KADOKAWA Technology Review
×

加速する「原発離れ」
中国がとどめを刺す可能性

世界が原子力利用から遠ざかろうとしている中、原子力をもっとも推進していた中国がそのコストと安全性の問題に直面している。表向きは原発推進の立場を維持しているものの、原発大手さえも再生可能エネルギーへのシフトを始めている。原子力のテクノロジーは、中国が見放すことで終焉を迎えるかもしれない。 by Peter Fairley

ニューズライン エマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

トップ・ストーリー

  1. ウーバー、強化学習の難関ゲームを新アルゴリズムで攻略 ウーバー、強化学習の難関ゲームを新アルゴリズムで攻略
    by Will Knight

    従来のAIが苦手とする2つのビデオ・ゲームをウーバーAI研究所のメンバーが「攻略」した。人間を大きく上回るスコアを叩き出した新しいアルゴリズムは、ロボットなどの機械を現実世界で活用するときにも役立ちそうだ。

  2. ダークマターが皮膚がんの原因? 科学的に検証してみた
    by Emerging Technology from the arXiv

    私たちの宇宙を満たしていると考えられている「ダークマター」が皮膚がんに関係しているとする学説が、今年の初めに学術誌に掲載された。この異端の学説に対して科学的な態度で検証し、つじつまが合わないことを示した新たな研究からは、科学のあるべき姿が見えてくる。

  3. 米大都市だけで年間9000人、気候変動がもたらす「早死に」リスク 米大都市だけで年間9000人、気候変動がもたらす「早死に」リスク
    by James Temple

    猛暑による早期死亡だけでも、米国では2090年までに年間推定で1410億ドルの経済的損失を被るとの報告書が発表された。米国の大都市だけで早期死亡者数が年間9000人増えるとの予測は衝撃的だ。

