1. 松久直司(東京大学)
    長時間着用しても不快にならない、伸縮性に優れたダイオードを開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  2. ジア・リュー(ハーバード大学)
    体内への埋め込みで起こる免疫系による拒絶反応リスクを軽減、またはゼロにするためのメッシュを開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  3. スティーブ・シュー(ノースウェスタン大学)
    早産で産まれた新生児のバイタル・サインを計測できる、柔らかく肌に優しいパッチを開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  4. シン・ジン(スクリプス研究所)
    生体組織にある多くの遺伝子を同時並行的に解析する手法を開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  5. アラン・ヴァウチャー(IBMチューリッヒ研究所)
    新たな種類の分子を作成する方法を予測するAIシステムを開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  6. サマギャ・バンスコタ(MIT・ハーバード大学ブロード研究所)
    遺伝子編集技術のより安全で効率的な送達手法を共同開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  7. ベンジャミン・オークス(スクライブ・セラピューティクス)
    クリスパー治療の応用可能性を広げる遺伝子編集システムを開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  8. カルロス・ポルテラ(MIT)
    脆くなく、軽く、色も自在な素材「3Dナノ材料」を開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  9. キャスリン・タニヤスヴァナコール(ディープマインド)
    タンパク質の構造を予測する人工知能プログラムを共同で開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  10. アレックス・エイブラムソン(ジョージア工科大学)
    ワクチン接種やインスリン注射を錠剤に代替可能にする技術。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  11. イシャン・ミスラ(メタAI)
    AIの学習用データへの人間によるラベル付けを不要にする、自己教師ありモデルの開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  12. ベス・エスポネット(アンスパン)
    オンデマンドで衣類を作ることで、衣類の無駄をなくす「3D織機」を開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  13. ショーン・ハント(Solugen)
    酵素と金属触媒を使って糖を工業用科学物質に変え、年間3万トン相当以上の二酸化炭素を相殺する。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  14. ルイ・ワン(西湖大学)
    次世代太陽光発電で注目を浴びる「ペロブスカイト」の安定性を大幅に向上。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  15. ウゾマ・オルチングワ(アミーリオ)
    刑務所の受刑者の将来のために、無料の通信手段と教育プラットフォームを提供する。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  16. キャスリーン・シミニュ(モジラ財団)
    英語中心のインターネットに、アフリカの言語でもアクセスできる道を切り拓く。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  17. シャロン・ジョウ(スタンフォード大学)
    急速に進化する生成AIテクノロジーを評価するベンチマークの開発に取り組む。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  18. スコット・シャオ(ルミノピア)
    実質現実(VR)ヘッドセットを使った、弱視のデジタル治療法を開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  19. マーヤン・ジヴ(アクセスナウ)
    障害を持つ人々の移動を支援するモバイルアプリを開発。個人に合わせたアクセシビリティ情報を提供する。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  20. キム・ミジン(スローン・ケタリング記念がんセンター)
    機械学習と特殊なセンサーを組み合わせ、卵巣がんの「指紋」を血液から検出する技術を開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  21. ホンジー・リウ(リクセン・テクノロジー)
    アナログ信号やデジタル・データを効率良く処理する超省エネ型チップを設計。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  22. キム・ユンホ(MIT)
    脳血管内を進んでいくことができる遠隔操作型のロボットを開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  23. ラウラ・ブルーメンシャイン (パデュー大学)
    気圧を利用して狭いところを動き回るロボット「ヴァイン」を共同で開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  24. ヒョヌ・ヤック(サナ・ヒール)
    組織や臓器を修復できる生体接着剤を開発。出血や漏出を10秒以内に塞ぐ。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  25. ステファニー・ミュラー(マサチューセッツ工科大学)
    デジタルフィルターのように、フォトクロミック染料を使ってモノの見た目を簡単に変えられる手法を開発。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  26. サラ・ワヘディ(エーテサブ)
    カブール市民向けに、停電、爆発、銃撃などのアラートを伝えるプラットフォームを提供。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  27. セトール・ジレヴ(メタ/ヴァージニア工科大学)
    ヒューマン・コンピューター・インタラクションによる脳卒中患者に向けた半自動の在宅療法を開発している。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  28. シュウ・チャン(カーネギーメロン大学)
    わずか原子数個分の厚みの2次元半導体を開発。「ムーアの法則」の限界を突破する。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  29. シャノン・ナングル(Circe)
    二酸化炭素と水素を脂肪に変換する発酵テクノロジーを確立。代替食品に豊かな味わいを加え、気候にも優しい食品を提供する。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  30. カイチェン・ドン(カリフォルニア大学バークレー校)
    新しい塗料を屋根に塗ることで、冷暖房の使う時間や期間を削減。エネルギー使用量と排出量の削減に貢献する。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  31. リチャード・ワン(Cuberg)
    航空機、大型トラック、船舶といった輸送業でも使えるリチウム金属電池を開発。電気航空機のデモフライトを目指す。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  32. マギ・リチャニ(Nobell Foods)
    植物由来の乳製品をクリーミーでおいしくするテクノロジーで、乳製品の生産がもたらす負の影響を緩和する。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  33. チェンチェン・ファン(ミシガン州立大学)
    リチウム金属電池の欠点を補うイノベーションにより、現行EVの2倍の航続距離を実現する。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  34. ジョエル・ムバトシュー(リジェネロン遺伝学センター)
    バイオバンクのデータを高速かつ安価に分析できる機械学習モデルを開発し、データの活用を推進。 MIT Technology Review Editors17カ月前

  35. ガウリ・ジョシ(カーネギーメロン大学)
    機械学習を民主化し、高価なコンピューターや膨大な量の訓練データがなくても誰でも利用できるようにする。 MIT Technology Review Editors17カ月前