KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
35歳未満のイノベーター35人 2022気候変動
今後10年間で、温室効果ガスの排出量をギガトンレベルで削減するには、何十もの画期的な気候テクノロジーが必要になる。

Richard Wang リチャード・ワン (33)

所属: Cuberg

航空機、大型トラック、船舶といった輸送業でも使えるリチウム金属電池を開発。電気航空機のデモフライトを目指す。

リチウムイオン電池は電気自動車(EV)には使われているが、航空機産業や大型トラック輸送業、海運業など、その他の重要な産業で使用するには力不足だ。リチャード・ワン(33歳)はこの問題に取り組むため、キューバーグ(Cuberg)を創業した。製造のしやすさを考慮しつつ、エネルギー密度が非常に高いリチウム金属電池を開発したのだ。「輸送産業の電化・脱炭素化を加速するためには、こうした最先端の電池が不可欠です」と彼は言う。2021年、スウェーデンの電池メーカー「ノースボルト(Northvolt)」はキューバーグを買収した。ワン創業者によると、同社は現在、電気航空機分野のパートナー企業とともに最初のデモフライトに向けて奮闘しているという。

人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る