KADOKAWA Technology Review
×
ニール・V・パテル 206 Stories
プロフィールを見る
  1. ビジネス・インパクト
    まるで広告? スペースXの民間人宇宙飛行を描くネトフリ作品
    ネットフリックスのドキュメンタリー作品「宇宙へのカウントダウン」が現在配信中だ。史上初の民間人だけによる宇宙飛行に迫る作品で、スペースXの広告ような内容だが、見どころもある。 Neel V. Patel8日前
  2. ビジネス・インパクト
    4万基で地球を覆うスペースXの衛星ネット、顧客はどこに?
    スペースXが、大量の通信衛星群によるインターネット接続サービス「スターリンク」のベータサービスの提供を開始した。だが、当面の間、対象は経済的に余裕のある顧客に限られ、同サービスが発展途上国にどのような影響を与えるかは不明だ。Neel V. Patel10日前
  3. ビジネス・インパクト
    NASA火星探査車が岩石のサンプル採取に成功、史上初
    NASAの火星探査車「パーサビアランス」は、ジェゼロクレーターから岩石と砂のサンプルを採取するのに成功した。同クレーターは火星古代の三角州の跡であり、生き物の化石が見つかる可能性がある。Neel V. Patel15日前
  4. ビジネス・インパクト
    夢であることを自覚できる夢、「明晰夢」をめぐる秘密
    夢であることを自覚し、自分の思い通りになる夢である「明晰夢」についてはまだ分かっていないことが多い。その一方で、明晰夢が、脳の働きについてより詳しく知るための手がかりになると考える研究者も存在する。Neel V. Patel17日前
  5. ビジネス・インパクト
    中国がチベットに天文台を計画 天文学の勢力図に影響か?
    中国がチベット高原における大型望遠鏡の建設計画を進めている。同高原の天体観測所としての条件は、すでに大型望遠鏡が設置されているチリやハワイに匹敵し、天文学における中国台頭の可能性を示唆している。Neel V. Patel29日前
  6. ビジネス・インパクト
    土星内部に「揺れ動くコア」が存在か=米最新研究
    カリフォルニア工科大学の研究によると、土星内部には岩石や氷のような物質が密集した明確なコアは存在せず、ぼんやりと拡散したコアが存在するという。NASAのミッションで収集された土星の環の地震計データからモデル化した。 Neel V. Patel32日前
  7. ビジネス・インパクト
    ボーイングの新型宇宙船、背水の陣で2度目の打ち上げへ
    ボーイングは8月3日、自社開発の宇宙船「スターライナー」で国際宇宙ステーションへ向かう無人ミッションを打ち上げる予定だ。2019年12月の同様の試験飛行は失敗に終わっており、宇宙開発における同社の命運を賭けたミッションとなるだろう。 Neel V. Patel47日前
  8. ビジネス・インパクト
    NASAが被曝線量制限の緩和を検討、女性宇宙飛行士の機会開く
    全米アカデミーがNASAに提出した報告書は、宇宙飛行士の放射線被曝線量の新基準を提案している。背景には、NASAの月や火星への新しいミッションに、女性飛行士を参加させたいという強い願いがある。 Neel V. Patel60日前
  9. ビジネス・インパクト
    ISSで200日過ごした宇宙飛行士が医師として宇宙で学んだこと
    カナダの宇宙飛行士であるデイビット・セイント・ジャックスは、エンジニア、天体物理学者、医師という異なるキャリアの道を歩んできた。そのすべてが宇宙飛行士としての任務を達成するのに役立ったという。Neel V. Patel68日前
  10. ビジネス・インパクト
    宇宙の「フォード」目指す
    ファントム・スペースの
    型破りなビジネスモデル
    アリゾナ州に本拠を置くロケット打ち上げ企業のファントム・スペースは、「宇宙のヘンリー・フォード」となってロケットを量産し、年間100回の打ち上げを目指している。スペースXの創業メンバーが率いる同社は、ライドシェアのトレンドに反して成功を収めることができるか。Neel V. Patel73日前
  11. ビジネス・インパクト
    金星の雲、生命維持には水が足りない? 期待裏切る新研究
