KADOKAWA Technology Review
×
ニール・V・パテル 105 Stories
プロフィールを見る
  1. 生命の再定義
    米国のPCR検査能力に余剰、感染拡大でも「コロナ疲れ」か
    米国では1日あたり3万人以上の新規感染者が確認され、新型コロナウイルス感染症の収束が見えない。一方で、検査体制は専門家が考える目標には大きく到達していないにもかかわらず、多くの研究施設で検査処理能力に余裕がある状況だ。 Neel V. Patel3日前
  2. ビジネス・インパクト
    ブラックホールの合体を光で初観測か、カリフォルニア工科大
    2つのブラックホールの合体を光学的に観測したとする初めての事例が発表された。天文学者たちは、合体したブラックホールが付近にあった超大質量ブラックホールを取り巻く降着円盤のガスを加熱することにより、光を発しているとしている。 Neel V. Patel5日前
  3. ビジネス・インパクト
    ヴァージンが民間宇宙飛行士の仲介役に、支援・訓練でNASAと提携
    これまで準軌道飛行を手がけてきたヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)が、国際宇宙ステーション(ISS)へ滞在する民間宇宙飛行士の訓練・支援に乗り出す。 Neel V. Patel12日前
  4. 生命の再定義
    新型コロナ、免疫に関するQ&A
    新型コロナウイルス感染症のワクチンが完成して人々が集団免疫を獲得すれば、安全な社会活動を本当に再開できるのだろうか。この問いに答えるためには、新型コロナウイルス感染症に対して免疫がどのように働くのかを知る必要がある。Neel V. Patel12日前
  5. 生命の再定義
    新型コロナ、新規感染の8割は2割のスーパー・スプレッダーが原因か
    新型コロナウイルスの拡散は「スーパー・スプレッダー」が重要な役割を果たしていることが最近の研究で明らかになってきている。新規感染の80%はウイルス保有者(キャリア)の20%以下によって発生していることが科学界では合意されつつある。 Neel V. Patel17日前
  6. ビジネス・インパクト
    国際宇宙ステーションで物質の「第5の状態」生成に成功
    国際宇宙ステーションで、物質の「第5の状態」とも呼ばれるボース・アインシュタイン凝縮が生成された。物理学の深い謎の解明につながる可能性がある。 Neel V. Patel18日前
  7. ビジネス・インパクト
    NASA、スペースX——パンデミックで逆風の宇宙産業はどう動いたか?
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックのさなかにおいては、宇宙産業も活動を減速あるいは停止することを余儀なくされ、中には破産してしまった企業もあった。宇宙産業に関わる組織や企業の現状について報告する。Neel V. Patel23日前
  8. ビジネス・インパクト
    ケプラー160に新たな系外惑星、居住可能な惑星の最良候補か
    太陽に似た恒星である「ケプラー160」を周回する太陽系外惑星が新たに発見された。同惑星は地球から太陽までとほぼ同じ距離でケプラー160を周回しており、居住可能な太陽系外惑星としてこれまでで最良の候補となる可能性がある。 Neel V. Patel25日前
  9. ビジネス・インパクト
    史上初の偉業、スペースXは宇宙飛行市場を開拓できるか?
    スペースXは2020年5月30日、民間企業として初めて、有人宇宙飛行ミッションの打ち上げに成功するという快挙を成し遂げた。宇宙飛行新時代の到来を告げるニュースは顧客獲得につながるか。 Neel V. Patel30日前
  10. ビジネス・インパクト
    スペースXの有人宇宙船、「民間初」の打ち上げに成功
    NASAの宇宙飛行士が9年ぶりに米国本土から宇宙に飛び立った。民間の宇宙船による有人輸送は史上初の快挙だ。 Neel V. Patel35日前
  11. ビジネス・インパクト
    「月で水を掘る」はどこまで現実的か? 動き出したルール作り
    月に存在する水を採掘して酸素と水素に分解し、ロケットの燃料として使えるようになれば、打ち上げコストを大幅に削減できる可能性がある。米国が2024年に予定しているアルテミス計画は、特に水氷に関して、月面採掘の新しい時代を導くだろう。 Neel V. Patel35日前
  12. ビジネス・インパクト
    スペースX、初の有人商業宇宙船を間もなく打ち上げ
    スペースXがNASAの宇宙飛行士を乗せた有人宇宙船を間もなく打ち上げる。宇宙産業新時代の幕開けとなるビッグ・イベントだ。 Neel V. Patel39日前
  13. 生命の再定義
