Oriol Vinyals オリオル・ビニャルズ (33)

グーグル・ディープマインド

コンピューターにゲームのやり方を学習させるのは遊びの延長のようで、AIビジネスの根幹を担っている。

オリオル・ビニャルズは15歳の時、領地を3種族間で争うオンライン・ゲーム『スタークラフト(StarCraft)』に夢中になった。チェスが白・黒・赤の3種類のコマを使うゲームだとしたら、スタークラフトはチェスに似ているだろう。ビニャルズはスペインのトップ・プレーヤーになった。「スタークラフトが私の人生に後々関わってくるとわかっていました。スタークラフトが提示する人工知能(AI)の問題に興味をそそられたのです」とビニャルズはいう。

ビニャルズの予感が現実化したのはそれから10年以上経ってからだった。カリフォルニア大学バークレー校に在学中、ビニャルズはスタークラフトを自動的にプレイするAIボットの開発に関わったのだ。ボットの名前は「オーバーマインド」(ビニャルズがディープマインドに入社したのは2016年1月)で、機械学習の成功を体現するような性能があった。

「グーグルのAIチームのメンバーとして言語翻訳の新手法の開発に関わっていたビニャルズは、あるときひらめいた」

その後グーグルのAIチームのメンバーとして言語翻訳の新手法の開発に関わっていたビニャルズに、あるひらめきがあった。コンピューターが画像を正確に説明できるかどうか調べることにしたのだ。画像をテキストにするのも、言語翻訳の一種だろう。「あの時のことはよく覚えていますよ。ソースコードを一行変えたんです。フランス語を翻訳するのではなく、画像を入力することにしたのです。」という。翌日、ビニャルズは自分のプログラムに写真(賑わった市場に露店が映っており、バナナが散らばっていた)を見せたところ、「人々がマーケットでフルーツを買っている」という文が出力された。「成功でした。プログラムは単純に『人々が道に立っている』と説明するのではなく、もっと高度なレベルで画像を読み取ったのです」とビニャルズは回想する。ビニャルズが開発したテクノロジーは、現在グーグルの画像検索に組み込まれており、検索語を入力するとコンピューター関連する画像を表示する。

ビニャルズのチームが開発したテクノロジーは現在、Gメール内のスマート・リプライ機能(自動予測返信)にも使われており、受信したメールに対して簡単な返信を提案してくれる。今、ロンドンのグーグル・ディープマインドに加わったビニャルズは、原点に戻ったともいえる。ビニャルズは、複雑なゲームをプレイして勝つ方法を、ハードコード化したルールではなく、経験から自ら学ぶコンピューターを開発しているのだ。

(サイモン・パーキン)

人気の記事ランキング
  1. Potential Carbon Capture Game Changer Nears Completion 二酸化炭素を完全に回収、 「未来の火力発電所」が 間もなく稼働
  2. The Truth about China’s Cash-for-Publication Policy ネイチャー掲載で年収20倍、中国の報奨金制度の実態が判明
  3. Amazon Has Developed an AI Fashion Designer ファッション業界に衝撃、 アマゾンがAIデザイナーを 開発中
  4. Are There Optical Communication Channels in Our Brains? 人間の脳内に光通信チャネルが存在する可能性
  5. Apple Needs an Entirely New iPhone, Not Just a New Version アイフォーン誕生から10年 ワンモアシングでも 発表されなかったこと
人気の記事ランキング
  1. Potential Carbon Capture Game Changer Nears Completion 二酸化炭素を完全に回収、 「未来の火力発電所」が 間もなく稼働
  2. The Truth about China’s Cash-for-Publication Policy ネイチャー掲載で年収20倍、中国の報奨金制度の実態が判明
  3. Amazon Has Developed an AI Fashion Designer ファッション業界に衝撃、 アマゾンがAIデザイナーを 開発中
  4. Are There Optical Communication Channels in Our Brains? 人間の脳内に光通信チャネルが存在する可能性
  5. Apple Needs an Entirely New iPhone, Not Just a New Version アイフォーン誕生から10年 ワンモアシングでも 発表されなかったこと