KADOKAWA Technology Review
×
発明家
35歳未満のイノベーター35人 2016発明家
未来の発明品には、スマートなスウェットバンドからメモリー・テクノロジーまでさまざまです。

Alex Hegyi アレックス・ヘジー (29)

PARC

アレックス・ヘジー研究員の新種のカメラがあれば、スマホで偽の医薬品や一番食べごろの桃を調べられる。

最新のスマホのカメラがどんなに高性能でも、アレックス・ヘジー研究員がPARC(カリフォルニア州のゼロックスのパロアルト研究所)で開発したカメラで撮影できるものの、ほんの一部しか写せないはずだ。ヘジー研究員のカメラは、目に見えない光の波長まで記録できるのだ。

ヘジー研究員のカメラは幅広い波長を記録できるので、食品店の農産物を調べたり(果物は熟してくると決まった波長を吸収するようになる)、偽物の医薬品を特定したり(本物には特有のパターンがある)と、なんでも使える。ヘジー研究員は近い将来、このテクノロジーがスマホのカメラに搭載されて、誰もが「イメージ分光」を利用したアプリを作ったり使ったりできることを期待している。

このような装置は何年も前からあったが、大型で高価だったため、食品や医薬品の監視や品質管理など、消費者向け以外の用途に限られていた。より単純で小型なヘジー研究員の装置は、モノクロUSBカメラ(液晶セルをイメージセンサ―の前にある偏光フィルターの間に固定している)を部品として利用している。接続したタブレット・コンピューターで使える画像処理のソフトウェアも開発中だ。

Hegyi’s camera records parts of the spectrum that you can’t see.
ヘジー研究員のカメラは目に見えない光線の一部を記録する
Hegyi’s prototype is a modified USB camera. Software lets him look at images in a new light, revealing novel details.
ヘジー研究員のカメラの原型は改造したUSBカメラで、ソフトウェアを使って、通常とは異なる波長の光の画像を見て、新しいことがわかる

ヘジー研究員は今後3~5年で、個人のスマホで可視光のスペクトルでは得られない情報を明らかにできると考えている。ヘジー研究員によれば、このようなツールがあれば「消費者は自分では波長について何も知っている必要はありません。消費者は写真を撮って、ディスプレイ上で『偽物』か『本物』かを区別できるのです」という。桃が熟しているかどうかもわかるかもしれない、という。

(レイチェル・メッツ)

人気の記事ランキング
  1. We’re not going back to normal 「新型コロナ後」の世界は どう変化するか?
  2. A supermassive black hole lit up a collision of two smaller black holes ブラックホールの合体を光で初観測か、カリフォルニア工科大
  3. No, coronavirus apps don’t need 60% adoption to be effective 日本でも始まる新型コロナ追跡アプリ、「6割普及」の正しい捉え方
  4. The startup making deep learning possible without specialized hardware GPU不要、汎用CPUで高速深層学習を実現するMIT発スタートアップ
人気の記事ランキング
  1. We’re not going back to normal 「新型コロナ後」の世界は どう変化するか?
  2. A supermassive black hole lit up a collision of two smaller black holes ブラックホールの合体を光で初観測か、カリフォルニア工科大
  3. No, coronavirus apps don’t need 60% adoption to be effective 日本でも始まる新型コロナ追跡アプリ、「6割普及」の正しい捉え方
  4. The startup making deep learning possible without specialized hardware GPU不要、汎用CPUで高速深層学習を実現するMIT発スタートアップ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る