KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
構想者
JON HAN
35歳未満のイノベーター35人 2017構想者
現状に満足しないイノベーターたちは、物事を劇的に改善することを目指しています。

Amanda Randles アマンダ・ランドルス (34)

所属: デューク大学

人体を流れる血液をシミュレーションして、がん細胞の転移を予測する。

医用生体工学が専門のデューク大学のアマンダ・ランドルス助教授は、特定の人物の医療画像に基づくモデルで人体全体に血液を循環させるシミュレーションを行うソフトウェアを開発している。「ハービー(HARVEY)」と呼ばれるソフトウェアの名前は、循環系に関する著書を初めて著した17世紀の外科医ウィリアム・ハービーにちなんだものだ。ハービーは何百万もの血球が血管内を移動する際の流体力学に関する計算を実行するため、スーパーコンピューターが必要である。ランドルスは循環系の流体力学モデルに関する次の計画も持っている。外科医の指標となるよう、がん細胞が体内をどのように移動するかを予測する、心臓疾患のある新生児に対するスキャンである。

(アントニオ・レガラード)

 

人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #28 「自動運転2.0  生成AIで実現する次世代自律車両」開催のご案内
  2. How thermal batteries are heating up energy storage レンガにエネルギーを蓄える「熱電池」に熱視線が注がれる理由
  3. 10 Breakthrough Technologies 2024 MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る