KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
35歳未満のイノベーター35人 2022気候変動
今後10年間で、温室効果ガスの排出量をギガトンレベルで削減するには、何十もの画期的な気候テクノロジーが必要になる。

Rui Wang ルイ・ワン (29)

所属: 西湖大学

次世代太陽光発電で注目を浴びる「ペロブスカイト」の安定性を大幅に向上。

ペロブスカイトが近年、太陽光発電の研究で特に注目を浴びているのは、その光学特性が魅力的だからだ。しかし、合成材料であるペロブスカイトは安定性が低く、商用利用の妨げとなっている。ペロブスカイトは周囲の環境の影響を受けてすぐに崩壊してしまうのだ。ルイ・ワン(29歳)は、ペロブスカイトにカフェインとその誘導体を加えると、安定性が「数時間から5年近くにまで」向上することを発見した。彼がコーヒーを飲みながらひらめいたアイデアだ。ワンの次なる挑戦は、何十年も使えるペロブスカイト太陽電池を作ることだ。

人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る