KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
35歳未満のイノベーター35人 2022気候変動
今後10年間で、温室効果ガスの排出量をギガトンレベルで削減するには、何十もの画期的な気候テクノロジーが必要になる。

Shannon Nangle シャノン・ナングル (33)

所属: Circe

二酸化炭素と水素を脂肪に変換する発酵テクノロジーを確立。代替食品に豊かな味わいを加え、気候にも優しい食品を提供する。

シャノン・ナングル(33歳)は、食品産業向けに二酸化炭素と水素を脂肪に変換する発酵テクノロジーを確立した。「このテクノロジーによって、もっとジューシーで風味のある代替肉や、よりクリーミーなアイスクリームやチーズの代替品、そして一切の罪悪感なく食べられるチョコレートのためのカカオバターを作る脂肪を提供できるようになります」とナングルは言う。彼女の主な目標は、大規模な畜産の必要性を次第に縮小し、放牧や飼料栽培に使われる土地を減らすことだ。「私たちはリジェネレティブ農業(環境再生型農業)を奨励し、新しい食品システムの活性化を支援しようとしています」とナングルは語る。「計画的な食品の調達・生産方法に取り組むことで、真においしく、気候にも優しい食品を提供できるのです」。

人気の記事ランキング
  1. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  3. The problem with plug-in hybrids? Their drivers. プラグイン・ハイブリッド、想定以上の環境負荷のなぜ
  4. Covid hasn’t entirely gone away—here’s where we stand 新型コロナはもう「終わった」のか? 現状を整理する
人気の記事ランキング
  1. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  3. The problem with plug-in hybrids? Their drivers. プラグイン・ハイブリッド、想定以上の環境負荷のなぜ
  4. Covid hasn’t entirely gone away—here’s where we stand 新型コロナはもう「終わった」のか? 現状を整理する
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る