  1. 持続可能エネルギー
    強烈な「EVシフト」で中国は自動車産業を制するのか?
    内燃機関エンジンの設計・製造では外国を模倣しても追いつけなかった中国は、電気自動車の開発に焦点を絞り、急激な電化政策を打った。日欧米が独占してきた世界の自動車産業の流れを変えるのか。
  2. 知性を宿す機械
    光を利用して計算を実行する光学チップの開発はこれまで失敗に終わってきたが、人工知能(AI)における深層学習の隆盛により成功を収める可能性が出てきた。光学チップは深層学習の中心となる行列乗算に適しているうえ、非線形的な性質を持つニューラル・ネットワークの計算にも秀でているからだ。
  3. 持続可能エネルギー
    気候変動の最大の損失は「生産性低下」、年間2000億ドル試算も
    気温上昇による生産性低下の経済的損失が米国で2090年までに年間2210億ドルにもなる可能性が報告された。温室効果ガスの排出は経済にとっても大きな損失だ。
  4. 知性を宿す機械
    従来の暗号技術は強力な量子コンピューターを使えば破られてしまう可能性が高い。専門家らは、強力な量子コンピューターの登場までの期間を10年と見積もる一方、「量子耐性」を持つ暗号技術の開発・普及には早くとも20年はかかると指摘する。
  5. 知性を宿す機械
    AIのルール作り主導、カナダとフランスが政府間パネルを発表
    カナダとフランスがAIに関する政府間パネルの設立を発表した。広く参加を呼びかけ、人工知能(AI)の倫理問題に関するルールづくりを主導したい考えだ。米国と中国の対立が深まる中、優秀な技術者を多数輩出してきた両国が呼びかける意義は大きい。
カバーストーリー
コネクティビティ
量子力学の原理を利用することで、ハッカーによる盗聴から完全に安全な「量子ネットワーク」を2020年末までに構築しようとするプロジェクトがオランダで進んでいる。困難な技術的課題は多いが、成功すれば、後のインターネット誕生につながった米国防総省(DoD)のアーパネットのように、将来の量子インターネットへの道を切り拓くかもしれない。 by Martin Giles
すべてのトピックス Filter
  1. 生命の再定義
    遺伝子療法の進歩により、遺伝性のあらゆる希少疾患を治療できる可能性が出てきた。だが、治療には莫大な費用がかかり、お金のある人や著名人だけが治療を受けられるという深刻な倫理的ジレンマを生む可能性がある。 by Antonio Regalado6日前
  2. 知性を宿す機械
    イタリアのパヴィア大学の研究チームは、IBMの5キュービットの量子プロセッサー上にパーセプトロンを実装し、単純なパターンの初歩的な分類ができることを確認した。その後、IBMは16キュービットの量子プロセッサーをWeb上で利用できるようにしており、量子パーセプトロンの性能が飛躍的に向上するのは時間の問題だ。by Emerging Technology from the arXiv7日前
  3. 知性を宿す機械
    映像で3Dモデルを自動生成
    エヌビディアがトップ学会で
    発表した驚きの新技術
    本物のような3DCG映像を作るには、高いスキルと創造性、忍耐が必要だ。エヌビディアが開発したソフトウェアは、GANを使って映像から3Dモデルを生成し、レンダリングまで自動化する画期的なものだ。 by Will Knight7日前
  4. 知性を宿す機械
    AIが生成したディープフェイク画像を見破るテクノロジーをダートマス大学の教授が開発中だ。独自のアルゴリズムで画像が撮影された瞬間の整合性を検証。スマホメーカーやソーシャル・メディア企業と組んでディープフェイクに対抗したい考えだ。 by Karen Hao8日前
  5. ビジネス・インパクト
    2020年の米大統領選候補者として名乗りを上げた、アンドリュー・ヤン。ユニバーサル・ベーシック・インカムの導入やテクノロジー省の創設など、その政策はいかにも「西海岸的」だ。 by Erin Winick8日前
  6. コネクティビティ
    12月2日に打ち上げられたスペースXのロケットは、過去最大の「相乗り」ミッションだった。宇宙への夢を抱く個人から美術館のような組織まで、彼らが宇宙に持ち込んだモノは実にさまざまだ。 by Erin Winick8日前
  7. ビジネス・インパクト
    米国が「ファーウェイ排除」を求める6つの理由
    ファーウェイ幹部がカナダで逮捕された事件が波紋を呼んでいる。米国はなぜファーウェイを排除し、日本を含む同盟国に対して圧力をかけているのか? by Martin Giles and Elizabeth Woyke8日前
  8. 生命の再定義
    中国の科学者が遺伝子編集した赤ちゃんを誕生させたことへの猛烈な批判が巻き起こる中、ハーバード大学の研究者は今後数週間以内に、精子の遺伝子編集の実験を始める予定だという。将来の疾患に対する防御技術であり、ひいては種としての人類を守る技術だというのがその主張だ。 by Antonio Regalado9日前
  9. ビジネス・インパクト
