KADOKAWA Technology Review
×
シャーロット・ジー 394 Stories
プロフィールを見る
  1. ビジネス・インパクト
    ヴァージン・オービット、空中打ち上げロケットの初試験に失敗
    米国の人工衛星企業であるヴァージン・オービットは、同社の主力ロケットであるランチャーワン(LauncherOne)の初飛行試験に失敗した。 Charlotte Jee5日前
  2. 生命の再定義
    新型コロナ感染第2波を警戒、武漢市が住民1100万人を検査へ
    中国・武漢で4月8日の都市封鎖を解除して以来初めて、新型コロナウイルス感染症の感染者が6人見つかった。当局は新型コロナウイルス感染の第2波に備え、全住民1100万人に対して10日以内に検査を実施する計画だ。 Charlotte Jee19日前
  3. コネクティビティ
    英国政府、ロックダウン解除へ向け接触者追跡アプリを試験
    英国政府はワイト島の住民に、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染者との接触を追跡する、公式アプリのダウンロードを呼び掛けると発表した。 Charlotte Jee20日前
  4. 生命の再定義
    経済再開に1日2000万件の検査体制が必要、ハーバード大が提言
    専門家グループが、この夏、米国経済を安全に再開するための計画を作成した。だが、毎日2000万件の検査を実施し、接触者の追跡調査を拡大し、隔離が必要な人々への適切な支援が少なくとも必要だとしている。 Charlotte Jee38日前
  5. コネクティビティ
    「新型コロナの症状あり」フェイスブックが全米分布図を公開
    新型コロナウイルス感染症の症状の有無について、フェイスブックは米国で実施されたアンケート調査の結果を分布図として公開した。 Charlotte Jee40日前
  6. コネクティビティ
    FBが新型コロナ対策を強化、デマ反応ユーザーをWHOへ誘導
    フェイスブックが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するデマを流したユーザーを、世界保健機関(WHO)のWebサイトにあるデマ撲滅ページに誘導する取り組みを始める。 Charlotte Jee42日前
  7. ビジネス・インパクト
    WHOへの資金凍結を発表したトランプ大統領に批判が殺到
    新型コロナウイルスのパンデミックにおいて世界保健機関(WHO)が不適切な行動をとったとしてWHOへの資金拠出の凍結を発表したトランプ大統領に対し、世界中の政治指導者および科学専門家から厳しい批判が寄せられている。 Charlotte Jee44日前
  8. コネクティビティ
    フェイスブック、カップル向けの新アプリをリリース
    フェイスブックがカップル向けの新しいアプリ「チューンド(Tuned)」をリリース。若者ユーザーの獲得と恋愛サービスの取り込みを狙う。 Charlotte Jee48日前
  9. コネクティビティ
    ワッツアップが転送制限、新型コロナ関連のデマ拡散防ぐ
    ワッツアップは、同社が「非常に多く転送されている」と識別したメッセージの転送制限を発表した。新型コロナウイルス感染症に関するデマ拡散のスピードを抑えることが狙いだ。 Charlotte Jee54日前
  10. コネクティビティ
    リモートワークで利用急増の「ズーム」、安全性に疑問の声も
    新型コロナウィルスで在宅勤務が広がる中、ビデオ会議プラットフォームの「ズーム(Zoom)」が人気を集めている。だが、セキュリティ上の問題を指摘する声が相次いでいる。 Charlotte Jee59日前
  11. 生命の再定義
    新型コロナ、感染力ピークは発症後「5日」か=独新研究
    新研究によると、新型コロナウイルスの感染防止には飛沫対策に焦点を当てるべきだという。マスク着用の方針見直しにも影響を与える可能性がある。 Charlotte Jee59日前
  12. コネクティビティ
    新型コロナ、正しい情報提供にチャットボットも一役
