KADOKAWA Technology Review
×
【本 日 最 終 日】10/31締切 日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中
ニール・V・パテル 143 Stories
プロフィールを見る
  1. ビジネス・インパクト
    「月の水」に到達できる日は意外と近い?新研究で明らかに
    月面に水が存在することはこれまでも示唆されていたが、どこにどのくらいあるのかといったことは分かっていなかった。ネイチャー・アストロノミー誌の掲載された2つの新たな研究論文によると、月面の水はこれまで考えられていたよりも手に入れやすい場所にあるという。 Neel V. Patel3日前
  2. ビジネス・インパクト
    NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
    NASAの探査機「オサイリス・レックス」は小惑星ベンヌ表面からのサンプル採取に成功した。しかし、予定をはるかに超える量のサンプルを採取したため、採取容器のふたがきちんと閉まらなくなり、採取した物質が宇宙に漏れ出すという事態に見舞われている。 Neel V. Patel5日前
  3. ビジネス・インパクト
    NASA探査機が小惑星ベンヌとの接触に成功、岩石サンプルを採取
    NASAの探査機「オサイリス・レックス」は10月20日、ミッションの最大の目的である小惑星「ベンヌ」表面のサンプル採取作業を実施した。探査機は現在、ベンヌから安全な距離までを離れており、十分な量のサンプルを採取できたかどうかを調べることになっている。 Neel V. Patel7日前
  4. ビジネス・インパクト
    日欧の水星探査機、金星フライバイで最新画像を多数撮影
    欧州宇宙機関と宇宙航空研究開発機構が共同で実施している水星探査ミッション「ベピ・コロンボ」は10月15日に金星での初のフライバイを実施した。フライバイの際には分光観測装置を用いて多数のスペクトル画像を撮影しており、金星大気の謎を解明するのに役立つかもしれない。 Neel V. Patel11日前
  5. ビジネス・インパクト
    NASA探査機、小惑星「ベンヌ」の岩石サンプル採取へ
    10月20日、NASAの探査機「オサイリス・レックス(OSIRIS-REx)」はいよいよ、小惑星「ベンヌ」の表面からサンプルを採取する作業を実施する。首尾よくサンプルを採取できれば、2023年9月24日にそれを地球に持ち帰ることになっている。 Neel V. Patel11日前
  6. ビジネス・インパクト
    小惑星「ベンヌ」に流水の痕跡か? 新事実が相次ぎ発表に
    NASAの探査機「オサイリス・レックス」は10月20日に、小惑星「ベンヌ」から岩石のサンプルを採取し、地球に持ち帰ることになっている。同探査機の目玉となるミッションに先立って、ベンヌの化学的性質と地質について一連の新しい研究論文が発表された。 Neel V. Patel18日前
  7. 生命の再定義
    ホワイトハウスの集団感染、迅速検査はなぜ機能しなかったのか
    米国の新型コロナウイルス対策を指揮するはずのホワイトハウスで集団感染が起こり、当のトランプ大統領も感染したことは世界中で話題となった。ホワイトハウスでは迅速検査を毎日実施していたが、なぜ感染を防げなかったのか。 Neel V. Patel19日前
  8. ビジネス・インパクト
    米国の宇宙開発計画は
    次の大統領でどう変わるか?
    米国の宇宙開発計画は時の政権の方針に翻弄されており、わずか10年強の間にターゲットは月から火星へ移行し、そして再び月に戻った。月ミッションや火星ミッションを軌道に乗せ、遠くない将来に実現させるには、NASAの計画が党派の議論や政権交代から確実に隔離される必要がある。 Neel V. Patel23日前
  9. ビジネス・インパクト
    ISSで再び原因不明の空気漏れ、乗組員が発生場所を調査中
    国際宇宙ステーション(ISS)で発生した空気漏れは、現時点ではさほど大きなトラブルにはなっていない。しかし、宇宙船に衝突して船体に穴やひびを作る可能性のあるデブリ(宇宙ゴミ)は増加する一方であり、何らかの対策を講じる必要がある。 Neel V. Patel25日前
  10. ビジネス・インパクト
    増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
    近年、盛んに打ち上げられている人工衛星群(コンステレーション)が夜空で明るい光を放つため、天文学者による天体観測の著しい妨げになることが懸念されている。米国天文学会は、この問題に関する報告書を発表し、解決策を探ることを提言した。 Neel V. Patel29日前
  11. ビジネス・インパクト
    火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
    火星の南極付近で、新たに3つの地下湖が発見された。この地下湖の水は濃度の高い塩水であると予測されるが、過酷な環境に耐えられるように進化した微生物が存在する可能性も考えられる。 Neel V. Patel32日前
  12. ビジネス・インパクト
    アルテミス計画はいかにして
    火星への一歩となるのか
    米国が2024年に実施予定としている「アルテミス計画」の目標は、単に人類を再び月に送り込むことだけではない。月は、後に続く火星有人探査に必要となるテクノロジーの実験場として有用なのだとNASAは主張している。 Neel V. Patel33日前
  13. ビジネス・インパクト
    揺れ動くブラックホール・シャドウ 極限状態の物理解明へ前進
    「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」の研究チームは、昨年写真が公開された超大質量ブラックホールについて新たな洞察を発表した。そのうちの一つは、事象の地平面を取り巻く三日月形に光るガスと塵が不安定に揺れ動いているというもので、極限状態における物理現象を解明するのに役立つ可能性がある。 Neel V. Patel33日前
  14. ビジネス・インパクト
    金星へ行こう!