    抗マラリア薬に死亡リスク増の可能性、トランプ大統領も服用
    トランプ大統領が新型コロナウイルス感染症対策として服用していると公言した抗マラリア薬の効果について、死亡リスクを高める可能性があるとの新研究が発表された。Neel V. Patel41日前
  14. 生命の再定義
    「妊娠検査薬」並み、年内にも 在宅CRISPR検査キットが開発中
    遺伝子編集ツールCRISPRの共同開発者らが設立したスタートアップ企業が、自宅で使用できる遺伝子検査キットを開発中だ。年内の提供を目指すといいい、実用化できれば新型コロナウイルスだけでなく、今後の検査方法に大きな影響を与える可能性がある。 Neel V. Patel44日前
  15. ビジネス・インパクト
    惑星誕生の過程、ESOの超大型望遠鏡が初観測か
    ヨーロッパ南天天文台(ESO)の超大型望遠鏡を用いた観測で、ぎょしゃ座AB星周囲のガスと塵が渦巻いている巨大な円盤内部に、複数の渦状腕がつながっていることを示す「ねじれ」が確認された。天文学者らは星系に惑星が形成されつつあるプロセスを、史上初めて捉えたものだと考えている。 Neel V. Patel45日前
  16. 生命の再定義
    モデルナの新型コロナワクチン、初期臨床試験で「中和抗体」を確認
    米国の製薬会社であるモデルナが、自社で開発中の新型コロナウイルス・ワクチンの第1相臨床試験の結果を発表した。 Neel V. Patel46日前
  17. 知性を宿す機械
    肺炎だけでない新型コロナの症状、血栓症など報告相次ぐ
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の主な症状は呼吸器疾患だが、呼吸器以外への症状も詳しく報告され始めている。ここ数週間で判明した新事実をいくつか紹介しよう。 Neel V. Patel47日前
  18. 生命の再定義
    新型コロナ、大声で話すと空気中に最長14分間滞留の可能性
    新型コロナウイルス感染症は、ウイルス保有者のせきやくしゃみによって空気中に放出される唾液の飛沫で感染することが知られている。米国衛生研究所の研究者らの新たな研究によると、ウイルス保有者が大声で話をしただけでも、ウイルスを含んだ唾液の飛沫が8分間から14分間、空気中に滞留していることが分かった。 Neel V. Patel48日前
  19. ビジネス・インパクト
    新型コロナ、米国でも感染者の集計・報告にばらつき
    新型コロナウイルス感染症の検査結果の集計・報告をめぐって、米国で混乱が起きている。州ごとに集計方法が異なり、報告にもばらつきがあるのが原因だ。 Neel V. Patel54日前
  20. 生命の再定義
    新型コロナ診断を早く安く 「抗原検査」で検査数不足は解消なるか
    新型コロナウイルスの検査にはPCR検査が一般的だが、検査キットや人材などの不足により検査数が絶対的に不足している。迅速かつ容易に感染の有無を調べられる抗原検査が開発されれば、検査数不足の問題を急速に解決できるかもしれない。 Neel V. Patel68日前
  21. ビジネス・インパクト
    NASA、パンデミックのさなか9年ぶりの有人宇宙船打ち上げへ
    NASAは、宇宙飛行士2人を乗せたスペースXのクルー・ドラゴンを、国際宇宙ステーション(ISS)へ向けて5月27日に打ち上げる計画を発表した。新型コロナウイルス感染症のパンデミックのさなかの打ち上げミッションに対し、関係者の健康への影響を懸念する声がある。 Neel V. Patel72日前
  22. 生命の再定義
    新型コロナウイルスとは何か? 押さえておきたい基礎知識
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックに冷静に対応するためにも、現時点で分かっていることについて改めておさらいしておこう。 Neel V. Patel76日前
  23. 生命の再定義
    経済再開への切り札
    「免疫パスポート」が
    まだ早すぎる理由
    抗体検査で新型コロナウイルスへの免疫が証明された人に「免疫パスポート」を交付するというアイデアに期待が寄せられている。だが、専門家からは時期尚早との声もある。 Neel V. Patel76日前
  24. 生命の再定義
    新型コロナ「抗体検査」で
    外出自粛から開放される?
    抗体検査で新型コロナウイルスへの抗体を持っていることが分かれば、自宅待機から解放されるかもしれない。だが、過剰な期待は禁物だ。抗体検査とは、一体どんな検査なのだろうか? Neel V. Patel90日前
  25. 生命の再定義
    検査受けられず——なぜ米国の新型コロナ対策はお粗末なのか?