    世界保健機関(WHO)、米国疾病予防管理センター(CDC)、英国国民健康サービス(NHS)といった、世界各地の保健当局がチャット・ボットを駆使して新型コロナウイルス関連の正しい情報提供に努めている。 Charlotte Jee61日前
  13. ビジネス・インパクト
    米アマゾンの配送スタッフらがスト、新型コロナで待遇改善求め
    全米で食料品の即日配達サービスを運営するインスタカート( Instacart )の配達員と、アマゾンのニューヨーク州スタテン島の倉庫作業員らは3月30日、ストライキに突入する予定だ。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が拡大する中、引き続き自宅外での勤務が要求されていることを受け、安全面の対応強化や金銭的補償を会社側に求めている。 Charlotte Jee62日前
  14. コネクティビティ
    新型コロナ感染拡大の「謎」解明へ、新スマホアプリが登場
    新型コロナウイルスの感染拡大追跡を目的としたアプリが米国で公開された。英国ではすでに75万人が利用しており、大量のデータが集まれば、新型コロナウイルス感染症の謎の解明に役立つ可能性がある。 Charlotte Jee62日前
  15. 生命の再定義
    新型コロナウイルス、クルーズ船内で最長17日残存=CDC報告
    米国疾病予防管理センター(CDC)が新たに発表した研究によると、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で全乗客を下船させてから最長17日後まで、極めて微量の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が船内で検出された。これまで考えられていたよりもはるかに長い期間、物体表面上に残存する可能性がある。 Charlotte Jee67日前
  16. ビジネス・インパクト
    新型コロナで注文激増、アマゾンが米国で10万人を新規雇用へ
    アマゾンは新型コロナウイルスの感染拡大によるネット販売の需要急増に対応するため、倉庫および配送の作業に携わる従業員を米国で新たに10万人雇用する計画を発表した。 Charlotte Jee73日前
  17. 生命の再定義
    新型コロナ、武漢含む河北省で新たな感染者がゼロに
    中国国営メディアの発表によると、新型コロナウイルスの発生地である武漢市を含む湖北省全体で初めて、同ウイルスの新たな感染者が確認されなかったという。中国政府は市内を早期に封鎖して出入りを厳しく制限しており、この対策が功を奏した可能性がある。 Charlotte Jee73日前
  18. ビジネス・インパクト
    新型コロナが浮き彫りにする、テック業界の「不平等」な現実
    新型コロナウイルス感染症の拡大により、正規雇用者に与えられるような保護を受けられない請負業者が大きな痛手を被っており、テック分野に蔓延する不平等が明らかになっている。 Charlotte Jee74日前
  19. 知性を宿す機械
    機械学習で神経信号を増幅、「意のままに動く義手」実現へ成果
    機械学習の手法を用いて神経信号を増幅することで、上肢切断者が自らの意思で義肢をコントロールできることを示す実証実験の結果が報告された。神経信号を記録する電極を埋め込まれた4人の被験者は、小さなおもちゃのブロックを拾い上げたり、じゃんけんをしたりできるようになった。 Charlotte Jee82日前
  20. 宇宙史上最大の爆発、へびつかい座銀河団で観測
    天文学者らが、今まで宇宙で観測したことのない大規模な爆発を検出した。この大爆発は地球から3億9000万光年離れ、高温ガスとダークマター(暗黒物質)の入り混じった数千の個々の銀河で構成されるへびつかい座銀河団で起こった。 Charlotte Jee3カ月前
  21. 新型コロナウイルスで米国初の「市中感染」、検査体制に課題
    米国で、新型コロナウイルスが流行している地域への渡航歴がなく、感染者との接触も確認されていない患者が新型コロナウイルス感染症と診断されたと、米国疾病予防管理センター(CDC)が発表した。おそらく、国内初の「市中感染」例と思われる。 Charlotte Jee3カ月前
