KADOKAWA Technology Review
×
いまならワンコインで購読できます!
お試しキャンペーン

インドのEVムーブメント
主役は「二輪」「リキシャ」

インド政府は2030年までに新車の3割をEV化する計画を推進している。日本や欧米諸国とは異なり、主役はもっぱら二輪車や三輪車だ。交換式の電池プラットフォームを展開する企業や、スタイリッシュな電動スクーターを提供するスタートアップ企業など、市場拡大の動きが活発化してきた。 by James Temple

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー


  1. by Emerging Technology from the arXiv

    人類は他の恒星への宇宙旅行をいつ実現するのだろうか。コロンビア大学の天文学者は、ブラックホール連星系に向けて光子を放ち、重力パチンコの仕組みを用いて運動エネルギーを得ることで、燃料をほとんど使わない、非常に効率的な恒星間航行が実現するだろうと語っている。


  2. by Emerging Technology from the arXiv

    成功と失敗の違いはどこにあるのか?ノースウェスタン大学のデータ科学者らが、3種類のビッグデータを分析した研究成果を発表した。試行を繰り返して、経験からの学習のレベルがあるしきい値を超えた時にはじめて、成功への道が開けるという。


  3. by Karen Hao

    大規模なデータを1カ所に集めて訓練する機械学習は、プライバシーが重要視される保健医療分野での適用が難しい状況が続いていた。しかし、患者データを病院外に持ち出すことなくモデルを訓練できる協調機械学習がこうした状況を変える可能性がある。

  1. ビジネス・インパクト
    マルウェアによる攻撃のほとんどは、コードのバグや安全性の低い設計につけこむものであった。しかし、グーグルのセキュリティ研究チームは、コンピューターの根本的な部分に脆弱性が存在する場合、ソフトウェアでは攻撃を防御できないと指摘する。
  2. 知性を宿す機械
    あふれ出る大量の廃棄物を効率よくリサイクルすることが求めらる中、MITの研究チームは、コンベアを流れる廃棄物をつかみ取って触れることで、それぞれの材料を識別する触覚ベースのセンサーを備えたロボットを開発した。
  3. コネクティビティ
    「みんなのデータ」で地震速報の精度を向上、アプリやツイート活用
    地震への備えは国によって差がある。日本のように早期警報システムが整備されている国ばかりではない。欧州地中海地震学センターの研究者らは、地震観測所の情報を、SNSやスマホアプリで発信される情報と組み合わせることで、地震発生やその位置をより迅速かつ正確に把握できることを示した。
  4. 生命の再定義
    イタリアの研究チームが、ナノ粒子を体内に送り込み、超音波を当てて発生する圧電効果によってがん細胞を直接殺す治療法を発案し、試験管内の実験で効果を確認した。がん再発の主な原因となる顕微鏡的残存腫瘍を標的とした治療に特に有効となる可能性がある。
  5. 知性を宿す機械
    道具の使い方を「即興」で学ぶロボット、グーグルらが開発
    実験をしたり、人間の行動を観察したりすることで、道具の使い方を自ら学習するロボットを、グーグル・ブレインとカリフォルニア大学の研究者らが開発した。通常の道具がない時は、手元にあるもので即興的に間に合わせることもできるという。
カバーストーリー
知性を宿す機械 ロボットの「AI化」を加速
UCバークレー発ベンチャー
格安プラットフォーム量産へ
カリフォルニア大学バークレー校の研究チームが、人工知能(AI)実験用のプラットフォームとなり、実質現実(VR)ヘッドセットを使って制御できる最新型のロボット・アームを開発した。同校のライセンス提供を受けたベンチャー企業がこのロボットを量産化し、安価に提供することで、ロボットのAI化を加速させる考えだ。 by Will Knight
すべてのトピックス Filter
  1. 生命の再定義
    人間の知性を形成する役割を担っている可能性のある遺伝子を加えた「遺伝子組み換えサル」を中国の研究チームが作り出した。霊長類から枝分かれして急速に発達した人間の脳の進化の謎を解くためとしているが、倫理上の問題を指摘する声もある。 by Antonio Regalado6日前
  2. コネクティビティ
    暗号通貨バブル崩壊でもアクセル全開、バイナンスの「ヤバい」戦略
    暗号通貨取引所バイナンス(Binance)の勢いが止まらない。だが、脱法的とも言える同社の手法がいつまで通用するのか、先行きは不透明だ。 by Mike Orcutt9日前
  3. ビジネス・インパクト
    暗黒物質(ダークマター)と呼ばれる物質が宇宙を遍く満たしていることが、銀河回転の観測結果から示唆されている。イスラエルの研究チームが、超伝導ナノワイヤーを用いてダークマターの粒子の衝突を検出する装置を試作し、その有効性を調べた。by Emerging Technology from the arXiv9日前
  4. 生命の再定義