    生命の兆候発見で高まる機運
    生命体の存在の兆候となる特殊ガス「ホスフィン」が金星の大気中に観測されたことを受けて、金星を直接調査する新ミッションに対する期待が高まっている。金星の謎を解明するには、包括的な探査プログラムを実施するのが効果的だろう。 Neel V. Patel38日前
  15. ビジネス・インパクト
    金星に生命体が存在か?大気からホスフィンを検出
    観測されたホスフィンの存在は、居住可能性が低いとされてきた金星に、何らかの生命体が存在する可能性を示している。 Neel V. Patel43日前
  16. ビジネス・インパクト
    月面で採集した資源を売ってくれる企業をNASAが募集中
    米国航空宇宙局(NASA)が、月面で岩石や塵、氷などのサンプルを収集してNASAに販売してくれる企業を募集している。サンプルは最高2万5000ドルでNASAが買い取るという。 Neel V. Patel45日前
  17. ビジネス・インパクト
    読者からの質問:普通の人はいつ宇宙に行けるようになりますか?
    米国航空宇宙局(NASA)や、スペースXをはじめとする企業が人間と宇宙に送り込む取り組みを進めているが、普通の人が飛行機で旅行をするように宇宙に行けるようになる可能性はあるのだろうか。 Neel V. Patel47日前
  18. ビジネス・インパクト
    中国、再使用型宇宙船の打ち上げ・回収に成功か?
    中国が再使用可能なシャトル型宇宙船の着陸に成功したという。詳細は不明だが、米軍の軍事用宇宙船「X-37B」をモデルにしているようだ。 Neel V. Patel51日前
  19. コネクティビティ
    量子コンピューターは地下室に作れ 放射線の影響を新研究が解明
    量子コンピューティングを実現するには、キュービットの状態をいかに安定させるかがカギとなる。最新の研究により、従来から指摘されていた振動や温度変化に加えて、自然放射線や宇宙からの放射線(宇宙線)が、キュービットの安定性を著しく損なわせることが分かった。 Neel V. Patel61日前
  20. ビジネス・インパクト
    ハッブル宇宙望遠鏡がネオワイズ彗星を撮影、「コマ」はっきりと
    NASAのハッブル宇宙望遠鏡が捉えたネオワイズ彗星の高解像度画像が公開された。この夏に地球および太陽に最接近したネオワイズ彗星は今世紀に入って北半球で観測できた最も明るい彗星であり、次に戻ってくるのは6800年後の予定だ。 Neel V. Patel65日前
  21. ビジネス・インパクト
    火星だけじゃない、太陽系内で探査機を送り込むべき5つの場所
    今年の夏は3つの火星探査ミッションが打ち上げられるが、太陽系内には、探査機の調査対象となる天体が他にもたくさんある。金星や準惑星ケレスをはじめとして本格的に訪問することを検討すべき5つの天体について説明する。 Neel V. Patel72日前
  22. ビジネス・インパクト
    準惑星ケレスの地下に塩水湖か、ドーン探査機のデータが示す
    火星と木星の間の小惑星帯にある準惑星ケレスが地下深部に海水をたたえている可能性があるとする研究成果が発表された。ケレスはかつて生命体が生存できる世界であった可能性があり、あるいは今もそうであるのかもしれない。 Neel V. Patel79日前
  23. ビジネス・インパクト
    増え続ける「宇宙ゴミ」を正確に追跡する新手法、日中でも
    地球の周囲を漂う宇宙ゴミが、人工衛星の安全にとって大きな問題となっている。オーストリアの研究者らは、日中に宇宙ゴミの反射光を観測することで、宇宙ゴミ追跡の精度を向上できる新たな手法を開発した。 Neel V. Patel81日前
  24. ビジネス・インパクト
    スペースX、火星向け「スターシップ」の試作機打ち上げに成功
    スペースXの次世代大型ロケット「スターシップ」の試作機が打ち上げに初めて成功した。道のりはまだ長いが、スペースXにとってターニング・ポイントになりそうだ。 Neel V. Patel83日前
  25. ビジネス・インパクト
    火星は実は寒かった?1万276カ所の谷の分析で分かった新予測
