KADOKAWA Technology Review
×

Cover Story 「非中央集権型」通貨
ビットコインの理想は
儚く消えたのか?

世界で最も人気のある暗号通貨であるビットコインやイーサリアムは、中央集権的な管理が存在しない分散型システムであることが売り文句の一つになっている。しかし、コーネル大学の研究で、上位数社の採掘者による採掘が、全体の過半数を占めていることがわかった。 by Mike Orcutt

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー

  1. グーグルの自動機械学習サービス、誰もが自分専用AIを作れる時代へ グーグルの自動機械学習サービス、誰もが自分専用AIを作れる時代へ
    by Will Knight

    グーグルは画像内の対象物を認識する訓練を自動化できる機械学習のクラウドサービスを発表した。深層学習アルゴリズムに関する専門的な知識がなくても、指定した対象物を認識するようにアルゴリズムを訓練できる。

  2. 「レンチ取って!」と頼む前に先回りするロボットが実験中 「レンチ取って!」と頼む前に先回りするロボットが実験中
    by Will Knight

    センサーや人工知能(AI)技術の進歩により、ロボットが様々な分野の作業に進出しつつある。英国のオンライン専業食料品店オカド(Ocado)の配送センターでは、人間の担当者による手作業を効率的に手助けするロボットのテストが実施されている。

  3. CRISPRによるがん治療、米国初の臨床試験実施へ CRISPRによるがん治療、米国初の臨床試験実施へ
    by Emily Mullin

    ペンシルベニア大学で、米国初のクリスパー(CRISPR)によるがん治験の準備が整ったことが明らかになった。臨床試験では、がんを検出して攻撃するように遺伝子編集した免疫細胞を人体に注入する。米国立衛生研究所の諮問グループは2016年6月に、同大学の研究者に対して臨床試験の許可を出していた。

  1. 生命の再定義 高すぎる遺伝子療法の費用は誰が払えるのか?
    遺伝子療法に対して付けられた価格は、一般人には到底支払えなさそうな唖然とする金額だ。しかし専門家たちは、こうした価格を、少なくとも今のところは、さほど恐れる必要はないとしている。
  2. 知性を宿す機械 ムーアの法則後見据えるインテル、新チップはどこが画期的か?
    インテルは脳の神経回路の構造を模倣したニューロモーフィック・チップをCESの会場でアピールした。あわせて、49量子ビット(キュービット)の量子コンピューティング・チップも発表。いずれも性能が頭打ちになりつつある従来型プロセッサーのブレークスルーを狙うものだ。
  3. コネクティビティ リップルは有望でもXRPが「次のビットコイン」にならない理由
    2017年12月にリップルが運営する暗号通貨XRPが高騰した。次なるビットコインかと色めき立った人たちもいるが、XRPはビットコインとは根本的に異なるところがある。
  4. 知性を宿す機械 フォックスコンにAI導入、アンドリュー・ングが考える製造業革命
    人工知能(AI)の専門家であるアンドリュー・ングは、iPhoneを製造するフォックスコンの品質管理にAIの導入を進めている。製造業はいま、大きな変革期を迎えているようだ。
  5. ビジネス・インパクト 2018年も機械に奪われない仕事5つ
    AIと自動化による雇用の喪失は、新しい仕事や人ならではの仕事をもたらす。2018年、AIや自動化の影響を受けにくい5つの職種を紹介する。
カバーストーリー
コネクティビティ 中国が「排除」したって、
ビットコインは終わらない
ビットコインなどの暗号通貨に対する姿勢は国によって揺れている。一時、ビットコインの取引の大半を占めた中国は、ブロックチェーンを評価しながらも、ビットコインの封じ込めに躍起になっている。 by Emily Parker
最新ニュース Filter
  1.  
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント