Heather Bowerman ヘザー・ボワーマン (31)

ドット・ラボラトリーズ

治療における性格差を解消できるかもしれない、安価なホルモンテストを開発中。

課題

「多くの病気や薬について、男女間では経験に大きな差があります。この問題が解決されるまでは、女性は限られた効果しかないかもしれない治療法で我慢するしかないのです」とドット・ラボラトリーズ創業者のヘザー・ボワーマンCEOはいう。

たとえば、動脈内でのホルモンによる血小板形成は男女間で差がある。にもかかわらず循環器疾患の治療薬は男性に偏って試験され、その結果、女性よりも男性の死亡率が急速に改善している。詳細なホルモンのデータがあれば、医師は薬剤や治療計画を調整し、女性に対する効果を上げられるはずだ。

ソリューション

ドット・ラボラトリーズは、女性の性ホルモンのレベルをテストし、オンラインで追跡できる安価で簡単な方法を開発しているスタートアップ企業だ。患者は特定の時間に唾液を採取した試験管をドット・ラボラトリーズに郵送する。ドット・ラボラトリーズはホルモンレベルのデータをアプリに送り、本人や担当医に確認してもらう。今はまだベータ版の段階だが、2017年中には手法の有効性に関するデータを公表し、診断可能な製品を発売する予定である。

ホルモンの変化を考慮に入れた薬剤を開発するには時間がかかる。それでも、ライフサイエンス企業に投資しているアヌラ・ジャヤスリヤ医師は、このようなテストが「基礎研究や臨床医療における性の偏りが解消される」のに役立つだろうという。

(デビッド・タルボット)

人気の記事ランキング
  1. Biological Teleporter Could Speed Outbreak Response, Seed Life Through Galaxy 史上初の生体転送機、 米国のバイオ企業が披露
  2. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  3. Why “Magnetic Tape” is to be restored in the IoT era なぜ今、磁気テープなのか? IoT時代に躍進する データストレージ
  4. It Pays to Be Smart 日本企業がMITの スマート・カンパニーに ランクインしなかった理由
  5. First Object Teleported from Earth to Orbit 地上から衛星への量子テレポーテーションに初成功、中国チーム
人気の記事ランキング
  1. Biological Teleporter Could Speed Outbreak Response, Seed Life Through Galaxy 史上初の生体転送機、 米国のバイオ企業が披露
  2. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  3. Why “Magnetic Tape” is to be restored in the IoT era なぜ今、磁気テープなのか? IoT時代に躍進する データストレージ
  4. It Pays to Be Smart 日本企業がMITの スマート・カンパニーに ランクインしなかった理由
  5. First Object Teleported from Earth to Orbit 地上から衛星への量子テレポーテーションに初成功、中国チーム