    金星に生命体が存在する可能性はあるのだろうか。「水分活性」の観点から金星の雲における生物の居住可能性について調べた新たな研究論文によると、木星の雲のほうがまだ、生物の居住に適しているという。Neel V. Patel79日前
  12. ビジネス・インパクト
    ありふれた作業が難しい、NASA元宇宙飛行士のアドバイス
    将来、民間人が宇宙旅行をする機会は増えていくだろう。宇宙に行く前にどんな訓練をすべきか、NASAの元宇宙飛行士がアドバイスした。 Neel V. Patel85日前
  13. ビジネス・インパクト
    金星で地殻活動が継続か=新研究
    マゼラン探査機による30年前の観測記録を新たに分析した研究者らは、金星で地球と異なるタイプの地殻活動が起こっている可能性があると発表した。2020年代に打ち上げ予定の3つの金星探査ミッションで、さらなる証拠が見つかるかもしれない。Neel V. Patel86日前
  14. ビジネス・インパクト
    宇宙記者が選ぶ、太陽系で地球外生命体が見つかりそうな場所10選
    広大な宇宙で生命体が居住している天体は地球だけであり、人類は孤独な存在なのだろうか。太陽系内で生命の痕跡が見つかる可能性の高そうな場所を10カ所、存在した場合の発見のしやすさを考え合わせて順位付けした。Neel V. Patel88日前
  15. ビジネス・インパクト
    金星探査の次期ミッションが示唆する太陽系外惑星の居住可能性
    30年ぶりの金星探査ミッションとしてNASAが採択した「ダヴィンチ・プラス」と「ヴェリタス」は、金星にかつて水が存在したかどうかを調査することで、太陽系外惑星における生命の居住可能性について新たな知見をもたらしてくれる可能性がある。Neel V. Patel3カ月前
  16. ビジネス・インパクト
    NASAが2つの金星探査ミッションを採択、30年の冷遇に終止符
    NASAは6月2日、2件の金星探査ミッションを新たに採択したと発表した。2件のミッションをほぼ同時期に実施することで、金星が現在のような過酷な環境になった経緯と理由が明確になることが期待される。 Neel V. Patel4カ月前
  17. ビジネス・インパクト
    宇宙の暗黒物質の詳細マップ公開で、予想外の問題が浮上
    国際プロジェクト「ダークエネルギー・サーベイ(DES)」が、宇宙の暗黒物資の分布を詳細に表した最新マップを公開した。今回の結果は、ビッグバンを起源とする「標準的宇宙論モデル」と概ね整合性が取れたものであるが、予想外の問題もいくつか浮かび上がってきた。 Neel V. Patel4カ月前
  18. ビジネス・インパクト
    ヴァージンが2年ぶり、3度目の有人飛行に成功 「年400便」へ前進
    ヴァージン・ギャラクティックが2019年2月以来、人類を宇宙との境界まで送り込むことに成功した。2021年はヴァージン・ギャラクティックにとって年間400便の商用宇宙飛行実現を目指す、勝負の年になる。 Neel V. Patel4カ月前
  19. ビジネス・インパクト
    アルテミス計画に黄信号、延期なら「宇宙天気現象」のリスク
    宇宙飛行士を再び月に送り込むNASAの「アルテミス計画」は、2020年代後半にずれ込む可能性が高まっている。だが、英レディング大学の新しい研究によると、2020年代後半は異常な太陽嵐が起きるリスクが高いという。 Neel V. Patel4カ月前
  20. ビジネス・インパクト
    中国の探査車が火星着陸に成功 宇宙大国としての地位を確立
    中国の火星探査車「祝融」が火星表面への着陸に成功した。火星へ探査車を送り込むのに成功したのは米国に続く2番目であり、中国が世界有数の宇宙開発国であることが実証された。 Neel V. Patel4カ月前
  21. ビジネス・インパクト
    長征5号コアブースター、9日に大気圏再突入か 中国の姿勢に批判
    中国が4月29日に打ち上げた長征5号のコアブースターが制御不能な状態で宇宙に放置されており、日本時間で5月9日に大気圏に再突入することが予測されている。地表に落下する時間帯や場所を正確に予測することは難しく、大惨事が起こる可能性も否定できないため、中国の無責任な行動に世界中が神経をとがらせている。 Neel V. Patel4カ月前
  22. ビジネス・インパクト
    ついに始まった中国の宇宙ステーション建造、その狙いは?
