KADOKAWA Technology Review
×
米大統領選2020
米大統領選202041 Stories

パンデミック下で実施される2020年の米大統領選のカギを握るのが「信頼」だ。デマや陰謀論が飛び交う中、選挙を安全かつ完全なものにするためにはどうすべきか? 専門家の意見やネットの動向を報じていく。

  1. Why more, earlier voting means greater election security—not less
    コロナ禍で激変の米大統領選、投票の「新常態」は定着するか
    2020年の米大統領選挙は異例づくしに終わった。郵便投票と期日前投票の拡大によって投票期間が大幅に伸び、結果的に史上最高の投票率となった。新しい投票行動は今後も定着するか。 Patrick Howell O'Neill69日前
  2. How to make the next election even more secure
    4年後の米大統領選をさらに安全にする方法
    新型コロナウイルスとデマの蔓延にもかかわらず、記録的な投票率となった2020年の大統領選挙は成功に終わった。だが、投票の自由、公平、安全を維持する努力がなければ、次の選挙の成功はないだろう。 Patrick Howell O'Neill76日前
  3. The election is over, but voter fraud conspiracies aren’t going away
    大統領選は終わっても、陰謀論は終わらない
    大統領選挙の投票日から1カ月が経ち、政治的なデマや誤情報の量は減ってはいるものの、いまだ完全になくなったわけではない。くすぶり続ける「不正選挙」の不満は、民主主義への信頼を損ない、デマを利用した選挙運動の躍進を招く可能性がある。 Abby Ohlheiser79日前
  4. Biden names John Kerry climate czar, in a recommitment to global cooperation
    バイデン次期政権、ケリー元国務長官を「気候特使」に任命
    バイデン次期政権は、気候変動担当の大統領特使を新たに設置し、ジョン・ケリー元国務長官を任命したことを11月23日に発表した。ケリー元国務長官はパリ協定を推進した米外交の重鎮であり、同協定からの離脱を発表したトランプ政権からは180度の転換となる。 James Temple3カ月前
  5. How election results get certified
    トランプ抵抗でも変わらない、米大統領選の認定プロセス
    トランプ大統領はいまだに敗北を認めず、法廷闘争に持ち込もうとしている。だが、選挙結果認定プロセスは変わらず、淡々と進んでいる。 Patrick Howell O'Neill3カ月前
  6. Senior US election official: Trump's misinformation is "insulting"
    「大統領は選挙管理人の仕事に敬意を」米選挙支援委員会トップ語る
    トランプ大統領は今回の大統領選挙では大規模な不正投票があったと主張し続けており、選挙の偽情報を暴いたサイバーセキュリティ部門のトップは解任に追い込まれた。米選挙支援委員会のホブランド委員長に、選挙後に起こったことやトランプ大統領の主張について語った。 Patrick Howell O'Neill3カ月前
  7. What Biden means for Big Tech—and Google in particular
    GAFAにとってバイデン新政権の誕生は何を意味するのか?
    次期大統領であるジョー・バイデンは、選挙期間中、巨大テック企業への規制についてあまり口にしなかった。実際のところ、テクノロジー政策は次期大統領の最優先課題ではなさそうだが、グーグルに対する政府の訴訟は今後も続くだろう。 Eileen Guo4カ月前
  8. Biden calls for major investments into carbon removal tech
    動き出したバイデン次期政権の気候変動対策、CO2大気回収にも意欲
    バイデン政権移行チームが政権の初期段階における優先課題を示す文書を公開した。気候危機対策として、ネガティブ・エミッション、バッテリー貯蔵、再生可能水素、先進原子力、建築材への研究開発費用の投資に言及している。 James Temple4カ月前
  9. It might not feel like it, but the election is working
    大統領選はまだ終わらない——異例づくしで強くなった米国の選挙
    今回の大統領選挙は、おおむね想定通りに進んでいる。懸念されていたパンデミックは逆説的にシステムを強くし、安全性や完全性、投票率という面で、2020年の選挙は近年のどの選挙よりも優秀だったと総括できるだろう。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  10. Why counting votes in Pennsylvania is taking so long
    激戦のペンシルベニア州、バイデン当確に時間がかかった理由
    集計作業が続く米大統領選でバイデン候補の当選確実が報じられた。決め手となったペンシルベニア州ではまだ集計が続いている。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  11. The five biggest effects Trump has had on the US space program
    月への回帰、宇宙軍—— トランプ政権の宇宙政策とは 何だったのか?
