KADOKAWA Technology Review
×
エリザベス ウォイキ 70 Stories
プロフィールを見る
  1. コネクティビティ
    スマートシティは
    不便すぎて使えない
    住民に利便性を提供するはずのスマートシティは、身体障がい者にとっては新たなバリアになる可能性がある。誰もが使えるスマートシティの実現を目指すムーブメントが、そうした状況を変えようとしている。 Elizabeth Woyke13カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    米総合物流最大手のUPSは、吹雪や嵐など輸送の障害となる事象が発生したときに最適な輸送ルートを再設定するオンライン・プラットフォームを稼働させた。機械学習と最新の分析システムを組み合わせたプラットフォームの導入により、年間1億ドルから2億ドルのコストを削減できるとみている。 Elizabeth Woyke14カ月前
  3. コネクティビティ
    「5G」から「8K」まで、2019年注目のガジェット・トレンド5つ
    5Gスマホから8Kテレビまで、2019年に注目したいガジェット製品の5つのトレンドを紹介しよう。 Elizabeth Woyke14カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    中国は次世代モバイル通信「5G」の展開に本気だ。中国通信機器メーカー大手ファーウェイ幹部の拘束も、背景には5Gを巡る米中の覇権争いがあると見られている。中国の5G展開は何を意味するのか? 5つの視点で読み解く。 Elizabeth Woyke14カ月前
  5. コネクティビティ
    自動車メーカーや石油企業が、より高速で安定した接続を求めてプライベート5Gネットワークの構築を計画している。本格的なインダストリアルIoT(モノのインターネット)時代へ向けた動きが活発化しそうだ。 Elizabeth Woyke15カ月前
  6. グーグルのスマートシティ計画に暗雲、プライバシー保護に懸念
    アルファベット子会社のサイドウォーク・ラボ(Sidewalk Labs)は、野心的なスマートシティ・プロジェクトに関するプライバシー問題の監督を担う専門家を採用していた。だが、プロジェクトで提案されたデータ収集方法を理由に辞職してしまった。 Elizabeth Woyke16カ月前
  7. ビジネス・インパクト
    完全自律運転の実現に必要とされる高精度3Dマップで覇権を狙う米国のスタートアップ企業がある。ウーバーやリフトといった配車サービスのドライバーと契約し、どこよりも早く世界中の都市を網羅した地図データをサブスクリプション・モデルで提供するという。将来はグーグル・マップのように個人の開発者に提供することも視野に入れているというが、地図会社に勝ち目はあるか。 Elizabeth Woyke17カ月前
  8. コネクティビティ
    電気自動車(EV)の充電時にケーブルを接続する必要がないワイヤレス給電システムが注目されている。世界中の大手自動車メーカーとの提携を進めるワイトリシティは、駐車中のクルマに充電するだけでなく、走行中のクルマに充電したり、都市の移動型電力バンクとして電気自動車を活用したりすることを目指している。 Elizabeth Woyke17カ月前
  9. ビジネス・インパクト
    いつでもどこでも自転車が借りられるシェア自転車サービスが全米に広がっている。自転車から発信される位置情報や経路情報は運営企業と市当局が把握しており、インフラ整備に活用されている。 Elizabeth Woyke17カ月前
  10. ビジネス・インパクト
    ソーシャルメディア健全化、「アカウント削除」以外の道はあるか
    ニュース記事や動画をソーシャルメディアを通じて目にするのが当たり前になった。だがソーシャルメディアは、フェイクニュースや差別的コンテンツといった多くの問題を抱えている。MIT市民メディアセンター長とイリノイ大学の教授がソーシャルメディアをより健全な場所にするより良い方法について語った。 Elizabeth Woyke17カ月前
  11. テスラの非上場化、マスクCEOのツイートに関し司法省が捜査
    テスラ(Tesla)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が同社の非上場化について投稿したツイートに関し、米国司法省が捜査を開始した。 Elizabeth Woyke17カ月前
  12. ビジネス・インパクト
    イケアがデザインした、
    未来の自律自動車のカタチ
    イケアが描いた、未来の自律自動車のデザイン。私たちの生活を変える7つのアイデアは、これからの移動手段の進化を考えるきっかけを与えてくれる。 Elizabeth Woyke18カ月前
  13. 持続可能エネルギー
