KADOKAWA Technology Review
×

Cover Story 遺伝子系図探偵が予測する
犯罪捜査の未来

遺伝子情報を犯罪捜査に利用することに対する世間の関心が高まっている。DNAデータベースを使って今後、多数の未解決の凶悪犯罪の容疑者が特定されるだろうと遺伝子系図研究者のシシ・ムーアは語る。 by Antonio Regalado

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー

  1. 世界規模でブロックチェーンを実証する「世界銀行」の凄み 世界規模でブロックチェーンを実証する「世界銀行」の凄み
    by Mike Orcutt

    世界の貧困問題の解決のために、世界銀行はブロックチェーンの実証に本気で取り組んでいる。まだ実験段階だが、 努力はまだ実験段階だが、成果は次第に出始めているという。

  2. ソーシャルメディア健全化、「アカウント削除」以外の道はあるか ソーシャルメディア健全化、「アカウント削除」以外の道はあるか
    by Elizabeth Woyke

    ニュース記事や動画をソーシャルメディアを通じて目にするのが当たり前になった。だがソーシャルメディアは、フェイクニュースや差別的コンテンツといった多くの問題を抱えている。MIT市民メディアセンター長とイリノイ大学の教授がソーシャルメディアをより健全な場所にするより良い方法について語った。

  3. 人間とロボットの「協働」でモノづくり現場を革新するベンチャー 人間とロボットの「協働」でモノづくり現場を革新するベンチャー
    by Mike Orcutt

    自動車メーカーの工場ではずっと以前から産業用ロボットが使われているが、人手のみに頼る工程もまだ残っている。こうした工程でも、人間とロボットが協働できればより効率的に作業ができるはずだ。スタートアップ企業のヴェオ・ロボティクスは、人間と協働できるロボットと、協働のシナリオを開発している。

  1. 知性を宿す機械
    ボーイングは人工知能をどう活用するか? CTO語る
    100年の歴史を持つ航空宇宙産業は、ますます混雑の度合いが増す空の安全を確保するために、人工知能(AI)の活用に力を入れている。ボーイングの最高技術責任者が、エムテック(EmTech)で同社におけるAIへの取り組みについて語った。
  2. 知性を宿す機械
    産業機械に眠るデータを宝に——米VBが描く「稼働し続ける世界」
    世界中のデータの大半は活用されていない。スタートアップ企業のアップテイク(Uptake)は、産業機械から生み出される大量のデータに人工知能(AI)を適用することで、新たにセンサーを増設することなく、機械のダウンタイムを最小限に抑えられるとしている。
  3. 知性を宿す機械
    米政府が量子コンピューターに本腰、「12億ドル投資」の狙いは?
    米国政府は、量子コンピューター産業の育成を目的とした新法案を通過させた。米国家量子イニシアチブ法の草案作成に手を貸したメリーランド大学のモンロー教授が、同法案について語った。
  4. 知性を宿す機械
    AI発展の障壁は「誇大広告」だ——バブルに立ち向かうCMU助教授
    AIは大きな可能性を秘めているが、巷にあふれる情報には本物の進歩と便乗主義者の誇大広告が入り混じっているため、せっかくの気運に影が差しているとカーネギーメロン大学(CMU)のリプトン助教授は警告する。
  5. 知性を宿す機械
    「よりよい世界のためのAIを」機械学習でテロから守るCMU助教授
    人工知能(AI)を用いて社会の課題を解決することを研究しているネギーメロン大学(CMU)のファン助教授が、最新の成果について「EmTech(エムテック)」で語った。機械学習とゲーム理論を組み合わせることで、異なる領域の問題に対し、共通した解決策を適用できるという。
カバーストーリー
ビジネス・インパクト イケアがデザインした、
未来の自律自動車のカタチ
イケアが描いた、未来の自律自動車のデザイン。私たちの生活を変える7つのアイデアは、これからの移動手段の進化を考えるきっかけを与えてくれる。 by Elizabeth Woyke
すべてのトピックス Filter
  1. 知性を宿す機械
    品種や肥料をソフトが助言——元グーグル社員が描く農業IoTの未来
    グーグルの2人の元従業員が立ち上げた企業が、農業機械や農地に設置したセンサーから収集したデータに基づいて、種子選びや肥料使用量の最適化、病気の初期兆候の発見などを実現するソフトウェアを開発している。 by James Temple7日前
  2. 生命の再定義
    ゲノムにおける特徴から、その人物の特徴を予測する新しい手法「多遺伝子リスクスコア」が盛んに議論されている。同手法による予測はあやふや過ぎて実用的ではないとする意見が多いが、とてつもなく背の高い人のような統計的な外れ値を持つ人を特定できる可能性がある。 by Antonio Regalado8日前
  3. 知性を宿す機械
    法案を支持し、実際に「通す力」を持っている議員は誰か——。ビッグデータ分析によって政治家を「自動的に」評価するサービスが米国で躍進している。1300社の顧客を抱え、有力投資家から資金を集めるフィスカルノートは、民主主義に新たな平等をもたらすのか。それとも強者をさらに強くするだけなのか。 by Andrew Zaleski8日前
  4. ビジネス・インパクト
    ミシガン州のスタートアップ企業が、従来とはまったく異なる仕組みのアンテナを考案し、音声で変調した電波を受信できることを実証した。レーザーを用いて、特定の状態にある原子気体に対する電波の影響を検出する仕組みだ。幅広い周波数をカバーし、電磁妨害に強いラジオ受信機を作成できる可能性がある。 by Emerging Technology from the arXiv9日前
  5. コネクティビティ
    ウォール街の企業がビットコインの取引に参入することを発表し、暗号通貨が金融市場の本流へ進出する可能性が高まってきた。だが、ウォール街で長い経歴を持つビットコインの熱烈な愛好家は、ウォール街企業がビットコインを従来の資産と同様に扱うと惨憺たる結果をもたらすかもしれないと指摘する。 by Mike Orcutt9日前
  6. 知性を宿す機械
    インターネットのあの美しき理想はどこへ消えたのか?
    21世紀初頭にインターネットに関する議論の2大勢力の1つであった楽観主義は、最近ではすっかり影を潜めてしまった。インターネットはどこで道を誤ったのか、今後どう克服すべきか。「意気消沈した元インターネット楽観主義者」の4つの派閥の主張を紹介しよう。 by Tim Hwang10日前
  7. 知性を宿す機械
    スタートアップ企業のリゲッティ・コンピューティング(Rigetti Computing)が、クラウドを介した新たな量子コンピューティング・サービスの提供を開始する。現時点での世界最高性能である128キュービットの量子プロセッサーを利用したサービスも今後、提供する予定だ。 by Martin Giles10日前
  8. 持続可能エネルギー
    脱原発では達成困難か?
    米カリフォルニア州
    「炭素ゼロ」の理想と現実
    カリフォルニア州議会が2045年までに「炭素ゼロ発電100%」を実現する法案を可決した。しかし、MITの研究者たちは、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーに固執し、その他の「安定したクリーンなエネルギー源」を活用しないようだと膨大なコストがかかると指摘している。 by James Temple10日前
  9. 生命の再定義
    Xプライズ創設者も出資、ハーバード発「若返り企業」は本物か?
    ハーバード大学の研究者らが、数年前のマウスでの実験結果に基づいて、若返り術を研究する企業を設立した。「若返り因子」としているタンパク質の効果には科学的な疑問が残っているものの、すでに550万ドルの資金を調達している。 by Karen Weintraub11日前
  10. 知性を宿す機械
    中国政府は、国民の行動を監視し管理するために、ITとデータを活用した統治を実施している。選挙制度の正当性が揺らぐ中、国民の声を吸い上げるデータ駆動政治への期待がある一方、システムにより作成されたブラックリストは国民の生活に多岐に渡って影響を及ぼしている。 by Christina Larson11日前
  1. コネクティビティ
    ウォール街の企業がビットコインの取引に参入することを発表し、暗号通貨が金融市場の本流へ進出する可能性が高まってきた。だが、ウォール街で長い経歴を持つビットコインの熱烈な愛好家は、ウォール街企業がビットコインを従来の資産と同様に扱うと惨憺たる結果をもたらすかもしれないと指摘する。 by Mike Orcutt9日前
  2. コネクティビティ
    カップルたちはどのような基準で相手を選んでいるのだろうか。ミシガン大学の研究者が、現時点で有力な「つり合い仮説」と「競争仮説」のどちらが正しいのかを、出会い系サイトにおけるメッセージやり取りのデータを分析することで検証した。併せて、高嶺の花の相手をモノにできる可能性のある方法も示している。 by Emerging Technology from the arXiv14日前
