はないか?
    3月10日にエチオピアで離陸直後に起こったボーイング737 MAXの墜落事故により、現在、世界中で同機種の運航が取り止められている。事故の原因はまだ判明していないが、複雑な自動化システムとパイロットへの伝達に問題があったのではないかとの疑念が出ている。by Konstantin Kakaes11日前
  2. ビジネス・インパクト
    コピー製品であふれかえっていた深センは、世界に製造エコシステムを輸出するハードウェア・ハブになった。しかし、その将来は国際的な規範の順守、中国政府の圧力、労働賃金の増加などがあり、決して平坦な道のりではない。 by An Xiao Mina and Jan Chipchase12日前
  3. ビジネス・インパクト
    人工知能(AI)があらゆる産業分野に大きな影響を及ぼすことが指摘される一方で、さまざまな業界からAIの活用は難しいという声が上がっている。AIの導入は、多くの企業にとって予想以上に時間も費用もかかるからだ。AIによるビジネスの変革を阻んでいる大きな壁は何なのだろうか? by Brian Bergstein13日前
  4. ビジネス・インパクト
    「プライバシー重視」宣言
    突然の大転換に潜む
    フェイスブックの欺瞞
    フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが、これまでの同社の方針を転換するかのようなプライバシー保護に関する長文を発表した。だがよく読むと、ザッカーバーグCEOがプライバシーの何たるかを理解していないことは明らかだ。 by Konstantin Kakaes14日前
  5. ビジネス・インパクト
    中国科学技術大学(USTC)は中国の中でも特異な歴史を持つエリート大学だ。USTCに親子3世代に渡って関わった中国人一家の物語が伝える、国家と科学の板挟みになっている中国の科学者の葛藤。 by Yangyang Cheng19日前
  6. ビジネス・インパクト
    数々の火星探査機によって様々な情報が得られたとはいえ、この「赤い惑星」についてはまだまだ謎が多い。アリゾナ大学の研究者らは、火星表面の広範囲にわたって詳細な地図を作成する方法として、空気注入式のグライダーによる探査を提案している。メインミッションの付帯プロジェクトとして実施することを想定しており、費用もわずかで済むという。 by Emerging Technology from the arXiv25日前
  7. ビジネス・インパクト
    電子機器さらに小型化へ、北陸先端大のグラフィン製ナノスイッチ
    MEMS(メムス)デバイスのサイズを今よりも小さくできれば、電子機器をさらに小型化できるはずだ。しかし、従来の手法で小型化すると、スイッチオフ状態での漏電が問題となる。北陸先端科学技術大学院大学の研究チームが初めて、シリコンチップで使えるグラフェン製スイッチを作製し、この問題を解決した。 by Emerging Technology from the arXiv32日前
  8. ビジネス・インパクト
    空の移動革命へ向けた動きが慌ただしい。日本でも経済産業省が中心となり、「空飛ぶ車」の2023年の事業化を目指している。1月に開かれたダボス会議での専門家パネルでは、空飛ぶ車の実用化への見通しが語られた。 by Gideon Lichfield32日前
  9. ビジネス・インパクト
    暗号通貨市場で虚偽の情報を流して価格を吊り上げる「パンプ&ダンプ(風説の流布)」が蔓延している。あまり知られていなかった詐欺の手口や仕組みについて、実例に基づいて調べた研究成果が発表された。機械学習で兆候を事前に検出することにも成功したという。 by Emerging Technology from the arXiv33日前
  10. ビジネス・インパクト
    ありがとうオポチュニティ、お宝画像を届けた火星探査車が引退
    米航空宇宙局(NASA)は、火星探査車「オポチュニティ」の火星での探査活動を終了することを発表した。2004年に火星に着陸したオポチュニティは、古代の氷の存在を初めて示す痕跡をはじめ、数々のお宝画像を地球に送信してくれていた。 by Erin Winick35日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    地球温暖化の主要な原因の一つである化石燃料による発電は、一向に減少する兆しを見せない。そうした状況を受けて、小型モジュール炉(SMR)や先進的な核分裂炉など新世代の原子力プロジェクトに対する期待が高まりつつある。しかし、技術面、コスト面をはじめ、一般市民の理解など、課題は依然として多い。 by Leigh Phillips21日前
  2. 持続可能エネルギー
    地球温暖化が進行する中、工学的手法で地球環境を改善しようとする「地球工学」が激しい議論の的になっている。地球工学の実践についてはこれまで政府主導の取り組みに焦点が当てられてきたが、個人が購入できるレベルの機器を使って大勢の人が一斉に実行する可能性が示された。 by James Temple35日前
  3. 持続可能エネルギー
    再生可能エネルギーと地球温暖化対策に公共投資する「グリーン・ニューディール」政策の具体的な提案が発表された。エネルギー業界と環境団体が互いに反目し合ってきた問題に対処しようとするこの提案の4つの重要なポイントを説明する。 by James Temple39日前