  22. ディープフェイクで演説「吹き替え」、インドの政治家が映像拡散
    デリーの州議会選挙を前にした2020年2月初旬、インドの政権与党であるインド人民党(Bharatiya Janata Party:BJP)のマノジ・ティワリ州代表は、ワッツアップ(WhatsApp)でディープフェイクを拡散した。ヴァイス(Vice)が報じた。 Charlotte Jee3カ月前
  23. ツイッター、「ブルームバーグ支持」アカウントを大量停止
    ツイッターは、マイケル・ブルームバーグを支持するコンテンツを投稿している70個のアカウントを停止した。ブルームバーグ候補は、2020年アメリカ合衆国大統領選挙の民主党候補指名争いに出馬している。重複メッセージがプラットフォーム操作とスパムに対するポリシーに抵触するというのがその理由だ。 Charlotte Jee3カ月前
  24. 「国連、政府は高度なAIの開発を規制すべき」イーロン・マスク
    テスラ(Tesla)とスペース(SpaceX)のCEO(最高経営責任者)であるイーロン・マスクは、自身の企業の人工知能(AI)をはじめとする高度なAIの開発には規制がかけられるべきだと語った。マスクCEOは、自身が共同設立して後に離れることとなった「オープンAI(OpenAI)」に関してMITテクノロジーレビューが最近発表した記事(リンク先は米国版、日本版は翻訳中)に対する返答としてその発言をツイートした。 Charlotte Jee3カ月前
  25. 10代のうつ病とスマホ利用の関連に疑問、論文発表相次ぐ
    10代の若者のスマートフォンの使用と、うつ病や不安症との関連について研究したおよそ40本の論文を詳しく調べたところ、関連性は低く因果関係が不明瞭であることが分かった。 Charlotte Jee3カ月前
  26. 中国、新型コロナ対策で小中高生1億8000万人がネット授業に
    中国は全国規模のクラウド学習プラットフォームを立ち上げ、小中高生向けの授業放送を開始した。国営の新華社通信によると、学校が閉鎖されていても1億8000万人の児童・生徒が学習を継続できるようにするのが狙い。2月17日に始まる予定だった新学期は、新型コロナウイルス感染症(正式にはCOVID-19)の対策の一環として無期限で延期された。中国当局はウイルス感染を抑えるため、国民に対して外出を控え自宅で過ごすよう呼びかけている。 Charlotte Jee3カ月前
  27. 新型手術支援ロボ、0.3ミリの血管吻合試験をクリア
    乳がんの女性患者の手術に使われる新しい高精度の外科ロボットの臨床試験で、システムの安全性が確認された。 Charlotte Jee4カ月前
  28. ボストン・ダイナミクスのロボット犬、油田のパトロールに初採用
    ボストン・ダイナミクス(Boston Dynamics)の4脚ロボット「スポット(Spot)」が、初めて実社会での任務の1つを担当する。 Charlotte Jee4カ月前
  29. 中国政府、新型コロナ感染者との「濃厚接触」判定アプリ
    中国政府は、新型コロナウイルスに感染するリスク・レベルを確認できる「濃厚接触検出器(Close Contact Detector)」アプリの配布を開始した。 アプリは、ウイルスの感染が確認、または疑いがある人物の近くにいたかどうかをユーザーに通知する。国営の新華社通信によると、アプリは政府機関と国営の中国電子科技集団によって開発され、保健衛生と運輸当局によって収集されたデータを使用しているという。現在、コロナウイルスは中国中部の武漢から国内のほぼすべての省および、世界中に広がっている。これまでに4万人以上が感染し1000人以上が死亡しているが、そのほとんどが中国国内だ。 Charlotte Jee4カ月前
  30. 米国初のクリスパーによるがん治療、臨床試験の結果は有望
    3人の進行がん患者が、クリスパー(CRISPR)で遺伝子編集した免疫細胞の投与を受けた結果、特に深刻な副作用は見られなかったと報告された。クリスパー技術を使った米国初の臨床試験であり、がんにクリスパーを用いた結果の論文が発表されるのは世界で初めてだ。 Charlotte Jee4カ月前
  31. グーグル・フォトでトラブル、バックアップに第三者の動画が混入