    ロボット導入が進む東南アジア、欧米は「出遅れ」
    欧米のロボット労働者の数は、実は東南アジアに比べてはるかに少ない。賃金水準を基にして補正したロボット採用率から意外な結果が見えてきた。 by Erin Winick12日前
  10. 知性を宿す機械
    AIに創造性を吹き込む「GAN」とはどんなテクノロジーか?
    敵対的生成ネットワーク(GAN)はAIの創造性を伸長させると同時に、ある種の「危うさ」をもたらしている。その基礎となる考え方を紹介しよう。 by Karen Hao12日前
  1. コネクティビティ
    12月2日に打ち上げられたスペースXのロケットは、過去最大の「相乗り」ミッションだった。宇宙への夢を抱く個人から美術館のような組織まで、彼らが宇宙に持ち込んだモノは実にさまざまだ。 by Erin Winick8日前
  2. コネクティビティ
    自動車メーカーや石油企業が、より高速で安定した接続を求めてプライベート5Gネットワークの構築を計画している。本格的なインダストリアルIoT(モノのインターネット)時代へ向けた動きが活発化しそうだ。 by Elizabeth Woyke15日前
  3. コネクティビティ
    グーグルは最強の「自動運転車メーカー」になるのか?
    完全自動運転車の開発でリードする、グーグルの兄弟会社ウェイモ(Waymo)。日本企業の勝ち筋はどこにあるのか? by Motoki Kobashigawa35日前
  4. コネクティビティ
    グーグルと米国航空宇宙局(NASA)が量子コンピューティング分野で新たな協力関係を築いた。NASAが保有するスーパーコンピューターを使い、グーグルが開発した量子プロセッサーの量子超越性を証明する計画だ。 by Mark Harris35日前
  5. コネクティビティ
    ソーシャル・メディアに偽情報を投稿することによる選挙への干渉など、荒らし行為の問題が深刻化している。ペンシルベニア州立大学の研究者は、大量のツイッター投稿をフォレンジック分析することで、荒らし集団に固有の特徴を見い出し、これまで見逃されてきた偽情報拡散活動を特定できることを示した。 by Emerging Technology from the arXiv40日前
  6. コネクティビティ
    スマホ操作でメンタル診断
    うつ病の「謎」に迫る
    米スタートアップ企業
    米国国立精神衛生研究所(NIMH)の元所長を含む3人の医師が設立したスタートアップが、文字入力やスワイプ、タップと言ったスマホの日常的な操作からユーザーのメンタル・ヘルスに関する情報を得るためのスマホアプリを開発した。ユーザーの日常生活に支障をきたすことなく、長期間にわたる観察が可能になることで、うつ病の早期発見などに効果を発揮する可能性がある。 by Rachel Metz42日前
  7. コネクティビティ
    暗号通貨業界で「ステーブルコイン」が過熱する理由
    暗号通貨は決済にはほとんど使われておらず、現時点では「通貨」とは呼べない。そこで、暗号通貨業界ではステーブルコイン(安定通貨)が急増している。だが、価格を安定させるための技術や手法は初期段階にあり、過大な期待は危険だと識者は警告する。 by Mike Orcutt49日前
  8. コネクティビティ
    原研哉さんに自動運転のカンファレンスへの登壇を依頼した理由
    デザイナーの原研哉さんは、「移動のメインストリームは、個人のものから都市インフラに近いものへと変わっていく」と予想する。MITテクノロジーレビューが開催するテクノロジー・カンファレンス「Future of Society Conference 2018」では原さんに「移動への欲望と未来」をテーマにお話いただく予定だ。by Motoki Kobashigawa50日前
  9. コネクティビティ
    量子技術分野で量子コンピューターと並んで注目されているのが、量子通信ネットワークだ。先行する欧州や中国に続き、米国でも量子鍵配送ネットワークを構築し、セキュアなデータ通信の実現を目指す動きが始まった。 by Martin Giles51日前
  10. コネクティビティ
    「量子版ムーアの法則」が開く、100万量子ビットへの可能性
    量子コンピューターをめぐる動きがこの1年で慌ただしくなってきた。グーグルやIBMといった巨大テック企業から各国政府まで開発競争が過熱する中、量子コンピューターの研究者が現状の課題と展望を語った。 by Yasuhiro Hatabe58日前
  11. さらに表示する
  1. ビジネス・インパクト
    2020年の米大統領選候補者として名乗りを上げた、アンドリュー・ヤン。ユニバーサル・ベーシック・インカムの導入やテクノロジー省の創設など、その政策はいかにも「西海岸的」だ。 by Erin Winick8日前
  2. ビジネス・インパクト
    米国が「ファーウェイ排除」を求める6つの理由
    ファーウェイ幹部がカナダで逮捕された事件が波紋を呼んでいる。米国はなぜファーウェイを排除し、日本を含む同盟国に対して圧力をかけているのか? by Martin Giles and Elizabeth Woyke8日前
