KADOKAWA Technology Review
×
来たれ、世界を変える若きイノベーター
「Innovators Under 35」日本初開催!
構想者
35歳未満のイノベーター35人 2016構想者
物事を他の人とは少し違った視点で捉えることで、思いもしない用途でテクノロジーが効果を発揮します。

Nora Ayanian ノーラ・アヤニアン (34)

南カルフォルニア大学

より優れたロボットを作るにはどうすればいいのか考えたノラ・アヤニアンは、ロボットではなく、人間を研究することにした。

南カルフォルニア大学のノーラ・アヤニアン助教授は、ロボットは人だという。奇をてらっているのではなく、そう考えた方が研究に役立つのだ。

コンピューター科学者であるアヤニアン助教授は、機械が人と一緒に作業すべきだと考えている。たとえば、農家がドローンに自動的に作物の成熟度を計測し、土の標本を持ってきて欲しい場面を想像してみよう。それぞれのドローンの担当エリアは別だし、移動しながら個別の問題を解決しなければいけないから、すべてのドローンに同じ命令をプログラムしても上手くいかない。グループを構成するメンバーが、それぞれの能力を上手に活かしてその場で問題を解決するのが上手なのは、人間なのだ。

そこでアヤニアン助教授は、人間を研究することでロボットの共同作業を研究することにした。たとえば、人間のグループの五感を制限してコミュニケーションを妨げる単純なゲームを遊んでもらう。参加者は、画面上の画像を輪にするなど「何か意味のあること」を協力して進める方法を探すように指示される。メンバーが最小限の情報しか与えられないとき、この種の課題を人間どう協力して解決するのかをするかをアヤニアン助教授は観察したのだ。

指令ロボットを一体作ればいいのでは? 確かに、畑全体を監視し、他のドローンに命令するロボットが一体いれば済む話に思える。しかしアヤニアン助教授は、指令ロボットの電源が切れたり、故障したりした場合を想定すべきだという。協力して作業できるようになれば、それぞれのロボットがそれぞれの方法で作業に当たるチームの方が問題解決には向いている、と考えているのだ。

(ライアン・ブラッドリー)

人気の記事ランキング
  1. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  2. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  3. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
  4. Astronauts on the ISS are hunting for the source of another mystery air leak ISSで再び原因不明の空気漏れ、乗組員が発生場所を調査中
  5. How to talk to conspiracy theorists—and still be kind 「あなただけが特別ではない」陰謀論者と対話する10のヒント
人気の記事ランキング
  1. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  2. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  3. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
  4. Astronauts on the ISS are hunting for the source of another mystery air leak ISSで再び原因不明の空気漏れ、乗組員が発生場所を調査中
  5. How to talk to conspiracy theorists—and still be kind 「あなただけが特別ではない」陰謀論者と対話する10のヒント
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る