KADOKAWA Technology Review
×

AI同士の騙し合い、
GANが作り出すフェイクに
米軍は勝てるのか?

人工知能(AI)テクノロジーの進化によってフェイク画像や音声の生成が簡単になってきた。何が真実なのか? 米軍の研究機関であるDARPAはAIによる偽造を見抜くAIの開発を模索している。 by Will Knight

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー

  1. 二酸化炭素の大気回収で再生可能エネは不要になるか?
    by James Temple

    米国で今年2月、二酸化炭素の回収・貯蔵(CCS)に対する税控除が拡大された。オバマ政権下でCCSテクノロジーを推進していたフリオ・フリードマン博士は、今後、大気中からの二酸化炭素の回収も現実的になるとの見方を示している。

  2. ブロックチェーン関連記事を読む前に押さえておきたい用語集 ブロックチェーン関連記事を読む前に押さえておきたい用語集
    by MIT Technology Review Editors

    難解な専門用語のせいで、テクノロジーが理解しがたい、あるいは退屈なものに思えてしまうことがある。ブロックチェーン関連記事を読むときに役立つ専門用語集を掲載する。

  3. 視覚障がい者を音声でガイド、ホロレンズの意外な使い方 視覚障がい者を音声でガイド、ホロレンズの意外な使い方
    by Rachel Metz

    カリフォルニア工科大学の研究者たちが、AR(拡張現実)ヘッドセットの画期的な使い方を見つけた。ヘッドセットが備える空間マッピング機能と3次元音響を利用して、視覚に障がいがある人を道案内する装置を作ったのだ。バーチャルなガイドが装着者の前方から声で誘導してくれる。

  1. 知性を宿す機械
    IBMが新ニューロチップを試作、低消費電力で機械学習を効率化
    ニューラル・ネットワークの処理をハードウェアで実行するチップをIBMが試作した。計算用の短期シナプスと記憶用の長期シナプスを利用することで、ソフトウェアベースのニューラル・ネットワークの1%の消費電力で、同程度の精度を実現できることがわかった。
  2. コネクティビティ
    暗号通貨を本物の通貨として使えるようにするには、現在のような激しい価格変動が伴う仕組みを変える必要がある。価格を法定通貨の価格に固定させた暗号通貨「ステーブルコイン(安定通貨)」に対する関心が高まっている。
  3. ビジネス・インパクト
    量子力学の理論によると「量子もつれ」状態にある粒子ペアは、一方の粒子を状態を測定すると、互いがどんなに離れていても、ただちにもう一方の粒子の状態に影響を及ぼす。直感に反するこの特性の根底に「隠れた変数理論」があるのかどうかを調べるため、前例のない規模の実験が実施された。もし、隠れた変数理論が存在すれば、量子暗号は完全に安全とは言えないことになる。
  4. 持続可能エネルギー
    太陽光発電を推進してきたカリフォルニア州で電力の過剰供給が問題になっている。過剰供給は電力卸価格の下落、コストの上昇、不安定な電力供給につながり、蓄電設備や送電網の見直しにかかるコストも決して安くない。
  5. コネクティビティ
    ブロックチェーンは安全だといわれているが、本当にそうなのだろうか? なぜ、ブロックチェーンは安全と言われているのだろうか? 理論と社会実装における安全性を改めて確認する。
カバーストーリー
コネクティビティ
ブロックチェーンが新しい金融システムのインフラになるためには、インターネットのような相互運用性が鍵になるだろう。他のブロックチェーンに暗号資産を移すなどの仕組みを工夫し、攻撃に対する耐性を高める必要がある。 by Mike Orcutt
すべてのトピックス Filter
  1. ビジネス・インパクト
    労働統計から見えてこない、ギグ・エコノミーをどう捉えるべきか
    労働統計局(BLS)は12年ぶりに臨時労働についての統計を発表したが、主要な1つの仕事についてしか調査していない。収入を増やすための副業は対象外で、ギグ・エコノミーが過小評価されている可能性がある。 by Erin Winick7日前
  2. 知性を宿す機械
    教育への投資が自動化と戦う武器になる——MITのアシモグル教授
    ロボットはAIは本来、賃金や労働需要を増やす「実現技術」のはずだ。だが、現実には人間の仕事を奪う「置換技術」となっている。 MITのダロン・アシモグル教授は教育システムの見直しが必要だと提言する。 by Elizabeth Woyke9日前
  3. 持続可能エネルギー
    NASAはカリフォルニア州シエラネバダ山脈の雪塊を5年にわたって計測し、雪解け水の量を予測してきた。多くの人口、巨大な農場を抱える地域にとって水資源管理は重要だからだ。将来的には宇宙から水量を計測するシステムの開発を目指している。 by James Temple9日前
  4. 知性を宿す機械
    3Dプリントはサプライチェーンを破壊——MIT准教授が熱弁
    3Dプリンティング(付加製造)は今や、ポテトチップスの試作品からスポーツカーの部品に至るまで、様々な産業分野で活用されている。プリントの時間を大幅に短縮する技術改良も進んでおり、技術開発だけでなく、修理・保守などに大きな影響を及ぼす可能性がある。 by Erin Winick9日前
  5. 知性を宿す機械
    グーグルのAI倫理規程、軍事利用と距離を置くことはできるのか?