    派手好きなトランプ大統領は4年間で米国の宇宙開発計画にさまざまな影響を与えた。以前の政権からの流れを踏襲するものも少なくないが、そうした流れを加速させ、宇宙開発計画に勢いをつけたことは間違いない。 Neel V. Patel4カ月前
  12. How to avoid sharing bad information about the election
    あなたが大統領選のデマ拡散者になるのを防ぐ7つのアドバイス
    今回の大統領選挙をめぐっては、かつてないほどの量のデマや誤情報がネットに流され、人々に害をおよぼしている。こうしたネット上の危険から身を守り、激動の選挙週間を乗り切るためには、どのように過ごしたらよいだろうか。 Abby Ohlheiser4カ月前
  13. Everyone knew that Trump would declare a premature victory. Social platforms still stumbled.
    「想定内」のトランプ勝利宣言、ソーシャルメディアの対応は?
    トランプ大統領の早すぎる勝利宣言は完全に想定内の行動だった。ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアはすぐに対応に動いたが、すべてに対応できたわけではない。 Will Douglas Heaven4カ月前
  14. Election robocalls: what we know and what we don’t
    大統領選当日は「家にいよう」 大量ロボコール、FBI捜査へ
    今回の大統領選挙では、多くの有権者がロボコールやテキストメッセージを受け取ったことが分かっている。狙いは投票行動の抑制だ。FBIも捜査に乗り出した。 James Temple4カ月前
  15. America’s technological leadership is at stake in this election
    誰が次の大統領になっても、米国は中国との競争力を取り戻さなければならない。「米国が発明して、中国が製造する」という古い固定概念はすでに時代遅れだ。 David Rotman4カ月前
  16. It’s 2020 and anti-Semitism is an electoral tactic again
    選挙戦術に利用される「反ユダヤ主義」、分断・対立の標的に
    今回の大統領選挙では、ユダヤ人コミュニティが反ユダヤ主義的なネット広告や、Qアノンのような陰謀論のターゲットにされている。ユダヤ人有権者を他の人種や民族的マイノリティと対立させようとする動きが目立つ。 Tate Ryan-Mosley4カ月前
  17. How social media sites plan to handle premature election declarations
    大統領選の「早すぎる」勝利宣言にSNS各社はどう対処しているか
    米国の大統領選挙では、勝敗は投票日当日には決まらず、票を集計して正式に確定するプロセスは投票日の後も続く。投票の結果が確定する前にいずれかの陣営が早まった勝利宣言をして混乱を起こさないようにするために、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアは対応している。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  18. Five Supreme Court rulings that signal what to expect next
    米大統領選「投票日以降」の行方を占う5つの判決
    今回の大統領選挙では、郵便の遅延が起こっていることを受けて、複数の州が郵送票の集計の規定を見直している。最高裁判所がどのような判決を下すかが、選挙結果の行方を決める可能性がある。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  19. What to expect on Election Day
    大統領選当日に起こること、 分かること、分からないこと
    11月3日の大統領選当日に何が起こるのか? 何が分かって、何が分からないのか? 専門家たちの見立ては。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  20. Congress was warned over QAnon. Hours later, Trump boosted it.