  3. コネクティビティ
    風力発電所とサーバーを「垂直統合」、ビットコイン採掘で新モデル
    暗号通貨の採掘に使われる電力量が急増しているのを受けて、暗号通貨の採掘用の電力を再生可能エネルギーで供給しようとする企業が登場した。中国の石炭火力発電と同じくらい安価な電力を供給できるとするビジネスモデルは、環境に優しいだけでなく、再生可能エネルギー開発に投資する新たな方法となるという。 by Mike Orcutt21日前
  4. コネクティビティ
    ツイッターのアクティビティを示す分布図からは、ネット上での政治的な分断がはっきりと見えてくる。 by John Kelly and Camille François22日前
  5. コネクティビティ
    サイバー攻撃が急増し、熟練セキュリティ技術者がひっ迫している現在、ソフトウェアのバグを報告して報酬を得るフリーの「バグハンター」は最早、社会に不可欠な存在になりつつある。しかし、こうした人材をいかにして確保・養成するかに加えて、バグハンターの行為が違法なものとして逮捕されないようにするための仕組み作りが喫緊の課題となっている。 by Martin Giles24日前
  6. コネクティビティ
    チェーンの呪縛——愛と喪失とブロックチェーンの物語
    ブロックチェーンとAIがもたらす、美しく、恐ろしい近未来の物語。MITテクノロジーレビュー米国版のブロックチェーン特集に掲載された、ハンヌ・ライアニエミによる書き下ろしのSF短編小説を転載する。 by Hannu Rajaniemi29日前
  7. コネクティビティ
    オンライン投票を導入すべきとの声は日本でも多い。だが、すでに電子投票(投票所に設置した端末を使った投票)を導入している米国では、外国からのサイバー攻撃による選挙結果の操作が現実味を増している。専門家は、むしろ「紙の投票用紙」にも記録を残すべきだという。 by Martin Giles29日前
  8. コネクティビティ
    選挙活動へのサイバー攻撃が問題となる中、選挙の結果に直接的な影響を与える投票インフラに対する不安が高まっている。米中間選挙を間近に控えたいま、米国の投票インフラのリスクを再検証する。 by Martin Giles30日前
  9. コネクティビティ
    移動体通信を用いて自動車同士や歩行者、道路設備との間で情報を高速にやり取りできるコネクテッドカー技術「C-V2X」を支持する自動車メーカーが増えている。しかし、Wi-Fiベースの「狭域通信(DSRC)」を開発し、既に一部の自動車に搭載しているトヨタは、C-V2Xに反対する姿勢を見せている。 by Elizabeth Woyke32日前
  10. コネクティビティ
    グーグル、アマゾン、フェイスブックの巨大ネット企業3社による支配が進んでいる。世界中から膨大なデータを収集し、カネに変えるデータ王を止める方法はあるのか。 by Martin Giles36日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    ミシガン州のスタートアップ企業が、従来とはまったく異なる仕組みのアンテナを考案し、音声で変調した電波を受信できることを実証した。レーザーを用いて、特定の状態にある原子気体に対する電波の影響を検出する仕組みだ。幅広い周波数をカバーし、電磁妨害に強いラジオ受信機を作成できる可能性がある。 by Emerging Technology from the arXiv9日前
  2. ビジネス・インパクト
    ウォール街の企業がビットコインの取引に参入することを発表し、暗号通貨が金融市場の本流へ進出する可能性が高まってきた。だが、ウォール街で長い経歴を持つビットコインの熱烈な愛好家は、ウォール街企業がビットコインを従来の資産と同様に扱うと惨憺たる結果をもたらすかもしれないと指摘する。 by Mike Orcutt9日前
  3. ビジネス・インパクト
    ある人の動きを別の人にそのまま転写した映像を作成する技法はすでに存在するが、対象の動きを3Dで捕捉するのにはコストと時間がかかる。カリフォルニア大学の研究者は、対象の動きを記録した2D映像を用いて機械学習システムを訓練することで、動きを転写した映像を容易に作れることを示した。 by Emerging Technology from the arXiv15日前
  4. ビジネス・インパクト
    グーグルやフェイスブックは
    「民主主義の脅威」に
    どう対処するのか?