    グーグルは、同社の人工知能(AI)技術が軍に使用されることに反対して多数の社員が退職したことを受けて、同社の技術の軍用化に関する新たな倫理規定を発表した。しかし、多くのIT企業にとって防衛産業は巨大な市場であり、軍との関係を一概に断ち切ることはできないだろう。 by Will Knight9日前
  6. 知性を宿す機械
    米国が新たに発表した世界最速スパコン「サミット(Summit)」は、人工知能(AI)の処理を超高速に実行すべく、一から設計された初のスパコンだ。これまで世界最速だった中国のスパコンの性能を60%上回る。サミットで培った技術は、次世代のエクサスケール・コンピューティング実現の足掛かりにもなるだろう。 by Martin Giles10日前
  7. ビジネス・インパクト
    AIは経済にどう影響するのか? ロバート・ソローらが語った未来
    人工知能(AI)やロボット工学などの新技術は、米国の雇用市場にどのような影響をもたらすのだろうか。ノーベル賞を受賞した経済学者であるロバート・ソローMIT(マサチューセッツ工科大学)教授と、オバマ政権で米国中小企業庁の長官を務めたカレン・ミルズが「EmTech(エムテック)ネクスト」カンファレンスの壇上で語った。 by Rachel Metz11日前
  8. ビジネス・インパクト
    ロボットと人間の共同作業、成功のカギは相互理解
    ロボットと人間がスムーズに共同作業できるようにするにはどうすればよいのだろうか。ブラウン大学のステファニー・テレクス助教授の研究チームは、ロボットと人間の間で些細な対話をすることで、より迅速かつ正確に作業を完了できることを見い出した。 by Antonio Regalado11日前
  9. ビジネス・インパクト
    「米国は今もAI分野をリードしている」大統領補佐官語る
    トランプ政権でテクノロジーを担当するクラツィオス大統領副補佐官が「EmTech(エムテック)ネクスト」で登壇し、人工知能(AI)に対する米国政府の取り組みについて語った。同副補佐官によると、ホワイトハウスは外部にあまり知られない形で非常に積極的な政策を推進してきたという。 by Will Knight12日前
  10. ビジネス・インパクト
    ウォルマートの当日配達サービス、最終目標は「会話型コマース」
    Amazonプライムに真っ向から勝負する格好で提供を開始したウォルマートの新サービス「ジェットブラック(Jetblack)」において、テキストによる注文は試みの一つに過ぎないという。最終的な目標は「会話型コマース」であることを、サービス提供企業であるストア・ナンバー8の担当者が明らかにした。 by Erin Winick12日前
  1. コネクティビティ
    一大ブームとなった新規暗号通貨公開(ICO)は何が問題なのか。ICOを有益なものにするにはどうすればいいのか。MITメディアラボ デジタル通貨イニシアチブのロブレ・アリに聞いた。 by Gideon Lichfield15日前
  2. コネクティビティ
    無言で会話、ピザも注文 MITメディアラボ開発の新ガジェット
    声に出さなくても会話ができ、ピザの注文もできるガジェットをMITメディアラボの研究者が開発した。まるで身体能力を拡張してインターネットに直接つながっているような感覚が得られるガジェットだ。音声操作やスワイプは時代遅れになるかもしれない。 by Rachel Metz16日前
  3. コネクティビティ
    ビットコインに代表される暗号「通貨」さえあれば、あらゆる法定通貨は不要になる——。そんな過激な考えが現実になる可能性はあるのだろうか。 by James Surowiecki17日前
  4. コネクティビティ
    暗号通貨の世界で隆盛を極めているビットコインだが、衰退する可能性はあるのだろうか。ビットコインがトップの座から転落して不要のものとなる3つのシナリオを提示し、これらのシナリオに対抗すべく信奉者たちが拠り所とするであろうビットコインのプライバシーについて検討する。 by Morgen Peck22日前
  5. コネクティビティ
    「アレクサ、盗聴はやめて!」使って分かったAIスピーカーの恐怖
    我が家のスマートスピーカーが録音していた音声のリストをチェックした瞬間、思わず首の後ろの毛が逆立った。私的な会話が録音されていた。ありふれた会話だが、それは「私のもの」なのだ。 by Rachel Metz22日前
  6. コネクティビティ
    暗号通貨の価値はどう測るべきか? 指標化に取り組む投資家