    新型コロナウイルス感染症の拡大を止めるためには、できる限り多くの人に対して迅速に検査をする必要があるとされている。しかし、米政府が新型コロナウイルス感染症の検査を増加させていると発表してから数週間経つにもかかわらず、多くの人が検査を受けられずにいる。 Neel V. Patel3カ月前
  26. 生命の再定義
    Q&A:新型コロナウイルス感染症についていま知っておきたいこと
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、分かっていないこともまだ多く、ウイルスとの闘いは長期戦になりそうだ。読者から寄せられた質問に答えよう。 Neel V. Patel3カ月前
  27. 英政府、独自の新型コロナ「集団免疫」戦略を修正へ
    英国政府に助言するため専門家グループが新たな報告書をまとめた。英国政府が出した新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する「集団免疫」アプローチは、結果として25万人もの命を奪う可能性があり、保健医療機関の崩壊阻止にほとんど役立たないと、厳しく評価している。 Neel V. Patel4カ月前
  28. ビジネス・インパクト
    新型コロナ、世界の最新データが見られるサイト10選
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新データが得られる、おすすめのダッシュボードを紹介しよう。 Neel V. Patel4カ月前
  29. 生命の再定義
    CDCのある米国が新型コロナ検査で失態を演じた理由
    米国疾病予防管理センター(CDC)が、新型コロナウイルス感染症の検査体制の整備で大きな遅れを取っている。感染症対策で「お手本」とされることが多い世界的な保険機関は、なぜ初期対応を誤ったのか。 Neel V. Patel4カ月前
  30. ビジネス・インパクト
    ロシアの人工衛星が米国のスパイ衛星に接近、ストーキングか?
    人工衛星の軌道上で1月、ロシアの衛星が、米国のスパイ衛星に接近し、ぴったりと後をついてくるという出来事があった。ロシアは、米国のスパイ衛星に関する情報を収集するために、自国の衛星にこのような操作をしているものと見られ、こうした出来事が今後、繰り返し発生することは、ほぼ確実だ。 Neel V. Patel4カ月前
  31. ビジネス・インパクト
    「ムーンラッシュ」に乗り遅れるな!注目の月ミッション17
    宇宙開発と月探査は現在でも大きな名誉と栄光をもたらす事業であると考える人もいるかもしれない。しかし、今、起こりつつある「ムーンラッシュ」に参加している国や企業の多くは、月に埋蔵されている貴重な資源に、誰よりも先にたどり着くことを目的としている。 Neel V. Patel4カ月前
  32. ビジネス・インパクト
    NASAの火星探査機インサイトが初成果、活発な地震活動を観測
    NASAの火星探査機「インサイト(InSight)」による初の成果が、複数の論文として発表された。火星の地震の観測によって得られた複雑な内部や地質に関する洞察を示すものが主だが、水を巡る火星の歴史に関する新たな疑問を提起するものもある。 Neel V. Patel4カ月前
  33. 火星衛星からのサンプル採取、JAXAが2024年に打ち上げ
    宇宙航空研究開発機構(JAXA)はこのほど、火星の2つの衛星であるフォボスとダイモスを訪れて、フォボスから微量のサンプルを採取し地球に持ち帰るロボット・ミッションを承認した。 Neel V. Patel4カ月前
  34. ビジネス・インパクト
    読者からの質問:「宇宙開発競争」は現在どうなっていますか?
    宇宙開発には現在、米国やロシア、中国をはじめさまざまな国が参加しているが、こうした国々はかつて米国とソ連が月着陸を競ったように互いに競争関係にあるのだろうか? Neel V. Patel5カ月前
  35. ビジネス・インパクト
    雪だるま形のカイパーベルト天体が明かす、惑星の起源
    NASAのニュー・ホライズンズ探査機が、冥王星の彼方のカイパーベルト天体「アロコス(旧称:ウルティマ・トゥーレ)」をフライバイ(接近通過)した際に収集したデータの分析結果の論文が3本発表された。これらの論文は、アロコス自体の誕生だけでなく、太陽系の他の微惑星の起源についても解き明かすものとなっている。 Neel V. Patel5カ月前
  36. 史上初、5億光年彼方の電波バーストに16日の周期性を発見
    16日間の周期性をもって発生する高速電波バースト(FRB)が発見された。宇宙から到達する謎に満ちた現象である高速電波バーストから一定のパターンが確認されたのは、これが初めてだ。 Neel V. Patel5カ月前
  37. ビジネス・インパクト
    読者からの質問:太陽の11年周期は地球にどう影響しますか?