    米国の遺伝子検査企業23アンドミー(23andMe)が、2型糖尿病リスクを判定する新たな遺伝子検査を開始した。専門家からは検査の正確性に疑問が投げかけられ、「体重計のほうが3倍は正確」との声も上がっている。 by Antonio Regalado9日前
  5. コネクティビティ
    ボーイング製宇宙船に初搭乗
    NASA宇宙飛行士が語った
    ミッションへの思い
    商用有人宇宙船の初の打ち上げが近づいている。最後の飛行から8年半、ボーイングのスターライナーに乗って再び宇宙を目指すNASAのベテラン宇宙飛行士、エドワード・マイケル・フィンクに話を聞いた。 by Erin Winick9日前
  6. 知性を宿す機械
    ボストン・ダイナミクス、頭脳強化で脱「おもしろロボット」へ
    ソフトバンク傘下のボストン・ダイナミクスがコンピューター・ビジョンや機械学習を手がけるベンチャー企業を買収し、倉庫ロボットの本格的な商用化へ動き出す。これまでユニークな動きで注目されてきたロボット企業にとって、大きな転換点となりそうだ。 by Will Knight9日前
  7. コネクティビティ
    暗号通貨「大暴落」でもVCがブロックチェーンに投資し続ける理由
    暗号通貨市場は現在、長い低迷期にあり、以前の熱狂は消え失せたかのようだ。しかし、ベンチャー・キャピタルは、暗号通貨トークンの短期的な価格変動と、ブロックチェーン技術による「非中央集権型金融」の将来性は別物であるとして、依然としてブロックチェーン関連企業に大きな資金を投じている。 by Mike Orcutt10日前
  8. ビジネス・インパクト
    次世代の新素材として、ホウ素の単原子層シートである「ボロフェン」が化学者や物理学者の関心を集めている。グラフェンより高い強度と柔軟性、さまざまな特性を持つボロフェンは、電池やセンサー、触媒化学に革命をもたらすかもしれない。 by Emerging Technology from the arXiv10日前
  9. コネクティビティ
    これが「ブラックホール」だ!国際チームが初の撮影に成功
    「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」プロジェクトの科学者らは4月10日、地球規模の開口合成望遠鏡を用いて観測したブラックホールの画像を発表した。天文学者らはこれまでさまざまな手法でブラックホールの存在を確認し、特性を調べてきたが、見えない天体の直接の観測に成功したのはこれが初めてだ。 by Erin Winick10日前
  10. 知性を宿す機械
    MIT、IBM、ディープマインドなどの研究チームは、世界に関する知識を明示的にコーディングする「シンボリスト」と、生物の脳に着想を得たニューラルネットで世界を学習する「コネクショニスト」の2つのアプローチを取り入れた、ハイブリッドAIシステムを開発した。訓練データがはるかに少なくて済むことから、AIの新たな用途が期待される。 by Will Knight11日前
  1. コネクティビティ
    暗号通貨バブル崩壊でもアクセル全開、バイナンスの「ヤバい」戦略
    暗号通貨取引所バイナンス(Binance)の勢いが止まらない。だが、脱法的とも言える同社の手法がいつまで通用するのか、先行きは不透明だ。 by Mike Orcutt9日前
  2. コネクティビティ
    ボーイング製宇宙船に初搭乗
    NASA宇宙飛行士が語った
    ミッションへの思い
    商用有人宇宙船の初の打ち上げが近づいている。最後の飛行から8年半、ボーイングのスターライナーに乗って再び宇宙を目指すNASAのベテラン宇宙飛行士、エドワード・マイケル・フィンクに話を聞いた。 by Erin Winick9日前
  3. コネクティビティ
    暗号通貨「大暴落」でもVCがブロックチェーンに投資し続ける理由
    暗号通貨市場は現在、長い低迷期にあり、以前の熱狂は消え失せたかのようだ。しかし、ベンチャー・キャピタルは、暗号通貨トークンの短期的な価格変動と、ブロックチェーン技術による「非中央集権型金融」の将来性は別物であるとして、依然としてブロックチェーン関連企業に大きな資金を投じている。 by Mike Orcutt10日前
  4. コネクティビティ
    これが「ブラックホール」だ!国際チームが初の撮影に成功
    「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」プロジェクトの科学者らは4月10日、地球規模の開口合成望遠鏡を用いて観測したブラックホールの画像を発表した。天文学者らはこれまでさまざまな手法でブラックホールの存在を確認し、特性を調べてきたが、見えない天体の直接の観測に成功したのはこれが初めてだ。 by Erin Winick10日前
  5. コネクティビティ
    激しい太陽活動に伴って発生する荷電粒子や電磁波の「嵐」は、地球軌道上の人工衛星や地上の送電網などに大きな影響を及ぼす恐れがある。欧州宇宙機関(ESA)は、太陽嵐の地球への到達に対して早期に警報を出すべく、地球と太陽の5番目のラグランジュ点「L5」に観測機を打ち上げるミッションを計画している。 by Erin Winick11日前
  6. コネクティビティ
    SEC見解に動揺、人気ステーブルコインは「有価証券」なのか?