    クリス・バーニスクは、暗号トークンの価値を評価する新たなツールを開発している。多くの方法が生み出されており、どれも株式市場などで使われているツールよりも未熟だが、これから理解が深まるはずだという。 by Mike Orcutt22日前
  7. コネクティビティ
    いまだに製品を発売しないマジック・リープは謎めいたAR企業だ。2018年中に出荷されるというヘッドセットの実物を目にした人はほとんどいない。だが、投資家たちは、マジック・リープが持つ大量の特許によって稼げると考えている。 by Rachel Metz23日前
  8. コネクティビティ
    あなたがブロックチェーンに
    ハマっているのはなぜ?
    13人に聞いてみた
    賛否両論があるブロックチェーンベースの暗号通貨を信奉者はどう捉えているのだろうか。米国と英国で開催されたブロックチェーン関連カンファレンスに記者を送り込み、「大金持ちになりそこねた人」や「家を買った人」に直接話を聞いてみた。 by Dan Solomon23日前
  9. コネクティビティ
    リップルもイーサリアムも有価証券の可能性、米CTFC元委員長
    現在MITの講師を務めるゲーリー・ゲンスラー元CTFC委員長は、暗号通貨は証券として規制する必要があるかもしれないと話した。 by Mike Orcutt24日前
  10. コネクティビティ
    ブロックチェーンは世界を変えられる——「暗号通貨の女王」語る
    「暗号通貨の女王」「ブロックチェーンのマドンナ」と異名を取る元JPモルガン・ チェース銀行のアンバー・バルデット。ブロックチェーン・アプリケーションの可能性とゼロ知識証明について講演した。 by Michael Reilly26日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    労働統計から見えてこない、ギグ・エコノミーをどう捉えるべきか
    労働統計局(BLS)は12年ぶりに臨時労働についての統計を発表したが、主要な1つの仕事についてしか調査していない。収入を増やすための副業は対象外で、ギグ・エコノミーが過小評価されている可能性がある。 by Erin Winick7日前
  2. ビジネス・インパクト
    AIは経済にどう影響するのか? ロバート・ソローらが語った未来
    人工知能(AI)やロボット工学などの新技術は、米国の雇用市場にどのような影響をもたらすのだろうか。ノーベル賞を受賞した経済学者であるロバート・ソローMIT(マサチューセッツ工科大学)教授と、オバマ政権で米国中小企業庁の長官を務めたカレン・ミルズが「EmTech(エムテック)ネクスト」カンファレンスの壇上で語った。 by Rachel Metz11日前
  3. ビジネス・インパクト
    ロボットと人間の共同作業、成功のカギは相互理解
    ロボットと人間がスムーズに共同作業できるようにするにはどうすればよいのだろうか。ブラウン大学のステファニー・テレクス助教授の研究チームは、ロボットと人間の間で些細な対話をすることで、より迅速かつ正確に作業を完了できることを見い出した。 by Antonio Regalado11日前
  4. ビジネス・インパクト
    「米国は今もAI分野をリードしている」大統領補佐官語る
    トランプ政権でテクノロジーを担当するクラツィオス大統領副補佐官が「EmTech(エムテック)ネクスト」で登壇し、人工知能(AI)に対する米国政府の取り組みについて語った。同副補佐官によると、ホワイトハウスは外部にあまり知られない形で非常に積極的な政策を推進してきたという。 by Will Knight12日前
  5. ビジネス・インパクト
    ウォルマートの当日配達サービス、最終目標は「会話型コマース」
    Amazonプライムに真っ向から勝負する格好で提供を開始したウォルマートの新サービス「ジェットブラック(Jetblack)」において、テキストによる注文は試みの一つに過ぎないという。最終的な目標は「会話型コマース」であることを、サービス提供企業であるストア・ナンバー8の担当者が明らかにした。 by Erin Winick12日前
  6. ビジネス・インパクト
    ロボットに仕事を奪われずに共存する秘訣は? 専門家が語る
    ロボットによる業務の自動化がますます進んでいるとはいえ、依然としてロボットには不得意なこともたくさんある。人々は今後、いやおうなしに、ロボットと共に働く方法を見つけ出さなければならなくなるが、一筋縄では行かないだろう。 by Rachel Metz12日前
  7. ビジネス・インパクト