    太陽の黒点が11年周期で増減するサイクルによって、地球上または地球周回軌道上のテクノロジーはどのような影響を受けるのだろうか? Neel V. Patel5カ月前
  38. ボーイングのスタライナーに深刻なバグ、大惨事の可能性があった
    ボーイングの宇宙船「スターライナー(Starliner)」は昨年12月、宇宙への初飛行で国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングを試みたが失敗に終わった。米国航空宇宙局(NASA)の安全担当者はこの件について、ソフトウェアに複数の問題が生じたことが原因であり、以前に発表した以外にも不具合が存在していたことを明らかにした。実際のところ、この第2の不具合が同宇宙船に「大惨事」をもたらす危険性があったようだ。 Neel V. Patel5カ月前
  39. ビジネス・インパクト
    衛星写真で見る、武漢の現在——都市活動がほぼ停止
    MITテクノロジーレビューが入手した最新の衛星写真を見ると、人口1100万人の武漢市での都市活動がほとんど停止していることがわかる。 Neel V. Patel5カ月前
  40. NASA、民間開発の「居心地の良い」モジュールをISSに設置へ
    米国航空宇宙局(NASA)は、2024年後半に国際宇宙ステーション(ISS)に接続する予定の居住モジュールの建設および配備を、ヒューストンを拠点とするアクシオム・スペース(Axiom Space)に発注した。 Neel V. Patel5カ月前
  41. ボイジャー2号で原因不明の電力不足、NASAが復旧作業中
    無人宇宙探査機「ボイジャー(Voyager)2号」のソフトウェアは1月25日に、同探査機があまりにも多くの電力を消費していたため、搭載している5つの科学機器全ての電源をオフにした。ボイジャー2号は2018年11月に太陽圏を離脱し、現在、恒星間空間を航行している。米国航空宇宙局(NASA)のエンジニアによると、なぜ消費電力が急増したのかは分かっておらず、同探査機を通常運転に戻すための作業に現在取り組んでいる。  Neel V. Patel5カ月前
  42. ディレクTV、「バッテリー異常」で爆発危機の人工衛星を緊急移動へ
    15年前に打ち上げた人工衛星がバッテリーの不具合によって爆発する危険があるとして、人工衛星の運用会社は安全な「墓場軌道」に衛星を移動させようとしている。 Neel V. Patel5カ月前
  43. 古い人工衛星2基が米国上空で衝突の恐れ
    現在地球を周回している人工衛星2基が、米国時間1月29日、ピッツバーグの上空で衝突する可能性がある。 Neel V. Patel5カ月前
  44. ビジネス・インパクト
    惑星の「居住可能性」とは何を意味するのか?
    ある惑星が「ハビタブルゾーン」に位置しているかどうかは、その惑星に生命が存在可能であるかどうかを考える際の拠り所の1つとなっている。現時点ではハビタビリティ(居住可能性)についての専門家の統一見解はないが、新たなツールが手がかりを示す可能性がある。 Neel V. Patel5カ月前
  45. NASA、2021年に月へ送る科学技術ペイロードを発表
    米国航空宇宙局(NASA)は、月に送る予定の最初の16個の科学技術ペイロード(積荷)を発表した。これらの機器は、「商業月面物資輸送サービス(CLPS:Commercial Lunar Payload Services)」プログラムの一環として、民間企業が構築・運用する着陸船によって運ばれることになっている。 Neel V. Patel5カ月前
  46. ビジネス・インパクト
    中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
    中国当局は、2019年1月に人類史上初めて月の裏側に着陸した探査機「嫦娥4号」および探査車「玉兔2号」が撮影した写真を新たに一般公開した。今回のミッションで撮影された月の画像の中で最も解像度の高い画像であり、玉兔2号が撮影したパノラマ写真も含まれている。 Neel V. Patel5カ月前
  47. ビジネス・インパクト
    地球を離れて数カ月や数年に及ぶミッションに挑む宇宙船乗組員の精神的健康を維持するには、感情を認識し、共感をもって反応する人工知能(AI)が役に立つかもしれない。米国航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所はオーストラリア企業と提携して、宇宙船乗組員を情緒的にサポートできるAIを開発しようとしている。 Neel V. Patel6カ月前
  48. スペースXがクルー・ドラゴンの緊急脱出試験に成功、有人飛行近づく
    スペースX(SpaceX)は、飛行中の宇宙船「クルー・ドラゴン(Crew Dragon)」から緊急脱出するシステムの試験に成功した。これで同社にとって初となる有人飛行の準備がいよいよ整った。 Neel V. Patel6カ月前
  49. ビジネス・インパクト
    新たな宇宙望遠鏡で生命体探索、NASAの科学者らが手法を提案
    NASA の科学者らは、2021年に打上予定のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を使って、太陽系外惑星の酸素を検知・測定する新たな方法を提案した。この方法により、その惑星が生命体に適しているかどうかや、生命体の活動により大気が形成された可能性について知見を得られる可能性がある。 Neel V. Patel6カ月前
  50. ビジネス・インパクト
    わずか4基で世界中のネット接続をカバー、巨大衛星群不要の新提案
    インターネット接続サービスを世界規模で提供するために数万基の人工衛星で構成するメガコンステレーションを打ち上げようとする動きが盛んになっている。しかし、高軌道衛星を使用すれば、はるかに少ない数でグローバルな範囲をカバーするサービスを提供できるとする研究が発表された。 Neel V. Patel6カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る