    温室効果ガスの「排出抑制」
    だけでは温暖化は防げない
    地球温暖化対策として二酸化炭素排出量の削減やエネルギー・システムの転換に今から取り組んでも、もはや間に合わないとハーバード大学の環境センター長のシュラグ教授は語る。 Elizabeth Woyke18カ月前
  14. ウーバーが電動スクーターを独自開発中、シェアサービス参入へ
    ブルームバーグ・ビジネスウィーク(Bloomberg Businessweek)によると、米配車サービス大手のウーバー(Uber)が、バード(Bird)やライム(Lime)のスクーターシェア・サービスと競合すべく、都市部でレンタルするための電動スクーターを開発中だという 。 Elizabeth Woyke2年前
  15. ライダー不使用の自動運転車「オートX」が移動販売を展開
    スタートアップ企業のオートX(AutoX)とグラブマーケット(GrabMarket)の提携により、自動運転車があなたの家の戸口まで、農産物や食料を届けてくれるようになる。あなたがカリフォルニア州に居住していればの話だが。 Elizabeth Woyke2年前
  16. コネクティビティ
    移動体通信を用いて自動車同士や歩行者、道路設備との間で情報を高速にやり取りできるコネクテッドカー技術「C-V2X」を支持する自動車メーカーが増えている。しかし、Wi-Fiベースの「狭域通信(DSRC)」を開発し、既に一部の自動車に搭載しているトヨタは、C-V2Xに反対する姿勢を見せている。 Elizabeth Woyke2年前
  17. ビジネス・インパクト
    オンライン・ラーニングに対する注目が高まる一方で、多くの企業が、従業員にどの講座を受けさせるべきか、どれだけ効果があるのかで悩んでいる。オンライン・ラーニングで1400社の顧客企業を持つ米国のスタートアップ企業が、機械学習を用いて、学習者に適した講座をマッチングしたり、従業員の習熟度を評価したりするツールを発表した。 Elizabeth Woyke2年前
  18. 5Gで中国が世界をリード、すでに35万基地局を設置
    デロイト・トウシュ・トーマツ(DTT)の新たな調査によると、中国は次世代の携帯電話網をサポートするインフラに対し、米国と比べ何百億ドルも多く支出しているという。 Elizabeth Woyke2年前
  19. グーグルの「先進的すぎる」スマートシティ、地元反対で計画に遅れ
    アルファベット(Alphabet)の子会社サイドウォーク・ラボ(Sidewalk Labs)が主導する、野心的なスマートシティ計画が地元の反対に直面し、計画に遅れが出ている。 Elizabeth Woyke2年前
  20. ビジネス・インパクト
    まだまだ職人気質が残る建築業界にも、安全性と能率の向上のためにAIやデータ分析といったテクノロジーを導入しようという機運が高まっている。テクノロジーの導入によって生産性を50%向上できる可能性があるという。 Elizabeth Woyke2年前
  21. 知性を宿す機械
    教育への投資が自動化と戦う武器になる——MITのアシモグル教授
    ロボットはAIは本来、賃金や労働需要を増やす「実現技術」のはずだ。だが、現実には人間の仕事を奪う「置換技術」となっている。 MITのダロン・アシモグル教授は教育システムの見直しが必要だと提言する。 Elizabeth Woyke2年前
  22. 中国配車サービス大手、運転手による殺人を受けて監視強化へ
    乗客が5月6日に殺害されたことを受けて、中国の配車サービス企業のディディ・チューシン(滴滴出行)は、走行中の車内を撮影することを検討していると発表した。 Elizabeth Woyke2年前
  23. コネクティビティ
    テック起業家が発明した独創的な「ベビー用品」4つ
    起業家の親が発明すると、哺乳瓶、ベビーモニター、さく乳器だってこんなに独創的な製品になる。この1年間に発売されたベビー用品4つを紹介する。 Elizabeth Woyke2年前
  24. コネクティビティ
    アルファベット(グーグルの親会社)傘下のサイドウォーク・ラボがカナダのトロントで手がける初のスマートシティ・プロジェクトが始動した。都市をプラットフォームとして捉え、世界中の都市にツールを提供していく巨大な構想は、Androidのように世界を席巻するのだろうか。 Elizabeth Woyke2年前
  25. ビジネス・インパクト
    米総合物流最大手であり、米国最大の宅配便業者でもあるUPSは、最先端のテクノロジーを導入する「EDGE」プロジェクトを進めている。配送ミスを極限まで減らし、効率化を徹底することで、アマゾンとの全面対決に備える考えだ。 Elizabeth Woyke2年前
  26. ビジネス・インパクト
    急速な成長を続けるスラック(Slack)は、「ワークグラフ」と呼ぶデータ構造と人工知能(AI)の導入によってチャットツールから大きく進化しようとしている。ニューヨークにあるAIチームの拠点を訪ねた。 Elizabeth Woyke2年前
  27. ビジネス・インパクト
    米国の教育トレンドに見る、2018年に学ぶべきテックスキル
    2018年にはどんなテックスキルが人気となりそうか? 米国のオンライン教育事業者4社に、2017年に人気のあった講座と2018年に予想される傾向を聞いた。 Elizabeth Woyke2年前
  28. ビジネス・インパクト
    元軍事用ロボットメーカーでもあるアイロボットは、ルンバを単なる家庭用掃除ロボットのままにはしないつもりだ。コリン・アングルCEOが5年後に目指すルンバのビジョンを語った。 Elizabeth Woyke2年前
  29. 仏教や儒教に学べ、IEEEがAI倫理に関するガイドラインを作成中
    人工知能(AI)の急速な進歩に伴って、AIの研究において倫理的な配慮を優先させるようにエンジニアやプログラマーたちに促す新しいイニチアチブがたくさん生み出されている。しかし、それらはほとんどすべてが、裕福な西洋の国々に源を発したものだ。 Elizabeth Woyke2年前
  30. ビジネス・インパクト
    パワポで授業は時代遅れ、
    次世代オンラインツールで
    社内研修が変わる
    セールスフォースが研修プラットホーム、トレイルヘッドの販売を開始する。短期間で楽しくスキルを上げられるトレイルは、従業員の職種変更や昇進には欠かせないツールとなっている。だが、他の大企業にも必要なツールなのか、中小企業で使いこなせるツールなのかは、まだ分からない。 Elizabeth Woyke2年前
  31. ビジネス・インパクト
    リンクトイン創業者が語った、シリコンバレーをよりよくする方法
    リンクトインの共同創業者でベンチャー投資家のリード・ホフマンはシリコンバレーの悪い文化を変えようとしている。テック業界や投資業界における嫌がらせや差別の問題、技術の進歩によって職を奪われた人たちに対し何をするべきか? について語った。 Elizabeth Woyke2年前
  32. ビジネス・インパクト
    AIやロボットが「仕事を奪う」のは小都市から、MITメディアラボ
    人工知能(AI)やロボットによる自動化の影響は大都市のほうが受けにくいことが、MITメディアラボの最新の研究で明らかになった。一方、ルーティン・ワークが多い小都市では、今後、雇用が減少していくだろうと予測している。 Elizabeth Woyke2年前
  33. ビジネス・インパクト
    米国で過熱する
    ドローン操縦士の育成
    ところで仕事はあるの?
    米国で、ドローン操縦士の養成課程を提供するコミュニティ・カレッジが増えている。米連邦航空局がドローンを商業的に操縦するには「遠隔操縦士」の資格を取得しなければならないとしたのを受けてのことだが、課程を修了したからと言って関連する仕事に就けるかどうかは不透明だ。 Elizabeth Woyke2年前
  34. ビジネス・インパクト
    スラックCEOインタビュー
    AIの導入で働き方を
    もう一度変える
    メールや電話が飛び交っていた職場にチャットという新しいコミュニケーション手段を浸透させたスラック(Slack)。コミュニケーションの活性化や生産性の向上といった効果をもたらす一方で、大量の情報がリアルタイムにやり取りされることで、集中力の低下や目的の情報が探せないといった課題も指摘されている。スラックのスチュワート・バターフィールドCEOに、今後解決しようとしている課題について聞いた。 Elizabeth Woyke2年前
  35. ビジネス・インパクト
    投資家は一般に、社会にとって非常に重要な分野であっても、成果を出すのに時間がかかる技術への投資は敬遠しがちだ。こうした「手ごわい」技術を手掛けるスタートアップ企業への投資に、マサチューセッツ工科大学(MIT)発のベンチャー・キャピタル・ファンドが名乗りをあげた。同社CEOに、投資にあたっての課題や投資先の最初の7社を選んだ理由を聞いた。 Elizabeth Woyke2年前
  36. ビジネス・インパクト
    会議室のホワイトボードを未来化する無料Webサービス
    ビデオ会議で見づらいホワイトボードを使って議論するのはストレスだ。ホワイトボードをもっと見やすく共有できれば、会議の生産性ははるかに向上するはずだ。 Elizabeth Woyke2年前
  37. 知性を宿す機械
    IBMとMITが連携し、「MIT-IBM ワトソンAI研究所」を設立する。かつて人工知能(AI)研究の先端を走っていたMIT、ワトソンの失速が伝えられるIBMの双方にとって大きな意義のあるプロジェクトで目指すものとは? Elizabeth Woyke2年前
  38. ビジネス・インパクト
    トランプ大統領の移民規制で