    ブロックチェーンで「エシカル消費」を保証、宮崎県綾町の挑戦
    ビットコインに代表される暗号通貨の基盤技術であるブロックチェーンの用途が広がっている。日本では、食のトレーサビリティの分野で新しい信頼を担保するための仕組みに使われようとしている。 by Yuko Miura14日前
  8. ビジネス・インパクト
    アマゾンの自動倉庫には人間が必要——主任技術者が語る
    アマゾンの高度に自動化されたフルフィルメント・センターは、決して人間の雇用を減らすためものではないし、小規模の事業者向けのサービスも提供している、と同社の主任技術者はMITテクノロジーレビュー主催の「EmTech(エムテック)ネクスト」で主張した。 by Erin Winick14日前
  9. ビジネス・インパクト
    ロボットはもう大企業だけのものではない
    自動化はすでに、労働者や小規模企業に多大な影響を及ぼしているとされているが、実際の現場はどうなっているのだろうか。マサチューセッツ工科大学(MIT)「未来の仕事(Work of the Future)」 特別委員会の事務局長を務めるリズ・レノルズ博士に話を聞いた。 by Erin Winick15日前
  10. ビジネス・インパクト
    量子コンピューターが実用化すると、ブロックチェーンのセキュリティを保証している暗号が破られる可能性がある。ニュージーランドのヴィクトリア大学の研究者は、量子粒子の現在の状態と過去の状態のもつれを利用することで、よりセキュアな「量子ブロックチェーン」を構築できるとしている。 by Emerging Technology from the arXiv16日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    NASAはカリフォルニア州シエラネバダ山脈の雪塊を5年にわたって計測し、雪解け水の量を予測してきた。多くの人口、巨大な農場を抱える地域にとって水資源管理は重要だからだ。将来的には宇宙から水量を計測するシステムの開発を目指している。 by James Temple9日前
  2. 持続可能エネルギー
    再生可能エネをぶち壊しにする、トランプ大統領のトンデモな命令
    トランプ大統領が米国エネルギー省に対し、石炭火力発電所の電力をもっと使わせるように命令した。この政策の真の狙いは、自身が肩入れする石炭産業の下支え以外の何物でもなく、電力生産コストを増大させ、再生可能エネルギーの成長を阻害するものだ。 by James Temple16日前
  3. 持続可能エネルギー
    50億人が影響、気候変動で増大する熱波にどう備えるか?
    人的要因による気候変動に伴い、異常気象による猛暑は今後、より頻繁に発生するようになり、被害は増大するだろう。極端な気温が予測される地域では、熱波に襲われた際の行動計画などの対応策を決めて、被害を軽減するために準備をしておく必要がある。 by James Temple21日前
  4. 持続可能エネルギー
    10年前に鳴り物入りで始まった高度バイオ燃料の研究は、多額の投資にもかかわらず、現時点では何ら目に見える成果を出していない。燃料の単価は未だにガソリンに遠く及ばず、二酸化炭素削減に本当に役立つかどうかも課題が山積している。だが、カリフォルニア大学バークレー校の合成生物学者キースリング教授の考えは揺るがない。 by James Temple24日前
  5. 持続可能エネルギー
    米国における気候変動の問題は、すでに科学から乖離して政治的対立となっている。懐疑論を打ち破り、有効な政策に結び付けるには、「説得の技術」が鍵になるかもしれない。 by James Temple31日前
  6. 持続可能エネルギー
    高すぎるコスト、カリフォルニア州の太陽光パネル義務付けに疑問
    米カリフォルニア州で新築住宅に太陽光パネルの設置が義務付けられた。太陽光発電所に比べて発電コストが高く、温室効果ガスの削減政策として疑問の声が上がっている。 by James Temple36日前
  7. 持続可能エネルギー
    地球温暖化による気候変動の問題はもはや、抜本的な解決策に多額の費用をかけるか、気候変動の影響で将来起こる異常気象がもたらす大規模被害の処理に費用をかけるかの選択を迫られている。それにもかかわらず世界は、問題に対して真っ向から取り組むことを始めてすらいない。 by James Temple50日前
  8. 持続可能エネルギー
