KADOKAWA Technology Review
×
構想者
35歳未満のイノベーター35人 2017構想者
現状に満足しないイノベーターたちは、物事を劇的に改善することを目指しています。

Greg Brockman グレッグ・ブロークマン (28)

オープンAI

AIに羞恥心を与えようと考えている研究者。

人間のような人工知能(AI)の実現はまだ先が長いが、今こそAIの安全性について検討を開始すべき時であるとグレッグ・ブロークマンは考えている。オンライン決済企業であるストライプ(Stripe)の設立に協力した後、イーロン・マスクらと「オープンAI(OpenAI)」を共同で設立したのもそのためである。

非営利の研究グループであるオープンAIは、AIがさらに高度化しても、人間社会に対して確実に有益であり続けることに力を入れている。ブロークマンはオープンAIにおいて、研究者の採用から、新たな学習アルゴリズムを試すための支援に至るまで、多くの重要な役割を担っている。ブロークマンによれば、AIシステムが誤った行動を犯さないようにするためには、いずれ羞恥心に似たものが必要になってくるという。「AIは人類が創り出す、史上最も重要なテクノロジーになるでしょう」とブロークマンは言う。「だからこそ、正しさが重要なのです」。

(マイク・オーカット)

人気の記事ランキング
  1. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
人気の記事ランキング
  1. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る