  4. 持続可能エネルギー
    中国が独自設計の原子炉建設を再開、19年後半にも操業か
    中国政府が新たな4基の原子炉の建設について、2年の休止期間を経て承認したと報道されている。中国の独自設計を採用しており、2019年後半の操業を予定しているという。 by Peter Fairley49日前
  5. 持続可能エネルギー
    温室効果ガスの排出量を抑えるため、電気飛行機の実現が大きな課題となっている。電気飛行機には、エネルギー密度が高いだけでなく、離陸時の数分間にわたって大量の電力を供給できる電池が必要となる。マサチューセッツ工科大学とカーネギー・メロン大学(CMU)の研究者らは、離陸に必要な放電スピードを持つ電池の開発に取り組んでいる。 by James Temple61日前
  6. 持続可能エネルギー
    パリ協定「化石燃料全廃」なら達成可能、見えぬ実現への道筋
    オックスフォード大学やリーズ大学の研究者らが、寿命に達した化石燃料インフラを段階的に使用中止することで、気温上昇を1.5 ˚Cに抑えられることを示す研究結果を発表した。だが、政治・経済・技術面の現実に照らすと、不可能ではないにせよ困難だ。 by James Temple63日前
  7. 持続可能エネルギー
    非現実的な「グリーン・ニューディール」には科学的な視点が必要だ
    米民主党が掲げた包括的な環境政策である「グリーン・ニューディール」政策を巡って世界的な環境団体が団結を強めている。だが、さまざまな思惑が交錯し、科学的な視点が欠落した提言の実現性は乏しい。 by James Temple64日前
  8. 持続可能エネルギー
    伊藤忠と京セラ出資、MIT発の半固体電池ベンチャーが量産化へ
    半固体リチウムイオン電池を開発している24Mがいよいよ製品量産化へ向けて動き出した。伊藤忠商事や京セラから資金を調達し、現行のリチウムイオン電池の2倍のエネルギー密度の電池の実用化を目指す。 by James Temple68日前
  9. 持続可能エネルギー
    気候変動が
    「差し迫った脅威」に
    変わった日
    大気中に排出した二酸化炭素が完全な温暖化効果を得るには何年もかかるが、その効果は数千年にわたって持続する。二酸化炭素排出量の削減によって気候変動を解決しようとしても、すでに手遅れなのかもしれない。 by James Temple69日前
  10. 持続可能エネルギー
    米大都市だけで年間9000人、気候変動がもたらす「早死に」リスク
    猛暑による早期死亡だけでも、米国では2090年までに年間推定で1410億ドルの経済的損失を被るとの報告書が発表された。米国の大都市だけで早期死亡者数が年間9000人増えるとの予測は衝撃的だ。 by James Temple3カ月前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    太陽系に未だに知られていない惑星が存在する可能性は、天文学者たちを魅了し続けている。カリフォルニア工科大学の研究者たちは新たな研究に基づいて、過去20年の間に得られた「第9惑星」の証拠を提示し、もし本当に存在するならば、今後10年以内に見つかるだろうと予測している。 by Emerging Technology from the arXiv14日前
  2. 生命の再定義
    MITテクノロジーレビューの推定によると、消費者直販型の遺伝子検査を受けた人の数が2600万人を突破した。だが、大手2社による寡占をはじめ、検査結果に科学的根拠が乏しいこと、犯罪捜査に使われることによるプライバシー侵害といった課題を抱えている。 by Antonio Regalado18日前
  3. 生命の再定義
    体内から老化した有毒な細胞を除去する効果があるとされるセノリティクス薬を人間に投与する初の試験が、14人の肺疾患患者を対象に実施された。試験では重大な副作用は確認されておらず、今後、より大規模な治験へと移行するための足掛かりが得られたとしている。 by Karen Weintraub20日前
  4. 生命の再定義
    遺伝子的には重篤な病気が発症しているはずなのに、実際にはそうでない人たちがいる。そうした人たちは、疾患を引き起こすのとは別の遺伝子変異が、病気の発症を抑えていることが多い。遺伝子データベースからこうした人たちのDNAデータを掘り起こすことが、新薬開発の最新トレンドとなっている。 by Antonio Regalado21日前
  5. 生命の再定義
    アルツハイマー病は人々に特に恐れられている病気の1つだ。根本原因は分かっておらず、確実な治療法も存在しない。ニューヨークの医師チームは、新たなアプローチによる遺伝子療法の治験をこの5月に開始することを発表した。 by Antonio Regalado22日前
  6. 生命の再定義
    世界を震撼させた「遺伝子編集ベビー」誕生、おもな動きのまとめ
    MITテクノロジーレビューが、クリスパーによる遺伝子編集を受けた双子の女児が誕生したと報じてから3カ月。この間、米国の大物科学者の関与の疑いや遺伝子編集による知能向上の指摘などさまざまな動きがあり、騒動は思わぬ展開を見せている。 by MIT Technology Review Editors27日前
  7. 生命の再定義