    米連邦議会は9月5日、大手テック企業幹部に対する公聴会を開く。中間選挙を控え、情報操作などに対する取り組みを聞くのが目的だが、根本的な問いは「テクノロジーが民主主義にもたらす大きな脅威にどう対処するか」ということだ。 by Martin Giles15日前
  5. ビジネス・インパクト
    ケニアでは選挙にからんだインターネットによるヘイト・スピーチや暴力の誘発が起きている。しかし、インターネットが普及するはるか以前から、政治的な対立を煽る言動はメディアによって流布されてきた。ケニアの歩んできた道は、テクノロジーが社会の課題を解決できるのか? という疑問を突きつける。 by Nanjala Nyabola18日前
  6. ビジネス・インパクト
    中国が導入を進めている社会信用システムは、独裁的国家による監視の強化につながると見られている。だが、ビッグ・データを使った精緻な監視はむしろよりよい市民生活に役立つかもしれない。 by Yasheng Huang21日前
  7. ビジネス・インパクト
    現代の賞金稼ぎ
    「バグハンター」の仕事で
    メシは食えるのか?
    ソフトウェアに潜むバグを発見し、企業に報告することで賞金を得る「バグハンター」という新しい仕事が生まれている。現代の「賞金稼ぎ」で生活することはできるのか。あるバグハンターの暮らしを紹介する。 by Erin Winick25日前
  8. ビジネス・インパクト
    テクノロジーは「健康」を変えるか?進む静かなるイノベーション
    あらゆる産業に「テック(Tech)」が冠されるようになって久しい。スマホやウェアラブル端末などを活用して医療の健康管理にテクノロジーを持ち込もうという「ヘルステック」もその1つだ。 by Yuko Miura28日前
  9. ビジネス・インパクト
    近代都市の景観に超高層ビルは欠かせないものとなった。コロンビア大学の研究者の統計分析によると、現在の傾向が続けば、2050年までに何万もの高層ビルが新たに建ち、最高層のビルは高さ1600メートル(1マイル)に達する可能性があるという。 by Emerging Technology from the arXiv29日前
  10. ビジネス・インパクト
    サイバー攻撃を防ぐための新しいアプローチが提案された。無害なバグでコードを埋め尽くすことで、バグを見つけて悪用しようとする攻撃者を疲弊させようという、いわばおとり作戦である。 by Emerging Technology from the arXiv31日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    脱原発では達成困難か?
    米カリフォルニア州
    「炭素ゼロ」の理想と現実
    カリフォルニア州議会が2045年までに「炭素ゼロ発電100%」を実現する法案を可決した。しかし、MITの研究者たちは、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーに固執し、その他の「安定したクリーンなエネルギー源」を活用しないようだと膨大なコストがかかると指摘している。 by James Temple10日前
  2. 持続可能エネルギー
    かつてカーボンフリー・エネルギー源として期待されていた原子力発電は、実際にはカネがかかりすぎることが分かり、新たな建設計画はほぼ姿を消した。天然ガス発電や風力・太陽光発電のコストが安くなる中、原子力発電の将来は非常に厳しいものになっている。 by James Temple16日前
  3. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州で、2045年末までに州の電力を100%カーボンフリーとする法案が成立する。50%達成は比較的容易と見られているが、残り50%の達成ははるかに難しくコストがかかるとされており、エネルギー貯蔵システムへの大規模投資や送電インフラの拡張、新たな技術革新が必要になる可能性がある。 by James Temple21日前
  4. 持続可能エネルギー
    火力発電や原子力発電に代わる「主力電源」として、太陽光や風力などの再生可能エネルギーに対する期待は大きい。だが、安定的な電力供給に必要な蓄電システムの構築にかかるコストは、現時点では2.5兆ドル(米国の場合)にも上る。脱炭素社会へ向けた現実的なシナリオが必要だ。 by James Temple44日前
  5. 持続可能エネルギー
    地球工学の実験を実世界で実施する計画を発表したハーバード大学のデビッド・キース教授のもとに、ケムトレイル説を信じる人々から多くの脅迫メールが届き、研究に支障をきたしているという。MITテクノロジーレビューがキース教授に、陰謀論を信じる人たちに、科学者としてどのように対応すべきかを聞いた。 by James Temple50日前
  6. 持続可能エネルギー
    スタンフォード大学とカリフォルニア大学バークレー校の科学者が、気温が上昇するにつれて憂うつなツイッター投稿が増えるだけでなく、自殺者数も増加することを発見した。気候変動による地球温暖化で、今世紀半ばまでに北米で自殺者が数万人増加する可能性がある。 by James Temple58日前