    アルゴリズムによって価格の安定を図っている暗号通貨「ダイ(Dai)」が話題だ。だが、米国証券取引委員会(SEC)高官が規制対象となるステーブルコイン(安定通貨)について新たな見解を示したことで、動揺が広がっている。 by Mike Orcutt12日前
  7. コネクティビティ
    ブロックチェーン・スマホは「Web 3.0」の夢を見るか?
    暗号通貨の秘密鍵を安全に保管できる「ブロックチェーン・スマホ」が暗号通貨愛好家の関心を集めている。Web3.0とも呼ばれる「非中央集権型Web」実現への一歩となるのだろうか。 by Mike Orcutt16日前
  8. コネクティビティ
    先頃のインドによる衛星破壊実験で宇宙ゴミ(デブリ)が増えたことに米航空宇宙局(NASA)の長官は不快感を表明した。しかし今後、衛星の巨大コンステレーションが打ち上げられると地球低軌道の混雑度はますます増し、衝突したり、衝突を避けるための操作がミッションに支障をきたしたりするようになるだろう。 by Mark Harris17日前
  9. コネクティビティ
    ウィキペディア創業者は
    なぜEUの改正著作権法に
    反対しているのか?
    3月26日、欧州連合(EU)の議会は改正著作権法を正式承認した。巨大テック企業の大きすぎる力を削ぐことを意図したものだが、インターネット全体に与える影響は計り知れない。 by James Ball20日前
  10. コネクティビティ
    経済的利益を目的とした従来のサイバー攻撃とは異なり、従業員や地域住民の生命を危険にさらす国家ぐるみのサイバー攻撃のリスクが高まっている。2017年に中東の石油化学プラントを操業停止に追い込んだ「トリトン」は多くの関係者に衝撃を与えた。専門家らは産業用モノのインターネット(IIoT)時代の到来でさらなる被害が増えることを懸念している。 by Martin Giles23日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    暗黒物質(ダークマター)と呼ばれる物質が宇宙を遍く満たしていることが、銀河回転の観測結果から示唆されている。イスラエルの研究チームが、超伝導ナノワイヤーを用いてダークマターの粒子の衝突を検出する装置を試作し、その有効性を調べた。by Emerging Technology from the arXiv9日前
  2. ビジネス・インパクト
    次世代の新素材として、ホウ素の単原子層シートである「ボロフェン」が化学者や物理学者の関心を集めている。グラフェンより高い強度と柔軟性、さまざまな特性を持つボロフェンは、電池やセンサー、触媒化学に革命をもたらすかもしれない。 by Emerging Technology from the arXiv10日前
  3. ビジネス・インパクト
    量子力学分野における「ウィグナーの友人」と呼ばれる思考実験では、2人の観測者が相異なる矛盾する実在を体験できるという結論が導かれる。この結論は長年疑問視されてきたが、その結論が正しいことを検証する「実際」の実験を初めて実施した。 by Emerging Technology from the arXiv17日前
  4. ビジネス・インパクト
    ウィキペディア創業者は
    なぜEUの改正著作権法に
    反対しているのか?
