KADOKAWA Technology Review
×
開拓者
35歳未満のイノベーター35人 2017開拓者
がん治療からインターネットセキュリティ、自動運転車まで、新鮮で予期せぬ解決策を導く人たち。

Fabian Menges ファビアン・メンゲス (32)

IBMチューリッヒ研究所

マイクプロセッサー内部などナノスケールの部品の温度を測定する方法を発明した。

自律運転やAI(人工知能)の心臓部で使われるような複雑なマイクロプロセッサーは、過熱して停止することがある。停止したマイクロプロセッサーの内部では通常、ナノメートルスケールの構成部品に障害が発生している。しかし、数十年にもわたって、チップの設計者の誰一人として、このような微小な部品の温度を測定する方法を見つけ出せなかった。

 

スイスのIBMチューリッヒ研究所の研究員であるファビアン・メンゲス博士は、熱抵抗の変化と熱が表面を伝わる際の変動率を測定する走査プローブ法を発明し、 10ナノメートル以下の小さな構造体の温度を測れるようにした。この発明は、チップ・メーカーが優れた放熱性能を持つマイクロプロセッサーを設計するのに役立つだろう。

(ルス・ユスカリャン)

 

人気の記事ランキング
  1. A star called Betelgeuse might be ready to explode into a giant supernova オリオン座のベテルギウスが急速に減光、超新星爆発の兆候か
  2. We’ve detected the most powerful gamma-ray bursts on record 観測史上最も強力なガンマ線バースト、発生源は45億光年彼方
  3. Can constant acceleration be used to produce artificial gravity in space? 読者からの質問:等加速度運動で重力を作り出せますか?
  4. Tidal forces carry the mathematical signature of gravitational waves 潮汐力は重力波の一種=南アフリカ研究チームの新論文
  5. Australia’s fires have pumped out more emissions than 100 nations combined オーストラリア山火事、100カ国分の二酸化炭素が排出される悪循環
人気の記事ランキング
  1. A star called Betelgeuse might be ready to explode into a giant supernova オリオン座のベテルギウスが急速に減光、超新星爆発の兆候か
  2. We’ve detected the most powerful gamma-ray bursts on record 観測史上最も強力なガンマ線バースト、発生源は45億光年彼方
  3. Can constant acceleration be used to produce artificial gravity in space? 読者からの質問:等加速度運動で重力を作り出せますか?
  4. Tidal forces carry the mathematical signature of gravitational waves 潮汐力は重力波の一種=南アフリカ研究チームの新論文
  5. Australia’s fires have pumped out more emissions than 100 nations combined オーストラリア山火事、100カ国分の二酸化炭素が排出される悪循環
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る