KADOKAWA Technology Review
×
AI/ロボット工学
Chad Hagen
35歳未満のイノベーター35人 2022AI/ロボット工学
人工知能(AI)の分野は目覚ましく進展している。しかし、だからといって機械に人間の知能を持たせることができるというわけではないことに注意すべきだ。

Yoonho Kim キム・ユンホ

所属: MIT

脳血管内を進んでいくことができる遠隔操作型のロボットを開発。

脳梗塞患者を治療するとき、医師はガイド・ワイヤーと呼ぶ細長い器具を使って、脳の血管に詰まった血栓を取り除く。しかし、ガイド・ワイヤーは人の手で操作するものであり、届きにくい部位の治療は難しい。MITの博士研究員であるキム・ユンホ(33)は、脳の血管の中を進んでいける遠隔操作型のロボット・システムを開発した。キム博士研究員は、「私の発明によって、脳梗塞や動脈瘤をロボットの支援を受けながら治療できるようになり、治療の安全性と正確さを大きく改善できます」と言う。

人気の記事ランキング
  1. AI models can outperform humans in tests to identify mental states AIが「心の理論」テストで人間超え、この結果は何を意味するか
  2. OpenAI and Google are launching supercharged AI assistants. Here’s how you can try them out. さよならAlexa、オープンAIとグーグルのAIアシスタントが超進化
  3. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
人気の記事ランキング
  1. AI models can outperform humans in tests to identify mental states AIが「心の理論」テストで人間超え、この結果は何を意味するか
  2. OpenAI and Google are launching supercharged AI assistants. Here’s how you can try them out. さよならAlexa、オープンAIとグーグルのAIアシスタントが超進化
  3. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る