    儲ける意外なビジネス
    スタートアップ企業の移民創業者を専門とするベンチャー・キャピタルは、資金提供だけではなく就労のビザの取得や弁護士の紹介まで面倒を見る。皮肉なことに、トランプ政権の移民政策が追い風となって、着々と利益を上げている。 Elizabeth Woyke3年前
  39. ビジネス・インパクト
    開発から40年経ったテキスト・アドベンチャー・ゲーム『ゾーク』は、入力されたテキストを解析するという、現代のAIには欠かせない技術をすでに使っていた。当時の制作者が語るその誕生秘話や、今でも科学技術者に及ぼしている影響を、貴重な多数の資料とともに紹介する。 Elizabeth Woyke3年前
  40. ビジネス・インパクト
    グーグルのイノベーションはスマート・シティの実現にまで及んでいる。まずはグループ会社のインターセクションが手がける電話ボックスのスマート化からだ。 Elizabeth Woyke3年前
  41. ビジネス・インパクト
    AI企業へ脱皮するGE
    鍵はハイブリッド研究者
    GEはAI技術によって、2020年までに世界トップのソフトウェア・プロバイダーの一社になることを目指している。実現のカギを握るのは、2つのキャリアを持つ研究者だ。 Elizabeth Woyke3年前
  42. コネクティビティ
    孤独な80代の毎日は楽しい
    ——そう、アレクサならね。
    アマゾンのアレクサのような音声アシスタントが、孤独な高齢者を救うかもしれない。米国サンディエゴにある高齢者専用住宅地では、80代の高齢者たちがアレクサを使った生活を実験中だ。 Elizabeth Woyke3年前
  43. コネクティビティ
    ブロックチェーンで余剰電力をご近所で売買
    ビットコインを支えるテクノロジー「ブロックチェーン」で、ブルックリン・マイクログリッドの加入者は近所で発電された再生可能エネルギーを、ピア・トゥ・ピアのネットワークで売買している。 Elizabeth Woyke3年前
  44. コネクティビティ
    ブロックチェーンは世界の貧困層を金融システムに取り込む仕掛け
    ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、分散型元帳テクノロジーにより、銀行口座のない20億人を金融システムに組み込もうとしている。 Elizabeth Woyke3年前
  45. ビジネス・インパクト
    IBMと独立系自動車メーカーのローカル・モーターズが、視覚・聴覚・身体・認知障害者用に、人工知能、拡張現実、スマホアプリを組み合わせた自律運転の電気シャトルバスを開発中だ。将来的には、マシン・ビジョンで空席を検出して案内したり、AIと手話で話せるようになるかもしれない。 Elizabeth Woyke3年前
  46. ビジネス・インパクト
    新体制の米国連邦通信委員会がインターネットの公共インフラ扱いを停止したことに、通信政策の専門家であるハーバード大学法科大学院のスーザン・クロフォード教授が、どうすれば米国社会に高速インターネット・アクセスを普及できるかを説明している。 Elizabeth Woyke3年前
  47. ビジネス・インパクト
    アマゾン・エコーが採用?
    防水防塵低電力な
    MEMSマイク
    防水防塵低電力なMEMSマイクをアマゾン・エコーが年内に採用するかもしれない。バッテリー駆動機器の場合、常に電力を消費し、悪環境に弱いするコンデンサー・マイクは、用途を限定させる要因だった。 Elizabeth Woyke3年前
  48. コネクティビティ
    ミリ波を使う
    超高速5G通信は
    木の葉や雨・雪が苦手
    10Gbpsの超高速通信が可能になるはずの5Gは、ミリ波を使うため、木の葉や雨・雪が苦手だ。しかし、どんな影響があるのか具体的にはわからないため、通信事業者や通信機器メーカーの研究が進んでいる。 Elizabeth Woyke3年前
  49. ビジネス・インパクト
    中国流の知財の概念は、野蛮・無法なのではなく、知財の別解釈だと捉えないと、勝てるはずがない。ムーアの法則の減速によって、産業界のルールを書き改める時機にあるのかもしれない。 Elizabeth Woyke3年前
  50. ビジネス・インパクト
    2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    360度自撮り
    360度カメラが全世界の出荷台数でカメラ全体に占める割合は、昨年の1%から今年は4%に伸びそうだ。研究や娯楽、報道にまで活用されそうで、360度映像に視聴者が慣れれば、VR産業の立ち上がりにもつながる。 Elizabeth Woyke3年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る