  3. ビジネス・インパクト
    ロボット導入が進む東南アジア、欧米は「出遅れ」
    欧米のロボット労働者の数は、実は東南アジアに比べてはるかに少ない。賃金水準を基にして補正したロボット採用率から意外な結果が見えてきた。 by Erin Winick12日前
  4. ビジネス・インパクト
    アリババは、複雑な人間同士の会話に対処する音声アシスタントを提供している。1日につき何百万件ものリクエストを扱うその実力はグーグルをも上回る。 by Karen Hao12日前
  5. ビジネス・インパクト
    スマート・コントラクトの実用化を長年妨げてきた「オラクル問題」を解決する1つの方法をあるスタートアップ企業が発表した。ブロックチェーンと現実世界との「接続」は実現するか。 by Mike Orcutt21日前
  6. ビジネス・インパクト
    なぜノーベル賞受賞者には女性が少ないのか?
    科学の分野で女性がノーベル賞を受賞する確率は、科学の分野における女性研究者の比率から予測される確率よりもはるかに低い。そこには女性に対する偏見ではなく、女性の研究環境における制約が影響しているようだ。 by Emerging Technology from the arXiv22日前
  7. ビジネス・インパクト
    MIT教授が開発した「可動部のない」夢の航空機、初飛行に成功
    MIT教授がプロペラもジェットエンジンも使わない航空機を開発し、飛行実験に成功した。実用化は容易ではないが、より静かで排気の少ない航空機の登場につながるかもしれない。 by Erin Winick22日前
  8. ビジネス・インパクト
    21年に「半額」タクシー、
    自動運転で脱メーカー目指す
    フォードの野心的計画
    自律運転自動車の実用化を見据え、フォードはビジネスモデルの再構築に挑む。2021年には自動運転タクシーを事業展開し、広告モデルの導入や貨客混載などによって格安のサービスを提供する計画だ。 by Mark Harris28日前
  9. ビジネス・インパクト
    米国でも製造業の人手不足が深刻化、デロイトが指摘する3つの処方箋
    製造業の人手不足は日本だけの問題ではない。米国でも今後10年間で240万人分の不足が予想されるという。 by Erin Winick29日前
  10. ビジネス・インパクト
    「規制不要論」ではイノベーションは生まれない
    イノベーション推進派は規制のない「自由な世界」を求める。だが、政府のAIガイドライン策定などにも関わる慶應義塾大学法学部の大屋雄裕教授は、「規制がまったくない状態を考えてみたほうがいい」という。 by Yasuhiro Hatabe30日前
  11. さらに表示する
  1. 持続可能エネルギー
    ブラジル大統領選挙の結果と温室効果ガスの排出量との間にこれほど密接な関係があるとは多くの人は考えもしなかったのではないだろうか。「ブラジルのトランプ」と呼ばれるボルソナロ政権の誕生によってアマゾン熱帯雨林とセラード・サバンナの開発が進めば、大気中への二酸化炭素放出量が40〜60億トン増えるというのだ。 by James Temple28日前
  2. 持続可能エネルギー
    繰り返される山火事の悲劇
    「減災」はなぜ進まないのか
    カリフォルニア州で発生した大規模森林火災は、多くの犠牲者(少なくとも56人)を出す大惨事となった。土地の利用法、建築規制、森林に燃料となる木材が蓄積されないよう管理すること、火の元となりうる電力供給網を強風時に停止することなど、これまでのやり方を再発明する決意で臨まなければならない。 by James Temple30日前
  3. 持続可能エネルギー
    米国初の炭素税の導入が有力視されたワシントン州での住民投票が否決された。気候変動による脅威への理解があり、反トランプの地盤があっても、新税の導入は難しいことが改めて示された格好だ。 by James Temple34日前
  4. 持続可能エネルギー
    ハリケーン予想進路図の「再デザイン」が必要な理由
    今月、米国へ上陸した大型ハリケーンは洪水や暴風雨による甚大な被害をもたらした。異常気象の脅威が高まる中、住民の安全を守るために、より多くの人にとって分かりやすい情報伝達の手法が求められている。 by Karen Hao57日前
  5. 持続可能エネルギー
    ゲイツ・ファンドが投資する
    「地熱」ベンチャーの中身
    ビル・ゲイツのクリーン・エネルギー・ファンドは、送電網向け蓄電、バイオ燃料、核融合発電などに加えて地熱発電にも初めて投資を決めた。より効率のよいクリーン・エネルギー技術の開発が期待される一方、飲み水や地震への影響も懸念される分野でイノベーションを起こせるか。 by James Temple63日前
  6. 持続可能エネルギー
    大量の二酸化炭素を排出している従来の製鋼プロセスに代わるテクノロジーをMITのスピンアウト企業が開発した。商業化にはまだ課題も多いが、気候変動対策における困難な問題の解決へ向けた希望となりそうだ。 by James Temple70日前