    恒星系におけるハビタブルゾーン(生命居住可能領域)はこれまで、惑星表面に液体の水が存在することと定義されてきた。しかし、複雑な生命体が存在するには、液体の水の存在だけではなく、大気中の二酸化炭素や一酸化炭素の割合も重要となる。NASAの研究者らがこうした考えに基づいて、ハビタブルゾーンを再計算した。 by Emerging Technology from the arXiv28日前
  8. 生命の再定義
    中国で昨年生まれた遺伝子編集ベビーは、HIVへの耐性を持たせるのが目的だったとされているが、知能を向上させる狙いがあったのではないかと著名科学者らが指摘している。 by Antonio Regalado28日前
  9. 生命の再定義
    経済成長が著しい中国の深セン市では、教育熱心な親たちの間で、DNAに基づく「才能検査」が売上を伸ばしている。中国では最近、遺伝子関連産業が急成長しているが、科学的な根拠に乏しいこうした検査が評判を傷つけるのではないかと危惧する声もある。 by Michael Standaert29日前
  10. 生命の再定義
    遺伝子編集ベビーを誕生させたとして社会を震撼させた中国の賀建奎(フー・ジェンクイ)元准教授の研究に、米国の著名科学者らの関与が疑われている。スタンフォード大学などが独自の調査に乗り出した。 by Antonio Regalado34日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    米国との高まる緊張関係にも関わらず、ファーウェイの勢いが止まらない。シュー・ウェンウェイCSMOがMITテクノロジーレビューの独占取材で語った「フルスタックAI企業」を目指す取り組みからは、通信機器メーカーには留まらない、前例のない巨大テック企業を目指す姿勢が浮かび上がってきた。 by Will Knight7日前
  2. 知性を宿す機械
    量子コンピューターで時間を巻き戻した? お騒がせ新研究の真相
    「量子コンピューターで時間の巻き戻しが可能になった」かのようなニュースが海外メディアで話題になっている。だが、記事の元になった論文の内容は、タイムマシンの発明とはほど遠いものだ。 by Konstantin Kakaes11日前
  3. 知性を宿す機械
    セグウェイから電子たばこまで、「残念なテクノロジー」10選
    世の中をよりよくしようと思って作ったテクノロジーでも、時に悪用されたり、うまくいかなったりすることがある。「最悪なテクノロジー」のリストを作ってほしいと言われたら、何が思い浮かぶだろうか? by MIT Technology Review Editors11日前
  4. 知性を宿す機械
    AI分野での中国との主導権争いに出遅れた米国は、新たなアイデアと多額の投資で遅れを挽回しようとしている。米国のAI戦略で重要な役割を持つのが、自動運転などの分野でイノベーションを主導してきた米国国防先端研究計画局(DARPA)の「AIネクスト」だ。 by Will Knight12日前
  5. 知性を宿す機械
    「フェイクニュース生成ツール」はAIが書いた文章を見抜けるか?
    フェイクニュースを生成する人工知能(AI)は、他のAIが生成した文章を見抜けるのだろうか。2月に発表された最新の言語モデルを使った実験が実施された。 by Karen Hao13日前
  6. 知性を宿す機械
    ドローンはアフリカの発展に「変革をもたらす」技術だと期待され、ドローンを用いたプロジェクトがアフリカ大陸のいたるところで実施されている。しかし実際のところ、課題解決にどの程度役に立っているのだろうか。アフリカのドローン導入事例を調査しているジョージタウン大学のキャサリン・チャンドラー助教授に話を聞いた。 by Konstantin Kakaes13日前
  7. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)があらゆる産業分野に大きな影響を及ぼすことが指摘される一方で、さまざまな業界からAIの活用は難しいという声が上がっている。AIの導入は、多くの企業にとって予想以上に時間も費用もかかるからだ。AIによるビジネスの変革を阻んでいる大きな壁は何なのだろうか? by Brian Bergstein13日前
  8. 知性を宿す機械
    MITTRが選ぶ、世界を変えた「ローテクなイノベーション」10選
    世界の人々の生活をより良くする発明は、最先端のテクノロジーを使っている必要はない。むしろ、シンプルで安価なローテクこそが、役に立つ場面も少なくない。 by MIT Technology Review Editors14日前
  9. 知性を宿す機械
    バイドゥ、アリババ、テンセントのBAT3社に代表される世界最大級のテック企業がいまや中国に集中し、中国の人々の暮らしを大きく変えている。一方で、中国内部では多額の政府資金を投入しながらイノベーションを起こせないという不満が渦巻く。中国テック企業はさらなる成長を続け、世界を変えられるのだろうか? by Mara Hvistendahl20日前
  10. 知性を宿す機械
    第二次世界大戦において暗号とレーダーが戦争の様相を変えたように、量子テクノロジーを用いた兵器が将来の戦争を大きく変える可能性がある。ステルス機を探知する量子レーダーや微弱な磁気の変位を検知できる量子コンパスなど、戦局を左右する量子兵器の開発競争が、米国と中国の間で始まっている。 by Martin Giles25日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る