    3月26日、欧州連合(EU)の議会は改正著作権法を正式承認した。巨大テック企業の大きすぎる力を削ぐことを意図したものだが、インターネット全体に与える影響は計り知れない。 by James Ball20日前
  5. ビジネス・インパクト
    物理法則によってメッセージの秘匿性を保証する量子通信が、強固なセキュリティを求める企業や組織に注目されている。しかし、物理法則が完璧なセキュリティを提供しても、実際の機器は決して完璧にはなりえない。中国の大学の研究チームが、これまでとはまったく異なる方法で、量子通信を高い確率でハッキングできることを示す研究を発表した。 by Emerging Technology from the arXiv26日前
  6. ビジネス・インパクト
    若者の政治への関心が高い台湾では、「v台湾(vTaiwan)」というプラットフォームを通じて、市民が立法プロセスに参加している。先進的なデジタル民主主義の取り組みは、台湾をどう変えたのか。 by Chris Horton30日前
  7. ビジネス・インパクト
    737 MAX二度目の事故
    行き過ぎた「自動化」に
    問題はないか?
    3月10日にエチオピアで離陸直後に起こったボーイング737 MAXの墜落事故により、現在、世界中で同機種の運航が取り止められている。事故の原因はまだ判明していないが、複雑な自動化システムとパイロットへの伝達に問題があったのではないかとの疑念が出ている。by Konstantin Kakaes37日前
  8. ビジネス・インパクト
    コピー製品であふれかえっていた深センは、世界に製造エコシステムを輸出するハードウェア・ハブになった。しかし、その将来は国際的な規範の順守、中国政府の圧力、労働賃金の増加などがあり、決して平坦な道のりではない。 by An Xiao Mina and Jan Chipchase38日前
  9. ビジネス・インパクト
    人工知能(AI)があらゆる産業分野に大きな影響を及ぼすことが指摘される一方で、さまざまな業界からAIの活用は難しいという声が上がっている。AIの導入は、多くの企業にとって予想以上に時間も費用もかかるからだ。AIによるビジネスの変革を阻んでいる大きな壁は何なのだろうか? by Brian Bergstein39日前
  10. ビジネス・インパクト
    「プライバシー重視」宣言
    突然の大転換に潜む
    フェイスブックの欺瞞
    フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが、これまでの同社の方針を転換するかのようなプライバシー保護に関する長文を発表した。だがよく読むと、ザッカーバーグCEOがプライバシーの何たるかを理解していないことは明らかだ。 by Konstantin Kakaes40日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    人類が環境へ及ぼす影響は、地球を遠く離れた場所にまで及んでいる。地球近傍の宇宙空間における人類の活動がその環境にもたらす影響について、真剣に考えるべき時期が来たと訴える科学者がいる。 by Emerging Technology from the arXiv12日前
  2. 持続可能エネルギー
    それでも世界が二酸化炭素排出量を減らせない2つの理由
    風力や太陽光とによる発電量が増加しているにもかかわらず、世界の二酸化炭素排出量は増加し続けている。理由の1つは世界経済の成長によるエネルギー需要の増加だが、もう1つは世界的な脱原発の動きと原子炉の寿命や運用停止によって原子力発電の供給が減っていることだ。 by James Temple12日前
  3. 持続可能エネルギー
    テクノロジーが解決すべき「世界の10大課題」
    現在私たちが直面しているいくつかの深刻な課題は、テクノロジーのブレークスルーで解決できるかもしれない。実現には困難を伴うが、どれも解決が求められる重大な課題だ。 by MIT Technology Review Editors25日前
  4. 持続可能エネルギー
    11億人の顧客を抱える巨大な中国の送電企業は、世界的な超高圧送電線の整備を目指している。再生可能エネルギーを融通することで気候変動に対抗するのが目的だというが、その真意はどこにあるのか。 by James Temple27日前
  5. 持続可能エネルギー
    地球温暖化の主要な原因の一つである化石燃料による発電は、一向に減少する兆しを見せない。そうした状況を受けて、小型モジュール炉(SMR)や先進的な核分裂炉など新世代の原子力プロジェクトに対する期待が高まりつつある。しかし、技術面、コスト面をはじめ、一般市民の理解など、課題は依然として多い。 by Leigh Phillips47日前
  6. 持続可能エネルギー
    地球温暖化が進行する中、工学的手法で地球環境を改善しようとする「地球工学」が激しい議論の的になっている。地球工学の実践についてはこれまで政府主導の取り組みに焦点が当てられてきたが、個人が購入できるレベルの機器を使って大勢の人が一斉に実行する可能性が示された。 by James Temple61日前