    「Qアノン? 知らない」公聴会の夜にトランプ大統領が語ったこと
    下院諜報活動常任特別委員会が主催した公聴会で、専門家は「危険な」陰謀論に関する現状への警告や対策について証言した。しかし、その夜の全国テレビ放送に登場したトランプ大統領は、陰謀論を知らないとしつつも、その一部を認め、称賛するような発言をした。 Tate Ryan-Mosley4カ月前
  21. Voters should resist blaming every election glitch on political interference
    主張:開票トラブルをすべて「不正」扱いするべきではない
    新型コロナウイルスのパンデミックに加えて期日前投票がかつてないほど多いことから、一般的なトラブルまでも、敗北した陣営から「不正」と非難される口実に使われる可能性がある。 Edward Perez4カ月前
  22. Why political campaigns are sending 3 billion texts in this election
    2020大統領選で30億通もの大量SMSが飛び交う理由
    2020年の大統領選では、携帯電話の電話番号でやりとりできる「テキスト・メッセージ(SMS)」が、かつてないほど大量に送信されている。内容をパーソナライズ化することで規制を回避し、「親密感」を演出できるからだ。 Tate Ryan-Mosley4カ月前
  23. “It’s been really, really bad”: How Latinx voters are being targeted by disinformation
    勝敗の鍵握るラテン系米国人 熾烈なデマ工作の標的に
    2020年の米大統領選において最大のマイノリティ集団となるのが、ラテン系有権者だ。ネット上ではラテン系コミュニティを標的にしたデマ工作が横行している。 Tate Ryan-Mosley4カ月前
  24. How Wisconsin’s slowed-down mail could decide the election
    郵便配達の遅れが結果を左右する? 大統領選の深刻な「故障」
    大統領選における激戦区であるウィスコンシン州で、郵送票の集計のために追加の時間を与えることに対する最高裁判所の判決は、民主党員の敗北に終わった。郵送票の扱いについては今後、大統領選挙全体を左右する大きな問題になる可能性がある。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  25. How officials are protecting the election from ransomware hackers
    米大統領選、ランサムウェア攻撃の成功よりも怖い本当の脅威
    投票日前夜にランサムウェアを選挙システムに感染させ、大統領選を混乱させるかもしれないという悪夢のシナリオを防ぐために、当局は対策に追われている。だが、真の脅威はランサムウェアそのものではない。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  26. AOC’s Among Us livestream hints at Twitch’s political power
    「あつ森」「ツイッチ」も活用の米民主党、若者取り込みに躍起
    若い有権者の投票を促すためにツイッチで人気ゲームをプレイした民主党のオカシオ=コルテス下院議員は、一気に人気配信者となった。傍観する共和党とは対照的に、民主党は若年層との接触機会を拡大している。 Tanya Basu4カ月前
  27. Data should enfranchise people, says the Democrat's head of technology
    間近に迫った米大統領選ではデータの活用が大きなカギのひとつとなりそうだ。民主党全国委員会の最高技術責任者(CTO)を務めるネルウィン・トーマスに、同党のテクノロジー戦略と今後の計画などについて聞いた。 Tate Ryan-Mosley4カ月前
  28. Efforts to undermine the election are too big for Facebook and Twitter to cope with
    「不正選挙」デマにソーシャルメディアは対処できるか
    米大統領選挙を前に、選挙を非合法化するための情報戦が繰り広げられている。こうしたデマは、他の陰謀や偽情報が易々とそこにはめ込まれてしまうため、対処が特に難しい。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  29. Inside the information war on Black voters
    激化する情報戦の内幕、 黒人有権者たちの戦い
    2020年の米大統領選は、黒人有権者の投票を阻止したいトランプ陣営と、黒人の投票率を上げたいバイデン陣営の争いでもある。オンラインにおける有権者に対する欺瞞行為は前回の大統領選から劇的に増加しており、黒人コミュニティは投票阻止を目的とした行為の標的になっている。 Tate Ryan-Mosley4カ月前
  30. Election result delays mean "the system is working" says cybersecurity chief
    選挙結果の遅れは「正常」なプロセス、米セキュリティ高官
