Jonathan Downey ジョナサン・ダウニー (32)

エアーウェア

ドローン制御ソフトの開発者は、自律飛行機の長期にわたる成長を予感して起業した。

2002~2006年

マサチューセッツ工科大学(MIT)で工学とコンピューター科学を学んでいたダウニーは、ドローンを製作し、他大学と競う団体を創設する。

2005~2010年

ボーイングに勤務しながら、ダウニーはペンタゴン(米国防総省)から助成金を受け、自律飛行ヘリコプターの飛行制御ソフトウェアを開発する。

2011年

スタートアップ企業「エアーウェア」を創業。ダウニーは、無人飛行機用のオートパイロットシステムは「柔軟性がなく、費用がかかる」ため、新機能の追加が難しく、嫌気が差したのが理由だ。また、5カ月間、ターボプロップ機を使用し、ラスベガス・グランドキャニオン間の旅客輸送に従事する。

Airware has raised more than $70 million in venture capital to make it easy for companies to do things with drones.
エアーウェアは、企業のドローン利用を支援するため、7000万ドルを超える資金を集めた。

2012年

エアーウェアがドローンメーカーに最初の制御ソフトウェアを出荷。

2014年

ゼネラル・エレクトリックがエアーウェアに出資。このとき、ドローンには送電線などの産業設備のメンテナンス作業の安全性を高め、コストを下げる可能性があるとゼネラル・エレクトリックが提案。

2015年

エアーウェアが大企業向けのドローン利用支援製品をいくつか発売する。たとえば、元ゲーム開発者が設計したソフトウェアを使うと、導入企業は地図をクリックするだけで、簡単に広大な施設の空中写真を撮影できる。ステートファームは、エアーウェアのテクノロジーで悪天候による屋根への被害を検査している。

2016年

米国規制当局が、企業のドローン利用方法を厳しく制限していた規則を撤廃する。この結果、エアーウェアのサービスを利用する企業を増やすにあたって、障害がなくなる。

2025年

企業グループ「米国際無人機協会」の予測によれば、商用ドローンは、この年までに800億ドル相当の事業規模と10万人の雇用を生み出す。ダウニーは「ドローンを使わずに仕事をすることが想像できなくなりますよ」という。

(トム・サイモナイト)

人気の記事ランキング
  1. Potential Carbon Capture Game Changer Nears Completion 二酸化炭素を完全に回収、 「未来の火力発電所」が 間もなく稼働
  2. The Truth about China’s Cash-for-Publication Policy ネイチャー掲載で年収20倍、中国の報奨金制度の実態が判明
  3. Amazon Has Developed an AI Fashion Designer ファッション業界に衝撃、 アマゾンがAIデザイナーを 開発中
  4. Are There Optical Communication Channels in Our Brains? 人間の脳内に光通信チャネルが存在する可能性
  5. Apple Needs an Entirely New iPhone, Not Just a New Version アイフォーン誕生から10年 ワンモアシングでも 発表されなかったこと
人気の記事ランキング
  1. Potential Carbon Capture Game Changer Nears Completion 二酸化炭素を完全に回収、 「未来の火力発電所」が 間もなく稼働
  2. The Truth about China’s Cash-for-Publication Policy ネイチャー掲載で年収20倍、中国の報奨金制度の実態が判明
  3. Amazon Has Developed an AI Fashion Designer ファッション業界に衝撃、 アマゾンがAIデザイナーを 開発中
  4. Are There Optical Communication Channels in Our Brains? 人間の脳内に光通信チャネルが存在する可能性
  5. Apple Needs an Entirely New iPhone, Not Just a New Version アイフォーン誕生から10年 ワンモアシングでも 発表されなかったこと