  7. 持続可能エネルギー
    再生可能エネルギーと地球温暖化対策に公共投資する「グリーン・ニューディール」政策の具体的な提案が発表された。エネルギー業界と環境団体が互いに反目し合ってきた問題に対処しようとするこの提案の4つの重要なポイントを説明する。 by James Temple65日前
  8. 持続可能エネルギー
    中国が独自設計の原子炉建設を再開、19年後半にも操業か
    中国政府が新たな4基の原子炉の建設について、2年の休止期間を経て承認したと報道されている。中国の独自設計を採用しており、2019年後半の操業を予定しているという。 by Peter Fairley75日前
  9. 持続可能エネルギー
    温室効果ガスの排出量を抑えるため、電気飛行機の実現が大きな課題となっている。電気飛行機には、エネルギー密度が高いだけでなく、離陸時の数分間にわたって大量の電力を供給できる電池が必要となる。マサチューセッツ工科大学とカーネギー・メロン大学(CMU)の研究者らは、離陸に必要な放電スピードを持つ電池の開発に取り組んでいる。 by James Temple87日前
  10. 持続可能エネルギー
    パリ協定「化石燃料全廃」なら達成可能、見えぬ実現への道筋
    オックスフォード大学やリーズ大学の研究者らが、寿命に達した化石燃料インフラを段階的に使用中止することで、気温上昇を1.5 ˚Cに抑えられることを示す研究結果を発表した。だが、政治・経済・技術面の現実に照らすと、不可能ではないにせよ困難だ。 by James Temple89日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    人間の知性を形成する役割を担っている可能性のある遺伝子を加えた「遺伝子組み換えサル」を中国の研究チームが作り出した。霊長類から枝分かれして急速に発達した人間の脳の進化の謎を解くためとしているが、倫理上の問題を指摘する声もある。 by Antonio Regalado6日前
  2. 生命の再定義
    米国の遺伝子検査企業23アンドミー(23andMe)が、2型糖尿病リスクを判定する新たな遺伝子検査を開始した。専門家からは検査の正確性に疑問が投げかけられ、「体重計のほうが3倍は正確」との声も上がっている。 by Antonio Regalado9日前
  3. 生命の再定義
    「一塩基編集」で1万超の遺伝子を改変、ハーバード大が新記録
    ジョージ・チャーチ教授率いるハーバード大学の研究チームは、これまでで最多となる1万3200もの遺伝子編集を1つの細胞に対して実施した。最終的には、あらゆるウイルスに対して免疫を持つ人間移植用の臓器や組織の作製を目指すという。 by Antonio Regalado24日前
  4. 生命の再定義
    女性の健康改善を目的としたテクノロジーを開発する「フェムテック」企業が増えている。しかし、フェムテック分野で市場拡大が見込めるとして投資家が注目するのは生殖問題を扱う企業に限定されている。そうした現状や女性に対する偏見を打破して、イノベーションを起こすべく奮闘しているスタートアップ企業がある。by Dayna Evans26日前
  5. 生命の再定義
    先史時代の洞窟壁画は多くの謎に包まれている。スペインのバレンシア大学の研究チームは、塩基配列解析の手法を用いることで、壁画がいかに描かれ、保たれてきたのかについて解明する手がかりを得ることができた。 by Emerging Technology from the arXiv33日前
  6. 生命の再定義
    「ヒト生殖細胞の編集は停止を」CRISPR専門家らが呼びかけ
    遺伝子編集技術の第一人者たちが、ヒト生殖細胞に対する遺伝的な改変を目的とした遺伝子編集を、世界規模でいったん停止することを求める公開書簡を発表した。ゲノム改変は将来の世代に予期せぬ結果をもたらす可能性もあり、現在の知識に基づいて生物の種を作り変えようとするのは思い上がりだという。 by Niall Firth33日前
  7. 生命の再定義
    太陽系に未だに知られていない惑星が存在する可能性は、天文学者たちを魅了し続けている。カリフォルニア工科大学の研究者たちは新たな研究に基づいて、過去20年の間に得られた「第9惑星」の証拠を提示し、もし本当に存在するならば、今後10年以内に見つかるだろうと予測している。 by Emerging Technology from the arXiv40日前
  8. 生命の再定義
    MITテクノロジーレビューの推定によると、消費者直販型の遺伝子検査を受けた人の数が2600万人を突破した。だが、大手2社による寡占をはじめ、検査結果に科学的根拠が乏しいこと、犯罪捜査に使われることによるプライバシー侵害といった課題を抱えている。 by Antonio Regalado44日前
  9. 生命の再定義