    太古の火星は温暖で水が存在していたとこれまで考えられてきたが、実際には巨大な氷河と氷床で覆われていた可能性を示す研究成果が発表された。ただし、火星における生命の痕跡の発見にとっては悪い知らせではない。 Neel V. Patel83日前
  26. ビジネス・インパクト
    最新テクノロジー満載のNASA火星探査車、生命の痕跡を探す旅へ
    NASAが7月30日に打ち上げた最新の火星探査機パーサビアランスは、火星で発見したサンプルを地球に持ち帰る予定だ。最も居住可能性の高いとみられるエリアで生命の痕跡を探す。 Neel V. Patel87日前
  27. 生命の再定義
    モデルナのCOVID-19ワクチン、3万人規模の第3相試験開始へ
    新型コロナウイルスに対するワクチン候補を開発中のモデルナが、ついに大規模な臨床試験を開始する。mRNAを用いた新種のワクチンは、人々を感染から守ることができるのだろうか。 Neel V. Patel89日前
  28. ビジネス・インパクト
    ロシア、「対衛星兵器」の軌道上実験を実施か 米宇宙軍が報告
    米国宇宙軍の新たな報告によると、ロシアの「査察衛星」が本来の運用目的から外れた対衛星兵器の実験をしている証拠が見つかったという。 Neel V. Patel3カ月前
  29. ビジネス・インパクト
    「アルテミス」計画で合意、
    NASAは重要パートナーに
    なぜ日本を選んだのか?
    米航空宇宙局(NASA)は月への有人飛行を目指す「アルテミス計画」において、日本が非常に重要なパートナーになることを明らかにした。日本は同計画に技術を提供する見返りに、宇宙飛行士を月面に送り込むチャンスを手に入れるだろう。 Neel V. Patel3カ月前
  30. ビジネス・インパクト
    金星で数十の火山が活動中か、従来仮説覆す 「コロナ」で判明
    金星にはここ数百万年以内に噴火した大規模火山の痕跡があり、同惑星を帯状に取り巻くように分布しているとする研究結果が発表された。火山活動は金星で過去5億年は起こっていないとするこれまでの仮説を覆す結果だ。 Neel V. Patel3カ月前
  31. ビジネス・インパクト
    UAE初の火星探査機、種子島宇宙センターから打ち上げに成功
    アラブ首長国連邦(UAE)の 火星探査機「ホープ(Hope)」を搭載した「H-IIAロケット42号機」が打ち上げに成功した。 Neel V. Patel3カ月前
  32. ビジネス・インパクト
    観測史上最も近距離から撮影された「太陽」画像、ESAが公開
    欧州宇宙機関の探査機「ソーラー・オービター」が地球と太陽の距離の約半分にあたる位置から撮影した太陽の画像が初めて公開された。これまではっきりと確認できなかった太陽表面の小規模なフレアの様子が明らかになっている。 Neel V. Patel3カ月前
  33. 生命の再定義
    新型コロナQ&A:血液型は感染や重症化と関係しますか?
    新型コロナウイルス感染症と血液型には関係があるのだろうか? 現時点での研究成果をもとに、読者からの質問に回答する。 Neel V. Patel3カ月前
  34. 生命の再定義
    新型コロナ、空気感染なら対策見直し必至  「換気」優先に
    多くの科学者が指摘するように新型コロナウイルスが空気感染するのであれば、現在の対策は不十分かもしれない。物体の表面を何度も消毒することよりも、換気や空気清浄の優先度を高めねばならない可能性がある。 Neel V. Patel4カ月前
  35. ビジネス・インパクト
    天文学者らが銀河の「壁」を発見、地球から5億光年
    科学者らによる国際研究チームが、宇宙の大規模構造の1つとなる銀河の「壁」を新たに発見した。地球から5億光年という極めて近い距離にありながら、天の川銀河の明るさに覆い隠されて、これまで発見されずにきた。 Neel V. Patel4カ月前
  36. ビジネス・インパクト
    読者からの質問:人類が木星を訪れる日はやってきますか?
    木星のような太陽系内の巨大ガス惑星の表面近くまで有人宇宙船で接近し、人間が直接探査できるようになる日は来るのだろうか。 Neel V. Patel4カ月前
  37. ビジネス・インパクト
    消える操縦桿、宇宙船の「AI化」はどこまで進めるべきか?