    クラウド・ストレージに保存されていた私的な動画を間違って他人に送信してしまった情報漏洩について、グーグルが謝罪した。 Charlotte Jee4カ月前
  32. DARPA、空中で射出・回収できるドローン編隊を試験中
    米国防高等研究計画局(DARPA)は、新しいタイプのドローンの最初のテストを実施した。飛行機から射出されると編隊を組み、任務が終わったら空中で回収できるドローンだ。 Charlotte Jee4カ月前
  33. 発汗して「自己冷却」するロボット・ハンド、コーネル大が開発
    たいていのロボットは金属とモーターでできているので、簡単にオーバーヒートし、動作停止を起こしやすい。そこでコーネル大学の研究チームは、人間と同じように発汗して自己冷却する柔らかいロボット・ハンドを開発した。 Charlotte Jee4カ月前
  34. フェイスブック、外部共有データの管理ツールをようやく提供
    フェイスブックは、「フェイスブック外のアクティビティ」というツールの提供を開始した。このツールを使えば、ユーザーはフェイスブックと共有されている第三者のアプリやWebサイトのデータを管理し、削除できる。この機能がもともと2018年に発表された際には「履歴のクリア」ボタンと呼ばれていた。ちょうどフェイスブックが、数百万もの米国人の個人情報を政治コンサルタント会社であるケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica)と共有していたことで非難の的となっていた時期だ。 Charlotte Jee4カ月前
  35. 英国政府、5Gでファーウェイ製品を完全排除せず
    英国政府は、5Gネットワークの構築におけるファーウェイ(Huawei)製品の使用を認める方針だが、「機微な部分」での機器の提供は禁止する予定だ。 Charlotte Jee4カ月前
  36. 英精神科医団体がSNS企業にデータ共有を提言、自殺防止研究のため
    自殺や自傷行為に走る若者を減らす研究のために、ソーシャルメディア企業はユーザーに関するデータや自社製品の利用に関するデータを共有すべきだ。英国王立精神科医学会(Royal College of Psychiatrists)は新しい報告書でこう提言している。 Charlotte Jee4カ月前
  37. 3Dプリンター銃の規制緩和に異議、ワシントン州ら20州が提訴
    3Dプリント銃の設計図をオンラインで共有することを許可する規則に関して、ワシントン州を筆頭とする20州からなるグループが連邦政府を訴えている。訴状は1月23日、ニューヨーク州やカリフォルニア州の署名とともにシアトルの連邦地方裁判所に提出された。 Charlotte Jee4カ月前
  38. ハエの脳神経回路の高解像度マップ、グーグルの研究者らが発表
    グーグルとバージニア州のハワード・ヒューズ医学研究所ジャネリア・リサーチキャンパスの研究者が、世界最高となる高解像度の脳神経回路マップを発表した。「コネクトーム」と呼ばれるこの神経回路マップには、ショウジョウバエの脳にある2万5000個のニューロンとその間の2000万のつながりを示す配線図が示されている。 Charlotte Jee4カ月前
  39. 「ほぼ消えた」はずの強力な温室効果ガス、過去最高を記録
    二酸化炭素よりも地球温暖化への影響が1万2400倍も高い有害なガスの排出量がこれまでよりも増えていることが分かった。 Charlotte Jee4カ月前
  40. ハンドルもペダルもなし——GMクルーズ、自動運転車をお披露目
    ゼネラルモーターズ(GM)の自律自動車子会社であるクルーズ(Cruise)は、人間のドライバーを一切必要としない未来の電気自動車「オリジン(Origin)」を発表した。このクルマは個人所有を目的としておらず、将来的にスマートフォンから呼び出せる予定だ。だが、公道を走るようになるのはまだしばらく先になりそうだ。 Charlotte Jee4カ月前
  41. 宇宙建築にも活躍?「生きたレンガ」を作るバクテリア
    湿った砂の混合物が固いレンガに変化し、さらにその物質自体のコピーを作り出せる生物が見つかった。 Charlotte Jee4カ月前
  42. 知性を宿す機械