    クリーン・エネルギーを目指す科学者たちは長年にわたり、植物が太陽光と水と二酸化炭素から炭水化物を作り出す光合成にヒントを得たプロセスを、商業的に採算の取れる方法で実現する方法を探究してきた。かつて同じ指導教官の下で学んだ2人のライバル科学者は今、それぞれ全く異なるアプローチで、まだ先は遠いものの、着実な成果を出しつつ研究を進めている。 by Varun Sivaram58日前
  9. 持続可能エネルギー
    多くの企業がリチウムイオン電池のエネルギー密度を高める研究に取り組む中、米国のあるスタートアップ企業が性能を2桁向上させる電池材料の開発に成功した。BMWと提携して自動車への採用を目指すほか、来年にも同社の電池材料を搭載した家電製品が発売される見込みだ。 by James Temple64日前
  10. 持続可能エネルギー
    2017年は気候変動による異常気象やそれに伴う災害が頻発した年だった。しかも、被害の規模は大きくなる一方だ。気候変動によって起こる現象は互いに関係して相乗効果のフィードバック・ループを形成しているので、今すぐに抜本的な手を打たないと、悪循環から抜け出すことはますます困難になるだろう。 by James Temple65日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    遺伝子療法の進歩により、遺伝性疾患を治療できる可能性が高まっている一方で、疾患を持つ子どもたちを見つけるスクリーニング検査は遅れている。検査により疾患を持つ子どもを早期発見することで、治療の効果をより高められる可能性がある。 by Emily Mullin14日前
  2. 生命の再定義
    15年ほど前、巷を賑わせたクローン人間は、ほとんどが現実味の無い話に終わった。しかし現在、ペットなどのクローン作製はすでにビジネスとして成立している。技術的ブレークスルーにより今年1月にはクローン・サルも誕生しており、最終的にはヒトのクローンも可能だと考える科学者もいる。 by Antonio Regalado16日前
  3. 生命の再定義
    ワシントンDCで5月に、バイオテロを想定した演習訓練が実施された。現在における最も際立った特徴は、遺伝子工学の進歩により、国家主体でなくても新たなウイルスを容易に作成できるようになったことだ。演習訓練のシナリオはバッドエンドを迎えるが、現実ではそうならないように政府や政治家は対策を練る必要がある。 by Antonio Regalado20日前
  4. 生命の再定義
    キングス・カレッジ・ロンドンのロバート・プロミン教授は、20万人以上のデータを使った遺伝子検査によって知能を予測する研究に取り組んでいる。将来の進学やキャリア選択に役立つという。だが、「遺伝子主義」は遺伝子選別による新たな階級社会につながるとの懸念の声も上がっている。 by Antonio Regalado21日前
  5. 生命の再定義
    ハーバード大学医学大学院のジョージ・チャーチ教授が共同設立したスタートアップ企業が、遺伝子療法による「若返り」の研究を進めている。マウスでの実験から始めて、次にペットの犬に対して同療法を適用して商品として確立し、最後に人間に移行する戦略だ。 by Antonio Regalado27日前
  6. 生命の再定義
    人間の脳は情報をどのように扱っているのか。ニュージーランドの研究者は80人以上に2000回以上の実験を繰り返し、確率判断に基づく人間の行動が階段状に変化することを発見した。 by Emerging Technology from the arXiv28日前
  7. 生命の再定義
    大流行のDNA検査サービス、企業が本当に売りたいものはこれだ
    米国で消費者直販型の遺伝子検査サービスが流行している。だが、こうしたサービスは科学的根拠が薄いことに加えて、検査結果にかこつけて様々な商品を買わせようとすることが多い。サービス利用者の遺伝子データを蓄積し、研究者に売って儲けようとしているかもしれない。 by Emily Mullin28日前
  8. 生命の再定義
    人工知能が学ぶ対象は人間でなければならないわけではない。ワシントン大学の研究チームは、犬の行動データを使って訓練したAIシステムを構築した。将来的には、さまざまな動物の行動を理解するために活用できそうだ。 by Emerging Technology from the arXiv35日前
  9. 生命の再定義
    ある殺人事件の容疑者が逮捕された決め手は、「家系図」だった。警察は犯人が現場に残したDNAを使って、家系図サービスサイトで公開されているDNAデータベースから血縁者を割り出したのだ。単に運が良かったのか? それとも必然の結果だったのか? 推測してみた。 by Antonio Regalado35日前