    中国は4月29日、宇宙ステーション構築のための最初のモジュールである「天和」の打ち上げに成功した、中国が2022年末までの運用開始を目指す「中国宇宙ステーション」は、科学や地政学の見地から意味があることはもちろんだが、国内外に向けて威信を示すことに最たる狙いがあるようだ。 Neel V. Patel5カ月前
  23. ビジネス・インパクト
    NASA、火星で酸素の生成に成功
    米国航空宇宙局(NASA)の火星探査車「パーサビアランス」に搭載された機器による実証実験で、二酸化炭素が豊富な火星の大気から酸素を抽出できることが確認された。酸素は、宇宙飛行士が呼吸するのに必要なだけでなく、ロケット燃料の重要な原料にもなる。 Neel V. Patel5カ月前
  24. ビジネス・インパクト
    50年ぶりの月面再訪にスペースXの着陸船 ライバル逆転
    NASAは、2020年代に予定しているアルテミス計画において、月周回軌道と月面を往復する着陸船に、スペースXの「スターシップ」を使うことを明らかにした。NASAが昨年、月着陸船に関して3つのグループと締結した契約では、スペースXは受け取る金額が最も少なく、技術や管理面の評価も低かったが、「逆転」した。 Neel V. Patel5カ月前
  25. ビジネス・インパクト
    宇宙にもオープンソースの波 NASAが最新月面探査車に活用
    宇宙へのミッションではこれまで、大金をつぎ込んで開発した独自仕様のソフトウェアを使用するのが一般的だった。しかし、宇宙産業が急成長を遂げるにつれて、より安価で利用しやすいオープンソース・ソフトウェアの利用が注目されるようになってきている。 Neel V. Patel5カ月前
  26. ビジネス・インパクト
    ボリソフ彗星に新たな知見、実は原始のタイムカプセル
    2019年8月に発見され、当初はまったくありふれた彗星だと考えられていたボリソフ彗星について、新たな知見を示す論文が発表された。同論文によると、ボリソフ彗星は、これまで観測された中で、もっとも「原始の状態」を保っている彗星だというのだ。 Neel V. Patel6カ月前
  27. ビジネス・インパクト
    生命誕生、「落雷」きっかけか? 生命探索に新たな視点
    地球上の生命の誕生に落雷が関係している可能性が新たな研究によって示された。この研究は火星での生命探索にも影響を与えるかもしれない。Neel V. Patel6カ月前
  28. ビジネス・インパクト
    たった数日で宇宙へ?
    民間主導で変わる
    宇宙飛行士の訓練
    かつては、宇宙飛行士になるには長期間の厳しい訓練に耐える必要があった。しかし、今年にも民間宇宙飛行士によるミッションが始まるようになり、宇宙飛行士が受ける訓練の様子は大きく様変わりした。 Neel V. Patel6カ月前
  29. ビジネス・インパクト
    周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開
    「イベント・ホライズン・テレスコープ」プロジェクトの科学者らは新たな画像を公開した。2019年に公開した超大質量ブラックホールの画像を鮮明化したもので、ブラックホールがどのように物質を吸い込んで成長するのかを解明するための手がかりとなるだろう。 Neel V. Patel6カ月前
  30. ビジネス・インパクト
    宇宙ジェットが巨大ブラックホールの成長を促進、国際天文チーム
    超大質量ブラックホールは絶えず高エネルギー物質を放出しているにもかかわらず、なぜ急速に成長できるのだろうか。天文学者の国際チームは、宇宙ジェットがこうしたブラックホールの急速な成長を促す助けになっていることを示す証拠を発見した。 Neel V. Patel6カ月前
  31. コネクティビティ
    ハッブル宇宙望遠鏡はあとどれくらいもつのか?
