KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

Cover Story 人工知能が
ポーカーのハッタリ勝負で
人間に勝利する意味とは?

AIがポーカーを極めるには不完全情報への対処が不可欠だ。現実世界でも情報が完全には得られない状況は多く、プロ・プレイヤーにAIが勝利できれば、AIの応用範囲はさらに広がる。 by Will Knight

トップ・ストーリー 本日の重要ニュースをご案内。 01.24

  1. 小児脳がんの56%に遺伝子変異発見で、標的抗がん剤に希望

    小児がん患者の半数以上にある遺伝子欠陥が見つかったことで、診断方法が変わり、医薬品の標的にできるかもしれない。

    by Emily Mullin
  2. アマゾン、アレクサ搭載次世代機に大型画面を追加?

    アマゾンの「アレクサ」やグーグルの「アシスタント」のユーザーは音声操作は使っていても、便利なサードパーティ製アプリはあまり使っていないとわかった。音声アシスタントに画面が搭載されれば、問題は解決されるだろうか。

    by Jamie Condliffe
  3. 英軍研究所、磁場の変化でビル内を透視する装置を開発

    英国の研究者が開発した装置は、電気モーターや燃焼エンジン、扇風機(コンピューター内蔵のファン含む)が作り出す磁場の変化を検知する。

    by Emerging Technology from the arXiv
  4. Galaxy Note 7発火問題で、サムスンは何を説明しなかったか?

    お粗末な電池設計と問題のある製造工程が原因だが、経営文化によって、真の原因が検査の目に引っかからなかった可能性もある。

    by Jamie Condliffe
  5. IBMとNY大、ユーザー情報を集めない情報推薦システムを実験

    クライアント側で動作するアプリによる情報推薦は、Googleニュースに劣る研究結果がある。プライバシーは守れても精度が低いテクノロジーに価値はあるのだろうか?

    by Rachel Metz
  6. ツイッターで35万アカウントの休眠ボットネットが発見

    2013年にツイッターで生まれた巨大ボットネットは、以来不気味な沈黙を保っている。

    by Emerging Technology from the arXiv
  7. 米国政府の気候データ100TB以上を新政権から保護する動き

    トランプ政権の見解と相容れないデータが削除される不安から、各大学は環境関連のデータを保護するハッカソンを開催している。

    by James Temple
無料メールマガジン提供中
Subscribe
  1. 遺伝子編集 FDAの動物の遺伝子組み換え規制案に科学者が反発
    FDAが提案した全ての動物ゲノムの編集を新薬と同じように扱う新規制について、科学の進歩を遅らせると批判する声が上がっている。
  2. スマートフォンとアプリ 非公開Wi-Fiはつながりやすいとビッグデータで判明
    中国の研究者が、なぜWi-Fiの接続に非常に長い時間がかかるのかの原因を解明した。
  3. スマートフォンとアプリ トランプ新大統領、ツイッター端末を取りあげられる
    ドナルド・トランプは、自分の古い携帯電話を、もっと安全な機器に取り替えるよう強制された。ツイートは、今よりもちょっと面倒になるかもしれない。
  4. 温暖化適応 トランプ政権、ホワイトハウス公式サイトから気候変動対策を削除
    ドナルド・トランプ大統領の就任直後、ホワイトハウスのWebサイトから気候変動とクリーン・エネルギーのページが削除された。
  5. 神経工学 機械学習により、声だけでPTSDや心臓病を診察
    研究者は、機械学習でスマホの音声パターンを検出し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や心臓病の兆候を見つけようとしている。
カバーストーリー
セキュリティとプライバシー プライバシーより犯罪捜査優先 先進国で進む反テクノロジー政策
英国民でなくても、英国で施行された調査権限法(のぞきのライセンス)の動向には注目すべきだ。あらゆるデジタル機器は実質的に政府の所有物で、政府に管理権があることになる。 by Mike Orcutt
最新ニュース Filter
  1.  
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント