1. ビジネス・インパクト
    米国でも製造業の人手不足が深刻化、デロイトが指摘する3つの処方箋
    製造業の人手不足は日本だけの問題ではない。米国でも今後10年間で240万人分の不足が予想されるという。 Erin Winick10カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    資本家と労働者の対立は、情報を主体とする経済になった1990年代から資本家が優位に立っている。だが、労働者が反撃に転じる方法があるという。英エコノミスト誌のライアン・エイヴェント上級編集者による特別寄稿。 Ryan Avent14カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    テクノロジーの進化による労働者の失業への不安感は、単に所得保障をすればいいというものではない。彼らの自信と誇りをないがしろにしてきたつけが、トランプを大統領に押し上げたと考えればつじつまがあう。 Brian Alexander14カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    かつて鉄鋼の街として栄えたピッツバーグはいま、急速な高齢化と人口減少にあえいでいる。ウーバーやアマゾンといったテック企業の誘致、製鉄所跡地の再開発などを通じてロボット工学の聖地として再生を目指す街の姿からは、AI経済全体の課題が見えてくる。 David Rotman15カ月前
  5. ビジネス・インパクト
    ドイツの伝統的な職業訓練制度であるアウスビルドゥングは、他の国々が見習うべき例として広く知られている。しかし、習得した従来型の細分化された技術で一生を過ごせた時代が終わったいま、劇的に変化するテクノロジーに対してどのような訓練や再訓練をすべきか悪戦苦闘している。 Russ Juskalian15カ月前
  6. ビジネス・インパクト
    MITTR記者が告白「私は3Dプリンターで同僚の職を奪いました」
    大学生だった私は、インターンシップ生として働いた会社で自動化プロジェクトを推進し、職場の同僚の仕事を奪ってしまった。MITテクノロジーレビュー米国版編集部のエリン・ウィニック記者が告白する。 Erin Winick15カ月前
  7. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)とロボット工学は長らく、近いようで遠い独立した分野として発達してきた。だが、AIとロボット工学を結びつけることで、AIを次の段階へ進め、ロボットによる自動化の新たな扉を開くことになるかもしれない。 Will Knight15カ月前
  8. ビジネス・インパクト
    経済指標が示すところによると、最近のテクノロジーの進歩やイノベーションは生産性の向上にさほど寄与していないという。様々な理由が考えられるが、一つの考え方として、人工知能(AI)などの新しいテクノロジーは「汎用技術」であり、マクロ経済の指標に影響が現れるのには何十年もかかるというものがある。 David Rotman15カ月前
  9. ビジネス・インパクト
    まだまだ職人気質が残る建築業界にも、安全性と能率の向上のためにAIやデータ分析といったテクノロジーを導入しようという機運が高まっている。テクノロジーの導入によって生産性を50%向上できる可能性があるという。 Elizabeth Woyke15カ月前
  10. ビジネス・インパクト
    労働統計から見えてこない、ギグ・エコノミーをどう捉えるべきか
    労働統計局(BLS)は12年ぶりに臨時労働についての統計を発表したが、主要な1つの仕事についてしか調査していない。収入を増やすための副業は対象外で、ギグ・エコノミーが過小評価されている可能性がある。 Erin Winick15カ月前
  11. ビジネス・インパクト
    AIは経済にどう影響するのか? ロバート・ソローらが語った未来
    人工知能(AI)やロボット工学などの新技術は、米国の雇用市場にどのような影響をもたらすのだろうか。ノーベル賞を受賞した経済学者であるロバート・ソローMIT(マサチューセッツ工科大学)教授と、オバマ政権で米国中小企業庁の長官を務めたカレン・ミルズが「EmTech(エムテック)ネクスト」カンファレンスの壇上で語った。 Rachel Metz16カ月前
  12. ビジネス・インパクト
    ロボットはもう大企業だけのものではない
    自動化はすでに、労働者や小規模企業に多大な影響を及ぼしているとされているが、実際の現場はどうなっているのだろうか。マサチューセッツ工科大学(MIT)「未来の仕事(Work of the Future)」 特別委員会の事務局長を務めるリズ・レノルズ博士に話を聞いた。 Erin Winick16カ月前
  13. ビジネス・インパクト
    30代も利用する終活サービス「デジタル遺言人」という新しい仕事
    あなたの死後も新しい食材が配達され続け、誕生日には「誕生日おめでとう」というメッセージが届く。アネット・アダムスカが手がける新しい仕事は、そんな未来を望まない人が利用する「デジタル終活」を支援するサービスだ。 Erin Winick16カ月前
  14. ビジネス・インパクト
    AP通信の自動化担当編集者、「AI記者」で仕事はこう変わる
    日本でも日経新聞が取り組んでいるように、AP通信も決算関連記事を自動執筆するツールを開発した。開発した編集者は、人間と機械の協働によって作業を効率化し、新しい価値を生み出せると考えている。 Erin Winick17カ月前
  15. ビジネス・インパクト
    テクノロジーで変わる仕事の未来に労働者はどう備えるべきか?
    テクノロジーが職場を変えようとしている今、未来に備えて米国の労働者ができる最善のことは「学校に行くこと」だという。経済学者ジェイ・シャンボーに仕事の未来をどう捉えるべきか、話を聞いた。 Erin Winick17カ月前
  16. ビジネス・インパクト
    世界トップクラスのプロゲーマーは、賞金だけで160万ドルを稼ぐ。デジタル時代の新しい職業である「eスポーツ選手」が生まれようとしている。 Erin Winick18カ月前
  17. ビジネス・インパクト
    誰もがみんな数字に強くなる必要はない:AIで変わる仕事の未来
    記事の自動作成ソフトを作ったスタートアップ企業の経営者は、人間がコンピューターの言語を理解するより、コンピューターに人間の言語を理解させた方が利用しやすくなると考えている。誰もがデータ科学者になる必要はないという。 Erin Winick18カ月前
  18. ビジネス・インパクト
    AI時代には「働きながら学ぶ」政策が必要だ 元米財務長官語る
    AIやロボットの導入による自動化によって、私たちの仕事が大きく変わろうとしている。労働者にとって何が必要なのか? ロバート・ルービン元米国財務長官に話を聞いた。 Erin Winick2年前
  19. ビジネス・インパクト
    専門家が語る、ロボットを同僚に迎えるときによくある勘違い
    人間とロボットがともに同じ職場で働く時代はもうそこまで来ている。ロボットと一緒に働くときに直面する課題について、専門家に話を聞いた。 Erin Winick2年前
  20. ビジネス・インパクト
    ダボス会議参加のアーティストが描く、2030年の新しい仕事6つ
    テクノロジーが進歩するにつれて、人々の仕事が様変わりしていくことは避けられない。ダボス会議のパネル討論にインスピレーションを得たアーティストが、2030年に予想される仕事についてイラストで表現した。 Erin Winick2年前
  21. ビジネス・インパクト
    「ロボットに仕事を教える会社」が求人中、自動化完了後の待遇は?
    衣料品大手Gapなどを顧客に持つスタートアップ企業が、倉庫内のロボットを遠隔操作するパイロットを募集している。作業中の動きを記録して機械学習ソフトウェアを訓練しているため、いずれは自動化される見込み。そのとき、パイロットの仕事はどうなろうのだろうか? Erin Winick2年前
  22. ビジネス・インパクト
    米総合物流最大手であり、米国最大の宅配便業者でもあるUPSは、最先端のテクノロジーを導入する「EDGE」プロジェクトを進めている。配送ミスを極限まで減らし、効率化を徹底することで、アマゾンとの全面対決に備える考えだ。 Elizabeth Woyke2年前
  23. ビジネス・インパクト
    風力エネルギー産業の成長は著しく、風力タービンの設置・メンテナンス業は米国で急成長している仕事の1つだ。その現場は、いわゆる荒くれ男たちの過酷な現場と思われがちだが、約400基の建設に携わった女性技術者は再生可能エネルギーに携わるやりがいがあるという。 Erin Winick2年前
  24. 知性を宿す機械
    あまりにも進歩が速い人工知能(AI)をめぐって、過度の期待や不安が入り混じって語られることが多くなっている。AIについて考察した3つの議論から、本当は何が起こっているのかを見てみよう。 Brian Bergstein2年前
  25. ビジネス・インパクト
    自動化・ロボット化で「失われる雇用」「生まれる雇用」総まとめ
    テクノロジーが進歩するにつれて、これまで人間がしてきた仕事をロボットに奪われて失業者が増大するという予測をよく耳にする。こうした予測にどれくらい信ぴょう性があるのか、各団体の予測する「将来失われる雇用」と「新たに生み出される雇用」をまとめてみた。 Erin Winick2年前
  26. 知性を宿す機械
    「レンチ取って!」と頼む前に先回りするロボットが実験中
    センサーや人工知能(AI)技術の進歩により、ロボットが様々な分野の作業に進出しつつある。英国のオンライン専業食料品店オカド(Ocado)の配送センターでは、人間の担当者による手作業を効率的に手助けするロボットのテストが実施されている。 Will Knight2年前
  27. ビジネス・インパクト
    2018年も機械に奪われない仕事5つ
    AIと自動化による雇用の喪失は、新しい仕事や人ならではの仕事をもたらす。2018年、AIや自動化の影響を受けにくい5つの職種を紹介する。 Erin Winick2年前
  28. 知性を宿す機械
    英国の欧州連合(EU)離脱により、英国内で移民に対する取り締まりが強化され、労働力が大幅に不足することが懸念されている。英国政府は自動化を導入する好機だとしているが、ITの専門家たちは、現時点のロボット工学や人工知能(AI)では、欧州諸国の労働者が国外退去させられることによる労働力不足は到底補えないと指摘している。 Jamie Condliffe2年前
  29. 知性を宿す機械
    専門職であり、自動化から縁遠いと考えられていた弁護士の業務にも、人工知能(AI)が入り込もうとしている。機械学習AIを使って弁護士の業務を支援するソフトウェアが登場し、AI技術を核とするリーガルテック・スタートアップ企業も勢いに乗りつつある。 Erin Winick2年前
  30. コネクティビティ
    どうなる今年のテック動向
    いま読み返したい、
    2017年の記事ベスト13
    2017年も数々の興味深いエマージング・テクノロジーが生まれ、同時にさまざまな社会的課題を私たちに突きつけた。2017年にMITテクノロジーレビューが掲載した1000本以上の記事の中から、2018年のテクノロジー動向を展望するのにふさわしい、おすすめ記事を紹介しよう。 MIT Technology Review Editors2年前
  31. 知性を宿す機械
    AIはバブル、汎用人工知能はまだ先——MIT教授らが指摘
    人工知能(AI)分野において近年、多くの飛躍的な進歩があったにもかかわらず、現在のAIの知能は依然として人間レベルにはほど遠い。マサチューセッツ工科大学(MIT)やスタンフォード大学の研究者たちが、現在のAIの状況を定量化して評価し、問題点を指摘する報告書を作成した。 Will Knight2年前
  32. ビジネス・インパクト
    パワポで授業は時代遅れ、
    次世代オンラインツールで
    社内研修が変わる
    セールスフォースが研修プラットホーム、トレイルヘッドの販売を開始する。短期間で楽しくスキルを上げられるトレイルは、従業員の職種変更や昇進には欠かせないツールとなっている。だが、他の大企業にも必要なツールなのか、中小企業で使いこなせるツールなのかは、まだ分からない。 Elizabeth Woyke2年前
  33. 知性を宿す機械
    AIは人間の能力を拡張するもの——CSAILのダニエル・ラス所長
    人工知能に仕事が奪われることを恐れてばかりいると、人工知能との協調に秘められた大きなチャンスを見逃すことになるかもしれない。 Will Knight2年前
  34. コネクティビティ
    拡張現実(AR)デバイスを大々的に売り出そうとする企業が相次いでいるが、なかなか市場が立ち上がらないのが現状だ。そこで、実際に職場でARヘッドセットを数日間かぶって日常業務をして、どこに問題があるのか確かめてみた。 Rachel Metz2年前
  35. 知性を宿す機械
    人間は機械との関係をどう捉え、どう恐れてきたか
    産業革命以来、人間は機械の力に驚嘆すると同時に、機械との関係について考え続けてきた。人工知能(AI)に至るまでの機械と人間の関係を表す歴史的な出来事や、歴史上の著名人の言葉を振り返ることは、AIが今後、人間にとってどのような存在になっていくのかを考察するうえで有意義だろう。 MIT Technology Review Editors2年前
  36. ビジネス・インパクト
    AIやロボットが「仕事を奪う」のは小都市から、MITメディアラボ
    人工知能(AI)やロボットによる自動化の影響は大都市のほうが受けにくいことが、MITメディアラボの最新の研究で明らかになった。一方、ルーティン・ワークが多い小都市では、今後、雇用が減少していくだろうと予測している。 Elizabeth Woyke2年前
  37. ビジネス・インパクト
    米国で過熱する
    ドローン操縦士の育成
    ところで仕事はあるの?
    米国で、ドローン操縦士の養成課程を提供するコミュニティ・カレッジが増えている。米連邦航空局がドローンを商業的に操縦するには「遠隔操縦士」の資格を取得しなければならないとしたのを受けてのことだが、課程を修了したからと言って関連する仕事に就けるかどうかは不透明だ。 Elizabeth Woyke2年前
  38. 知性を宿す機械
    インフラ点検をドローンに置き換え、機械学習で異常箇所を発見
    深層学習を使ってドローンやロボットが自律的にパイプ・ライン、送電線などを点検する企業がある。石油精製所の点検作業を人力から機械化することで、100万ドルの費用が浮くという。 Will Knight2年前
  39. ビジネス・インパクト
    米国では労働者のスキルが企業が求めるレベルに達していない「スキル・ギャップ」が労働市場における問題だと指摘する人は多い。イリノイ大学のアンドリュー・ウィーバー准教授はそうした先入観を持たずに議論することが必要だと訴える。 Andrew Weaver2年前
  40. 知性を宿す機械
    雇用ゼロ社会の前触れ?
    コマツの無人ダンプで
    鉱山運用コスト15%削減
    鉱業事業者は、無人トラックや自動掘削機、無人機関車の本格展開で効率を高めようとしているが、雇用はますます減っていく。 Tom Simonite3年前
  41. ビジネス・インパクト
    MOOCブームの火付け役 大学教育より職業訓練に夢中
    セバスチアン・スランは膨大なオンラインのオープン大学コースの熱狂に火がつく発端となったが、自身は職業訓練に焦点を当てたスタートアップ企業に方向転換した。 Tom Simonite3年前
  42. ビジネス・インパクト
    製造業の雇用を取り戻すトランプ次期大統領の公約は、先進製造プロセスの現実を無視している。 Mark Muro3年前
  43. ビジネス・インパクト
    ホワイトハウスのトップ・エコノミストがAIは仕事を奪わない、と明言
    本当に心配なのは、人類がまだ十分な人工知能を持っていないことだ。 Mike Orcutt3年前
  44. 持続可能エネルギー
    炭鉱労働者は
    太陽光産業に転職できるか?
    米国の石炭産業は衰退する一方でだが、炭鉱労働者が太陽光発電の関連業界で働けるよう再訓練することで、雇用を移動させられるとする研究が発表された。 Michael Reilly3年前
  45. ビジネス・インパクト
    ウーバーには、人間以外にリストラする要素がない
    ベンチャーキャピタリストのスティーブ・ジャーベトソンは今から500年後、この星の人口の10%以下の人しか給料を受け取る仕事をしないだろうという。来年はどうか? Nanette Byrnes4年前
  46. ビジネス・インパクト
    適正な評価で労働者の格差は拡大する
    労働者の生産性や価値を表すテクノロジーが賃金格差にも影響すると、タイラー・コーウェンが主張する。 Tyler Cowen4年前