  7. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州議会で、米国西海岸各地に広がる送電網を統合する法案の検討が進められている。しかし、エネルギー政策の異なる他の州と契約を結ぶことで、カリフォルニア州がこれまで進めてきたクリーン・エネルギー政策が阻害されてしまう恐れがある。 by James Temple60日前
  8. 持続可能エネルギー
    宇宙の膨張速度が加速しているという発見は、私たちに様々な興味深い考察を提供する。米国のフェルミ国立加速器研究所の素粒子物理学者は、遥かに高度な文明を持つ種族が存在すれば、宇宙の膨張加速による影響を軽減するために何らかの対策をしているはずであり、その対策の証拠を地球の天文学者が観測できると考えた。 by Emerging Technology from the arXiv71日前
  9. 持続可能エネルギー
    グーグルXのエネルギー貯蔵PJ、ゲイツ・ファンド支援で独立か
    グーグルの子会社Xは、溶融塩を使ったエネルギー貯蔵プロジェクト「マルタ計画」を進めている。この計画を別会社として独立させるため、ビル・ゲイツのエネルギーファンドと手を組む動きがある。 by James Temple73日前
  10. 持続可能エネルギー
    中国が気候・エネルギー問題で主導権を握ろうと、世界最大規模の炭素取引市場の開設を進めている。だが、12月に発表された初期の計画からは大きく後退し、対象は当初、電力部門のみとなっている。中国の狙いはどこにあるのか。 by James Temple79日前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    ゲノムにおける特徴から、その人物の特徴を予測する新しい手法「多遺伝子リスクスコア」が盛んに議論されている。同手法による予測はあやふや過ぎて実用的ではないとする意見が多いが、とてつもなく背の高い人のような統計的な外れ値を持つ人を特定できる可能性がある。 by Antonio Regalado8日前
  2. 生命の再定義
    Xプライズ創設者も出資、ハーバード発「若返り企業」は本物か?
    ハーバード大学の研究者らが、数年前のマウスでの実験結果に基づいて、若返り術を研究する企業を設立した。「若返り因子」としているタンパク質の効果には科学的な疑問が残っているものの、すでに550万ドルの資金を調達している。 by Karen Weintraub11日前
  3. 生命の再定義
    ランダムな光のパターンを物体に次々に照射して反射光の強度の時系列データを取り、パターンとの相関性を計算することで物体の画像を生成する「ゴースト・イメージング」の手法が注目されている。英ヘリオット・ワット大学の研究チームは、コンピューターを使わなくても、人間の視覚系がゴースト・イメージングの処理を実行できることを実験で示した。 by Emerging Technology from the arXiv17日前
  4. 生命の再定義
    生物の体が末梢神経の損傷を修復できるのは、ある特定の状況においてのみであり、方法も限られている。オーストラリアのウェスタンシドニー大学の研究者は、生分解性のスキャフォールド(足場)を用いて切断された神経を再結合し、体外で生成した磁場を用いることで再結合した神経に電気刺激を与えて修復と再生を促す新たな方法を開発した。 by Emerging Technology from the arXiv24日前
  5. 生命の再定義
    筋ジストロフィーに対する遺伝子療法の適用は以前から試みられている。テキサス大学の研究チームは、犬に対してクリスパー(CRISPR)を使った動物実験を実施し、「驚くべき」改善が見られたことを8月20日に開催された学会で報告した。by Antonio Regalado25日前
  6. 生命の再定義
    オレゴン健康科学大学の研究者がCRISPRを用いてヒト胚の遺伝子突然変異を修正したとする昨年の報告に対し、結果の正当性や安全性に関する批判が相次いだ。実験に携わった研究者らは、「体外受精遺伝子療法」の開発を今後も続けると明言した。 by Antonio Regalado38日前
  7. 生命の再定義
    中世ヨーロッパの医療に用いられていた薬物はこれまで、ほとんどがプラセボや迷信として片付けられてきた。しかし、15世紀の医学書をデータ・マイニングで分析したところ、これらのレシピは現代の医学的吟味に耐える合理性を持っていることが明らかになった。現代科学ではまだ知られていない新しい抗菌薬などが中世の文書から発見できるかもしれない。 by Emerging Technology from the arXiv49日前
  8. 生命の再定義
    死に至る病である「プリオン病」を発症する遺伝子突然変異を保有していると宣告を受けた女性とその夫は、自らが科学者となって自分たちの運命に立ち向かう決意をした。非常に困難な挑戦ではあるが、遺伝子シーケンシング技術やアンチセンス療法の進歩により、宣告を受けた当時に比べると、彼女たちが賭けに勝つ可能性は高まっている。 by Antonio Regalado52日前