    ハッブル宇宙望遠鏡は、打ち上げ当初の予想を大きく上回る約30年という長期間にわたり、天文学分野で成果をあげてきた。ハッブルはあとしばらくはもちそうだが、晩年を迎えていることは間違いなく、後継が決まらないまま動きが止まったら、天文コミュニティに「ハッブルロス」をもたらすだろう。Neel V. Patel6カ月前
  32. ビジネス・インパクト
    スターシップが3度目の正直、高高度飛行後に垂直着陸に成功
    スペースXは宇宙船「スターチップ」の飛行試験で、10キロメートルの高度を飛行後に、垂直着陸させることに成功した(ただし、着陸後、機体は爆発)。同社は、スターシップを年内に宇宙に飛ばすという目標に確実に近づいている。 Neel V. Patel7カ月前
  33. ビジネス・インパクト
    ロケット・ラボが大型ロケットを発表、スペースXの最大のライバルへ
    ロケット・ラボは、スペースXの「ファルコン9」と直接競合する大型ロケット「ニュートロン」の建造計画を発表した。同社はこれまで小型ロケットに特化してきたが、人工衛星のメガコンステレーションやライドシェアの市場拡大を見据えて新たな方針を打ち出した。 Neel V. Patel7カ月前
  34. ビジネス・インパクト
    パーサビアランスが火星着陸に成功、映像と「音」を公開
    米航空宇宙局(NASA)は探査車「パーサヴィアランス」の火星着陸の手に汗握る映像と、火星表面で録音された初めての音を公開した。Neel V. Patel7カ月前
  35. ビジネス・インパクト
    火星探査車パーサビアランス
    着陸成功で期待される成果
    かつて火星の湖底であったジェゼロクレーターに着陸した米国宇宙局(NASA)のパーサビアランス探査車は、様々な機器を駆使して地球外生命の痕跡を探索することになっている。最大のチャレンジは、採掘機で収集した火星の土壌サンプルを地球に持ち帰ることだ。 Neel V. Patel7カ月前
  36. ビジネス・インパクト
    NASA探査機「パーサビアランス」が火星に着陸、生命探索を開始へ
    NASAの探査機「パーサビアランス」は2月18日に火星に無事着陸し、火星の景観の最初の画像を送信してきた。今年の夏には探査車が着陸地付近の本格的な調査を開始し、太古の生命の痕跡を探す予定になっている。 Neel V. Patel7カ月前
  37. ビジネス・インパクト
    白鳥座X-1ブラックホール、従来推定よりはるかに巨大だった
    57年前に発見された「白鳥座X-1」のブラックホールの質量がこれまでの推定より50%も大きいことが、超長基線電波干渉計(VLBA)の新たな観測結果から分かった。天文学者は、恒星の進化やブラックホールの挙動について再考する必要に迫られるかもしれない。Neel V. Patel7カ月前
  38. ビジネス・インパクト
    UAEの探査機「ホープ」が火星に到達、世界で5番目
    アラブ首長国連邦(UAE)は2月9日に、探査機を火星に送り込んだ世界で5番目の国となった。UAEの火星探査機「ホープ」は5月には、火星の周回軌道上からの観測を開始し、火星がなぜ死の惑星になったのかという長年の謎の究明に挑む。Neel V. Patel7カ月前
  39. ビジネス・インパクト
    惑星科学研、火星で氷を得るのに最適な場所を特定
    人類が将来、火星に入植することを考えると、火星で水を得られる場所を知っておくことは重要である。惑星科学研究所の研究者たちは、複数の探査機が収集したリモートセンシング・データを分析して、火星で比較的容易に氷を入手できそうな場所を特定した。 Neel V. Patel7カ月前
  40. ビジネス・インパクト
    ケンタウルス座アルファ星のハビタブルゾーンに惑星が存在か
    太陽系から最も近い恒星系であるケンタウルス座アルファ星のハビタブルゾーンに、惑星が存在する可能性があることが、ヨーロッパ南天天文台(ESO)の「NEAR」プロジェクトでの観測から示された。Neel V. Patel7カ月前