  10. 生命の再定義
    胎児の段階でタンパク質薬を注入することにより、汗腺を持たずに生まれてくる子供を治療する実験がドイツで成功を収めた。だが、実験の対象となった疾患は非常に希少であり、妊婦にリスクがあるため、市販される可能性はほとんどない。 by Antonio Regalado36日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    教育への投資が自動化と戦う武器になる——MITのアシモグル教授
    ロボットはAIは本来、賃金や労働需要を増やす「実現技術」のはずだ。だが、現実には人間の仕事を奪う「置換技術」となっている。 MITのダロン・アシモグル教授は教育システムの見直しが必要だと提言する。 by Elizabeth Woyke9日前
  2. 知性を宿す機械
    3Dプリントはサプライチェーンを破壊——MIT准教授が熱弁
    3Dプリンティング(付加製造)は今や、ポテトチップスの試作品からスポーツカーの部品に至るまで、様々な産業分野で活用されている。プリントの時間を大幅に短縮する技術改良も進んでおり、技術開発だけでなく、修理・保守などに大きな影響を及ぼす可能性がある。 by Erin Winick9日前
  3. 知性を宿す機械
    グーグルのAI倫理規程、軍事利用と距離を置くことはできるのか?
    グーグルは、同社の人工知能(AI)技術が軍に使用されることに反対して多数の社員が退職したことを受けて、同社の技術の軍用化に関する新たな倫理規定を発表した。しかし、多くのIT企業にとって防衛産業は巨大な市場であり、軍との関係を一概に断ち切ることはできないだろう。 by Will Knight9日前
  4. 知性を宿す機械
    米国が新たに発表した世界最速スパコン「サミット(Summit)」は、人工知能(AI)の処理を超高速に実行すべく、一から設計された初のスパコンだ。これまで世界最速だった中国のスパコンの性能を60%上回る。サミットで培った技術は、次世代のエクサスケール・コンピューティング実現の足掛かりにもなるだろう。 by Martin Giles10日前
  5. 知性を宿す機械
    人間の手助けによってロボットはもっと自律的になれる——CMU教授
    ロボットはどうしたらもっと人々の生活に溶け込めるのだろうか。カーネギーメロン大学(CMU)のマヌエラ・ヴェローゾ教授は、ロボットが周囲の人々に手助けを求められるように教えることで、従来はこなせなかったようなタスクもできるようになると考えている。 by Erin Winick14日前
  6. 知性を宿す機械
    MSやフェイスブックが「AIのバイアス」対策に乗り出す理由
    人工知能(AI)が重要な場面の意思決定の自動化や支援に使われる機会が増えるにつれて、アルゴリズムに偏向が含まれる問題の重大性が高まっている。マイクロソフトやフェイスブックは、AIアルゴリズムに含まれる偏向を自動的に発見する独自ツールの開発を進めている。 by Will Knight15日前
  7. 知性を宿す機械
    「リスク評価のプロ」である保険会社と自動運転のさまざまなデータを共有することで、自律自動車の導入が早まるかもしれない。 by Jamie Condliffe22日前
  8. 知性を宿す機械
    CGキャラが実写でバク転習得、モーションデザインを変える新研究
    機械学習によって、人や生物と同等の複雑な動きができるキャラクターを簡単に製作できるかもしれない。将来的には人が考えつかない動きさえも手に入れられる可能性がある。 by Will Knight23日前
  9. 知性を宿す機械
    イノベーションの旗手ともてはやされるイーロン・マスク率いるテスラの自動車工場では、相次ぐ事故で混乱が起きていた。40人もの元従業員や同社関係者へ取材したリビール(Reveal)による調査報道を掲載する。なお、この報道をきっかけにカリフォルニア州当局はテスラに対して労働環境の調査を開始している。 by Alyssa Jeong Perry28日前
  10. 知性を宿す機械
    自律自動車に欠かせないハードウェア「ライダー(LIDAR)」を製造するスタートアップ企業ルミナーは、これまでにない規模でライダーを生産する計画を発表した。新型ライダーは価格を大幅に下げ、すべての試験車に搭載できる数を供給するという。 by Jamie Condliffe29日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る