KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
材料科学
Chad Hagen
35歳未満のイノベーター35人 2022材料科学
ナノスケールのコンポーネントで設計・製造された材料が、科学と工学のあらゆる分野の可能性を変える

Jia Liu ジア・リュー

所属: ハーバード大学

体内への埋め込みで起こる免疫系による拒絶反応リスクを軽減、またはゼロにするためのメッシュを開発。

医師によって何かが体内に埋め込まれると、免疫系により拒絶反応が生じるリスクがある。そのリスクを軽減またはゼロにするため、ハーバード大学のジア・リュー助教授(34)は、超微細電子工学を駆使し、生体組織を模した物理的・化学的特性を持つ柔軟なメッシュなどを開発してきた。リュー助教授が開発した伸縮性のあるメッシュを脳に埋め込めば、科学者たちは同じ神経細胞の電気的活動を数年にわたり安全に追跡できるかもしれない。可能性はそれだけではない。「オルガノイドのような成長中の組織と統合すれば、組織とともに成長し、組織全体の活動を単一細胞レベルの解像度で継続的にモニターできます」と、リュー助教授は付け加える。

人気の記事ランキング
  1. The problem with plug-in hybrids? Their drivers. プラグイン・ハイブリッド、想定以上の環境負荷のなぜ
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  3. How to reopen a nuclear power plant 廃炉から復活へ、米国で異例の原発再稼働に道筋
  4. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
人気の記事ランキング
  1. The problem with plug-in hybrids? Their drivers. プラグイン・ハイブリッド、想定以上の環境負荷のなぜ
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  3. How to reopen a nuclear power plant 廃炉から復活へ、米国で異例の原発再稼働に道筋
  4. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る