    米大統領選の選挙結果が確定するまでには通常でも時間がかかる。「不正があったから遅れた」というデマに今から備えるべきだ。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  31. Trump’s data-hungry, invasive app is a voter surveillance tool of extraordinary power
    2020年の米大統領選挙のデジタル戦略の柱となっているのが、スマホアプリだ。トランプ、バイデンの両陣営とも専用アプリを支持者にダウンロードさせ、データを収集しているが、両者の戦略には違いがある。 Samuel Woolley4カ月前
  32. Mainstream media is the biggest amplifier of White House disinformation
    トランプ大統領発のデマ、中立謳うマスコミが拡散に加担
    「郵便投票は不正につながる」とのトランプ大統領発のデマが拡散されている。新たな研究によると、中心的役割を果たしているのはソーシャル・プラットフォームや外国勢力ではなく、大統領のツイートを無批判に報じる米国のマスメディアだという。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  33. The 2020 election could permanently change how America votes
    大統領選で急増する郵便投票、パンデミック終息後も定着か
    今年の米国大統領選挙は、新型コロナウイルスの影響で郵便による期日前投票が増えそうだ。しかし、パンデミック終息後も、便利な郵便投票を希望する有権者は増えていくだろうと米国の選挙支援委員会トップは語る。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  34. Why security experts are braced for the next election hack-and-leak
    ロシアの関与許した「漏洩合戦」、4年前の反省を生かせるか?
    2016年の米大統領選では漏洩情報がタイミングよく公開され、選挙結果に大きな影響を与えた。情報の出所や公開の意図を見極める必要がある。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  35. The Outcome: A newsletter about making the election safe again
    MITテクノロジーレビューが米大統領選を報じる理由
    MITテクノロジーレビュー[米国版]編集長から、11月に迫った米大統領選に関するニュースレター創刊のご案内。 Gideon Lichfield4カ月前
  36. Explainer: What "poll watching" really means
    トランプ大統領が呼びかける選挙監視「軍団」は何が問題か?
    トランプ大統領は大統領選挙を前に、同選挙を監視する「軍団」を作るよう支持者たちに呼びかけている。しかし、同大統領の呼びかけは、有権者に対して暴力の脅威をちらつかせる脅迫であり、私兵団による投票所や有権者登録所付近での活動は違法行為である。 Patrick Howell O'Neill5カ月前
  37. Facebook says it will ban QAnon, full stop.
    フェイスブック、「Qアノン」関連アカウントを全面排除へ
    フェイスブックは、Qアノン関連のフェイスブックページ、グループ、インスタグラムアカウントを削除すると発表した。 Abby Ohlheiser5カ月前
  38. Texas' war on drop-off votes gets almost everything wrong
    テキサス州が郵便投票の回収所を削減、知事の主張は「誤り」
    「郵便投票は不正の温床」と訴えるトランプ大統領にテキサス州知事が加勢。だが、その主張は大きな誤りだ。 Patrick Howell O'Neill5カ月前
  39. We need to shield the US space program from election cycle chaos
    米国の宇宙開発計画は 次の大統領でどう変わるか?
    米国の宇宙開発計画は時の政権の方針に翻弄されており、わずか10年強の間にターゲットは月から火星へ移行し、そして再び月に戻った。月ミッションや火星ミッションを軌道に乗せ、遠くない将来に実現させるには、NASAの計画が党派の議論や政権交代から確実に隔離される必要がある。 Neel V. Patel5カ月前
  40. Explainer: What do political databases know about you?
    間近に迫った米大統領選はトランプ、バイデン両陣営の「データ戦」の様相を呈している。米国の政治団体はデータベンダーから入手した膨大なデータセットを使って、有権者の情報をほぼ確実に把握している。 Tate Ryan-Mosley5カ月前
  41. Why Facebook’s political-ad ban is taking on the wrong problem
    フェイスブックの「政治広告禁止」で民主主義は守れるか?
    フェイスブックは米大統領選前の1週間から政治広告を一時的に禁止する。だが、政治広告の禁止だけでは対立と分断を煽るソーシャルメディアの問題は解決しない。 Tate Ryan-Mosley5カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る