KADOKAWA Technology Review
×
「宇宙ビジネスの時代」を先取りするテクノロジー・カンファレンス 
お得な「早割」販売中。
起業家
35歳未満のイノベーター35人 2017起業家
クリスパー(CRISPR)やフレキシビルな電子回路のようなイノベーションを取り入れ、それをビジネスに変える人たちを紹介します。

Rachel Haurwitz レイチェル・ハウルウィッツ (32)

カリブー・バイオサイエンシズ

有望な遺伝子編集法であるクリスパー(CRISPR)の商業化を推進。

レイチェル・ハウルウィッツはあっという間に、研究室の歯車から熱狂の中心にある最高経営責任者 (CEO) に登りつめた。その理由は、画期的なゲノム編集技術である「クリスパー(CRISPR)」にある。2012年、彼女はカリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・ダウドナ研究所で、クリスパーを使ったDNA鎖を編集する画期的な手法を披露していた。

その数週間後、ハウルウィッツは、携帯の電波も届かず、デスクもない地下室から、サンフランシスコ湾を望む最上階にオフィスを移した。ハウルウィッツはクリスパーの特許を取得し、製薬会社、調査会社、そしてデュポンのような農業関連大手企業との取引する、カリブー・バイオサイエンシズ(Caribou Biosciences)のCEOに就任した。カリブー・バイオサイエンシズは、ジェニファー・ダウドナ研究所からスピンアウトしてつくられた。ハウルウィッツは現在、ゲノム編集のコアテクノロジーの改善を行う44人のスタッフを抱えている。最近の開発の1つに、クリスパーが間違いを犯したときに役立つ「SITE-Seq」というツールがある。

(アントニオ・レガラド)

人気の記事ランキング
  1. You can now listen to rumbling marsquakes heard by NASA’s Mars lander NASA、探査機インサイトが観測した火星の地震の「音」を公開
人気の記事ランキング
  1. You can now listen to rumbling marsquakes heard by NASA’s Mars lander NASA、探査機インサイトが観測した火星の地震の「音」を公開
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る