    人の動きを真似る二足歩行ロボ、「学ぶ」への一歩
    人・機械インターフェイス(HMI)を使って人間の足の動きを模倣するロボット・システムをMITとイリノイ大学の研究チームが開発した。ロボット工学の課題である自律型ロボットへの応用が期待される。 Charlotte Jee4カ月前
  43. イラン系ハッカー集団が米国に攻撃、インフラ企業狙いか
    セキュリティ会社ドラゴス(Dragos)が新たに発表した分析によると、イラン政府が後ろ盾となっているマグナリウム(Magnallium)というハッカー集団が、少なくとも1年間、米国の電力会社へのアクセスを試みていた。マグナリウムは米国の電力会社、石油、ガス会社に繋がる何百ものアカウントのパスワードを推測しようとしていた。この手法は「パスワード・スプレー攻撃」と言われている。今回の分析結果は、2019年11月に同様の組織的活動を発見したと明らかにした、マイクロソフトの調査結果とも一致する。 Charlotte Jee5カ月前
  44. 「鳥だ!」「飛行機だ!」……実はスタンフォードの「鳩型ロボ」
    ロボット工学者たちは飛行のアイデアを得るために鳥に何年も注目してきたが、ドローンを本物の鳥のように飛ばすことにはまだ成功していない。スタンフォード大学のデビッド・レンティンク助教授とその同僚らは、柔らかい羽根のついた翼で飛ぶ初のロボットを作り、その実現に一歩近づいた。 Charlotte Jee5カ月前
  45. 気候変動が長期リスクの首位に、ダボス会議を前にWEFが報告
    世界の政治やビジネスのトップ・リーダーを招いて開催する年次総会に先立ち、世界経済フォーラム(WEF:World Economic Forum)は毎年、世界が直面するリスクについて詳細な報告書を発表している。今年は、2006年に最初の報告書が発表されて以来初めて、気候変動が最大の懸案事項に位置づけられた。 Charlotte Jee5カ月前
  46. チャットのやり取りから小児性愛者の手口を検出、MSがツール提供
    マイクロソフトは、ネット上で子どもたちを手なずけようとする性的搾取者を自動で検出するシステムを開発した。「プロジェクト・アルテミス(Project Artemis)」というコードネームの新しいツールは、チャットにおける複数の対話パターンを検出するように設計されている。 Charlotte Jee5カ月前
  47. ティックトックが新ガイドライン、「誤解を招く情報」も禁止
    動画プラットフォーム「ティックトック(TikTok)」は、削除対象となる動画を規定する詳細な新ガイドラインを発表した。削除対象として、テロ、犯罪、暴力、ヘイトスピーチ、自傷行為を助長する動画を例に挙げている。 Charlotte Jee5カ月前
  48. ウクライナ旅客機はイランのミサイルが撃墜、米情報機関が主張
    米国およびカナダの情報機関職員によれば、1月8日にイランの首都テヘランから離陸した直後に墜落したウクライナの旅客機は、イランの地対空ミサイルによって撃墜されたという。 Charlotte Jee5カ月前
  49. FBI、アップルに再びアイフォーンのロック解除を要請
    米国連邦捜査局(FBI)はアップルに対し、先月、フロリダ州ペンサコーラの海軍基地で3人を殺害した銃撃犯、モハメド・サイード・アルシャムラニが所持していた2台のアイフォーン(iPhone)のデータを要求した。アイフォーンはロックされ、データは暗号化されている。アルシャムラニは現場で警察官に射殺された。 Charlotte Jee5カ月前
  50. フェイスブック、ディープフェイク動画を削除へ
    フェイスブックは人工知能(AI)を用いて事実を歪曲した動画、いわゆるディープフェイクを削除すると発表した。フェイスブックのグローバルポリシー管理担当モニカ・ビッカート副社長はブログ記事で、「平均的な人にとって明白ではない」形で誤解を与えるような編集がされた動画を削除すると述べている。だが、この新しい方針はパロディや風刺目的の動画、あるいは発言を省いたり順番を変更えたりしただけの動画には適用されない。 Charlotte Jee5カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る