    現代の宇宙船では、人手に代わってソフトウェアによる制御が大々的に取り入れられ、宇宙飛行はこれまでになく安全かつ効率的になっている。しかし、ソフトウェアからすべての不具合を取り除くことは不可能であり、人間の介入をどこまで受け付けるかが課題となりそうだ。 Neel V. Patel4カ月前
  38. 生命の再定義
    米国のPCR検査能力に余剰、感染拡大でも「コロナ疲れ」か
    米国では1日あたり3万人以上の新規感染者が確認され、新型コロナウイルス感染症の収束が見えない。一方で、検査体制は専門家が考える目標には大きく到達していないにもかかわらず、多くの研究施設で検査処理能力に余裕がある状況だ。 Neel V. Patel4カ月前
  39. ビジネス・インパクト
    ブラックホールの合体を光で初観測か、カリフォルニア工科大
    2つのブラックホールの合体を光学的に観測したとする初めての事例が発表された。天文学者たちは、合体したブラックホールが付近にあった超大質量ブラックホールを取り巻く降着円盤のガスを加熱することにより、光を発しているとしている。 Neel V. Patel4カ月前
  40. ビジネス・インパクト
    ヴァージンが民間宇宙飛行士の仲介役に、支援・訓練でNASAと提携
    これまで準軌道飛行を手がけてきたヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)が、国際宇宙ステーション(ISS)へ滞在する民間宇宙飛行士の訓練・支援に乗り出す。 Neel V. Patel4カ月前
  41. 生命の再定義
    新型コロナ、免疫に関するQ&A
    新型コロナウイルス感染症のワクチンが完成して人々が集団免疫を獲得すれば、安全な社会活動を本当に再開できるのだろうか。この問いに答えるためには、新型コロナウイルス感染症に対して免疫がどのように働くのかを知る必要がある。Neel V. Patel4カ月前
  42. 生命の再定義
    新型コロナ、新規感染の8割は2割のスーパー・スプレッダーが原因か
    新型コロナウイルスの拡散は「スーパー・スプレッダー」が重要な役割を果たしていることが最近の研究で明らかになってきている。新規感染の80%はウイルス保有者(キャリア)の20%以下によって発生していることが科学界では合意されつつある。 Neel V. Patel5カ月前
  43. ビジネス・インパクト
    国際宇宙ステーションで物質の「第5の状態」生成に成功
    国際宇宙ステーションで、物質の「第5の状態」とも呼ばれるボース・アインシュタイン凝縮が生成された。物理学の深い謎の解明につながる可能性がある。 Neel V. Patel5カ月前
  44. ビジネス・インパクト
    NASA、スペースX——パンデミックで逆風の宇宙産業はどう動いたか?
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックのさなかにおいては、宇宙産業も活動を減速あるいは停止することを余儀なくされ、中には破産してしまった企業もあった。宇宙産業に関わる組織や企業の現状について報告する。Neel V. Patel5カ月前
  45. ビジネス・インパクト
    ケプラー160に新たな系外惑星、居住可能な惑星の最良候補か
    太陽に似た恒星である「ケプラー160」を周回する太陽系外惑星が新たに発見された。同惑星は地球から太陽までとほぼ同じ距離でケプラー160を周回しており、居住可能な太陽系外惑星としてこれまでで最良の候補となる可能性がある。 Neel V. Patel5カ月前
  46. ビジネス・インパクト
    史上初の偉業、スペースXは宇宙飛行市場を開拓できるか?
    スペースXは2020年5月30日、民間企業として初めて、有人宇宙飛行ミッションの打ち上げに成功するという快挙を成し遂げた。宇宙飛行新時代の到来を告げるニュースは顧客獲得につながるか。 Neel V. Patel5カ月前
  47. ビジネス・インパクト
    スペースXの有人宇宙船、「民間初」の打ち上げに成功
    NASAの宇宙飛行士が9年ぶりに米国本土から宇宙に飛び立った。民間の宇宙船による有人輸送は史上初の快挙だ。 Neel V. Patel5カ月前
  48. ビジネス・インパクト
    「月で水を掘る」はどこまで現実的か? 動き出したルール作り
    月に存在する水を採掘して酸素と水素に分解し、ロケットの燃料として使えるようになれば、打ち上げコストを大幅に削減できる可能性がある。米国が2024年に予定しているアルテミス計画は、特に水氷に関して、月面採掘の新しい時代を導くだろう。 Neel V. Patel5カ月前
  49. ビジネス・インパクト
    スペースX、初の有人商業宇宙船を間もなく打ち上げ
    スペースXがNASAの宇宙飛行士を乗せた有人宇宙船を間もなく打ち上げる。宇宙産業新時代の幕開けとなるビッグ・イベントだ。 Neel V. Patel5カ月前
  50. 生命の再定義
    抗マラリア薬に死亡リスク増の可能性、トランプ大統領も服用
    トランプ大統領が新型コロナウイルス感染症対策として服用していると公言した抗マラリア薬の効果について、死亡リスクを高める可能性があるとの新研究が発表された。Neel V. Patel5カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る