  7. 持続可能エネルギー
    風力発電に思わぬ副作用、短期的には温暖化を促進か?
    ハーバード大学の研究者らが、大量の風力発電所を米国内に建設すると、短期的には、気候温暖化を促進する可能性があることを発表した。科学者や政策立案者たちは風力発電の副作用を真剣に受け止め、クリーンエネルギーへの移行における風力の役割を慎重に考えていく必要があるという。by James Temple71日前
  8. 持続可能エネルギー
    米国でコバルトをほとんど含まない新世代のリチウムイオン電池を開発する3年のプロジェクトが立ち上がる。同プロジェクトの核となる正極の代替物質の開発を指揮するローレンス・バークレー国立研究所のシダー教授に、現在の課題や今後の展望、研究室の成果が市場に出るまでに非常に時間がかかる理由などを聞いた。 by James Temple82日前
  9. 持続可能エネルギー
    温室効果ガスの「排出抑制」
    だけでは温暖化は防げない
    地球温暖化対策として二酸化炭素排出量の削減やエネルギー・システムの転換に今から取り組んでも、もはや間に合わないとハーバード大学の環境センター長のシュラグ教授は語る。 by Elizabeth Woyke3カ月前
  10. 持続可能エネルギー
    脱原発では達成困難か?
    米カリフォルニア州
    「炭素ゼロ」の理想と現実
    カリフォルニア州議会が2045年までに「炭素ゼロ発電100%」を実現する法案を可決した。しかし、MITの研究者たちは、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーに固執し、その他の「安定したクリーンなエネルギー源」を活用しないようだと膨大なコストがかかると指摘している。 by James Temple3カ月前
  11. さらに表示する
  1. 生命の再定義
    遺伝子療法の進歩により、遺伝性のあらゆる希少疾患を治療できる可能性が出てきた。だが、治療には莫大な費用がかかり、お金のある人や著名人だけが治療を受けられるという深刻な倫理的ジレンマを生む可能性がある。 by Antonio Regalado6日前
  2. 生命の再定義
    中国の科学者が遺伝子編集した赤ちゃんを誕生させたことへの猛烈な批判が巻き起こる中、ハーバード大学の研究者は今後数週間以内に、精子の遺伝子編集の実験を始める予定だという。将来の疾患に対する防御技術であり、ひいては種としての人類を守る技術だというのがその主張だ。 by Antonio Regalado9日前
  3. 生命の再定義
    遺伝子編集ベビー:中国人研究者が申請書に書いた実験の「根拠」
    世界初の遺伝子編集ベビーを誕生させたと主張している中国の研究者が実験の正当性を示す根拠としたのは、全米アカデミーズの専門家たちが出したある報告書だった。 by Antonio Regalado16日前
  4. 生命の再定義
    遺伝子編集ベビーの衝撃:
    大バッシングにも負けない
    中国人研究者の言い分
    HIVに耐性を持つように遺伝子編集した双子の女児を誕生させたと発表した中国の研究者に対して、著しく倫理に反した行為であると国内外から非難の声がわき上がっている。大学が無給停職の処分を科し、CRISPRの開発者がこうした実験の世界的な停止を呼びかける一方で、当の本人は自身を高尚な目的のための殉教者になぞらえている。 by Antonio Regalado16日前
  5. 生命の再定義
    遺伝子編集ベビー誕生:「即時停止を」CRISPR共同開発者が声明
    遺伝子編集技術、クリスパー(CRISPR)の共同開発者の一人であるフェン・チャン教授は、中国の研究者が遺伝子を組み換えた女の子を誕生させたとの発表を受けて、CRISPRで遺伝子編集した赤ちゃんを誕生させることを当分の間は全世界で停止すべきだと声明を出した。同教授は、実験の危険性に加えて、実験が秘密裏になされたことを深く憂慮していると述べている。 by Antonio Regalado21日前
  6. 生命の再定義
    特報:世界初「遺伝子編集ベビー」が 中国で誕生、その舞台裏
    現在、遺伝子工学で編集した胚の妊娠は、ヨーロッパのほとんどで非合法とされ、米国や中国でも禁止されている。しかし、中国の南方科技大学の研究チームは、HIVに対する耐性を持たせるためと称して、遺伝子編集を施した赤ちゃんを誕生させたことを発表した。 by Antonio Regalado21日前
  7. 生命の再定義
    遺伝子情報に基づく適確医療に対する世間の注目が集まっているが、当初に期待したほどの成果をまだ挙げられていないことも確かだ。舌鋒鋭い批判で知られる腫瘍専門医のビナイ・プラサド准教授によれば、個別の遺伝子治療の利点が誇張されることで、公衆の誤解を招き、ひいては患者の不利益になっているという。 by Stephen S. Hall22日前
  8. 生命の再定義