    体内から老化した有毒な細胞を除去する効果があるとされるセノリティクス薬を人間に投与する初の試験が、14人の肺疾患患者を対象に実施された。試験では重大な副作用は確認されておらず、今後、より大規模な治験へと移行するための足掛かりが得られたとしている。 by Karen Weintraub46日前
  10. 生命の再定義
    遺伝子的には重篤な病気が発症しているはずなのに、実際にはそうでない人たちがいる。そうした人たちは、疾患を引き起こすのとは別の遺伝子変異が、病気の発症を抑えていることが多い。遺伝子データベースからこうした人たちのDNAデータを掘り起こすことが、新薬開発の最新トレンドとなっている。 by Antonio Regalado47日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    ボストン・ダイナミクス、頭脳強化で脱「おもしろロボット」へ
    ソフトバンク傘下のボストン・ダイナミクスがコンピューター・ビジョンや機械学習を手がけるベンチャー企業を買収し、倉庫ロボットの本格的な商用化へ動き出す。これまでユニークな動きで注目されてきたロボット企業にとって、大きな転換点となりそうだ。 by Will Knight9日前
  2. 知性を宿す機械
    MIT、IBM、ディープマインドなどの研究チームは、世界に関する知識を明示的にコーディングする「シンボリスト」と、生物の脳に着想を得たニューラルネットで世界を学習する「コネクショニスト」の2つのアプローチを取り入れた、ハイブリッドAIシステムを開発した。訓練データがはるかに少なくて済むことから、AIの新たな用途が期待される。 by Will Knight11日前
  3. 知性を宿す機械
    誰がテクノロジーを「規制」するのか?
    テクノロジーが社会に大きな影響が及ぼすようになった現在、テック企業をいかに規制すべきかが大きな課題になっている。専門家たちが、テック業界が適正な義務を果たすために負うべき責任について語った。 by Bobbie Johnson12日前
  4. 知性を宿す機械
    軍事AI、研究者は「拒否」よりも「関与」を 元国防官僚が訴え
    AIの軍事利用をめぐって、研究者らの反発が目立っている。だが、元米国防総省高官はむしろ「建設的な関与」がよい結果をもたらすと主張する。 by Bobbie Johnson12日前
  5. 知性を宿す機械
    機械学習でもっとおいしく、
    AIが変える農業の「常識」
    機械学習やデータサイエンスの技術を利用して農業技術を改善しようとする取り組みが広まっている。MITの研究者らが機械学習を応用してバジルの風味を改良した研究を発表したほか、多国籍企業のバイエルは収穫に焦点を当てたデータサイエンスのチームを社内に発足させている。 by Will Knight12日前
  6. 知性を宿す機械
    フェイスブック広告が
    「差別」を排除できない
    根本的な理由
    人種やジェンダーなどによる差別的なターゲティング広告を許可しているとして提訴されたフェイスブックは、見直しを発表した。だが、広告主によるターゲティングを制限しても、自動ターゲティングのアルゴリズムに潜む差別がこのほど明らかになった。 by Karen Hao13日前
  7. 知性を宿す機械
    グーグルが新設した「AI倫理委員会」に社員が猛反発した理由
    グーグルは人工知能(AI)プロジェクトを倫理面で指導するために、第三者委員会を設置することを発表した。だが、委員にはマイノリティの権利擁護に異論を唱え、地球温暖化懐疑論や反科学の立場を支持する人物が含まれており、社員らは解任を要請している。 by Will Knight16日前
  8. 知性を宿す機械
    ケプラー宇宙望遠鏡のノイズの多い観測データから、太陽系外惑星が存在する「しるし」を認識するように訓練したニューラル・ネットワークが開発された。観測データから天文学者が見落としていた2つの太陽系外惑星を見つけ出したという。 by Emerging Technology from the arXiv16日前
  9. 知性を宿す機械
    AIは「動物並み」に賢いか
    適応能力や常識を競う
    「動物・AIオリンピック」
    英ケンブリッジ大学などの研究チームが「動物・AIオリンピック」を6月に開催する。コンペでは、動物の知能テストなどに使われている100種類のタスクを人工知能(AI)エージェントに実行させることで、AIを一般家庭や日常で広く使うときに必要となる多様な環境への適応能力や常識的判断の能力を競う。 by Oscar Schwartz16日前
  10. 知性を宿す機械
    グーグルも警戒する「だますAI」、敵対的機械学習に備えよ
    機械学習システムの普及によって、「敵対的機械学習」と呼ばれる新たなセキュリティリスクが浮上している。グーグルとの共同研究にも取り組むカリフォルニア大学バークレー校のセキュリティ専門家ドーン・ソング教授は、「だますAI」への対処を訴えている。 by Will Knight17日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る