  41. ビジネス・インパクト
    ベゾスCEO退任で加速する
    注目の宇宙プロジェクト6
    アマゾンの最高経営責任者(CEO)を今年後半に退任すると発表したベゾスは今後、自身の航空宇宙企業であるブルーオリジンに、これまで以上の情熱を注ぐと考えられる。より多くの時間を手に入れたベゾスがテコ入れできそうな同社の宇宙関連プロジェクトを6件、紹介しよう。 Neel V. Patel7カ月前
  42. ビジネス・インパクト
    宇宙旅行新時代の幕開け、スペースXが民間人だけの飛行実施へ
    スペースXは、民間人だけで構成される乗組員と商用宇宙船で地球周回軌道に向かう史上初のミッションを、2021年内に実行する計画を発表した。マスクCEOは「誰でも宇宙へ行けるようになるマイルストーン」だと語るが、当分の間、顧客は超高所得層に限られるだろう。 Neel V. Patel7カ月前
  43. ビジネス・インパクト
    「はやぶさ2」が皮切り、サンプルリターン計画の黄金時代が到来
    2020年は「はやぶさ2」をはじめとする、地球外や岩や小石を持ち帰るサンプルリターン・ミッションの当たり年だった。2021年以降にも、わくわくするようなミッションが多数控えている。 Neel V. Patel8カ月前
  44. ビジネス・インパクト
    国家主導で進められてきた中国の宇宙計画で、民間企業が果たす役割が増えつつある。勃興する中国の宇宙関連スタートアップ企業は、世界中に新たな市場を開き、中国の影響力拡大にもつながっている。 Neel V. Patel8カ月前
  45. ビジネス・インパクト
    NASAの火星探査機インサイト、地中への熱プローブ設置を断念
    NASAは、探査機「インサイト」のミッションにおいて、火星の表面から5メートルの深さの地中に熱測定機器を設置する試みを断念すると発表した。その地点の火星の土は科学者たちが想定していたよりも固まりやすく、最大35センチしか掘り進められなかった。 Neel V. Patel8カ月前
  46. ビジネス・インパクト
    アルテミス計画を支える
    「宇宙服」のイノベーション
    人類を再び月面に送り込むNASAのアルテミス計画へ向けて、次世代宇宙服の開発が進められている。アプロ計画から得られた教訓を反映した宇宙服のイノベーションを紹介しよう。 Neel V. Patel8カ月前
  47. 生命の再定義
    新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
    2021年1月に発表された新たな研究で、新型コロナウイルスに対する免疫が長期間持続する可能性が示唆された。感染またはワクチン接種による免疫の獲得が、集団免疫の実現に有効となる兆しが見えた。 Neel V. Patel8カ月前
  48. ビジネス・インパクト
    2021年注目の
    宇宙ミッション11
    (成功確率つき)
    NASAによる人類の月面再訪への期待の高まりや民間宇宙企業の急速な成長を受けて、2021年にも多くの宇宙開発計画が控えている。こうした中から、主要な11のミッションについて、成功の確率を添えて紹介しよう。 Neel V. Patel8カ月前
  49. 生命の再定義
    宇宙飛行士56人を対象にした初の大規模研究によって、過酷な宇宙環境に長期間滞在すると人体にさまざまな生物学的変化が起こることが分かってきた。宇宙生物医学は新時代に突入している。 Neel V. Patel9カ月前
  50. ビジネス・インパクト
    中国「嫦娥5号」が月の石の持ち帰りに成功、44年ぶり
    中国の月探査ミッション「嫦娥(じょうが)5号」は12月17日、月の岩石と塵を地球に持ち帰ることに成功した。中国の月探査計画である「嫦娥計画」はこれまで成功を続けており、将来のより大掛かりな月探査計画の基礎を構築している。 Neel V. Patel9カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る