KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
AI/ロボット工学
Chad Hagen
35歳未満のイノベーター35人 2022AI/ロボット工学
人工知能(AI)の分野は目覚ましく進展している。しかし、だからといって機械に人間の知能を持たせることができるというわけではないことに注意すべきだ。

Kathleen Siminyu キャスリーン・シミニュ (28)

所属: モジラ財団

英語中心のインターネットに、アフリカの言語でもアクセスできる道を切り拓く。

発話および言語関連のテクノロジーの進歩によって、音声検索、テキスト読み上げアプリ、音声認識、そして機械翻訳などのツールが誕生した。しかし、これらのツールは認識できるように訓練された言語に対してしか機能しない。典型的には英語、フランス語、または中国語などだ。数百万人のアフリカ人が話す多様な言語など、その他の多くの言語には依然として未対応なのだ。キャスリーン・シミニュ(28歳)は、この現状を変えたいと考えている。シミニュが立ち上げたフェローシップ・プログラムを通して、9つのアフリカの言語に関してオープンソースのデータセットが作成された。さまざまなな機械学習タスクで使用できるよう、注釈(アノテーション)も付けられている。シミニュは、「インターネット上で容易に入手できるですべての情報が、英語と同様にアフリカの言語でもアクセスできるかもしれない未来」を想像している。

人気の記事ランキング
  1. Why it’s so hard for China’s chip industry to become self-sufficient 中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. Researchers taught robots to run. Now they’re teaching them to walk 走るから歩くへ、強化学習AIで地道に進化する人型ロボット
人気の記事ランキング
  1. Why it’s so hard for China’s chip industry to become self-sufficient 中国テック事情:チップ国産化推進で、打倒「味の素」の動き
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. Researchers taught robots to run. Now they’re teaching them to walk 走るから歩くへ、強化学習AIで地道に進化する人型ロボット
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る