KADOKAWA Technology Review
×
いまならワンコインで購読できます!
お試しキャンペーン
発明家
35歳未満のイノベーター35人 2016発明家
未来の発明品には、スマートなスウェットバンドからメモリー・テクノロジーまでさまざまです。

Adam Bry アダム・ブライ (27)

スカイディオ

人の周りを飛び、空飛ぶアシスタントとして役に立つドローンを作る。

「私がスカイディオを共同で創業したとき、私たちは人々がドローンで何をしたいのかよくわかっていたので、ドローンはできるはずのことに比べて完成度が低いと気付きました。現在、大半の消費者は、箱から出して木に引っ掛けてしまいます。

私たちが作っている消費者向けのドローンは、物理的世界を理解し、人間に知的に対応し、そうした情報を利用して状況判断ができるのです。ドローンにはカメラが付いていて、コンピューター・ビジョンで動きを追跡し、物理的世界を3次元で把握できるようになっています。『これは人』、『これは木』と理解します。私たちは、ドローンが木などの障害物のそばを問題なく確実に自動飛行し、歩いている人や走っている人、自転車に乗る人について行けることを実演してみせました。

Building drones that can navigate the world and serve as airborne assistants.
人の周りを飛び、空飛ぶアシスタントとして役立つドローンを作る

毎週毎週、より賢く、より多くのことができるようになります。異なる状況で行動し、反応するようになるのです。

人の周りを飛び、空飛ぶアシスタントとして役立つドローンを作る

まだ多くのことを話すつもりはありませんが、弊社の製品はハイエンドの消費者向けであり、熟練したパイロットと同等以上の飛行能力があります。ユーザーの周りのどこでも飛び回るカメラは、とても役立つツールになるでしょう。ドローンは、モバイル・ロボットが初めて広く利用される分野になる可能性が高いのです。ドローンが世の中に出回り始め、人々がドローンを操作し、関わり始める、興味深い未来がやって来ます。

(トム・サイモナイトに語る)

人気の記事ランキング
  1. Ten big global challenges technology could solve テクノロジーが解決すべき「世界の10大課題」
  2. The 10 worst technologies of the 21st century セグウェイから電子たばこまで、「残念なテクノロジー」10選
  3. Ryugu is a heap of space rubble that might unlock the mysteries of water on Earth はやぶさ2の探査結果が続々 原始地球の謎解明も
人気の記事ランキング
  1. Ten big global challenges technology could solve テクノロジーが解決すべき「世界の10大課題」
  2. The 10 worst technologies of the 21st century セグウェイから電子たばこまで、「残念なテクノロジー」10選
  3. Ryugu is a heap of space rubble that might unlock the mysteries of water on Earth はやぶさ2の探査結果が続々 原始地球の謎解明も
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る