    生物のDNAを組み替えて、繁殖時に特定の遺伝子を拡散させる「遺伝子ドライブ」を巡って、マラリア蚊撲滅を目指すビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団などから資金提供を受けている研究者たちと、環境保護団体との間で対立が高まっている。環境保護団体は国連の場でフィールドテストを世界的に禁止するように求めていく考えだ。 by Antonio Regalado30日前
  9. 生命の再定義
    医療とテクノロジーの未来:「生命の不平等」とも向き合う覚悟を
    ヒトゲノムの解読に初めて成功してから20年が過ぎ、膨大な量の医療データが利用可能になり、分析ツールが揃ってきたことで、個人ごとにカスタマイズした「適確医療」が現実となる日が近づきつつある。MITテクノロジーレビューの適確医療特集に寄せる、米国版編集長からのエディターズ・レター。 by Gideon Lichfield33日前
  10. 生命の再定義
    30億ドルを投じて人間の遺伝子を解読する「ヒトゲノム計画」でゲノムの設計図が発表されたとき、遺伝子情報に基づく「適確医療」が病気の診断・予防・治療に革命を起こすと大きな期待が寄せられた。それからほぼ20年が過ぎた現在、適確医療は一見するとさほど普及しておらず、期待外れとの声も一部で聞かれる。 by Antonio Regalado33日前
  11. さらに表示する
  1. 知性を宿す機械
    イタリアのパヴィア大学の研究チームは、IBMの5キュービットの量子プロセッサー上にパーセプトロンを実装し、単純なパターンの初歩的な分類ができることを確認した。その後、IBMは16キュービットの量子プロセッサーをWeb上で利用できるようにしており、量子パーセプトロンの性能が飛躍的に向上するのは時間の問題だ。by Emerging Technology from the arXiv7日前
  2. 知性を宿す機械
    映像で3Dモデルを自動生成
    エヌビディアがトップ学会で
    発表した驚きの新技術
    本物のような3DCG映像を作るには、高いスキルと創造性、忍耐が必要だ。エヌビディアが開発したソフトウェアは、GANを使って映像から3Dモデルを生成し、レンダリングまで自動化する画期的なものだ。 by Will Knight7日前
  3. 知性を宿す機械
    AIが生成したディープフェイク画像を見破るテクノロジーをダートマス大学の教授が開発中だ。独自のアルゴリズムで画像が撮影された瞬間の整合性を検証。スマホメーカーやソーシャル・メディア企業と組んでディープフェイクに対抗したい考えだ。 by Karen Hao8日前
  4. 知性を宿す機械
    AIに創造性を吹き込む「GAN」とはどんなテクノロジーか?
    敵対的生成ネットワーク(GAN)はAIの創造性を伸長させると同時に、ある種の「危うさ」をもたらしている。その基礎となる考え方を紹介しよう。 by Karen Hao12日前
  5. 知性を宿す機械
    アリババは、複雑な人間同士の会話に対処する音声アシスタントを提供している。1日につき何百万件ものリクエストを扱うその実力はグーグルをも上回る。 by Karen Hao12日前
  6. 知性を宿す機械
    MITとフェイスブックが挑む、40億人に「住所」を与える方法
    75億人とも言われている世界人口のうち、約40億人が物理的な住所を持っていない。この状況を打開するために、テクノロジーを使って新しい住所の生成に挑む研究者たちがいる。 by Karen Hao13日前
  7. 知性を宿す機械
    コンピューティングは進化し続けているが、入力装置としてのキーボードは150年間変わっていない。キーボードがいまも優れた道具だからだ。だが、携帯電話の出現でキーボードは変容を始め、脳内の考えを読み取ったり、筋肉のわずかな動きで入力したりする装置も現れた。「キーボードを使わない日」はやってくるのだろうか? by Rachel Metz13日前
  8. 知性を宿す機械
    米国の「AI輸出規制」はむしろ中国に追い風だ
    米国のAIテクノロジーの中国への輸出規制は、米国企業の競争力を低下させるリスクがある。そのうえ規制のない中国のほうが、AIの開発、商品化が有利になる恐れもある。 by Karen Hao13日前
  9. 知性を宿す機械
    米軍の研究開発機関であるDARPAが成層圏気球(高高度気球)を開発中だ。新センサーを使って宇宙空間手前の定点で無期限に漂えるこの気球は、本来の軍事目的以外にも応用できそうだ。 by David Hambling15日前
  10. 知性を宿す機械
    米国のスタートアップ企業が、人工知能(AI)と ロボット工学を活用して、新しい化合物の設計からテストまでのプロセスを自動化する「自動運転ラボ」を開発した。機械学習を使うことで、従来のアルゴリズムより迅速かつ効果的に新素材を見つけられるという。 by Will Knight23日前
  11. さらに表示する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る