  9. 生命の再定義
    40の機関から集まった研究チームが、100万人分以上の遺伝子プロファイルを使って学歴と遺伝子の関係を表す「遺伝子スコア(得点)システム」を作成した。5段階評価で教育レベルを大まかに予測できるという。 by Antonio Regalado53日前
  10. 生命の再定義
    アレルギーフリーの猫の開発を進めている企業がある。遺伝子編集技術で猫の細胞内の遺伝子を修正し、アレルギーの原因となるたんぱく質を作らせないようにするのだ。原理的には可能な試みであるが、開発を進める企業の前には、いくつもの障壁が立ちはだかっている。 by Kate Sheridan59日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    品種や肥料をソフトが助言——元グーグル社員が描く農業IoTの未来
    グーグルの2人の元従業員が立ち上げた企業が、農業機械や農地に設置したセンサーから収集したデータに基づいて、種子選びや肥料使用量の最適化、病気の初期兆候の発見などを実現するソフトウェアを開発している。 by James Temple7日前
  2. 知性を宿す機械
    法案を支持し、実際に「通す力」を持っている議員は誰か——。ビッグデータ分析によって政治家を「自動的に」評価するサービスが米国で躍進している。1300社の顧客を抱え、有力投資家から資金を集めるフィスカルノートは、民主主義に新たな平等をもたらすのか。それとも強者をさらに強くするだけなのか。 by Andrew Zaleski8日前
  3. 知性を宿す機械
    インターネットのあの美しき理想はどこへ消えたのか?
    21世紀初頭にインターネットに関する議論の2大勢力の1つであった楽観主義は、最近ではすっかり影を潜めてしまった。インターネットはどこで道を誤ったのか、今後どう克服すべきか。「意気消沈した元インターネット楽観主義者」の4つの派閥の主張を紹介しよう。 by Tim Hwang10日前
  4. 知性を宿す機械
    スタートアップ企業のリゲッティ・コンピューティング(Rigetti Computing)が、クラウドを介した新たな量子コンピューティング・サービスの提供を開始する。現時点での世界最高性能である128キュービットの量子プロセッサーを利用したサービスも今後、提供する予定だ。 by Martin Giles10日前
  5. 知性を宿す機械
    中国政府は、国民の行動を監視し管理するために、ITとデータを活用した統治を実施している。選挙制度の正当性が揺らぐ中、国民の声を吸い上げるデータ駆動政治への期待がある一方、システムにより作成されたブラックリストは国民の生活に多岐に渡って影響を及ぼしている。 by Christina Larson11日前
  6. 知性を宿す機械
    GAN(競争式生成ネットワーク)に代表される最新のAIテクノロジーによって、特別なスキルがなくても質の高いフェイク画像や動画を作り出せるようになった。ウソを見抜くのはますます難しくなり、真実に対する信頼性が次第に損なわれる可能性がある。 by Will Knight14日前
  7. 知性を宿す機械
    プロパガンダ・ボットによる世論操作が深刻な問題になっている。今後、人工知能(AI)技術が発展するにつれて、ボットの振る舞いはより人間らしくなり、より効果的な攻撃を仕掛けてくるだろう。オックスフォード大学インターネット研究所の研究者による寄稿。 by Lisa-Maria Neudert24日前
  8. 知性を宿す機械
    物理学な偉大な法則は、それ以前に人類が獲得した物理学の知識に基づいて発見されている。物理学の既存の知識に依らずに、新しい法則を発見することは可能なのだろうか。チューリッヒ工科大学の研究者らは、物理の実験データや観測データを用いた機械学習により、予備知識なしで物理法則を「発見」できることを示した。 by Emerging Technology from the arXiv28日前
  9. 知性を宿す機械
    グーグルがデータセンターの空調をAIで節約、アルファ碁技術応用
    グーグルはいくつかの巨大データセンターにおける冷却システムの管理を、人工知能(AI)アルゴリズムに任せることを明らかにした。アルゴリズムの開発はグーグルのAI子会社であるディープマインドが担当し、人間の棋士に勝った囲碁プログラム「アルファ碁」と同じ機械学習技術を使っている。 by Will Knight30日前
  10. 知性を宿す機械
    巨額の資金を集めながらも謎のベールに包まれていたAR企業「マジック・リープ」のヘッドセットが、いよいよ発売された。4年前から取材してきた記者が出荷直前の製品を体験。試作版とはまったく異なるすばらしい出来栄えだが、今後の展開はアプリ開発者とユーザー頼みだ。 by Rachel Metz31日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る